エンジンのカラカラ異音の共通原因と3つの解決方法について

エンジンの異音はどんな音?

カラカラやガラガラ、エンジンから異音が!

 

これを放置するのは危険です。何かがおかしくなっているせいで、エンジンが悲鳴を上げているのです。

 

ではどうなっているのか?色々なケースを見ながら原因、その解決方法を探ってみましょう。

カラカラ音の原因追及その前に

※深夜や外出時の音量注意※


エンジンをかけた時に動画のようなカラカラ音がしていますか? カラカラ音の原因追及する前に確認しておきたいポイントが3つあります。

 

 

1.エンジンからの音かをチェック

 

カラカラ音が本当にエンジンルームから出ているのかを確認する方法があります。

 

アイドリング状態でアクセルを踏み、エンジンの空ぶかしをして音を確認します。その際エアコンを切ったり、ハンドルを回したりしないでください。2度〜3度の空ぶかしで、カラカラ音が

 

エンジン回転数に連動して大きくなっている

 

のなら、エンジン内部からの音と判断してよいでしょう。

それ以外の場合も

エアコンのON・OFFに連動している場合はコンプレッサーなどのエアコン部品の劣化が、走行中のスピードに連動している場合はベアリングや内装の接続部品の劣化などが考えられます。まずは、異音がどこからしているのかを確認することが大事です。

 

2.オイル量のチェック

 

レベルゲージ

 

エンジンオイルは、内部の金属部品を円滑にするために適量入っていることが大前提になります。

 

確認の仕方は、まずボンネットを開け、オイルのレベルゲージを白い布やキッチンペーパーなどで挟んで引き抜き、オイルをふき取ります。再度、奥まできちんと入れてすぐに引き抜き、オイル量を確認します。

 

2つの印、上限(Upper/Max)と下限(Lower/Min)の真ん中に付いていれば大丈夫です。チェックは、車を平たんな場所で停め、エンジン停止後1分以上経ってから行ってください。

 

 

3.必要ならオイル交換をしましょう

 

前回のオイル交換はいつでしたか?

 

オイル交換

 

オイル量をチェックしてオイルが不足していたり、劣化している場合はオイル交換が必要になります。エンジンオイルは定期的に

 

6ヵ月または5000km毎の交換

 

で適量を保つことが大事です。オイル量チェックは3ヵ月ぐらいがベストです。ターボエンジンの場合は、さらに進行が早い(劣化や減りが早い)ので要注意です。

 

オイル交換で異音が消えたら運が良かったと思いましょう。エンジンルームからカラカラ音やガラガラ音がした場合は、もっと深刻なトラブルになっていることが多いので、オイルで済めば本当に安いものです。だってオイルエレメントまで交換しても数千円ですから。

 

けれどそこまで音が出ていたら、オイル交換しても直らないと思います。そんな場合は次に行きましょう。

 

異音がする!発生原因は?

綺麗なエンジン

 

エンジンの内部はピストンやシリンダーが高速に稼働し、金属同士が合わさる構造のため、大きな金属音や打刻音が発生します。エンジンオイルはその金属に油膜を作って音を小さくしたり、焼き付きを防止したりしているのです。

 

従って、エンジンカラカラ音の原因は、

 

*オイル量が不足している
*オイルが劣化している
*オイルラインが詰まっている
*エンジン内部が傷ついている

 

によって、引き起こされていると考えられます。

 

つまり、

 

エンジンオイルのメンテナンス不良

 

とは、

 

エンジンオイルで潤滑できない状態

 

ということがわかり、そうしたことが異音などのトラブルの原因と断定できるのです。

 

下の画像をご覧ください。

 

汚いエンジン

 

長い間オイル交換をしなかったら、鉄粉カスがどんどん溜まり、あたかもヘドロが蓄積されたような状態になっているのがおわかりいただけると思います。

 

最近のエンジンは性能が高いため、少々汚れただけでは異音が出ることはなく、このように

 

救いがたい状態で初めて異音が発生する

 

と言っても過言ではありません。

ヒトでいえば動脈硬化と同じ

血管内部にコレステロールなどが付着して血管が硬化して狭くなり、血液の流れに齟齬をきたすと脳梗塞や心筋梗塞、解離性大動脈瘤などの病気を起こしたりすることはよく知られています。

 

心筋梗塞

 

エンジンオイルは、エンジンの血液と言われています。オイルラインが詰まったりしてオイルが流れないと、ヒトと同じように命に係わる病気(エンジン停止)を招いてしまうのです。

 

そしてヒトとの大きな違いは、エンジンの場合は手を加えずに放っておいても、

 

自然に直ることはない

 

ということです。

エンジンカラカラ音を直すにはどうすれば?

