ユーザー車検。

初めて自分で車検をするときの手順と注意点をまとめています。順を追って解説していますので参考にどうぞ。

ユーザー車検時の必要書類

まずはユーザー車検には、以下の書類が必要となります。準備しておきましょう。

  • 自動車検査証
  • 納税証明書

になります。

自動車検査証は俗にいう車検証と呼ばれるもので、車に常に搭載しているものだと思いますが、これがちゃんとあるのかを確認しておきましょう。なければ再発行の手続きになります。

納税証明は2015年4月から、徐々に電子化されていっていますので、必要のない市区町村は増えてきましたが、きちんと用意ができるのなら、スムーズに進めるために用意しておくようにしましょう。

ユーザー車検の予約

車検を自分で受けるなら、まずは車検ラインを予約しないといけません。

普通車の予約はこちらから行なってください。

→普通車の予約はこちら

そして黄色いナンバーの軽自動車はこちらから検査予約をしましょう。

→軽自動車の予約はこちら

なぜ車検予約が必要なの?

車検ラインとは車の検査を行なうレーンのことで、1日に受験できる台数が限られていることから、

予約を入れないと受験ができない

ようになっています。

ログインIDとパスワードを設定する不便さがありますが、これは車検予約を入れても来ないという状態をなくすためのもの。予約に責任を持つという意味でもきちんと行いましょう。

予約には希望の日時とともに、車両情報を入力する必要があります。車検証を片手に予約するとスムーズに予約することができます。

なお、車検予約ができる日は土日祝を除く平日のみとなってます。

車検予約日にいざ持ち込み!

さて、いよいよ車検当日。事故のないように祈りつつ、車を予約した時間前に陸運局(軽自動車は軽自動車協会)へ持ち込みましょう。

そして、敷地内の書類を購入する建物で、車検証と納税証明を持参し、必要書類を購入します。

  • OCRシート
  • 重量税納付書
  • 分解整備記録簿
  • 自賠責保険

以上の4点が必要となります。

分解整備記録簿

分解整備記録簿は「後検(あとけん)です」と言えば必要ありません。後検とは陸運局でのライン通過後に点検するという意味で、極端な話、車検ラインさえ通過できれば、実際の点検は後でも問題ないとされています。

自賠責保険を作成するタイミング

そして自賠責保険。これはできれば検査ラインを通過後に取得するのが望ましいです。

なぜなら、自賠責の残日数に余裕を持って保険証を作成してもらっているのなら問題はありませんが、残日数が無い状態で落検してしまうと、その日再検できない症状(作業が間に合わない修理等があった場合)の場合は、もう一度自賠責を追加で加入し直す必要があるからです。

もちろん余裕を持った日付で加入することが望ましいですが、予算を極力安く抑えたいのであれば、

ライン通過合格後に自賠責を作成する

ようにしましょう。

車検書類の書き方

車検の書類の書き方については、陸運局内の書き物スペースで書き方例が貼り出してある場合がほとんど。例に習って書くようにしましょう。

書くときの注意点としては特にはありません。なぜなら書類はOCRシートに鉛筆で書くため訂正が可能です。さらには重量税納付書などはボールペンで書くとはいえ、間違えた場合は二重線で引いて書き直せば問題ないからです。書き損じても焦る必要は一切ないので安心してください。

車検ラインの通過

書類が揃ったら、いよいよ車検ラインを通過することとなります。

車検ラインの通過はこちらにまとめましたのでご参考下さい。

自力で車検ラインに合格したら

車検ラインに通ったら、あとは書類を車検受付のところへ提出すればOK。新しい車検証と、車検ステッカーを発行してもらえます。

新しい車検証を丁寧に車内に保管し、車検ステッカーは古い物をカッターやスクレーパー等で剥がして、新しい物に貼り替えておきましょう。

でないと万一何かで警察に止められた時、車検があっても変に疑われて面倒なことになりますよ。

いかがでしたか?

どうでしたでしょうか?

常に車検ラインを通過する業者からすれば、特に難しいものでもありませんが、初めて受けられる方は難しく考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、どうしても難しそうに感じたら、業者に依頼することも考えられた方が良いでしょう。こちらの車検比較サイトなら、全国から車検店舗を選択できるので、近所の店舗で一番安く車検ができるところを一括検索してくれます。

→近くの整備工場を探すには

もちろん、見積もりを依頼しても、絶対に車検をしないといけないわけではありません。思った以上に見積りが高ければ自分で車検すればいいわけですし、それ以外の方法だってあるのです。

ですが車検を機に、

うまく出費を抑えて乗り替えられる

のはご存知でしょうか?

