MENU

クランクメタル摩耗の異音

エンジンから「コンコン」とか「カンカン」といった、何とも気になる金属打刻音が聞こえてきたら要注意。そうした

 

重い打音はクランクメタルが摩耗

 

している証拠です。

 

この音が聞こえたら、お車をどうするか、一刻も早く考えたほうが良いと言っても過言ではありません。

 

クランクメタル摩耗の症状とは

クランクメタル

 

エンジンの回転数に合わせて、コンコン音やカンカンorガンガン音が鳴ります。

 

アイドリング時はゆっくりとカン・カン・カン・カン… と鳴っていて、

 

アクセルを踏むとカンカンカンカン…!

 

と、連続音が早くなる感じとでもいいましょうか。

 

それに伴い、異音の音量も大きくなってきます。けっこうな音の大きさに、走行中は気になるどころか恥ずかしいくらいに。

 

そんなクランクメタルの摩耗音が聞こえているだけでも、コンロッドやクランクシャフトが使い物にならなくなっている可能性がありますが、そのまま気にせず車を走らせ続けると、焼き付いて動きが渋くなったクランクメタルが、コンロッドに高負荷を与え続け、負荷に耐え切れなくなったコンロッドがボッキリ折れたり、あらぬ方向に折れ曲がってしまい、最悪の場合は

 

シリンダーブロックを突き破る

 

可能性も。

 

シリンダーブロックを壊してしまうほどの強烈な壊れ方だと、エンジンを構成する主要部品、すなわちピストン、コンロッド、クランク、シリンダーブロック、シリンダーヘッドなど、ありとあらゆる構成部品が終焉を迎えます。

 

つまりはエンジンが全損状態となり、

 

車を買い換えるかエンジン載せ替えか

 

この2つの選択になってしまうのです。

 

クランクメタルって何?

クランクメタル

 

ここでクランクメタルとはどういったものなのか説明しましょう。

 

クランクメタルとはベアリング、つまり「軸受け」の一種のことです。ベアリングと言えば一般的にボールやローラーを思い浮かべますが、クランクメタルはボールやローラーは使っていない、単に金属の板のようなものです。

 

軸受けとはいってもクランクシャフトと直接接しているわけではなく、普段は

 

オイル油膜でクランクシャフトを保持

 

している状態です。

 

このクランクメタルというものは、厳密に言えば少しずつ摩耗していっているものなのですが、普段はオイル油膜のおかげで摩耗は低減されている状態です。それが何らかの理由で油膜が切れてしまうと、金属同士が直接接触してしまい、摩耗が一気に進行。

 

そして、摩耗が一定のレベルに達した段階で「カンカン」「コンコン」といった打音が聞こえてくるんですね。

 

ここで初めて異変に気付いても、時すでに遅し、後の祭りなのですが、この状態であるにも関わらず、そのまま車を走らせ続けると前述のように、走行中いきなりエンジンがオシャカになってしまったりするので注意が必要なわけです。

 

クランクメタルの保護には

クランクメタルの摩耗を防ぐのに一番効果的な方法は、日頃のオイルメンテナンスです。

 

一回のオイル交換で数千円ですから、たくさん距離を走る人には出費を強いられるかもしれませんが、このメンテナンスを怠ってしまうことによって、エンジン全損を迎えてしまうことだってあるのです。

 

高性能で高いオイルでなくとも構いません。よく走る人もそうでない人も、安くて経済的で、更にその車に合ったオイルを日頃からマメに交換してあげるとエンジンは長持ちするわけですね。

 

ですがいずれにせよ、こうした不具合が起こってしまうと、以下の選択肢で判断するしかないのではないでしょうか。

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

この先2年しか乗らない車に30万円の修理代をかけても良いのか?

 

5年乗るから30万円の修理代をかけるのは妥当なのか?

 

これは、自動車への愛着やライフスタイルの差がありますので、人それぞれに異なります。

 

そしてさらにはこんな考え方もあります。

 

100万円の価値の車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

もしくは、

 

30万円の価値しかない車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

こうした考え方も、人それぞれに異なるでしょう。

 

だからこそ、ある程度高額な修理代が予想される場合は、失敗しないためにも、

 

修理前に車の価値を知ることが重要

 

なのです。

 

正しい判断をするために

高額修理をするために、もしくはその修理が妥当であるかを判断するために、まずは愛車の価値を知りましょう。

 

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができます。

 

ここは、年式や距離など、うろ覚えでもいいので

 

わずか4つの項目を入力する 

 

だけで、

 

すぐに画面上に価値を表示 

 

してくれるという便利なサイト。たとえ夜中でも、すぐに画面上に価値が表示される機能はとても便利です。まずは気軽に依頼してみて、概算価格を知ってから、ゆっくり考えられてはいかがでしょうか?

 

>>概算価格を見てみる<<

 

あとは「画面上に出た金額」によって、修理するか乗り換えるかを考えればいいだけ。

 

インターネットの普及でとても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。

 

そして価値が算出されたら高額修理に踏み切るかを改めて判断し、

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずですよ。

 

>>愛車の価値を見てみる<<

 

乗り換えを検討する

もう1つの選択は、やはり乗り換えでしょう。

 

大なり小なり音が出ている時点で、ご覧いただいたようなエンジンの内部であることは明白です。乗り換えという判断をされるのなら、一刻も早く乗り換えするようにしましょう。なぜなら、失礼を承知で申し上げますと、

 

エンジンが止まったら売れなくなる

 

ため、音がしながらでも

 

動いている今のウチ

 

に査定をしてもらった方が良いでしょう。そして、そんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるサイトに比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

それと、以下の車種は現在とても高値で取引きされています。

車種

 

これらの車種は、

 

貿易に出るために特に価格が高騰

 

しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

とにかく概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても、本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、

 

見てもらっても必ず売る必要はない

 

ので、上手に使い分けられると良いかと思います。

 

このページの先頭へ