ヘッドガスケット抜けの交換工賃は?どのくらい交換費用がかかるのか

MENU

エンジンのシリンダーヘッドガスケットが破損すると

水温計

 

ヘッドガスケットが破損すると、大抵の場合

 

オーバーヒート状態になっていること

 

で気づかれるのではないでしょうか。

 

最近の車は、水温計がついていないことが多く、赤いランプのため、点灯していてもなかなか気づかないまま走行してしまうこともあったりして、今回破損に至られたのではと推測します。

 

現在の症状でいえば、

・冷却水を足してもすぐになくなる
・あっという間に水不足になる
・冷却水の凄い勢いでの吹き返し

これのいずれかの状態、もしくはすべての症状が見られるのではないかと思います。

 

いずれにしてもこのままの状態では、エンジンは正常に機能することはありませんので、一刻も早い修理が必要です。

よく耳にする車種

やはりホンダのバモスやアクティに搭載されているE07Zエンジン。これはホントにガスケットが弱いですね…。リアエンジンだけにやりにくく、工賃も高くなるので、この辺りのオーナーさんは悲惨ともいうべきでしょうか…。

ヘッドガスケットの役目

ヘッドガスケット

この図をご覧ください。

 

エンジンというものは、大きく分けると2つに分けることができます。

 

一番上がシリンダーヘッド

 

一番下がエンジンブロック

 

の2つに分けられ、この2つの部品(というか物体)を組み合わせる間に、今回のヘッドガスケット(図の赤い部分)が存在します。

 

ヘッドガスケットはシールの役割

 

を果たしていて、金属同士の部品を合体させることで、その間に通る冷却水やオイルなどが漏れてこないよう、液漏れを防いだり、圧縮した混合気を漏らさないようにするためのシールになっています。

 

そしてそのシールであるガスケットは、エンジンの種類によって異なりますが、紙製のものもあれば、金属製のものもあったりと、バリエーションはさまざま。当然金属製の方が耐久性はあるのですが、あまり市販車には採用されていません。

ヘッドガスケットの交換工賃

ヘッド

ヘッドガスケットが破損する原因は、ラジエターが詰まったり漏れたりして、冷却水がエンジンに回らなくなってしまったことにより、シリンダーヘッドが反って曲がってしまうことによる場合と、ガスケット本体が劣化して破損してしまう場合など、さまざまなケースがあります。

 

ですがガスケット単体がいきなり破損したりすることはなく、大抵は冷却水がエンジンに回ってこないことが原因による二次故障のため、早めに気づいていれば防げた故障であったという場合もあります。

 

とはいえ、ヘッドガスケットが損傷した時点で、

 

エンジンを半分下ろす修理なのは確実

 

で、ラジエターなどの補機類の修理も必要となってくることが多く、かなり厄介な修理となってしまうことが多いのです。

 

ガスケットの部品代で言えば、エンジンにもよって違いますが、安価なものだと5,000円前後から。高級車やスポーツカーなどの金属製のガスケットを採用しているエンジンなら高くはなりますが、それでも2万円も出せば部品代としては充分です。

 

問題は工賃が尋常ではないくらい高い

 

ということ。なぜならエンジンを半分下ろすこともあって、大部分が工賃になるのです。

 

パッソ

内訳としては、標準的な1000cc、トヨタのパッソのエンジンを例として考えてみると、

 

作業時間(指数)が11.3。ディーラーでの作業1時間あたり8,000円平均として考えてみると、

 

8,000円×11.3時間=90,400円。

 

この工賃にクーラント2,000円前後、ガスケット5,000円前後で、さらにシリンダーヘッドが歪んでいるようなら研磨が20,000円前後かかります。そして、水圧をかけても問題ないかと組付け前にテストをしておくなら10,000円前後。こうした場合、税込みでの

 

修理代合計は13万円を超える金額

 

となってしまいます。

 

そしてV型や、水平対向エンジンなら両バンク作業する必要があるので、単純計算でこれのさらに倍。

 

V型や水平対向は26万円前後

 

