オルタネーターが故障してしまった場合、エンジン始動後にバッテリーの警告ランプが点灯します。他にはランプは点かないけれど、異音が聞こえてくるケースもあります。

オルタネーターの価格的には?

一番安心できるのは新品オルタネーターへの交換です。メーカーごとに保証期間があります。

国産車のオルタネーター価格

国産車の場合、部品代金は5万~10万円くらいでしょう。価格の幅は車種、オルタネーターの容量などにより違いがあります。

参考例として、トヨタハイエース用のオルタネーターの新品価格は、130A容量のもので税込み124,200円です。新品になるとかなり高額になるのがわかります。

輸入車のオルタネーター価格

輸入車の場合は、国産車の2倍くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。高額になる理由は部品を海外から仕入れるためで、部品の仕組みが国産車より複雑になっていることが多いためです。オルタネーター内部にコンピューターが備え付けられ、車両側のコンピューターと通信することで発電のきめ細やかな制御を行っていたりすることが高性能の理由として挙げられます。

メルセデスベンツ用の120A容量のもので218,160円です。前述のトヨタ用と比較して約2倍。新品で輸入車ともなると、恐ろしく高額になってしまいますね。

リビルド品を活用しよう

コストを抑える方法にリビルト品があります。壊れた部品を再生し、新品同様に流通しています。価格は新品の1/3から1/2程度で、かなり安価に仕上がります。リビルト品にも保証期間があり、6ヶ月程度の保証期間が設けられています。

参考比較として前述のハイエース用のリビルト品であれば3~4万円前後、ベンツ用でも6~8万円前後とかなりリーズナブルになります。

中古品は信頼度が低い

最も安上がりである一方、品質が低いのが中古パーツ。経年変化部品をそのまま使うため、新品と比べて1/10くらいの価格で手に入りますが、故障のリスクも高いです。

当たり前ですが保証期間もありません。

オルタネーターの交換工賃

高性能な車両になればなるほど工賃が高くなる傾向にあります。それは、エンジンが大きく装置が複雑化し、作業にかかる時間が長くなる傾向にあるからです。

ですがせいぜい、ハイエースの場合であれば約1万円前後で、メルセデスの場合であっても3万円前後での交換工賃です。リビルド品(外側は中古・中身は新品)などをヤフオクなどで探して、工場に持ち込み依頼するのが一番お安く上がるのではないでしょうか。

→ヤフオクでリビルドを探してみる

特に知り合いの修理工場がないよと言われる方は、ディーラーでも持ち込み修理は可能。まずはディーラーや町工場などにオルタネーターの持ち込み交換はいくらかを聞いてみましょう。

お近くのディーラーはこちら

修理を格安依頼したい

自宅近くの町工場で見積り依頼するなら、こちらで詳しく解説しています。
→お近くの修理(整備)工場を探す

オルタネーターの修理をする前に

実際に修理をしようと判断する前に、車の価値を確認してみるようにしましょう。

修理をした方が良かった、逆に修理をせずに乗り換えた方が良かったと判断するには、まず現状での愛車の価値を知らなくてはなりません。仮に売ったとしても10万円ほどの価値しかない車に、20万円以上かけて修理をするのは、決して賢い選択であるとは言えません。しかも直すほどの価値があるのかと思っておられた場合ならなおさらです。

また、50万円や100万円といった価値がある場合なら、いっそのこと修理をせずに乗り換えてしまった方が結果的にお金がかからなくて済んだというケースもあります。

決して乗り換えを勧めているわけでもなく、また修理を勧めているわけでもなく、事前に知っておくべきなのは、

  • 愛車の正しい価値
  • 正確な修理の見積もり

この2点なのではないでしょうか。

人それぞれ事情は異なります。ご自身に合った方法を取るためにも、まずは勝手に愛車の価値を判断せずに正しい価値を知ること。そしてその価値を踏まえた上で修理代を確認してみることをおすすめします。

→今現在の愛車の価値を知る

修理代の確認ならこちらから

お近くのディーラーはこちらから検索できます。
トヨタ 日産 ホンダ 三菱 マツダ スバル ダイハツ スズキ

自宅近くの町工場で、かんたんに一括見積りができるのはこちら。WEBからの申込みで一気に複数の工場に見積もり依頼が可能です。

→お近くの修理(整備)工場を探す

合わせて読みたい

今、高く売れる車とは?

