MENU

クランクメタル摩耗の異音

エンジンから「コンコン」とか「カンカン」といった、何とも気になる金属打刻音が聞こえてきたら要注意。そうした

 

重い打音はクランクメタルが摩耗

 

している証拠です。

 

この音が聞こえたら、お車をどうするか、一刻も早く考えたほうが良いと言っても過言ではありません。

 

クランクメタル摩耗の症状とは

クランクメタル

 

エンジンの回転数に合わせて、コンコン音やカンカンorガンガン音が鳴ります。

 

アイドリング時はゆっくりとカン・カン・カン・カン… と鳴っていて、

 

アクセルを踏むとカンカンカンカン…!

 

と、連続音が早くなる感じとでもいいましょうか。

 

それに伴い、異音の音量も大きくなってきます。けっこうな音の大きさに、走行中は気になるどころか恥ずかしいくらいに。

 

そんなクランクメタルの摩耗音が聞こえているだけでも、コンロッドやクランクシャフトが使い物にならなくなっている可能性がありますが、そのまま気にせず車を走らせ続けると、焼き付いて動きが渋くなったクランクメタルが、コンロッドに高負荷を与え続け、負荷に耐え切れなくなったコンロッドがボッキリ折れたり、あらぬ方向に折れ曲がってしまい、最悪の場合は

 

シリンダーブロックを突き破って

 

壊してしまう可能性も。

 

シリンダーブロックを壊してしまうほどの強烈な壊れ方だと、エンジンを構成する主要部品、すなわちピストン、コンロッド、クランク、シリンダーブロック、シリンダーヘッドなど、ありとあらゆる構成部品が終焉を迎えます。

 

つまりはエンジンが全損状態となり、

 

車を買い換えるかエンジン載せ替えか

 

この2つの選択になってしまうのです。

 

クランクメタルって何?

クランクメタル

 

ここでクランクメタルとはどういったものなのか説明しましょう。

 

クランクメタルとはベアリング、つまり「軸受け」の一種のことです。ベアリングと言えば一般的にボールやローラーを思い浮かべますが、クランクメタルはボールやローラーは使っていない、単に金属の板のようなものです。

 

軸受けとはいってもクランクシャフトと直接接しているわけではなく、普段は

 

オイル油膜でクランクシャフトを保持

 

している状態です。

 

このクランクメタルというものは、厳密に言えば少しずつ摩耗していっているものなのですが、普段はオイル油膜のおかげで摩耗は低減されている状態です。それが何らかの理由で油膜が切れてしまうと、金属同士が直接接触してしまい、摩耗が一気に進行。

 

そして、摩耗が一定のレベルに達した段階で「カンカン」「コンコン」といった打音が聞こえてくるんですね。

 

ここで初めて異変に気付いても、時すでに遅し、後の祭りなのですが、この状態であるにも関わらず、そのまま車を走らせ続けると前述のように、走行中いきなりエンジンがオシャカになってしまったりするので注意が必要なわけです。

 

クランクメタルの保護には

クランクメタルの摩耗を防ぐのに一番効果的な方法は、日頃のオイルメンテナンスです。

 

一回のオイル交換で数千円ですから、たくさん距離を走る人には出費を強いられるかもしれませんが、このメンテナンスを怠ってしまうことによって、エンジン全損を迎えてしまうことだってあるのです。

 

高性能で高いオイルでなくとも構いません。よく走る人もそうでない人も、安くて経済的で、更にその車に合ったオイルを日頃からマメに交換してあげるとエンジンは長持ちするわけですね。

 