の修理代を見積もっておく必要がありますね。

どうする??ガスケット修理3つの選択

ガスケット破損をどうすれば良いのか

・前兆に気付かなかった…
・自然には直るものではない
・自分でエンジンをバラせない

と、ヘッドガスケット抜けの修理に関しては、とにかく面倒なことになってしまっていると思いますが、ここではこれからどうすれば良いのか3つの解決策をお話ししています。

 

修理する

これ以上、傷口を大きくしないためには、まずはきちんと修理するべきです。

 

修理

 

今のまま走り続けていると、ガスケットの抜けがどんどんひどくなっていくばかりか、水を入れてもすぐに抜けてしまい、全く走れなくなってしまいます。ですが

 

・何年乗り続けるのか
・金銭面での問題
・愛車の残存価値

 

をよくよくお考えになられて、修理をされるかをお考えになって下さい。特に「何年乗り続けるのか」と「愛車の残存価値」は重要で、この先長く乗らない車に高額なお金をかけて修理するのも考えものです。

 

愛車の価値とのバランスを考えて修理するようにしましょう。

 

放置しておく

次に、放置しておくという選択肢もあります。

 

放置

 

冷却水を、入れても入れてもすぐに食ってしまう(燃焼室で爆発・蒸発してしまう)ので、

 

長い距離を乗っていけなくなる

 

ようになります。

 

・そろそろ乗り換えする予定
・金銭面で本当につらい
・直すほどの価値もない車

 

ようであれば、あと少し放置しておいて、その時がくれば手放すということもありなのかもしれません。

 

ですが高速道路走行中や、信号待ちをしている時に水温が上昇してしまうことを考えると、周りの迷惑にもなりますから、放置はやめたほうが賢明ですね。

 

車の価値を調べる

あっ…!?
修理代が車の価値を超えちゃった!!


ということにならないためにも、大きな修理でお悩みなら、まず先に車の価値を調べてみるようにしましょう。


車の価値


市場価値があまりない車に高額な修理をするのもいかがなものかと思いますし、逆に価値がありすぎる車に修理をするよりも、売れたお金で乗り換えてしまった方が出費が少なくて済む場合もあります。


・愛車の残存価値を知り
・修理した方が得なのか
・乗り換えた方が得なのか


修理をする方が出費が少なくて済むのか、乗り換えた方が結局は安くあがるのか。いずれにしてもご自身の愛車の価値がわからないことには話が進みません。

”あなたのお車の概算価格は
1,350,000円〜1,550,000円です”

と、入力したらすぐに画面上に表示される便利なサイトはこちら

まずは価値を調べてみると、案外どうすればいいのかが具体的に見えてきますよね。

高額な修理代をかけても査定額アップにはならない!?

車の価値がそこそこにあるようでしたら、修理をしても次に乗り換える時には値段はつくでしょう。ですがそれはあくまでその車本来の価値であって、修理した分の査定額が増えているわけではないのです。


また、価値がほとんどない車に高額な修理をしたからといって、乗り換えする時のプラスにはなりません。残念ですが、価値のない車はいくら綺麗でも価値は無いに等しいのです。


修理したところ


補足しますと、エンジンやミッション、エアコンやパワーウィンドウなどは、


動いて当たり前の部位とされる


ため、いくら直前に修理したからといってもプラス査定にはなりません。言い換えれば、30万円の価値の車に20万円の修理をしたからといって、50万円の価値にはならず、30万円は30万円なのです。


だからこそ、まずは愛車の価値を知ること。


車の価値より高い修理代を支払って損をすることのないよう、気をつけたいものですね。

2017年11月現在の買取情報

2017年11月現在の買取情報です。


以下の車種は海外へ貿易輸出されることが多く、思った以上の価値がついているようです。


参考になれば幸いです。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)


・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)


・ ハイブリッドカー
(プリウスやアクア、フィットなど全メーカー対象)


・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)


・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)


・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)


・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)


・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)


・ 貨物車
(全メーカー4ナンバーや1ナンバーのバン・トラック)

できるだけ出費は抑えたいですよね

放置しておくのは怖いから
修理しないといけないのはわかるけど
できることならお金をかけたくない。

お金をかけたくない


それは、これをお読みになっているあなただけのことではありません。長らく自動車屋としてやってきた管理人も、愛車のこととなればまったく同じ気持ちです。


月々や年間の維持費だけでけっこう大変なのに、これ以上突発的な修理代などは、もう本当に勘弁です。


乗り換えが適切なのか、お金をかけて修理をした方が適切なのか。


それにはまず、今の愛車の価値がどのくらいあるのかを知らないことには、見えてこない部分も多いのではないでしょうか。

愛車の価値を聞いてどうなった?