今現在、高く売れる車種とは何か。

車の価値を調べようと思われた方は、それが一番気になられたのではないでしょうか。

では以下をご覧下さい。

トヨタの車
トヨタの車が高い理由

まずはトヨタ。このメーカーの車であれば、まず高値で売れること間違いなしです。

トヨタのほぼ全車種が海外へ輸出

されていき、主にロシアや東南アジアを中心に、後進国などにどんどん流れていきます。

理由はやはり世界のトヨタというネームブランドと耐久性。ランドクルーザーやハイエースなどは100万キロ走ってもまだまだ走るという耐久性から、全世界のユーザーに支持されています。

軽自動車

すべての軽自動車が売れる
軽自動車なら全般に高値で売れます。この軽自動車は貿易にはほとんど出ることはなく、大抵は

国内リユースのため高値

で売れます。今流行りのトールワゴンタイプのものはもちろん、営業車で使うようなバンタイプのものやトラックに至るまで、すべて高値で売れると思ってもらって大丈夫です。

コンパクトカー

1500CC未満のコンパクト
経済性を求めるユーザーが多いので、この1500cc未満のコンパクトクラスは根強い人気を保っています。

中でもハイブリッドカーは無類の強さ

を誇り、走行距離が20万キロ走っていても普通に値段がつくとも。海外への貿易も積極的に行われていますので、かなりの高値を期待できるでしょう。

ミニバン

国内でも海外も人気です

国内では人気のミニバン。最近では後進国でも広さとゆとりを兼ね備えたミニバンクラスが人気となってきました。
特に排気量が2500cc未満
ミニバンは国内外問わず大人気。維持費も安く、レギュラーガソリン仕様が多いので、再販するにはとても高値のつく車種であると言えますね。
スポーツカー
頭文字Dなどの影響で
人気漫画頭文字Dの影響や、車に楽しさを求めるユーザー層から熱い支持を得て、特にマニュアルトランスミッション(MT)の人気がすごく、かなりの高値を推移しています。
軽自動車のターボのホットモデル、シビックやインテグラなどのライトウェイトスポーツや、シルビアやロードスターなどのFRスポーツ、その他ハンドリングマシンのRX-7など、挙げればキリがないくらい
ホットなスポーツカーはタマ不足
ということもあり、とても高値で推移しています。
バンやトラック
働く車は高く売れる!

ハイエースなどのバン、そして小さな軽トラックから大きな11tのトラックまで、働く車は輸出も盛んに行われていることから、とんでもなく高値で売れています。

20万キロの過走行や、外装の凹み、タバコの焦げ跡は当たり前。そんな

程度が悪くてもガンガン売れていく

のはこのジャンルならでは。安定の高値です。

以上の車種は現在、とても高値で取引されている車種です。

価値を調べたのならば、相当満足できるような金額が提示されるかと思います。高く売れる理由としてはこちらのどんな車が高く売れるの?ページで詳しく説明しておりますが、基本的には

輸出される車両は高く売れる

と覚えておくと良いでしょう。

そして概算価格の確認には、こちらのサイトを使われますと便利です。

  1. 年式・車種名などを入力
  2. 連絡先を入れる
  3. すぐに概算価格が表示される

こんなかんたんな入力方式ですぐに概算価格がわかっちゃう。

あなたのお車は「1,350,000円~1,550,000円」です

と、過去の買取データから算出してくれるスグレモノ。夜中でもすぐにこうして価格がわかると、どうするか検討しやすいですね。

→価格がかんたんにわかるのはこちら

  1. 愛車の価値を正しく知る
  2. 修理代の見積もりを取る
  3. 直すかどうかを検討する

大切なのはこの3つですね。

オルターネーターとはなんだ?

オルタネーターは発電機のこと。バッテリーの消耗を抑え、エンジンの始動から灯火類の点灯、ラジオやカーナビの使用、シガーソケットから携帯電話の充電、エアコンなど快適装置のスイッチングなど様々な電気装置が安定して活用できるように電力を供給しています。

自動車にはバッテリーが必要不可欠です。バイク用で6V、4輪自動車用で12V、トラックなど大きな自動車は12vバッテリーを直列に接続して24Vで使用したりしています。また乾電池と同様に容量があり、充電しないで使い続けると電池切れを起こしてしまいます。これでは長距離や度重なる移動に自動車を使うことが出来なくなってしまいます。このためバッテリーの充電や、電気の使用状況により不足する電力を補うためにオルタネーターが備え付けられているのです。

