オイルライン目詰りによるエンジンの異音

MENU

オイルライン目詰りによるエンジンガラガラ音

ワゴンR

エンジン始動時や走行中に

 

・ガラガラ
・ガンガン
・ガタガタ

 

といった異音や打音が聞こえてくると、重大なトラブルに発展しかねない不具合が起こっている可能性があります。

 

例えば、スズキのワゴンRなどに搭載されている

 

K6A型エンジン搭載車

 

に多いガラガラ音。

 

これはオイルラインが目詰りして、各部にオイルが行き渡らなくなって、ガラガラとした異音を発生させているケースが多いようです。

始動時のみの異音

K6Aエンジン特有の、エンジンをかけ始めた時のみ一瞬発生するガラガラ音。始動後0.2秒くらいガラガラッ!と音が鳴って止まるパターンですが、こちらは別ページで解説しています。
→K6Aエンジン異音の詳細はこちらから

オイルラインが目詰りすると

先述のワゴンRを始め、スズキのK6A搭載エンジン車もですが、それ以外の車やバイクにおいて、

 

ずっと音が鳴り止まない場合はちょっと面倒

 

です。

 

一概にこれと決めつけるのは難しいのですが、一般的にガラガラした音は、

・オイル交換怠慢による経路の詰まり
・タイミングチェーンからのガラガラ音
・バルブタペットからの異音
・コンロッドメタルからの異音
・ピストンリングからの異音

ということが考えられます。

 

ここではオイルラインの目詰まりについてお話していきますので、タイミングチェーンからの異音についてはこちらから、それ以外のエンジン異音はこちらをご参照下さい。

オイル交換を怠ると?

日頃のオイルメンテナンスは重要

 

と、よく言われます。

 

オイルは人間で言うと血液

 

のような役割を果たしていて、エンジンのほぼ全てのパーツを円滑に動作させるために重要なものであり、そのオイル管理を怠ると、様々なトラブルを生み出します。オイルの交換時期はその車種によって指定時期は異なりますが、一般的には3,000〜10,000kmが目安となっています。

 

しかしこれはあくまでも目安で、エンジンに高負荷を掛ければ掛けるほど、当然劣化の早さも異なるため、交換の時期は早まります。

 

・高速道路を一定のエンジン回転で10,000kmを走行したエンジン

 

・街中でのストップ&ゴーを繰り返して10,000kmを走行したエンジン

 

とは、もちろんオイルの劣化の早さも違うので比較になりません。予算の許す限り、早めに交換するのがベストです。

 

そして、そのエンジンオイルをいつまでも交換せずに放置しておくと、オイルラインが目詰りしてしまいます。

 

スラッジばかり

※スラッジが溜まりまくってしまったエンジン

 

金属同士が擦り合わさって、

 

金属粉=スラッジが発生するのは普通

 

です。

 

ただし、マメにオイル交換と、オイルフィルターを交換していると、交換の時に古いオイルに混ざって抜けていくのですが、

 

オイル交換を永らくサボってしまったり、
継ぎ足しばかりを繰り返していると、
スラッジはエンジン内に溜まる一方です。

 

そうなると、やがてはオイルの流れを止めてしまって、エンジン本体をダメにしてしまうのです。

 

今、すでに異音が発生しているなら、
残念ながらもう音は消えません。

 

オイルラインが詰まってしまうと、もうエンジン全体にオイルが回らなくなるため、

 

オーバーホール

 

分解清掃(オーバーホール)が必要

 

となってきます。

エンジンオーバーホールの工賃

エンジン降ろし

エンジンをオーバーホール(分解清掃整備)する費用としては、どこの部位が詰まっているのかによっても変わります。

 

まずはオイルパンもしくはヘッドカバー側から順番にエンジンをバラすところからスタートします。

 

状況をバラしながら1つずつ確認し、そこから目視で見えた状況によって、どこまでの作業を行うかを判断することになります。

 

一概にいくらとは言えませんが、単純に

 

数万円から高いものでは数十万円

 

にもなるので、場合によっては中古エンジンへの載せ替えを勧められる場合もあるでしょう。

ヒトの心筋梗塞のようなもの

オイルがどこで詰まっているかを確認するには、順番に分解していく必要があります。

 

これは、人間でいう脳梗塞や心筋梗塞のようなもので、

心筋梗塞

早い段階で詰まっているポイントを見つけた場合には、比較的安価な工賃(とはいっても10万円前後はかかります)で済みますが、ポイントがわからず、分解し続けて行くと、その時間に見合った工賃を請求されることになります。

 

ポイントがなかなか特定できないと、
数十万円の請求となるのですね。

 

更にオイルラインの目詰りだけではなく、シリンダー内やシリンダーヘッド、カムシャフト、オイルパンやストレーナーなど、オイルが通る各部でもスラッジ溜まりを引き起こしている可能性が高い場合は、

