ワゴンR、エブリィ、ラパン…

といいますか、スズキのK型エンジン全般に言えることとでも言いましょうか、K型エンジンの始動時におけるガラガラした異音に悩まされている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

  • 朝一のエンジン始動時
  • 数時間止めて再始動時

ガラガラッ…!

と鳴る。こんな症状かと思います。

かけ始めの一瞬だけガラガラ鳴るだけなので、気にならないといえば気にならないのですが、やはりいつものことなので耳障りといいますか、

このエンジン大丈夫なの!?

と思ってしまいますよね?

ここではその異音の原因と対策について記載しています。始動後も鳴り止まないエンジンの異音(ずっと鳴り続けている異音)については、こちらのエンジン異音ページをご覧下さい。

エンジン始動時の異音の原因

同じK6Aエンジンでも、実はいくつかの種類があります。

大きく分けるとターボ付きエンジン、ノンターボエンジンになりますが、もう少し細かく分けますとVVTエンジンや直噴エンジンなど、同じK型といえど数多くの種類があるのです。

これは、エンジンブロックの設計はほぼ共通なのですが、エンジンの上半分…、つまりヘッドと呼ばれる部分を少し変えることによって、馬力の発生する特性などを変化させているのです。

VVTエンジンの部品が異音の原因

今回はその中のVVTエンジン。可変バルブタイミングという機構を搭載したエンジンが今回の問題児です。

VVTエンジンの見分け方は、外観から見ると左の緑丸印のように、出っ張りがあるものがVVTエンジン。右の赤丸印のように、出っ張りがないものがVVTがついていないエンジンで、始動時にガラガラ言うものは出っ張りのあるVVTタイプのみになります。

VVTのカムシャフトの耐久性

実はこのエンジン、走行距離が多くなってきたり、年数が経過したりしてくると、カムシャフトについているVVT機構の耐久性のもろさからズレが生じて部品が変形し、ガラガラとした音が発生してしまうのです。

ちょっと以下の写真をご覧ください。

これは、そのVVT機構がおかしくなって異音が出始めたK6Aエンジン。一番右の写真はエンジンをバラした全体図を写し、真ん中から左へ行くにつれて、拡大して写しています。

どうですか? 穴が変形しているのがわかりますよね?

本来この穴はキレイな丸い円になっていて、ここにピンが刺さっているのですが、この部品の耐久性のなさから、楕円形に変形してしまっているのがわかるかと思います。楕円形に変形しているところに元々のキレイな円柱形状のピンが刺さっているわけですから、スキマが生じて異音が出ているということですね。

なのでエンジン全体にオイルが回っていない始動時は、そのスキマでピンが暴れるために、「ガラガラッ…」という異音が発生するわけです。原因は一目瞭然。残念ながら

音が出ているエンジンは既にこの状態

になっているのです。

異音を直すにはどうすれば良い?

一体、こうなってしまったエンジンは、どうすれば良いのでしょうか?

すでにこの状態に変形してしまっている部品です。残念ながらこうなってしまったエンジンは、

カムシャフトの部品ごと交換をする

しか直す方法はありません。

そしてこの症状は、保証範囲内であれば無償で直してくれるのですが、5年以上経過して新車保証が切れたエンジンや、10万キロ以上の距離を走ったエンジンで発生しやすく、完全に保証対象外の扱いとなっていて、さらには人の命の危険性に直接関係しないせいか、

スズキはリコール扱いにはしていない

のです。

修理代としてはどれくらい?

