MENU

車のエンジンをかけると、ウィーンというモーターのような音がするようになってきた…。

 

そんな時、皆さんはどうしますか?
そのまま乗り続けて良いものなのか、悩みますよね?

 

そこで今回は、ウィーン音の原因や対処法についてご紹介したいと思います。

 

ウィーン音の原因

 

エンジンからウィーン音がする、といっても、原因を一概には言えません。
車両によっては、特性上、新車時からウィーンというようなモーター音がすることもありますし、何らかの故障が原因で発生している音だとしても、原因として考えられる箇所は何ヶ所もあるからです。

 

ここでは、ウィーン音について、代表的な原因を挙げていきましょう。

 

ウォーターポンプからの異音

 

高温になるエンジンを冷却する重要な役割を担っている冷却水。
この冷却水をエンジン全体に行き渡らせる働きをしているのが、ウォーターポンプです。

 

ウォーターポンプは通常、タイミングベルトなどで駆動していますが、ベルトのかかる滑車(プーリー)やベアリング部などが損傷すると、ウィーン音が発生します。

 

ウォーターポンプ自体はそう高い部品ではありませんが、前述の通り冷却水をエンジン全体に行き渡らせる為の重要な部品であり、放っておくとエンジンオーバーヒートにまで発展しかねませんので、注意が必要です。

 

パワステポンプからの異音

 

ハンドルを回す力を補助しているパワステ(パワーステアリング)機構。
最近は、軽自動車やコンパクトカーを中心に電動タイプが増えてきていますが、油圧で作動しているパワステの場合には、パワステポンプによって専用オイルを循環させています。

 

このパワステのオイル(パワステフルード)の量が不足していると、ウィーン音が発生することがあります。

 

この場合には、オイルが減少している原因(漏れている個所の特定など)の改善とフルードの継ぎ足しで直すことが出来ますが、放っておくとハンドル操作が重くなり、最悪の場合ハンドル操作そのものが出来なくなる可能性もあります。

 

エアコンコンプレッサーからの異音

 

車内の冷房に欠かせない装置に、エアコンコンプレッサーがあります。

 

エアコンコンプレッサーは、通常、エアコンスイッチがONの時にだけ、ベルトからの駆動力を使用して作動するようになっています。

 

何らかの原因でエアコンコンプレッサーが故障してしまうと、ごく稀にエアコンのON・OFFに関係なくベルトの駆動力が作用するようになり、ウィーン音が発生することがあります。

 

エアコンコンプレッサーが故障しても走行自体には影響はありませんが、当然ながらエアコンは全く効かなくなりますので、出来ることなら早めに対処した方が良いでしょう。

 

ウィーン音が発生した時は…?

 

ウィーン音が発生した場合、その原因を素人が突き止めるのはなかなか難しいです。
ハンドル操作が重い、エアコンが効かない、といったような別の症状が出ていれば、原因を特定しやすくなりますが、ただ音がするだけでは、原因の特定は素人ではまず無理かと思います。

 

故障箇所によって、修理費用も数千円〜10万円程度とかなり幅が出てきます。

 

ウィーン音が発生したら、まずは修理工場できちんと音の原因を特定し、修理費用の見積りを出してもらうようにしましょう。

 

まとめ

 

異音発生に限ったことではありませんが、愛車の何かがおかしい、と感じたら、まずは専門家に診てもらうのが一番です。
数千円で直るのであれば、修理してもらえば安心して乗り続けられますし、数万円もかかる、というのであれば、状況によっては修理よりも乗り換えた方が良い場合もあります。

 

自分で対処する部分と、専門家を頼る部分、上手に使い分けて、安心・安全なカーライフを送りたいですね。

 

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。
トヨタ 日産 ホンダ 三菱 マツダ スバル ダイハツ スズキ

修理を格安依頼したい

自宅近くの町工場で見積り依頼するなら、こちらで詳しく解説しています。

 

→お近くの修理(整備)工場を探す