パワーステアリングは、ハンドルの回転をアシストしてくれる機構で、油圧式と電動式があります。

油圧式は、エンジンのクランクプーリーからベルトを介しポンプを回転させ、そこで発生した油圧でステアリングギアボックスのパワーシリンダーを作動させハンドルを切ります。

電動式は、バッテリーからの電気をコントローラ(ECU)で制御し、モーターを使ってハンドルの回転をアシストします。

ポンプ

パワーステアリングポンプは、油圧を供給しパワーアシストを行うもので、略してパワステポンプとも呼ばれます。一般的にベーン式オイルポンプが採用されています。

ホース

パワステポンプで発生した油圧をギアボックスに伝えます。ポンプの発生油圧は最高で80kgf/cm2近くまで上昇しますので、それに対応できる耐圧ホースが使われています。

ベルト

クランクプーリーの回転をパワステポンプに伝えています。古くなるとベルトとプーリーの間でスリップし効率が落ちたりキーキーと異音が発生します。切れることは、めったにないですが、定期交換部品です。

ギアボックス

パワステポンプで発生した油圧は、パワーシリンダーに伝わり、ステアリングギアボックスが作動しハンドルの回転をアシストします。

モーター

電動式パワーステアリングは、油圧ポンプの代わりに、モーターを使ってハンドルの回転をアシストします。油圧式に比べると構造がコンパクトになり、燃費向上にもつながります。

オイル フルード 交換

パワステオイルは、パワーステアリングフルードとも呼ばれ、ハンドルの操作時の圧力上昇による熱の発生などにより徐々に劣化し汚れていきます。パワステオイルが劣化すると、効率が落ちハンドルのアシストが不足してハンドル操作が重くなったり、異音の原因にもなります。

パワステオイルの色は本来赤色ですが、劣化すると真っ黒になります。汚れ具合をチェックして早めに交換しましょう。走行距離2万km、または2年に1回がおおよその目安です。交換費用は3000円前後です。

パワーステアリング故障

パワステオイルを交換してもハンドルの操作が重かったり、異音がする場合は、パワステを構成する部品が故障しているケースがあります。

パワステが重い場合

  • 油圧ポンプの故障(オイル漏れ、詰まり、焼き付き) →分解清掃or交換  修理代5万円前後
  • ホース、パイプからのオイル漏れ →締め付けor 交換 修理代 1本8000円~1万円
  • ベルトのゆるみ→張り調整or 交換  修理代 5000円~8000円
  • 電動モーターの故障 →モーター本体orコントローラ(ECUorトルクセンサー 交換         修理代 7万円~10万円

異常な異音がする場合

  • ハンドル操作時にキュルキュル音→ベルトのゆるみ、劣化 →張り調整or交換 修理代 5000円~8000円
  • ハンドル据え切り時にジージー音→油圧ポンプ作動不良 →分解清掃or交換  修理代 5万円前後

パワーステアリングオイル漏れ

  • ホースの亀裂、こすれ →交換  修理代 1本1万円~
  • パイプゆるみ、亀裂 →締め付けor交換  修理代 1本8000円~1万円