ウォーターポンプからの異音について

MENU

ウォーターポンプからの異音について

エンジン周辺部品からのカラカラ音として、オーバーヒートに関連した、ウォーターポンプの故障・不具合というものがあります。

 

ウォーターポンプとは、ラジエターで冷やした冷却水をエンジンの回転を利用して循環させるポンプのことで、高温になったエンジンを冷やす元となる、重要な役割を果たしているパーツです。

 

ウォーターポンプの故障は、比較的少ないものではありますが、10万キロに一度のタイミングベルトを交換するときに、同時に交換してしまうことをオススメします。

 

ウォーターポンプが故障したら?

ウォーターポンプが故障すると冷却水をエンジンに適切に送れなくなり、

 

車はあっという間にオーバーヒート

 

してしまいます。

 

ウォーターポンプ自体が無事であってもクーラント(LLC)が漏れていたり滲んだりしている場合、サーモスタットや配管ホース、ラジエータキャップなどの周辺パーツが劣化していることもあります。

 

漏れや滲みをそのままにしてしまった結果、冷却水が知らず知らずの内に無くなってしまい、オーバーヒートを起こしてしまうこともあるのです。

 

 

いずれの場合も、当然修理が必要になりますが、放っておくと異常高温によってエンジン内部が熱摩耗したり、シリンダーヘッドガスケットが破損したり、最悪の場合エンジンブロックが割れてしまうこともあり、エンジンの修理やエンジン自体の交換が必要になってしまうなど、重症化してしまう恐れがあります。

 

エンジン本体の故障になると?

エンジン自体が壊れてしまうと、さあ大変。

 

作業工賃が高額なのはもちろん、パーツ一つ一つの単価が高額になるので、一回の修理で10万から30万、下手をすると40万以上の費用が掛かってしまうことも…。

 

車を乗り換えた方が良いというレベルに発展してしまいます。また、一般的にエンジンパーツは消耗品に当たるので、車の保証に加入していても保証対象外で修理してもらえないこともあります。

 

後悔先に立たずといいますので

 

やはり一度でもオーバーヒートした車は即修理工場で点検してもらった方が良いでしょう。

 

ベルトとチェーン

ウォーターポンプは、タイミングベルトで駆動しているものと、タイミングチェーンで駆動しているものがあります。

 

タイミングベルトかタイミングチェーンかは車種によって変わりますが、どちらであっても

 

部品代は15000円〜25000円

 

とそこまで高いものではありませんので、前述のように取り返しのつかないことになる前に交換してしまった方が無難です。

 

ただし、交換費用は大きな違いがあって、チェーン方式の場合は、ウォーターポンプ本体を取り外すことが容易な車種が多いのに対し、ベルト方式の場合は、タイミングベルトまで分解しないとウォーターポンプが外れないため、工賃は高くかかるというのが一般的です。

 

さらに、ウォーターポンプ等の故障により、エンジンのヘッドガスケットが破れてしまっていたら??

 

ですがいずれにせよ、こうした不具合が起こってしまうと、以下の選択肢で判断するしかないのではないでしょうか。

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

この先2年しか乗らない車に数万円の修理代をかけても良いのか?

 

5年乗るから数万円の修理代をかけるのは妥当なのか?

 

これは、自動車への愛着やライフスタイルの差がありますので、人それぞれに異なります。

 

そしてさらにはこんな考え方もあります。

 

100万円の価値の車に、数万円の修理をするのは妥当なのか。

 

もしくは、

 

30万円の価値しかない車に、数万円の修理をするのは妥当なのか。

 

こうした考え方も、人それぞれに異なるでしょう。

 

だからこそ、ある程度高額な修理代が予想される場合は、失敗しないためにも、

 

修理前に車の価値を知ることが重要

 

なのです。

 

正しい判断をするために

高額修理をするために、もしくはその修理が妥当であるかを判断するために、まずは愛車の価値を知りましょう。

 

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができます。

 

ここは、年式や距離など、うろ覚えでもいいので

 

わずか4つの項目を入力する 

 

だけで、

 

すぐに画面上に価値を表示 

 

してくれるという便利なサイト。たとえ夜中でも、すぐに画面上に価値が表示される機能はとても便利です。まずは気軽に依頼してみて、概算価格を知ってから、ゆっくり考えられてはいかがでしょうか?

 

>>概算価格を見てみる<<

 

あとは「画面上に出た金額」によって、修理するか乗り換えるかを考えればいいだけ。

 

インターネットの普及でとても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。

 

そして価値が算出されたら高額修理に踏み切るかを改めて判断し、

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずですよ。

 

>>愛車の価値を見てみる<<

 

乗り換えを検討する

もう1つの選択は、やはり乗り換えでしょう。

 

ウォーターポンプを交換するより、乗り換えという判断をされるのなら、一刻も早く乗り換えするようにしましょう。なぜなら、失礼を承知で申し上げますと、

 

エンジンが止まったら売れなくなる

 

ため、異音がしながらでも

 

動いている今のウチ

 

に査定をしてもらった方が良いでしょう。そして、そんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるサイトに比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

それと、以下の車種は現在とても高値で取引きされています。

車種

 

これらの車種は、

 

貿易に出るために特に価格が高騰

 

しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

とにかく概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても、本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、

 

見てもらっても必ず売る必要はない

 

ので、上手に使い分けられると良いかと思います。