MENU

K6Aエンジンのガラガラ異音

 

ワゴンR、エブリィ、ラパン…

 

といいますか、スズキのK型エンジン全般に言えることとでも言いましょうか、

 

K型エンジンの

 

エンジン始動時のガラガラ異音

 

に悩まされている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

朝一エンジン始動した瞬間にガラガラッ…!

 

2〜3時間止めた後にエンジンをかけるとガラガラッ…!

 

かけ始めの一瞬だけガラガラ鳴るだけなので、気にならないといえば気にならないのですが、やはりいつものことなので耳障りといいますか、

 

このエンジン大丈夫なの!?

 

と思ってしまいますよね?

 

ここではその異音の原因と対策について記載しています。

 

エンジン始動時の異音の原因

同じK6Aエンジンでも、実はいくつかの種類があります。

 

大きく分けるとターボ付きエンジン、ノンターボエンジンになりますが、もう少し細かく分けますと、VVTエンジンや直噴エンジンなど、同じK6型といえど数多くの種類があります。

 

これは、エンジンブロックはほぼ共通なのですが、エンジンの上半分…、つまりヘッドと呼ばれる部分を少し変えることによって、馬力の発生する特性などを変化させているのです。

 

今回はその中の、VVTエンジン。可変バルブタイミングという機構を搭載したエンジンが今回の問題児ですので、そのVVTタイプのK6エンジンについてお話ししていきます。

 

実はこのエンジン、街乗りなどでエンジンの回転の上下が激しい走行を繰り返したり、走行距離が多くなってきたり、年数が経過したりしてくると、カムシャフトについているVVT機構の耐久性のもろさから、ズレが生じて部品が変形し、ガラガラとした音が発生してしまうのです。

 

ちょっと以下の写真をご覧ください。

 

カムシャフト

 

これは、そのVVT機構がおかしくなって異音が出始めたK6Aエンジン。一番右の写真は、エンジンをバラした全体図を写し、真ん中、左へ行くにつれて、拡大して写しています。

 

どうですか?穴が変形している

 

のがお分かりになりますでしょうか?

 

本来この穴は、キレイな丸い円になっていて、ここにピンが刺さっているのですが、この部品のもろさから、

 

楕円形に変形

 

しているのがわかるかと思います。

 

楕円形に変形しているところに、キレイな円柱形状のピンが刺さっているわけですから、「スキマ」が生じるのがお分かりになりますね?

 

なので特にオイルの回っていない始動時などに、そのスキマでピンが暴れるために、「ガラガラッ…」という音が発生するわけです。

 

原因は一目瞭然。残念ながらあなたのエンジンは、もうすでにこの状態になっているのです。

 

どうすれば良い?

ではここからが本題です。

 

一体、こうなってしまったエンジンは、どうすれば良いのでしょうか?

 

すでにこの状態で変形してしまっている部品です。残念ながらこうなってしまったエンジンは、

 

カムシャフトの部品ごと交換

 

するしかありません。

 

そしてこの症状は、5年以上経過して新車保証が切れたエンジンや、10万キロ以上の距離を走ったエンジンで確認されていることが多く、

 

完全に保証対象外の扱い。

 

さらには人の命の危険性に直接関係しないせいか、リコール扱いとはなっていません。

 

このメーカーの体制に疑問を投げかける声も多い中、これを修理するには、このカムシャフト本体やチェーン周り一式交換する必要がありますので、部品代と工賃ひっくるめて

 

約15万円の出費

 

を覚悟する必要があります。

 

今、どのくらいの走行距離ですか?
今、新車から何年経過していますか?

 

それだけの金額をかけて修理するのは、ちょっと考えた方がいいような気がします。そして今回、10万円かけて修理しても、元々のカムシャフトの材質強度不足が原因ですので、

 

直してもいずれまた異音が出ます…

 

し、放っておくと写真で見た「楕円がどんどん拡がって」いって、ますます異音がひどくなっていくのです。

 

どうする3つの選択

ここでは不具合が発生した状況をどうすれば良いのか


3つの選択肢をあげて説明


しています。今後のご参考になさってください。

1.修理する

やはり愛着がある車なら、必ず修理しておきたいところです。


ですが


修理


…と、こんなことにならないように、


事前に愛車の価値を知っておく


ことが大切です。


でも逆に以下の車種はとても価値が高い!


高値で売れる車


これらの車種は、オーナーさんが思ってる以上に価値があることが多く、修理より乗り換えすることで出費を減らせたり、そのまま修理をしても充分に価値があるので、選択肢が広がるのです。


なぜならこれらの車種は、国内リユースはもちろん、海外に貿易輸出されていくことが多いので、特に高値で相場が推移しています。


車種によっては購入時より価値が上昇している場合が…。


ですから高額が予想される修理の前には、


必ず概算価格を調べておく


ようにしましょう。


そして、概算価格を調べておくにはこちらが便利。


簡単に入力


入力にかかる時間はたったの30秒。すぐに価格がわかるのはここ!


