MENU

ウォーターポンプからの異音について

エンジン周辺部品からのカラカラ音として、オーバーヒートに関連した、ウォーターポンプの故障・不具合というものがあります。

 

ウォーターポンプとは、ラジエターで冷やした冷却水をエンジンの回転を利用して循環させるポンプのことで、高温になったエンジンを冷やす元となる、重要な役割を果たしているパーツです。

 

ウォーターポンプの故障は、比較的少ないものではありますが、10万キロに一度のタイミングベルトを交換するときに、同時に交換してしまうことをオススメします。

 

ウォーターポンプが故障したら?

ウォーターポンプが故障すると冷却水をエンジンに適切に送れなくなり、

 

車はあっという間にオーバーヒート

 

してしまいます。

 

ウォーターポンプ自体が無事であってもクーラント(LLC)が漏れていたり滲んだりしている場合、サーモスタットや配管ホース、ラジエータキャップなどの周辺パーツが劣化していることもあります。

 

漏れや滲みをそのままにしてしまった結果、冷却水が知らず知らずの内に無くなってしまい、オーバーヒートを起こしてしまうこともあるのです。

 

 

いずれの場合も、当然修理が必要になりますが、放っておくと異常高温によってエンジン内部が熱摩耗したり、シリンダーヘッドガスケットが破損したり、最悪の場合エンジンブロックが割れてしまうこともあり、エンジンの修理やエンジン自体の交換が必要になってしまうなど、重症化してしまう恐れがあります。

 

エンジン本体の故障になると?

エンジン自体が壊れてしまうと、さあ大変。

 

作業工賃が高額なのはもちろん、パーツ一つ一つの単価が高額になるので、一回の修理で10万から30万、下手をすると40万以上の費用が掛かってしまうことも…。

 

車を乗り換えた方が良いというレベルに発展してしまいます。また、一般的にエンジンパーツは消耗品に当たるので、車の保証に加入していても保証対象外で修理してもらえないこともあります。

 

後悔先に立たずといいますので

 

やはり一度でもオーバーヒートした車は即修理工場で点検してもらった方が良いでしょう。

 

ベルトとチェーン

ウォーターポンプは、タイミングベルトで駆動しているものと、タイミングチェーンで駆動しているものがあります。

 

タイミングベルトかタイミングチェーンかは車種によって変わりますが、どちらであっても

 

部品代は15000円〜25000円

 

とそこまで高いものではありませんので、前述のように取り返しのつかないことになる前に交換してしまった方が無難です。

 

ただし、交換費用は大きな違いがあって、チェーン方式の場合は、ウォーターポンプ本体を取り外すことが容易な車種が多いのに対し、ベルト方式の場合は、タイミングベルトまで分解しないとウォーターポンプが外れないため、工賃は高くかかるというのが一般的です。

 

さらに、ウォーターポンプ等の故障により、エンジンのヘッドガスケットが破れてしまっていたら??

 

愛車の価値によっては乗り換えを検討される方が無難ではないでしょうか。

 

