MENU

エンジンのシリンダーヘッドガスケットが破損すると

水温計

ヘッドガスケットが破損すると、大抵の場合「オーバーヒート状態」になったことで気づかれるのではないでしょうか。

 

最近の車は、水温計がついていないことが多く、赤いランプのため、点灯していてもなかなか気づかないまま走行してしまうこともあったりして、今回破損に至られたのではないでしょうか。

 

現在の症状でいえば、冷却水を足してもすぐに食ってしまい、あっという間に水不足になる状態か、ラジエターキャップを開けると物凄い勢いで吹き返ししてくるかの状態ではないかと思います。

 

いずれにしてもこのままの状態では、エンジンは正常に機能することはありませんので、一刻も早い修理が必要です。

 

ヘッドガスケットの交換工賃

ヘッドガスケット抜け

エンジン関係の修理の中でも、このヘッドガスケット抜けの修理というのは、

 

けっこう厄介な修理

 

になります。

 

なぜなら、ガスケットという部品本体は、車種にもよりますが、安いもので3,000円前後から、高いものでも20,000円も出せばあるものなのですが、たったその部品を交換するために、

 

車種によっては丸3日間以上、ずっと同じ車にかかりっきり

 

になってしまうのです。工場側としても、非常に面倒な作業となるために

 

工賃が恐ろしく高いもの

 

となり、修理に出された方の負担は、とても大きなものになることは間違いないでしょう。

 

ヘッドガスケットの役目

ヘッドガスケット

この図をご覧ください。

 

エンジンというものは、大きく分けると2つに分けることができます。

 

一番上がシリンダーヘッド

 

一番下がエンジンブロック

 

の2つに分けられ、この2つの部品(というか物体)を組み合わせる間に、今回のヘッドガスケットが存在します。

 

ヘッドガスケットは、金属同士の部品を合体させることで、その間に通る冷却水やオイルなどが漏れてこないよう、液漏れを防いだり、圧縮した混合気を漏らさないようにするための「シール」になっています。

 

そしてそのシールであるガスケットは、エンジンの種類によって異なりますが、紙製のものもあれば、金属製のものもあったりと、バリエーションはさまざまとなっています。

 

ヘッドガスケットの修理代まとめ

ヘッドガスケットの部品代は?

数千円です!

 

ガスケットは紙製のものが多く、部品単体では数千円という安いものです。車種によっては高価なメタル製のものもありますが、それでも2万円も出せば部品代としては充分です。

では交換工賃はどのくらい?

数万円です!

 

数千円の部品を交換するのに、エンジンの上半分をバラすため、工賃は数万円からになり、水平対向やV型エンジンなどは十数万円になるなど、かなりの費用がかかります。

ヘッドガスケットは、抜けてしまうと

 

とんでもない修理代がかかる部位

 

ということですね。

 

ですがいずれにせよ、こうした不具合が起こってしまうと、以下の選択肢で判断するしかないのではないでしょうか。

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

この先2年しか乗らない車に30万円の修理代をかけても良いのか?

 

5年乗るから30万円の修理代をかけるのは妥当なのか?

 

これは、自動車への愛着やライフスタイルの差がありますので、人それぞれに異なります。

 

そしてさらにはこんな考え方もあります。

 

100万円の価値の車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

もしくは、

 

30万円の価値しかない車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

こうした考え方も、人それぞれに異なるでしょう。

 

だからこそ、今回のヘッドガスケット修理のような、ある程度高額な修理代が予想される場合には、失敗しないためにも、

 

先に車の価値を知ることが重要

 

になってくるのです。

 

正しい判断をするために

高額修理をするために、もしくはその修理が妥当であるかを判断するために、まずは愛車の価値を知りましょう。

 

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができます。

 

ここは、年式や距離など、うろ覚えでもいいので

 

わずか4つの項目を入力する 

 

だけで、

 

すぐに画面上に価値を表示 

 

してくれるという便利なサイト。たとえ夜中でもすぐに画面上に表示される機能はとても便利ですので、まずは気軽に依頼してみて概算価格を知ってから、ゆっくり考えられてはいかがでしょうか?

 

>>概算価格を見てみる<<

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはず。

 

まずは価値を調べておかないと、絶対に損をしてしまいますよ。

 

>>概算価格を無料で調べる<<

 

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

乗り換えを検討してみる

ヘッドガスケットが抜けている時点で、高額修理になることは必至です。

 

そのまま水を継ぎ足しながら乗るというのも難しいもの。乗り換えという考えが浮かんだのなら、一刻も早く行動するようにしましょう。なぜなら失礼を承知で申し上げますと、

 

エンジンが止まったらただのゴミ

 

になってしまうから。水を足しながらでも

 

動いている今のウチ

 

に査定をしてもらった方が良いでしょう。そしてそんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるサイトに比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

それと、現在高値で取引きされている車種はこちらから。

車種

 