エンジンのカラカラ音を直す基本的な方法を以下に記載します。参考にしてください。

 

1.オイル添加剤を入れる

 

添加剤は、クルマへのサプリメントと言えます。カー用品などではいろいろな添加剤が販売されています。その中でエンジンオイルは、性能を上げるためにさまざまな成分がブレンドされているので不要であるという意見もありますが、添加剤を注入することでさらに良くなるというのがメーカーのウリでしょう。

 

しかしこれも、異音が出る前では有効ですが、異音が出た後ではかえって有害要因になる可能性があり、直る確率は極端に少ないと言えます。

 

→WAKOSフォアビークル

 

2.エンジンのフラッシング

 

エンジンのフラッシングとは、専用のフラッシングオイルによってエンジン内部の清掃や汚れの除去をすることです。パワーが回復する、燃費が良くなる、アイドリングが安定するなどの効果が期待されます。商品によって違いますが、2000〜8000円程度です。しかし、フラッシングによってエンジンが壊れたなど、逆に悪くなった例も報告されています。

 

エンジンカラカラ音が発生した時点では、すでにフラッシングで直る可能性は低いと認識した方がよさそうです。修理から見たら格安であることは間違いないので、ダメ元でもというなら一度試してみるのもありですね。

 

→WAKOSエンジンフラッシュ

 

3.オーバーホールする

オーバーホール

 

100%直そうと思えばオーバーホール

 

に限ります。

 

エンジンをオーバーホール(分解清掃)すれば100%直ります。しかし、原因を特定するのは簡単ではありません。部位を少しずつ分解していくため、コンパクト〜トラックなどタイプによって違いますが、再度組み立てあがるまでに4〜8日ほどかかります。

 

リスクは工賃です。

 

最低20万円〜数十万円かかる

 

との認識が必要です。

 

気楽にオーバーホールを頼んで、その過程で思わぬ不具合が見つかり、修理予算をはるかに超えてしまったということがないよう要注意です。上限は果てしない場合もありますので、一度こちらから修理費用を調べてみるのも良いかと思います。

 

→近くの工場を探す前に

 

4.中古エンジンに載せ替えする

中古エンジン載せ替え

 

オーバーホールでは、分解していく過程で思わぬ不具合が見つかり、高額な部品の交換が必要になるなどは前述したとおりです。そのため、予算オーバーにならないように中古エンジンに載せ替える方法が多く採られています。この方法でも、カラカラ音は確実に直るといってもいいでしょう。

 

しかしそこは中古品。載せ替えた時は大丈夫でも、すぐ後にまた異音が出るとか、別のトラブルに見舞われるおそれがあります。

 

「中古」という特性は、十分理解しておくべきでしょう。

 

中古エンジンのグレードや程度によって変わりますが、エンジン本体が10〜30万円前後、工賃が10〜20万円前後になるようです。同じようにこちらも一般的な内容と併せてこちらから問い合わせてみるようにしましょう。

 

→修理代を近くの工場で調べるには

 

愛車の売却も検討しておく

 

今すぐ売る必要はないけれど…

 

修理代がいくらかかるというのももちろんですが、最悪高い修理代になったときのために、事前に愛車の値段を確認しておくようにしましょう。

 

売却検討

 

30万円の価値の車に50万円の修理をするなら、80万円の中古車に乗り換えたほうが良い場合もありますよね?

 

もちろん今すぐ売却するわけじゃないとしても、車の価値を確認することは決して早計なことではありません。むしろ賢いカーライフを送るためには、事前に愛車の価値を把握しておくと損をしないことが多いのです。

 

気軽にこちらから確認してみませんか?

 

→愛車の概算価格を見てみる

 

売れる車と売れない車の違い

また、今現在どんな車が高く売れていて、どんな車が売れないのか、ご興味はございませんか?

 

こちらでは、古くても調子が悪くても高く売れる車種や、新しくてキレイでも全然安値でしか売れない車のお話をしています。良ければどうぞご参考になさって下さい。

 

→どんな車が高くてどんな車が安い?

 

その他の選択として

あまりおすすめはできませんが、放置しておくという選択肢もあります。

 

放置

 

急に止まってしまうかもという危険性があるので、できれば早く修理するべきですが、

 

・そろそろ乗り換えする予定
・金銭面で本当につらい
・直すほどの価値もない車

 

ようであれば、放置の選択もやむを得ないかもしれません。

 

ですが高速道路走行中や、右折しようとした瞬間に止まってしまうことを考えると、

 

放置の選択はなかなか恐ろしいものとなりますね。

 

→動画見放題サイトはこちら

 

エンジンからの異音の箇所は?