どうする3つの選択

ここでは不具合が発生した状況をどうすれば良いのか


3つの選択肢をあげて説明


しています。今後のご参考になさってください。

1.修理する

やはり愛着がある車なら、必ず修理しておきたいところです。


修理

ですが


「あまり価値のない車と知らずに、
高額な修理をしてしまった…!」


逆に


「そんなに価値があったのなら、
出費なく乗り換えできたのに…!」


…と、後で知って後悔はしないよう、


事前に今の愛車の価値を知っておくこと


が大切です。参考としてこちらをご覧下さい。


価値が高いと言われてる車種

こちらは現在、一般的に価値が高いと言われている車種になります。


高値で売れる車


こちらにもし、あなたの車種があるようでしたら、修理前に一度価値を確認されることをオススメします。


なぜならこれらの車種は、国内リユースはもちろん、海外に貿易輸出されていくことが多いので、特に高値で相場が推移しています。


車種によっては購入時より価値が上昇している場合が…。


ですから高額が予想される修理の前には、必ず概算価格を調べておくようにしましょう。


そして、概算価格を調べておくにはこちらが便利。


1.年式や走行距離など4つを入力する


2.すぐに概算価格が画面に表示される


3.それを見てから考える


という便利なサイトが無料で使えるので、今がたとえ夜中でも早朝であっても、すぐに愛車の価値がわかります。


あとは画面上に出た金額によって、本当に修理した方が得策なのかを考えればいいだけ。


とても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。


>>概算価格を調べてみる<<


1.概算価格を算出してもらう


2.ディーラーで見積もりしてもらう


3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。


概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。


そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずです。


お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

2.放置する

これはあまり得策とは言えません。


急に交差点の真ん中で止まってしまうかも知れませんので、早めに修理もしくはお乗り替えされることをおすすめします。


放置はこんな人なら大丈夫

・不具合があっても平気だ
・交差点の真ん中で止まっても平気
・高速道路で立ち往生しても平気
・その日の予定が狂っても気にしない


いずれにせよ、放置はキケンです。

 

3.乗り換えを検討してみる

車査定比較


一連の話の流れで、車の売却を検討されるのなら、こちらの買取一括査定サイトがとても便利。車査定比較.comは、1回入力するだけで複数の業者へアプローチ。たくさんの買取業者が競い合って、あなたの車を高く買ってくれます。


買取
>>車査定比較に入力する<<


 


ですがこの車査定比較.comは、いっぺんに何社かからも営業電話がかかってくることもあるので、


・今すぐ売りたいわけじゃない
・今の価値を調べたいだけ


という方は、こちらのかんたん車査定が良いでしょう。


年式や距離などの4項目を入力するだけで、深夜であっても早朝であっても、すぐに画面上に概算価格を表示してくれます。


選択肢は


矢印


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


入力のポイント

・本気で売るなら車査定比較.com


・相場を調べてみるならかんたん車査定


・トラックならこちらから


まずは概算価格を調べてから判断する。


これで必ず損のない判断ができます。


修理に悩んだけど…

20年も前の車だったのに

現場仕事の車を

仕事で使っていた古いハイエース。土建屋なので荷室はもうぐちゃぐちゃ。


そろそろ20万キロで、2回目のタイミングベルトの交換時期が来てたので、交換の見積りをしようかなと思っていた矢先にこのサイトを知りました。


もちろん価値なんてそんなに期待もせず、「シャレ」感覚で入力。すると「えっ?」という金額が表示されて…。


だって、エンジンもそろそろやばいかというくらいの異音が出ていたのに、


35万円もついちゃった


ので、喜んで即売りしました。だってエンジンの音を直すより、買い換えちゃった方が良かったんですもん。


どうやら輸出される車は高いって、その時初めて知りました。


価値を先に調べてみて、本当に良かったです。


愛着があったので悩みましたが

キューブのカラカラ音を

まだ5万キロしか走ってないアルファード。オイル交換をケチっていて、エンジンからひどい異音がしてしまっていました。いくらくらい修理はかかるのかなぁと思っていたとき、このサイトを知り、先に価値を調べてみることにしたんです。


少々年式が古かったのでそんなに期待はしてなかったのですが、


なんとびっくり120万円…。


輸出される車って、少々の不具合は気にせず高く買ってくれるそう。


そして後で知ったんですが、知り合いが同じ車で同じ症状の修理を、18万円でしていたと聞かされました。しかも嫁に小遣いから差し引かれているようで、飲み会ではいつも嘆いていました。


自分も価値を知らなかったら、とんでもなく高い修理代がかかっていたかと思うと、本当に恐ろしいですね…。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<


価値を調べるにあたって

利用料はかかるの?

無料です。


車の価値を調べるには利用料などは一切かかりません。それこそ試しに軽い気持ちで利用できます。

絶対売らないといけないの?

いいえ。


必ずしも「売る必要はない」ので、「価値を調べるだけ」の目的でも利用できます。もちろん値段を見て、「売ってもいいな」と思えれば売ればいいですし、売りたくなければ売らなくても問題ありません。


もちろん「今回はそんな値段では売らない」と断っても、費用を請求されることなどは絶対にありません。安心して申し込みができます。

正しく価値を知ると、損のない判断ができる。


まずはきちんと価値を知って、損のないカーライフを送りましょう。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<

修理するならどのくらい?