このメーカーの体制に疑問を投げかける声も多い中、これを修理するにはカムシャフト本体やチェーン周り一式を交換する必要があります。それには部品代と工賃を合わせて

約15万円前後の出費を覚悟する

必要があります。そして今回修理しても、カムシャフトの材質強度不足が元々の原因ですから、同じ材質のものに交換するので、直してもまた必ず異音が出ることは理解しておきましょう。

K6Aエンジン異音3つの選択

エンジン異音をどうすれば良いのか

  • ある程度の年数が経っている
  • 自然には直るものではない
  • 自分でエンジンをバラせない

と、カムシャフト異音に関しては、とにかく面倒なことになってしまっていると思いますが、ここではこれからどうすれば良いのか、3つの解決策をお話ししています。

1修理する

今のまま走り続けていると、異音がどんどん大きくなっていくばかりか、時と場合によっては止まってしまいかねません。ですが

・何年乗り続けるのか
・金銭面での問題
・愛車の残存価値

をお考えになられた方が良いでしょう。特に「何年乗り続けるのか」と「愛車の残存価値」は重要で、あまり長く乗らない車に高額なお金をかけて修理するのも考えものです。

愛車の価値とのバランスを考えて修理するようにしましょう。

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。
→スズキディーラー一覧

修理を格安依頼したい

自宅近くの町工場で見積り依頼するなら、こちらで詳しく解説しています。

→お近くの修理(整備)工場を探す

2放置しておく

次に、あまりおすすめはできませんが、放置しておくという選択肢もあります。

急に止まってしまうかもという危険を多く孕んでいるので、できれば早く対策するべきですが、

・そろそろ乗り換えする予定
・金銭面で本当につらい
・直すほどの価値もない車

ようであれば、放置の選択もやむを得ないかもしれません。

ですが高速道路走行中や、右折しようとした瞬間に止まってしまうことを考えると、

放置の選択は恐ろしいものとなりますね。

3修理前に車の価値を確認

実際に修理をしようと判断する前に、車の価値を確認してみるようにしましょう。

修理をした方が良かった、逆に修理をせずに乗り換えた方が良かったと判断するには、まず現状での愛車の価値を知らなくてはなりません。仮に売ったとしても10万円ほどの価値しかない車に、20万円以上かけて修理をするのは、決して賢い選択であるとは言えません。しかも直すほどの価値があるのかと思っておられた場合ならなおさらです。

また、50万円や100万円といった価値がある場合なら、いっそのこと修理をせずに乗り換えてしまった方が結果的にお金がかからなくて済んだというケースもあります。

決して乗り換えを勧めているわけでもなく、また修理を勧めているわけでもなく、事前に知っておくべきなのは、

  • 愛車の正しい価値
  • 正確な修理の見積もり

この2点なのではないでしょうか。

人それぞれ事情は異なります。ご自身に合った方法を取るためにも、まずは勝手に愛車の価値を判断せずに正しい価値を知ること。そしてその価値を踏まえた上で修理代を確認してみることをおすすめします。

→今現在の愛車の価値を知る

修理代の確認ならこちらから

お近くのディーラーはこちらから検索できます。
トヨタ 日産 ホンダ 三菱 マツダ スバル ダイハツ スズキ

自宅近くの町工場で、かんたんに一括見積りができるのはこちら。WEBからの申込みで一気に複数の工場に見積もり依頼が可能です。

→お近くの修理(整備)工場を探す

今、高く売れる車とは?

今現在、高く売れる車種とは何か。

車の価値を調べようと思われた方は、それが一番気になられたのではないでしょうか。

では以下をご覧下さい。

トヨタの車
トヨタの車が高い理由

まずはトヨタ。このメーカーの車であれば、まず高値で売れること間違いなしです。

トヨタのほぼ全車種が海外へ輸出

されていき、主にロシアや東南アジアを中心に、後進国などにどんどん流れていきます。

理由はやはり世界のトヨタというネームブランドと耐久性。ランドクルーザーやハイエースなどは100万キロ走ってもまだまだ走るという耐久性から、全世界のユーザーに支持されています。