よん

そんなにつくとは!!

もう20年近く乗り続けてきた古いバン。仕事柄けっこう雑に扱ってきたからか、内外装もひどくって…。


そして最近、エンジンが調子悪くなってきたので、直す前にとりあえず値段を聞いてみたんです。


するとなんと、17万キロも走っているボロ車に40万円もの値段がついてびっくり!


どうやら海外へ売られていくらしく、日本では使わないようなボロ車でも、海外では全然気にされないそうで。


なんだか良くわかりませんでしたが、修理であれこれ悩むより、まずは値段を聞いてみると、案外良い結果になるかも知れませんね。


和歌山県 えとうみきお さん

と、満足なお声もあれば、

ごつ

20万円ほどかけて…


20万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家庭の状況が変わって乗り換えないといけなくなり、その時の愛車を売却することに。


査定金額はなんと16万円―――


え?
この前20万円以上かけて修理したとこなのに!


と思わず言ってしまいましたが、それはそれは… と苦笑いされる始末…。


修理前には何も教えてくれないの!?


そんなに価値のないクルマだから修理はよく考えて!!と言ってくれてたら、修理なんてしなかったよぉ!


札幌市・会社代表 5時5時さん

こうした失敗談もあります。


できることなら後悔は避けて欲しい


事前に価値を知っておくと損はないですね。

どうしてそんなに値段が付くの?

では、そんなに古い車にどうしてそんな値段が付くのでしょうか?


まずはこちらのオートオークションの取引履歴画像をご覧下さい。


ハイエース価格


これは中古車オートオークション結果のキャプチャーですが、20年以上前のハイエース、しかも走行距離も20万キロ以上走っているにも関わらず、


420,000円もの高値


がついているのがわかります。


さらにこちらの画像はプリウスになりますが、


プリウス


10年落ち23万キロが32万円


と、こちらもとんでもなく高値がついているのがわかります。

あなたの愛車は何キロ?

今、修理に悩むあなたの愛車は、これよりも多い走行距離ですか?これよりも古いお車ですか?

車が高値で買取りされる理由

古い車なのになぜ高値で売れるのでしょうか。それは先述の通り、


貿易輸出される車は高値


だということです。以下をご覧下さい。


ミズノクルマ


ロシアなどになるとこうして、水没車まで輸出されているのが現状です。


水没車も気にせずどんどん買取るロシア。そんな国が、


・エンジンから異音が出ているから
・ATが滑っているから
・走らない(動かない)から


こんなことをイチイチ気にするでしょうか。


どんな車でも思った以上に価値がある。


日本の中古車相場は、そうした背景もあって、高い値段が付いていることを覚えておいて下さいね。

売らずにごめんなさい

まつ

ちょうど7年目。3回目の車検辺りから何かがあると言われていて、ウチの車も例に漏れずトラブルに。

とは言っても普段から乗らなさすぎ、そしてオイル交換をサボってしまっていたせいで、コンロッドメタル?という部分が焼けてしまって…。


でも、7年経っているにも関わらず、けっこうな値段が付いてくれたので、気に入ってた愛車ということもあり、修理することにしました。


買取業者さんにまで、「次からはちゃんとオイル交換はしておいて下さいね」なんて笑顔で言われてちょっと恥ずかしかったですが、値段を聞くだけで売らなくてもいいんだと、改めて知りました。