どうする3つの選択

ここでは不具合が発生した状況をどうすれば良いのか


3つの選択肢をあげて説明


しています。今後のご参考になさってください。

1.修理する

やはり愛着がある車なら、必ず修理しておきたいところです。


修理

ですが


「あまり価値のない車と知らずに、
高額な修理をしてしまった…!」


逆に


「そんなに価値があったのなら、
出費なく乗り換えできたのに…!」


…と、後で知って後悔はしないよう、


事前に今の愛車の価値を知っておくこと


が大切です。参考としてこちらをご覧下さい。


価値が高いと言われてる車種

こちらは現在、一般的に価値が高いと言われている車種になります。


高値で売れる車


こちらにもし、あなたの車種があるようでしたら、修理前に一度価値を確認されることをオススメします。


なぜならこれらの車種は、国内リユースはもちろん、海外に貿易輸出されていくことが多いので、特に高値で相場が推移しています。


車種によっては購入時より価値が上昇している場合が…。


ですから高額が予想される修理の前には、必ず概算価格を調べておくようにしましょう。


そして、概算価格を調べておくにはこちらが便利。


1.年式や走行距離など4つを入力する


2.すぐに概算価格が画面に表示される


3.それを見てから考える


という便利なサイトが無料で使えるので、今がたとえ夜中でも早朝であっても、すぐに愛車の価値がわかります。


あとは画面上に出た金額によって、本当に修理した方が得策なのかを考えればいいだけ。


とても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。


>>概算価格を調べてみる<<


1.概算価格を算出してもらう


2.ディーラーで見積もりしてもらう


3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。


概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。


そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずです。


お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

2.放置する

これはあまり得策とは言えません。


急に交差点の真ん中で止まってしまうかも知れませんので、早めに修理もしくはお乗り替えされることをおすすめします。


放置はこんな人なら大丈夫

・不具合があっても平気だ
・交差点の真ん中で止まっても平気
・高速道路で立ち往生しても平気
・その日の予定が狂っても気にしない


いずれにせよ、放置はキケンです。

 

3.乗り換えを検討してみる

車査定比較


一連の話の流れで、車の売却を検討されるのなら、こちらの買取一括査定サイトがとても便利。車査定比較.comは、1回入力するだけで複数の業者へアプローチ。たくさんの買取業者が競い合って、あなたの車を高く買ってくれます。


買取
>>車査定比較に入力する<<


 


ですがこの車査定比較.comは、いっぺんに何社かからも営業電話がかかってくることもあるので、


・今すぐ売りたいわけじゃない
・今の価値を調べたいだけ


という方は、こちらのかんたん車査定が良いでしょう。


年式や距離などの4項目を入力するだけで、深夜であっても早朝であっても、すぐに画面上に概算価格を表示してくれます。


選択肢は


矢印


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


入力のポイント

・本気で売るなら車査定比較.com


・相場を調べてみるならかんたん車査定


・トラックならこちらから


まずは概算価格を調べてから判断する。


これで必ず損のない判断ができます。


修理に悩んだけど…

20年も前の車だったのに

現場仕事の車を

仕事で使っていた古いハイエース。土建屋なので荷室はもうぐちゃぐちゃ。


そろそろ20万キロで、2回目のタイミングベルトの交換時期が来てたので、交換の見積りをしようかなと思っていた矢先にこのサイトを知りました。


もちろん価値なんてそんなに期待もせず、「シャレ」感覚で入力。すると「えっ?」という金額が表示されて…。


だって、エンジンもそろそろやばいかというくらいの異音が出ていたのに、


35万円もついちゃった


ので、喜んで即売りしました。だってエンジンの音を直すより、買い換えちゃった方が良かったんですもん。


どうやら輸出される車は高いって、その時初めて知りました。


価値を先に調べてみて、本当に良かったです。


愛着があったので悩みましたが

キューブのカラカラ音を

まだ5万キロしか走ってないアルファード。オイル交換をケチっていて、エンジンからひどい異音がしてしまっていました。いくらくらい修理はかかるのかなぁと思っていたとき、このサイトを知り、先に価値を調べてみることにしたんです。


少々年式が古かったのでそんなに期待はしてなかったのですが、


なんとびっくり120万円…。


輸出される車って、少々の不具合は気にせず高く買ってくれるそう。


そして後で知ったんですが、知り合いが同じ車で同じ症状の修理を、18万円でしていたと聞かされました。しかも嫁に小遣いから差し引かれているようで、飲み会ではいつも嘆いていました。


自分も価値を知らなかったら、とんでもなく高い修理代がかかっていたかと思うと、本当に恐ろしいですね…。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<


価値を調べるにあたって

利用料はかかるの?

無料です。


車の価値を調べるには利用料などは一切かかりません。それこそ試しに軽い気持ちで利用できます。

絶対売らないといけないの?

いいえ。


必ずしも「売る必要はない」ので、「価値を調べるだけ」の目的でも利用できます。もちろん値段を見て、「売ってもいいな」と思えれば売ればいいですし、売りたくなければ売らなくても問題ありません。


もちろん「今回はそんな値段では売らない」と断っても、費用を請求されることなどは絶対にありません。安心して申し込みができます。

正しく価値を知ると、損のない判断ができる。


まずはきちんと価値を知って、損のないカーライフを送りましょう。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<

このページの先頭へ