車検を受けずに乗り替える

ユーザー車検であっても、

必ずかかってくるのが法定費用

です。車検を自分でするからと言って、法定費用がかからないわけではありません。

軽自動車の車検代や法定費用

軽自動車は法定費用の概算で35,000円前後。車検業者に出すと60,000円前後。こう見ると軽自動車の場合は、買い替えるよりも継続して車検を受ける方が大した出費でなくて良いでしょう。

普通車の車検代や法定費用

ですが普通車の場合。2000ccで重量が1.5t~2tの車を例とすると、重量税や自賠責保険等の法定費用だけで7万円前後、車検業者に出すと10万円前後にもなってしまいます。

こうなってくると、10万円の出費を次の車代として計算して、今より維持費のかからない車に乗り替えや、家族が増えた、用途が変わったなどの理由で、まったく違う車に乗り替えてしまうことだって可能になるのです。

試しに愛車の価格を調べてみては?

そこで利用したいのがこちら。こちらから現在の車の価値を調べてみて、概算価格がわかったら、こちらで欲しい車を検索してみるのも良いのではないでしょうか。

今、高く売れる車とは?

今現在、高く売れる車種とは何か。

車の価値を調べようと思われた方は、それが一番気になられたのではないでしょうか。

では以下をご覧下さい。

トヨタの車
トヨタの車が高い理由

まずはトヨタ。このメーカーの車であれば、まず高値で売れること間違いなしです。

トヨタのほぼ全車種が海外へ輸出

されていき、主にロシアや東南アジアを中心に、後進国などにどんどん流れていきます。

理由はやはり世界のトヨタというネームブランドと耐久性。ランドクルーザーやハイエースなどは100万キロ走ってもまだまだ走るという耐久性から、全世界のユーザーに支持されています。

軽自動車

すべての軽自動車が売れる
軽自動車なら全般に高値で売れます。この軽自動車は貿易にはほとんど出ることはなく、大抵は

国内リユースのため高値

で売れます。今流行りのトールワゴンタイプのものはもちろん、営業車で使うようなバンタイプのものやトラックに至るまで、すべて高値で売れると思ってもらって大丈夫です。

コンパクトカー

1500CC未満のコンパクト
経済性を求めるユーザーが多いので、この1500cc未満のコンパクトクラスは根強い人気を保っています。

中でもハイブリッドカーは無類の強さ

を誇り、走行距離が20万キロ走っていても普通に値段がつくとも。海外への貿易も積極的に行われていますので、かなりの高値を期待できるでしょう。

ミニバン

国内でも海外も人気です

国内では人気のミニバン。最近では後進国でも広さとゆとりを兼ね備えたミニバンクラスが人気となってきました。
特に排気量が2500cc未満
ミニバンは国内外問わず大人気。維持費も安く、レギュラーガソリン仕様が多いので、再販するにはとても高値のつく車種であると言えますね。
スポーツカー
頭文字Dなどの影響で
人気漫画頭文字Dの影響や、車に楽しさを求めるユーザー層から熱い支持を得て、特にマニュアルトランスミッション(MT)の人気がすごく、かなりの高値を推移しています。
軽自動車のターボのホットモデル、シビックやインテグラなどのライトウェイトスポーツや、シルビアやロードスターなどのFRスポーツ、その他ハンドリングマシンのRX-7など、挙げればキリがないくらい
ホットなスポーツカーはタマ不足
ということもあり、とても高値で推移しています。
バンやトラック
働く車は高く売れる!

ハイエースなどのバン、そして小さな軽トラックから大きな11tのトラックまで、働く車は輸出も盛んに行われていることから、とんでもなく高値で売れています。

20万キロの過走行や、外装の凹み、タバコの焦げ跡は当たり前。そんな

程度が悪くてもガンガン売れていく

のはこのジャンルならでは。安定の高値です。

 

以上の車種は現在、とても高値で取引されている車種です。

価値を調べたのならば、相当満足できるような金額が提示されるかと思います。高く売れる理由としてはこちらのどんな車が高く売れるの?ページで詳しく説明しておりますが、基本的には

輸出される車両は高く売れる

と覚えておくと良いでしょう。

そして概算価格の確認には、こちらのサイトを使われますと便利です。

  1. 年式・車種名などを入力
  2. 連絡先を入れる
  3. すぐに概算価格が表示される

こんなかんたんな入力方式ですぐに概算価格がわかっちゃう。

あなたのお車は「1,350,000円~1,550,000円」です

と、過去の買取データから算出してくれるスグレモノ。夜中でもすぐにこうして価格がわかると、どうするか検討しやすいですね。

→価格がかんたんにわかるのはこちら

  1. 愛車の価値を正しく知る
  2. 修理代の見積もりを取る
  3. 直すかどうかを検討する

大切なのはこの3つですね。