クランクメタルの修理は、下回りのオイルパンをめくって作業することになります。

 

ただしそれも、エンジンによりけりということ。エンジンの種類によっては、エンジンを降ろさないと作業ができなかったりするために、尋常じゃないくらいの工賃が発生することもあります。

 

もし今現在、あなたのお車の症状が、ひどい状況にあり、なおかつレースや高回転で回し続けたせいで異音が発生したわけでないのなら、今現在のお車の価値を知られてから、修理する・しないを考えられた方が良いのではないでしょうか。

 

なぜなら、クランクメタルが摩耗して異音が発生する症状は、大抵がオイルメンテの悪さによるものです。それも、走行距離をたくさん走っている車に多い症状です。修理代もウン十万となることが想定されることから、まず先にお車の価値を知ってから考えるべきなのではないでしょうか。

 

極端な話、自動車の価値が10万円しかないのに、20万円の修理代はかけるべきではないということ。

 

逆に100万円の価値があるのに、わざわざ20万円の修理をするのかということ。

 

両方とも極端な事例となりますが、いずれのケースでも修理だけの選択肢で悩むことはなく、乗り替えという選択肢を踏まえて判断することができますので、少しでも損のない選択をすることが可能になります。

 

そして突然ですが、あなたのお車は以下の車種ではありませんか?

 

 

もし今、これらのお車にお乗りで、クランクメタルの修理しようかどうしようかをお悩みなのであれば、価値を調べてみると、びっくりするような良い値段がつくケースが多いです。

 

買取ボタン
>>本気で売りたいならこちら<<

 

 

概算価格ボタン
>>単に概算価格を知りたいなら<<

 

こうした車にお乗りのオーナー様は、意外とご存知ないことが多いのですが、これらの車は、たとえ

 

1.年式が古くても

 

2.走行距離が多くても

 

3.内外装がキズだらけでも

 

4.各機関の調子が悪くても

 

関係なくいい値段がつく場合が多い。

 

 

なぜなら、

 

国内外での需要がとても高い

 

ため、車の状態に関係なく、ものすごく高値で取引されているのです。

 

ですのでもし、あなたが上記のお車に乗られているのなら、一度こちらから今現在の価値を調べてみてください。

 

>>価値を調べてみる<<

 

たった4つの項目を入力するだけで概算価格が表示されます。しかも

 

早朝でも夜中でも画面上にすぐ概算価格

 

が出てくるので、価値をWEB上ですぐに確認するには、最適なサービスなのではないでしょうか。

どんな車が高く売れるのか

内外装程度や、機関の故障は気にしないとはいっても、どんな車が高値で売れているのかを補足します。

 

これは業者オートオークションのキャプチャーですが、

 

プリウスの相場

 

新車から10年が経過し、さらに20万キロ以上もの走行距離を走ったプリウスが、

 

321,000円

 

という高値で取引されているのがわかります。

 

そしてこちらはハイエースの一例。

 

ハイエースの相場

 

平成6年式という、今から22年も前の車に、

 

420,000円

 

という恐ろしい値段がついています。しかも229,000キロという驚愕の走行距離にも関わらず… です。

 

ですからもし、「今の車が気に入ってて乗り続けたい」というお気持ちが強いのなら、まったくもって無視していただければ良いのですが、

 

「車にできるだけ出費はしたくない」

 

と思われるようでしたら、まずは車の価値を正しく調べてみることをおすすめいたします。

 

でないと画像のプリウスやハイエースのように、

 

とても高値で取引されている実例を知らないまま、

 

高額な修理に悩むことになってしまいますよ。

 

>>価値を調べてみる<<

なぜ価値を知る必要があるのか

ここではなぜ、車の価値を調べる必要があるのかをお話し致します。

 

修理するか迷うのになぜ価値を調べるの? と疑問に思われた方は、ぜひとも参考になさって下さい。

1.正しい判断ができます。
愛車の価値を聞くことで、正しい判断をすることができます。

 

価値を知る

 

その正しい判断とは何か。それは、

 

価値のある物に、価値ある修理を施すこと

 

ではないでしょうか。つまり、言葉は悪いですが、

 

15万円の価値のものに20万円の修理代をかけるのはどうか

 

ということです。15万円の価値の車に20万円の修理代をかけても、35万円では売れません。まれに買取業者に対して、

 

「この車、7万円でタイヤを新品に替えたとこなの。高く買ってよ?」

 

という方がおられますが、車の査定というのは減点方式なので、付いているのが当然のものは、お金をいくらかけてもそこまで評価されることはありません。もちろん、アルミホイルがインチアップされていたり、万人受けするようなエアロなどがついていれば別。見た目の印象が変わるものならともかく、ついてて当然の物は、大きく評価されないことの方が多いのです。

 