エンジンからの異音の原因はオイルメンテ不良というのが最も多い原因ですが、ここでは箇所についてもう少し詳しくお話していきます。

1.バルブタペットからの異音

タペット音

エンジンのパーツの一部にバルブタペットという部品があります。

 

DOHCエンジンを例にすると、タペットは、カムシャフトと吸排気バルブとの間で、カムの回転型の動きを直線的な動きに変換する部品。ここにはクリアランスといって、一定の隙間ができているのですが、これが経年変化で摩耗し、間隔が広くなってカラカラと異音が発生するケースがあります。

修理代と修理の目安

工賃作業でいえば、安価なエンジンの修理で15〜20万円前後から。部品代(バルブ本体他)は別途数万円程度。合計、安く見積もっても30万円前後が目安となるため、中古エンジンの載せ替えを提案されることが多い。

 

愛車の価値が50〜80万円以上あって、少なくともあと4年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いのではないでしょうか。

2.ピストンリング摩耗による異音

ピストンリング

エンジン内の爆発を上下運動に変えるピストン。それにはピストンリングという隙間を埋めるシールがあります。

 

そのシールが、オイルメンテが悪かったり、過走行になってくると摩耗してしまい、内壁との間の隙間が広くなって、ガラガラと異音が発生してしまうケースがあります。

修理代と修理の目安

ピストンリングの部品代は数千円〜高くても数万円程度。ですがピストンまで分解する工賃が20万円以上かかるため、こちらも30万円前後の出費を覚悟する必要があります。こちらもケース1と同じように、中古エンジンの載せ替えを提案されることが多いです。こちらの場合は修理の箇所が深いため、

 

愛車の価値が80〜100万円以上あって、少なくともあと4年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いのではないでしょうか。

3.コンロッドメタルの摩耗

メタル

コンロッドメタルやクランクメタルという、コンロッドやクランクといった回転パーツの「軸受け部分」が摩耗して異音が発生します。こちらもオイルメンテナンスの不良や、過走行などの経年変化により摩耗してくるもので、軸受け部分の隙間が広くなって異音が発生します。

修理代と修理の目安

ピストンは、エンジンの上半分を分解するのに対し、このクランクメタルはエンジンの下半分を分解します。工賃はオイルパンをめくって作業することで10万円前後から。メタルの部品代を合わせると、やはりこれも15万円〜20万円はみておいた方が良いでしょう。こちらの場合は修理代も少し安価にあがることから、

 

愛車の価値が30〜50万円以上くらいあって、少なくともあと2年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いと思います。

車の価値を知ってみて

よん

そんなにつくとは!!

 

もう20年近く乗り続けてきた古いバン。仕事柄けっこう雑に扱ってきたからか、内外装もひどくって…。

 

そして最近、エンジンが調子悪くなってきたので、直す前にとりあえず値段を聞いてみたんです。

 

するとなんと、17万キロも走っているボロ車に40万円もの値段がついてびっくり!

 

どうやら海外へ売られていくらしく、日本では使わないようなボロ車でも、海外では全然気にされないそうで。

 

なんだか良くわかりませんでしたが、修理であれこれ悩むより、まずは値段を聞いてみると、案外良い結果になるかも知れませんね。

 

和歌山県 えとうみきお さん

と、満足なお声もあれば、

ごつ

20万円ほどかけて…

 

20万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家庭の状況が変わって乗り換えないといけなくなり、その時の愛車を売却することに。

 

査定金額はなんと16万円―――

 

え?
この前20万円以上かけて修理したとこなのに!

 

と思わず言ってしまいましたが、それはそれは… と苦笑いされる始末…。

 

修理前には何も教えてくれないの!?

 

そんなに価値のないクルマだから修理はよく考えて!!と言ってくれてたら、修理なんてしなかったよぉ!

 

札幌市・会社代表 5時5時さん

こうした失敗談もあります。

 

できることなら後悔は避けて欲しい

 

事前に価値を知っておくと損はないですね。

 

→愛車の概算価格を見てみる

 

現在の買取情報

以下の車種は海外へ貿易輸出されることが多く、思った以上の価値がついているようです。

 

参考になれば幸いです。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(プリウスやアクア、フィットなど全メーカー対象)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(全メーカー4ナンバーや1ナンバーのバン・トラック)

 

できるだけ出費は抑えたい

放置しておくのは怖いから
修理しないといけないのはわかるけど
できることならお金をかけたくない。

お金をかけたくない

 

それは、これをお読みになっているあなただけのことではありません。長らく自動車屋としてやってきた管理人も、愛車のこととなればまったく同じ気持ちです。

 

月々や年間の維持費だけでけっこう大変なのに、これ以上突発的な修理代などは、もう本当に勘弁です。

 

乗り換えが適切なのか、お金をかけて修理をした方が適切なのか。

 

それにはまず、今の愛車の価値がどのくらいあるのかを知らないことには、見えてこない部分も多いのではないでしょうか。

どうしてそんなに値段が付くの?