軽自動車

すべての軽自動車が売れる
軽自動車なら全般に高値で売れます。この軽自動車は貿易にはほとんど出ることはなく、大抵は

国内リユースのため高値

で売れます。今流行りのトールワゴンタイプのものはもちろん、営業車で使うようなバンタイプのものやトラックに至るまで、すべて高値で売れると思ってもらって大丈夫です。

コンパクトカー

1500CC未満のコンパクト
経済性を求めるユーザーが多いので、この1500cc未満のコンパクトクラスは根強い人気を保っています。

中でもハイブリッドカーは無類の強さ

を誇り、走行距離が20万キロ走っていても普通に値段がつくとも。海外への貿易も積極的に行われていますので、かなりの高値を期待できるでしょう。

ミニバン

国内でも海外も人気です

国内では人気のミニバン。最近では後進国でも広さとゆとりを兼ね備えたミニバンクラスが人気となってきました。
特に排気量が2500cc未満
ミニバンは国内外問わず大人気。維持費も安く、レギュラーガソリン仕様が多いので、再販するにはとても高値のつく車種であると言えますね。
スポーツカー
頭文字Dなどの影響で
人気漫画頭文字Dの影響や、車に楽しさを求めるユーザー層から熱い支持を得て、特にマニュアルトランスミッション(MT)の人気がすごく、かなりの高値を推移しています。
軽自動車のターボのホットモデル、シビックやインテグラなどのライトウェイトスポーツや、シルビアやロードスターなどのFRスポーツ、その他ハンドリングマシンのRX-7など、挙げればキリがないくらい
ホットなスポーツカーはタマ不足
ということもあり、とても高値で推移しています。
バンやトラック
働く車は高く売れる!

ハイエースなどのバン、そして小さな軽トラックから大きな11tのトラックまで、働く車は輸出も盛んに行われていることから、とんでもなく高値で売れています。

20万キロの過走行や、外装の凹み、タバコの焦げ跡は当たり前。そんな

程度が悪くてもガンガン売れていく

のはこのジャンルならでは。安定の高値です。

以上の車種は現在、とても高値で取引されている車種です。

価値を調べたのならば、相当満足できるような金額が提示されるかと思います。高く売れる理由としてはこちらのどんな車が高く売れるの?ページで詳しく説明しておりますが、基本的には

輸出される車両は高く売れる

と覚えておくと良いでしょう。

そして今すぐに概算価格をこの画面上に表示させたいのなら、夜中でもすぐに画面に出てくるこちらから入力してみると良いでしょう。

→今現在の愛車の価値を知る

まずは価値を知って修理代を知ること。

その上で見極めて判断するようにしましょう。

修理代と愛車の価値がわかったら

修理代と車の価値を確認されたら、以下を参考になさって下さい。

修理代が価値を上回った場合

たとえば愛車の価値は20万円しかないのに、修理代が30万円の見積もりといったように、愛車の価値を修理代が上回ってしまった場合。

できればこれはお乗り換えされたほうが賢明です。

なぜならこうした大きな修理になった場合は、これからどんどん修理の箇所が増えていく時期にも突入していきます。そうなると今回大きな金額をかけて修理しても、次々とお金がかかるようになることも。

上記の「高く売れる車」として該当していたのなら、少々お考えになってもこの先値段が大きく下がることはありませんが、もし上記に該当していない車種であれば、すぐに価格はどんどん下落していってしまうことが予想されます。

今はまだ、査定額はあるかも知れませんが、ヘタすると1週間単位でどんどん値段が下がってしまうのが自動車の相場。できるだけ早めにご決断された方が良いのは必定で、修理の値段はずっと変わりませんが、車の価値はどんどん下がります。

価値あるうちの決断。これが大切ですね。

修理代より車の価値が高かった場合

修理代が20万円で愛車の価値が50万円といったように、愛車の価値が高かった場合は、現在の愛車へのこだわりから将来を考えてみましょう。

趣味としてお乗りになっていて、とても希少性のあるお車。たとえばスポーツカーや、中古車市場で絶対的にタマ数の少ないと言われている車種などの場合は、やはりここは修理して大切にされるべきです。

ですがそうでない場合はやはり、高額な修理となるようであれば、乗り換えされることを検討される方が出費も少なくなります。

例のように20万円の修理代見積もりが出て、50万円の価値があったのなら、70万円で中古車を検討してみるのも良いと思います。いずれにしても、お金が極力かからないようにされた方が、結果的に賢い選択と言えるのではないでしょうか。