 

エンジンをおろして全て分解する場合も

 

あります。

 

いずれにしても、オイルライン詰まりの修理は高くついてしまうのは必至ともいえますね。

オイルライン詰まりの修理をする前に

オイルライン詰まりの修理をする前に、

 

まずは今の愛車の価値を調べてみる

 

ようにしましょう。

 

なぜなら、こうしたオイルライン詰まりが発生するということは、

 

ディーラー保証もなく走行距離も多い

 

という状態なのではないでしょうか。

 

修理にものすごくお金がかかることは記述しましたが、修理後も

 

やれラジエターだ、オルタネーターだ、エアコンコンプレッサーだ…

 

と、これからさまざまな部位の交換が必要になってくる時期でもあります。

 

もちろんそうとはいっても、

・愛着があって手放したくない
・最後まで乗り潰すんだ
・お金かけるのが楽しい

と、趣味でお乗りのお車なら、一刻も早い修理をオススメしますが、

 

・あとどのくらい乗るかな…?
・できるだけ出費は抑えたい
・売れた金額以内で乗り換えしたい

 

など、どれか1つでも当てはまっているようでしたら、損のない選択をするためにも、車の価値は必ず調べておくべきなのです。

 

もちろん、乗り換えを勧めてるわけではありません

 

が、たとえば30万円の価値のお車に、20万円の修理や部品交換をするのなら、いっそのこと50万円で、

 

走行距離の少ない車に乗り換え

 

してしまった方が良い場合もあります。修理や乗り換えも含めて

 

いろんな選択ができるようにするため

 

にも、一度こちらから価値を調べてみましょう。

 

>>概算価格を見てみる<<

4項目の入力ですぐに価値がわかる

・メーカー
・車種名
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

たったこれだけの入力で、夜中でも早朝でも画面に概算価格を表示してくれるんです。

 

目安

PCやスマホに不慣れな方でも、1分もあればかんたんに入力が終わります。

 

もちろん無料で使えるし、ムリに売る必要もありません。

 

あくまで修理するかどうかの判断をするため

 

に使っても、全く問題のないサービスなのです。

家族

よりによってまた同じ車を…

 

車はとても気に入っていたのですが、ちょうど自動車税の時期と重なったこともあって、修理をしようか迷っていました。

 

そんなとき、このサービスを使って概算価格を調べてみると、思っていた以上の金額がついてくれまして。

 

周りからは「何で!?」とさんざんのツッコミを受けましたが、車自体が気に入っていたこともあって、同じ車種の走行の少ないものに乗り換えしました。

 

なんか貿易輸出される車は高値がつくようで、知らなかった自分としてはびっくりでしたよ。

 

福岡市 自営業 K・Tさん

 

>>概算価格を見るなら<<

意外と知らない貿易の事実

意外と高値がついて驚かれた「K・T」さんの車種は、以下の車種だったようです。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(全メーカー対象。プリウスやアクア、フィットなど全て)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(4ナンバーや1ナンバーのトラックやバン。全メーカー対象。)

 

これらの車種は、意外と知られていませんが、かなりの高額で買取りされていて、

 

とても価値の高い車種

 

になります。

 

というのも、こちらの車種は軽自動車を除いて全て、海外へ貿易輸出されていくために、

 

・走行距離が多くても
・内外装が傷だらけでも
・異音がすごくても

 

関係なく高い価値があるのです。

※軽自動車は国内再販が多い

 

貿易は、車体で出ずに、全て部品扱いとなってリユースされることも多いので、上記の車両は不具合があっても高値がつく。

 

もちろん、ここに記載されていない車であっても、まずは価値を調べておくことで「損のない選択」ができるのです。

後悔

先に言ってくれたらいいのに…

 

30万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家の状況が変わってお金が要るようになり、車を売却することに。

 

査定金額はなんと25万円。

 

30万円以上の修理代をかけたのに、そんなに車の価値は低かったのかとがっかり。

 

修理工場は修理前に教えてくれない

 

んですね。「乗り換えた方がいいですよ」とかあっても良いのでは?とも思いましたが、向こうも仕事。修理してくれとこちらが頼んだ通りにやってくれただけ。

 

これからもし高額修理をするようなことがあったら、必ず先に価値は調べてからにしようと反省しました…。

後悔先立たず

後悔は「後で悔やむ」と書きます。

 

こうした後悔をすることがないよう、先に価値は調べておくようにしましょう。

>>概算価格を調べてみる<<

 

まずはここから概算価格を調べておいて(すぐ画面上に表示されます)、修理をするかどうするかを選択するようにすれば、

 

損のない正しい判断

 

ができるようになりますよ。