では、そんなに古い車にどうしてそんな値段が付くのでしょうか?

 

まずはこちらのオートオークションの取引履歴画像をご覧下さい。

 

ハイエース価格

 

これは中古車オートオークション結果のキャプチャーですが、20年以上前のハイエース、しかも走行距離も20万キロ以上走っているにも関わらず、

 

420,000円もの高値

 

がついているのがわかります。

 

さらにこちらの画像はプリウスになりますが、

 

プリウス

 

10年落ち23万キロが32万円

 

と、こちらもとんでもなく高値がついているのがわかります。

あなたの愛車は何キロ?

今、修理に悩むあなたの愛車は、これよりも多い走行距離ですか?これよりも古いお車ですか?

車が高値で買取りされる理由

古い車なのになぜ高値で売れるのでしょうか。それは先述の通り、

 

貿易輸出される車は高値

 

だということです。以下をご覧下さい。

 

ミズノクルマ

 

ロシアなどになるとこうして、水没車まで輸出されているのが現状です。

 

水没車も気にせずどんどん買取るロシア。そんな国が、

 

・エンジンから異音が出ているから
・ATが滑っているから
・走らない(動かない)から

 

こんなことをイチイチ気にするでしょうか。

 

どんな車でも思った以上に価値がある。

 

日本の中古車相場は、そうした背景もあって、高い値段が付いていることを覚えておいて下さいね。

 

→愛車の概算価格を見てみる

 

売らずにごめんなさい

まつ

ちょうど7年目。3回目の車検辺りから何かがあると言われていて、ウチの車も例に漏れずトラブルに。

 

とは言っても普段から乗らなさすぎ、そしてオイル交換をサボってしまっていたせいで、コンロッドメタル?という部分が焼けてしまって…。

 

でも、7年経っているにも関わらず、けっこうな値段が付いてくれたので、気に入ってた愛車ということもあり、修理することにしました。

 

買取業者さんにまで、「次からはちゃんとオイル交換はしておいて下さいね」なんて笑顔で言われてちょっと恥ずかしかったですが、値段を聞くだけで売らなくてもいいんだと、改めて知りました。

 

次は実家のワゴンRも、相場を調べてみようかな。

 

さいたま市 次はヴェルファイアが欲しい!! さん

高額な修理代をかけても査定額アップにはならない!?

車の価値がそこそこにあるようでしたら、修理をしても次に乗り換える時には値段はつくでしょう。ですがそれはあくまでその車本来の価値であって、修理した分の査定額が増えているわけではありません。

 

また、価値がほとんどない車に高額な修理をしたからといって、乗り換えする時にプラス査定にはなりません。残念ですが、価値のない車はいくら綺麗でも価値は無いに等しいのです。

 

修理したところ

 

補足しますと、エンジンやミッション、エアコンやパワーウィンドウなどは、

 

動いて当たり前の部位とされる

 

ため、いくら直前に修理したからといってもプラス査定にはなりません。言い換えれば、30万円の価値の車に20万円の修理をしたからといって、50万円の価値にはならず、30万円は30万円なのです。

 

だからこそ、まずは愛車の価値を知ること。

 

車の価値より高い修理代を支払って損をすることのないよう、気をつけたいものですね。

 

また、もし乗り換えるとして、次の車を格安で購入する方法はないのかな?と思われているならこちらも参照してみて下さい。

 

→新車・中古車を安く購入する方法

 

新車のみならず中古車や未使用まで、次期愛車を少しでも安く購入する方法が掲載されています。

エンジンからのカラカラ異音のまとめ

カラカラ、ガラガラなどの異音、ヤバイ!と危機意識を持つことが肝心です。

 

異音を感じたらすぐに対処することで、被害を少しでも少なく食い止めることができます。修理など対処をせずに走行を続けると、エンジンが焼き付いてそのままガタンと止まる危険があります。そうなっては、エンジンは使い物になりません。完全な載せ替えが必要になります。

 

車の売却にも支障をきたします。まだ売れたかもしれないのに放置したために状態が悪くなって、不動車の烙印、売れなくなってしまうこともあり得るのです。

 

自分なりの結論の準備を

愛車に異音を感じたら、現状がどうなっているのかを知ることが最も大事なことです。

 

その状態によって、軽度な修理から売却までさまざまな選択肢があります。修理代の見積もりや売却した場合の値段など愛車の価値を判断できる材料を探すことが肝心でしょう。その結果、最適な選択肢に出合えることをことを願っています。

トップへ戻る