>>概算価格を調べてみる<<


価値があった


…と、きっと驚くことになるはずです。


あとは画面上に出た金額によって、修理するか乗り換えるかを考えればいいだけ。


とても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。


概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。


そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはず。


まずは価値を調べておかないと、絶対に損をしてしまいますよ。


>>概算価格を無料で調べる<<


お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

2.放置する

これはあまり得策とは言えません。


急に交差点の真ん中で止まってしまうかも知れませんので、早めに修理もしくはお乗り替えされることをおすすめします。


放置はこんな人なら大丈夫

・不具合があっても平気だ
・交差点の真ん中で止まっても平気
・高速道路で立ち往生しても平気
・その日の予定が狂っても気にしない


いずれにせよ、放置はキケンです。

 

3.乗り換えを検討する

車査定比較


一連の話の流れで、車の売却を検討されるのなら、こちらの買取一括査定サイトがとても便利。車査定比較.comは、1回入力するだけで複数の業者へアプローチ。たくさんの買取業者が競い合って、あなたの車を高く買ってくれます。


買取
>>車査定比較に入力する<<


 


ですがこの車査定比較.comは、いっぺんに何社かからも営業電話がかかってくることもあるので、


・今すぐ売りたいわけじゃない
・今の価値を調べたいだけ


という方は、こちらのかんたん車査定が良いでしょう。


年式や距離などの4項目を入力するだけで、深夜であっても早朝であっても、すぐに画面上に概算価格を表示してくれます。


入力のポイント

・本気で売りたいなら車査定比較.com


・相場を調べたいならかんたん車査定


・トラックはトラック買取の詳細


まずは概算価格を調べてから判断する。


これで必ず損のない判断ができます。



車の修理業者さんも使ってる!?

車査定ケース1

整備士

神奈川県相模原市・K自動車商会・U様


こないだこんなことがありました。価値がないと思われていた古いトヨタの車で、不具合が発生したために、修理をしようか悩んでおられました。


「その車、20万キロも走られて古いと思われていますが、多分けっこうな価値があるはずですよ?」


と言うんですが、なかなか信じてもらえず悩んでばかりおられて…。嘘だと思うならネットで無料査定してみては?とオススメしたわけです。


すると


20万キロも走っていた車に40万円


もの値段がついたそうで、もうそれは狂喜乱舞の世界w


そしてうちがその査定額に、少し色を付けて買い取りしてあげて(←うちが買取りしてごめんなさいw)、乗り換えしていただきました。


輸出される車は走行距離とか不具合があっても関係ありませんからね〜。

そこに絶対売らなくてもいい

査定サービスを利用したからと言って、必ずしも”そこに売らないといけないわけではない”ですし、思った金額でなければ売らなくても問題はないのです。


車査定ケース2

整備士

福岡市・Dオート様


新車特別保証が切れてすぐ、不具合が発生し、ディーラーに無償修理を交渉してみたものの、断られてがっくりされながら入庫。


すぐに修理してと言われましたが、念のためどのくらい価値があるのかを知っていただくために、試しにWEB査定に依頼してもらいました。


すると新車から6年、3万キロしか走っていないのに60万円。新車では250万円もしたのにと嘆いておられました。


いきなり修理していたら、今頃どうなっていたか。価値をちゃんと知らないと、正しい判断は出来ませんよね。


知ってるつもりはキケン

思っている以上に価値がある場合はもちろん、その逆の場合もあります。高額修理に挑む前や、修理をしようか悩んだとき、”価値を知っておくことで正しい判断ができる”ようになります。


入力ポイントのおさらい

・本気で売りたいなら車査定比較.com


・相場を調べたいならかんたん車査定


・トラックはトラック買取の詳細


価値を調べてみた人の感想

20年も前の車だったのに

現場仕事の車を

仕事で使っていた古いハイエース。土建屋なので荷室はもうぐちゃぐちゃ。


そろそろ20万キロで、2回目のタイミングベルトの交換時期が来てたので、交換の見積りをしようかなと思っていた矢先にこのサイトを知りました。


もちろん価値なんてそんなに期待もせず、「シャレ」感覚で入力。すると「えっ?」という金額が表示されて…。


だって、エンジンもそろそろやばいかというくらいの異音が出ていたのに、


35万円もついちゃった


ので、喜んで即売りしました。だってエンジンの音を直すより、買い換えちゃった方が良かったんですもん。


どうやら輸出される車は高いって、その時初めて知りました。


価値を先に調べてみて、本当に良かったです。


愛着があったので悩みましたが

キューブのカラカラ音を

まだ5万キロしか走ってないアルファード。オイル交換をケチっていて、エンジンからひどい異音がしてしまっていました。いくらくらい修理はかかるのかなぁと思っていたとき、このサイトを知り、先に価値を調べてみることにしたんです。


少々年式が古かったのでそんなに期待はしてなかったのですが、


なんとびっくり120万円…。


輸出される車って、少々の不具合は気にせず高く買ってくれるそう。


そして後で知ったんですが、知り合いが同じ車で同じ症状の修理を、18万円でしていたと聞かされました。しかも嫁に小遣いから差し引かれているようで、飲み会ではいつも嘆いていました。


自分も価値を知らなかったら、とんでもなく高い修理代がかかっていたかと思うと、本当に恐ろしいですね…。


入力のポイント

・本気で売りたいなら車査定比較.com


・相場を調べたいならかんたん車査定


・トラックはトラック買取の詳細


価値を調べるにあたって

利用料はかかるの?

無料です。


車の価値を調べるには利用料などは一切かかりません。それこそ試しに軽い気持ちで利用できます。

絶対売らないといけないの?

いいえ。


必ずしも「売る必要はない」ので、「価値を調べるだけ」の目的でも利用できます。もちろん値段を見て、「売ってもいいな」と思えれば売ればいいですし、売りたくなければ売らなくても問題ありません。


もちろん「今回はそんな値段では売らない」と断っても、費用を請求されることなどは絶対にありません。安心して申し込みができます。

正しく価値を知ると、損のない判断ができる。


まずはきちんと価値を知って、損のないカーライフを送りましょう。


入力のポイント

・本気で売りたいなら車査定比較.com


・相場を調べたいならかんたん車査定


・トラックはトラック買取の詳細

このページの先頭へ