ですので修理費用をウン十万円かけたと言っても、残念ながら標準査定額より加点(増額査定)されるということはありません。

2.乗り換えのタイミングを失う
次に、あまり高額な修理をしてしまうと、乗り換えのタイミングを失ってしまうということもあります。

 

自動車の価値は月々日々に下がっていくのですが、修理の部品代や工賃は、車が古くなったところで下がるものではありません。ですからあまり1台の車に執着し過ぎると、いつまでも乗り換えすることができなくなってしまうのです。

 

たとえば今回、修理代に20万円の金額を費やしたとしましょう。そして半年後にまたどこかが故障して、今度は5万円の修理代になったとします。

 

ですがその時思うわけです、

 

「前に20万円の修理をしてしまったし、乗り換えるのはもったいないよなぁ…」

 

と。

 

これではいつまでも修理をし続けていかないといけません。知り合いの方でもおられたのですが、仕事上距離をたくさん走ることから、ヘッドガスケット交換に始まり、オートマチックトランスミッションの滑りによる修理バッテリーあがりかと思いきやオルタネーターの交換、その他いろんな修理をしてしまったがために、50万円で買った中古車に、100万円以上もかけてしまったという実例もあるのです。

 

「あの時乗り換えておけばこんなに高くつくことはなかった…」

 

ということにならないように、修理代ばかりかけすぎないよう、注意が必要ですね。

 

だからこそ、今の車の価値を正しく知ること

 

が、いかに大事だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。価値を知って、出た価値によって、今後どうするかを考える方が、それから修理をするのか、乗り換えるのかを判断するべきだと、お話しさせていただきます。

 

そして、金額を調べるのに利用したからといって

 

売らないといけないわけではありません。

 

売りません

 

金額を聞いて売りたくなければ

 

そんな金額では売りません

 

と言えばいいのです。

 

正しく損のない判断をするために、こうした

 

無料のサービスはどんどん利用するべき

 

ではないでしょうか。

 

買取ボタン
>>本気で売りたいならこちら<<

 

 

概算価格ボタン
>>単に概算価格を知りたいなら<<

価値を先に知った人のお話

現場仕事の車を

最初は特に期待もせず「いくらくらいなんだろう?」と思いながら入力。すると少し「えっ?」という金額が表示されて…。

 

だって、

 

20年も前のハイエースで、

 

現場仕事に使っていたのでクタクタもいいところ!おまけに黒い煙ばかり吐くディーゼルで、しかもほとんどオイル交換しないもんだからガラガラいっちゃってて…。

 

もうすぐ18万キロ

 

で、2回目のタイミングベルト交換もそろそろと思っていたのと、オートマ滑りもけっこうきてる感じだったというのに

 

35万円

 

もつけてもらっちゃったので即売りしました。だってエンジンの音を直すより、買い換えちゃった方が良かったんですもん。

 

まぁ聞いてみないと本当にわからんもんですね!

キューブのカラカラ音を

キューブでまだ5万キロしか走ってないのにガラガラとひどい音。

 

いくらくらい修理はかかるのかと思っていたところ、先に価値を調べてみることに。

 

少々年式が古かったのでそんなに期待はしてなかったのですが、

 

なんとびっくり12万円…。

 

ちょっと待ってくれよ、そんなに価値ないの!?と思いましたが、ここはキッパリと修理するのを諦めました。だってそんなに価値の無い車に修理代をかけるより、乗り換えた方がいいと思ったんですもの…。

 

でも先に価値を調べておいて良かった…。

 

そして、後で知ったんですが、4年前に知り合いから母が20万円で譲り受けた車だったそうで、3万キロも乗った割りには12万円は、むしろ良かった金額だったってこと。さらには水の流れるバシャバシャ音もしていたので、ヘッドガスケット交換も必要だったような・・・

 

価値を知らなかったら、バカみたいに高い修理代で修理してたかと思うとゾッとしますわ…。

やはり先に価値を知ったからこそ

できた判断ですね。

 

・思った以上に価値が有ったケース

 

・思ったより価値が無かったケース

 

これは、自分がいくらで買った

という購入金額や、使い古した

自分なりの感想が基準になって

いるんだとは思いますが、海外に

輸出される車については、その常識は

いい意味で全くと言っていいほど

通用しないのです。

 

20年前のオンボロ車が35万円。

まだ5万キロの車が12万円。

 

貿易に出る、出ないによって

雲泥の差があります。

 

買取相場ってわからないものですね。

 

買取ボタン
>>本気で売りたいならこちら<<

 

 

概算価格ボタン
>>単に概算価格を知りたいなら<<

 

 

軽自動車の人気ランキングはここから

このページの先頭へ