次は実家のワゴンRも、相場を調べてみようかな。


さいたま市 次はヴェルファイアが欲しい!! さん

最後に管理人より

一番はもちろん早く修理をすること。


これに尽きます。


しかし、もっと望むべくは、


いかにお金をかけずに現状を乗り切るか


ということではないでしょうか。


同じく自動車を愛する者として、修理をするにも乗り換えをするにも、まずは車の価値を調べましょうとお話しさせていただきました。


あなたに届けば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドガスケットが抜けている時点で、高額修理になることは必至です。

 

そのまま水を継ぎ足しながら乗るというのも難しいもの。乗り換えという考えが浮かんだのなら、一刻も早く行動するようにしましょう。なぜなら失礼を承知で申し上げますと、

 

エンジンが止まったら価値がなくなってしまう

 

ので、水を足しながらでも

 

動いている今のウチ

 

に査定をしてもらった方が良いでしょう。そしてそんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるかんたん車査定に比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

 

 

それと、現在高値で取引きされている車種はこちらから。

車種

 

これらの車種は、貿易に出るために特に価格が高騰しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

たくさんある車の一括査定ですが、概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、見てもらっても必ず売る必要はありませんので、上手に使い分けられると良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

”そんなに価値があったのなら乗り換えておけば良かった!”

 

また、

 

”価値があまりない車に高い修理をしてしまった…!”

 

と、ならないよう、高額修理に臨む前には愛車の価値を知っておくことが重要です。

 

>>価値を調べるにはこちらから<<

 

あわせて読みたい

もし、修理代のことで、乗り換えした方が良いかなと思われた場合は、少しでもお得に愛車を高く売る方法が書かれているこちらもご参考下さい。


≫不具合のある車の賢い売却方法≪

 

そして余談ではありますが、以下の車種ですと、思った以上に高い価値で取引きされていますので、調べてみる価値はありそうですね。

 

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(全メーカー対象。プリウスやアクア、フィットなど全て)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(4ナンバーや1ナンバーのトラックやバン。全メーカー対象。)

 

これらの車は、たとえ

 

1.年式が古くても
2.走行距離が多くても
3.内外装がキズだらけでも
4.各機関の調子が悪くても

 

→そんなことは全く関係なし。

 

オーナーさんが思っている以上に、

 

国内外での需要がとても高い

 

ので、

 

車の状態に関係なくとても高値で取引

 

されています。

 

決して乗り換えしろと進めてるわけではありません。また逆に修理しろと言っているわけでもありません。

 

価値を知ることで損のない選択をしましょうということと、価値を知ることで選択肢が広がるとお話ししたいのです。

 

東南アジアの町並み

※クリックで拡大。東南アジアの街並み

 

なぜならこれらの車種は、国内リユースはもちろん、海外へ貿易に出るために、とても高い価値で取引されているのが現状です。

 

修理をしてから後悔しないためにも、

 

愛車の価値は先に知っておくこと

 

が大切なのです。

 

>>価値を調べるにはこちらから<<

 

概算価格を把握したら

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができるようになります。

 

修理をする方が得策なのか、乗り換える方が損がないのか。

1.概算価格を見て判断する
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはず。

 

まずは価値を調べておかないと、絶対に損をしてしまいますよ。

 

>>概算価格を調べてみる<<

 

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヘッドガスケット抜けに関してー元凶や病状・交換にかかる価格や工賃など

 

 

 

エンジンは、大きく分けると、シリンダー阻止ってシリンダーヘッドに分かれます。ヘッドガスケット(シリンダーヘッドガスケット)は、こういうシリンダー阻止とシリンダーヘッドの間にある、シリンダー頃の気密性を保つためのコンテンツのことです。瓦斯やオイル、アイシング水(クーラント液)などが漏れないように密閉するための役回りを持っていて、マイカーが正常に動くために欠かせない大切なポイントの一つだ。

 

 

0.1 ヘッドガスケット抜けの原因
0.2 ヘッドガスケット抜けの病状
1 ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格
2 マイカーを厳しく売り払うなら無料で一括払い見積り

 

ヘッドガスケット抜けの原因

 