オルタネーターの発電の仕組み

オルタネーターはエンジンに組み付けられ、運転中に補器類駆動ベルトを介して、エンジン・クランクプーリーにより駆動されることで発電します。ただし、エンジンの負担を抑えるため、アイドリング時の発電はそれほど高くありません。走行中のエンジン回転が最も効率よく発電される仕組みとなっています。

別名ダイナモともいう

ダイナモとは発電機のことを指し、オルタネーターと同義です。機械で得られる運動エネルギーを電気エネルギーに変換する回転電機で、直流機と交流機があり、いずれもバッテリーの充電用とします。別名ジェネレーターで、特に交流機をオルタネーターと呼び、直流機をダイナモと呼んでいます。

自動車の電気は直流電源を使っています。オルタネーターで発電された交流電流も、バッテリーや各装置へ電力供給する段階で直流に整流されて供給される仕組みとなっています。

オルターネーターの寿命は?

一概に決定づけられる理由はありませんが、10年あるいは10万キロが1つの節目とされています。もちろん機械モノですので、運悪く3年未満で故障するケースもあります。これを一般的に「当たりはずれ」と言いますが、使用環境で寿命を左右することがあります。一般的にシビアコンディションという使用条件ですが、極端な過走行やその逆の少走行でもこれに該当します。

さらには山道仕様で負担が大きかったり、塩分を多く含んだ空気の海辺での使用が多かったりすると、同じようにシビアコンディションとなり、寿命がどんどん短くなってしまう傾向にあるようです。

新車時からは基本3年保証

国産車の場合、メーカーにもよりますが、3年もしくは5万キロの場合と、5年もしくは10万キロのケースがあります。大抵は3年保証となっていますが、所有されている自動車整備手帳でご確認下さい。

輸入車の場合は新車から3年間で、距離は無制限とされることが多いようです。また延長保証に加入していれば、その分だけ長く保証されます。

注意点として中古車の場合、国産・輸入問わず基本的には保証を継承していないと保証修理が受けられませんのでご注意ください。

車検時にはノーチェック

法廷定期点検の点検項目ではオルタネーターの点検時期が定められていません。したがって、サービス工場の点検方針に左右されます。

自家用乗用車の点検サイクルは12か月点検と24か月点検があり、法律で点検項目が決められていますが、その中でオルタネーターに関する点検項目はありません。自動車の電源に関する点検項目は「バッテリーの端子のゆるみや腐食」と「電気配線の接続部の緩み損傷」程度です。したがって、オルタネーター単体の点検はサービス工場が任意で行っていると解釈しましょう。

入庫時の問診やエンジン始動性に問題がなければオルタネーターは現状問題なしと判断され、車検整備時には見ない工場も中にはありますから、車検後すぐにオルタネーターが壊れたからと言って、修理工場のせいにはしないように注意が必要です。

オルタネーターから異音!修理はできる?

オルタネーターを構成するどの部品から異音が出ているかで、修理内容は異なります。

ウィーンとかウェーンとかのうなり音

まず考えられるのがベアリングの消耗によるうなり音です。プーリーのベアリングが消耗しガタが出始めると回転中にうなり音が発生します。オルタネーターのプーリーは単体で交換できるものがあるため、修理費用は安く上がります。

ベアリングの部品費用は5,000~1万円前後で、工賃は5,000円前後とされていますが、オルタネーターを取り外す工賃も別途かかってきますので注意が必要です。

オーバーホールってできるのか?

昔は整備工場でもオーバーホールをしていましたが、現代の修理方法はアッセンブリー交換です。コンピューターを内蔵しているオルタネーターなど、仕組みが複雑になってきているため、オーバーホールを自社で行う整備工場はほとんどないと理解しておきましょう。

また、オーバーホールをしてくれても、結局はアッセンブリー交換と同じだけの費用を請求されますので、無理にオーバーホールをする必要はないのではないでしょうか。

オルタネーターが弱いとヘッドライトでわかる

オルタネーターのチェックの方法として、ヘッドライトオルタネーターの発電がよくないと、バッテリーの電圧に依存しがちになります。すると、夜間の走行において電源不足になることがあります。特に灯火類は電力の影響を受けやすいため、オルタネーターのコンディションのバロメーターとして判断することができます。

ヘッドライトが常時暗くなったり、エンジン負荷状態によって暗くなったりすれば要注意。さらにはラジオにノイズが入ったりすることでもわかることもあります。

ですがオルタネーターが良好でも、古く消耗しきったバッテリーが原因で同様の症状が出ることがありますので、いずれにしてもなにかおかしいと思われた場合は、早めに整備工場での点検を受けるようにするべきです。