これらの車種は、貿易に出るために特に価格が高騰しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

たくさんある車の一括査定ですが、概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、見てもらっても必ず売る必要はありませんので、上手に使い分けられると良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヘッドガスケット抜けに関してー元凶や病状・交換にかかる価格や工賃など

 

 

 

エンジンは、大きく分けると、シリンダー阻止ってシリンダーヘッドに分かれます。ヘッドガスケット(シリンダーヘッドガスケット)は、こういうシリンダー阻止とシリンダーヘッドの間にある、シリンダー頃の気密性を保つためのコンテンツのことです。瓦斯やオイル、アイシング水(クーラント液)などが漏れないように密閉するための役回りを持っていて、マイカーが正常に動くために欠かせない大切なポイントの一つだ。

 

 

0.1 ヘッドガスケット抜けの原因
0.2 ヘッドガスケット抜けの病状
1 ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格
2 マイカーを厳しく売り払うなら無料で一括払い見積り

 

ヘッドガスケット抜けの原因

 

ヘッドガスケットが踏みとどまれる辺りを超えたストレスがかかったり、アイシング水不足でマイカーがオーバーヒートを起こして、シリンダーヘッドに極端な変形が起こったときに発生することが多いだ。また、経年衰弱でヘッドガスケット抜けが起こることもあります。ヘッドガスケット抜けは、走行距離の多い軽自動車に起こりやすいだ。

 

シリンダーヘッドガスケット抜けが起こるって、こういうポイントの役回りです密閉性(ステッカー性)が失われて、エンジンオイルってアイシング水(クーラント液)が混ざったり、抑えていたストレスがウォーター路線(アイシング水路)に漏れてしまい、アイシング水に様子が混ざったりします。ヘッドガスケットが抜けたままの状態で乗り続けると、オーバーヒートしたり、ピストンやシリンダーヘッドの破損・エンジンの破損などの、深刻なエンジンジャンクにつながります。

 

シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えとなると、直し費用がまったく高額になるので、乗換えたほうがいいようなケースにもなるので、取り急ぎ見抜くことが大切です。
ヘッドガスケット抜けの病状

 

マフラー(排ガス口)から白煙(湯気)が生じる
ラジエータキャップを開けてみると気泡がポコポコ出ている
アイシング水とオイルが混ざって白く濁る(カフェオレという色)
アイシング水が異常に減少する
アイシング水が漏れる
水温が異常に上昇する

 

などの病状があります。
ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格

 

ヘッドガスケットの交換にかかる工賃や価格は、一般的には4?10万円辺りになります。あまり痛い出費ですね。とはいえ、ヘッドガスケットが抜けたままで放っておくと、ザクザク病状が悪化して、シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えなどの、最悪のケースになることもあります。

 

わかりやすい病状もあるので、病状に気がついたら、直ちに直しに繰り出すようにしましょう。

 

ヘッドガスケットを交換そうなると言うことは

 

オーバーヒートか縮小過失かオイル過失が考えられます。

 

いずれも重オーバーホールなので出費は大きい。

 

※このサイトではオーバーホール士の歳月工賃を6000円で算出してあります。
ワークショップによってはさらに高いところもありますのであくまでものさしみたいにお用い下さい
6000円〜8000円そばがオーバーホール士の歳月工賃としては組合せが多い金額です。

 

 

 

 

ヘッドガスケット交換プライス

 

 

 

エンジンには大きく分けてシリンダーヘッドってシリンダー拒否に分かれて来る。
その2つの併せ目にはヘッドガスケットという瓦斯ケットにおいて、
縮小やオイルや水を封入しています。ただしこういう瓦斯ケットも経年悪化でオイル過失などを
誘発して来る。そうしたらヘッドガスケットを交換しないといけません。

 

 

オイル過失にでヘッドガスケット交換やる操作

 

ヘッドガスケット交換は最適重オーバーホールの部類に入ります。なぜならば、ヘッドという拒否を分類
させるためには、瞬間ベルトやスパイラルを外さないといういけない。そうして、インテークマニホールド
ってエキゾーストマニホールドもきらないといけない場合もあります。

 

 

瓦斯ケットは3000円位の内容

 

となり置きの軽自動車のヘッドガスケット交換工賃は5歳月位。工賃だけでも顕著だ。
5歳月の工賃に6000円の歳月工賃をアップすると工賃30000円。
コイツに内容勘定。瞬間ベルトセットで2万円+ヘッドガスケット5000円+オイル3000円+
アイシング水2000円=内容勘定で3万円

 

内容勘定3万円+工賃3万円=6万円

 

 

ランサーのヘッドガスケット交換操作挿画

 

大概6万円位が一般的なヘッドガスケット交換プライスとなります。
工賃が嵩むのが瞬間スパイラルの場合。スパイラルの場合はヘッド補償はもとより、
オイルパンを外さないってスパイラル補償が逸れない。それで指数も10歳月近くになってきます。
工賃だけで6万円を超えて来るということですね。
もっと強烈のがV部門エンジン。V部門エンジンになると、片バンクずつヘッドが存在するために
2ダブル加わるというわけですね。

 

このページの先頭へ