ヘッドガスケットが踏みとどまれる辺りを超えたストレスがかかったり、アイシング水不足でマイカーがオーバーヒートを起こして、シリンダーヘッドに極端な変形が起こったときに発生することが多いだ。また、経年衰弱でヘッドガスケット抜けが起こることもあります。ヘッドガスケット抜けは、走行距離の多い軽自動車に起こりやすいだ。

 

シリンダーヘッドガスケット抜けが起こるって、こういうポイントの役回りです密閉性(ステッカー性)が失われて、エンジンオイルってアイシング水(クーラント液)が混ざったり、抑えていたストレスがウォーター路線(アイシング水路)に漏れてしまい、アイシング水に様子が混ざったりします。ヘッドガスケットが抜けたままの状態で乗り続けると、オーバーヒートしたり、ピストンやシリンダーヘッドの破損・エンジンの破損などの、深刻なエンジンジャンクにつながります。

 

シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えとなると、直し費用がまったく高額になるので、乗換えたほうがいいようなケースにもなるので、取り急ぎ見抜くことが大切です。
ヘッドガスケット抜けの病状

 

マフラー(排ガス口)から白煙(湯気)が生じる
ラジエータキャップを開けてみると気泡がポコポコ出ている
アイシング水とオイルが混ざって白く濁る(カフェオレという色)
アイシング水が異常に減少する
アイシング水が漏れる
水温が異常に上昇する

 

などの病状があります。
ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格

 

ヘッドガスケットの交換にかかる工賃や価格は、一般的には4?10万円辺りになります。あまり痛い出費ですね。とはいえ、ヘッドガスケットが抜けたままで放っておくと、ザクザク病状が悪化して、シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えなどの、最悪のケースになることもあります。

 

わかりやすい病状もあるので、病状に気がついたら、直ちに直しに繰り出すようにしましょう。

 

ヘッドガスケットを交換そうなると言うことは

 

オーバーヒートか縮小過失かオイル過失が考えられます。

 

いずれも重オーバーホールなので出費は大きい。

 

※このサイトではオーバーホール士の歳月工賃を6000円で算出してあります。
ワークショップによってはさらに高いところもありますのであくまでものさしみたいにお用い下さい
6000円〜8000円そばがオーバーホール士の歳月工賃としては組合せが多い金額です。

 

 

 

 

ヘッドガスケット交換プライス

 

 

 

エンジンには大きく分けてシリンダーヘッドってシリンダー拒否に分かれて来る。
その2つの併せ目にはヘッドガスケットという瓦斯ケットにおいて、
縮小やオイルや水を封入しています。ただしこういう瓦斯ケットも経年悪化でオイル過失などを
誘発して来る。そうしたらヘッドガスケットを交換しないといけません。

 

 

オイル過失にでヘッドガスケット交換やる操作

 

ヘッドガスケット交換は最適重オーバーホールの部類に入ります。なぜならば、ヘッドという拒否を分類
させるためには、瞬間ベルトやスパイラルを外さないといういけない。そうして、インテークマニホールド
ってエキゾーストマニホールドもきらないといけない場合もあります。

 

 

瓦斯ケットは3000円位の内容

 

となり置きの軽自動車のヘッドガスケット交換工賃は5歳月位。工賃だけでも顕著だ。
5歳月の工賃に6000円の歳月工賃をアップすると工賃30000円。
コイツに内容勘定。瞬間ベルトセットで2万円+ヘッドガスケット5000円+オイル3000円+
アイシング水2000円=内容勘定で3万円

 

内容勘定3万円+工賃3万円=6万円

 

 

ランサーのヘッドガスケット交換操作挿画

 

大概6万円位が一般的なヘッドガスケット交換プライスとなります。
工賃が嵩むのが瞬間スパイラルの場合。スパイラルの場合はヘッド補償はもとより、
オイルパンを外さないってスパイラル補償が逸れない。それで指数も10歳月近くになってきます。
工賃だけで6万円を超えて来るということですね。
もっと強烈のがV部門エンジン。V部門エンジンになると、片バンクずつヘッドが存在するために
2ダブル加わるというわけですね。