K6Aエンジンの異音について ガラガラ音やカラカラ音

MENU

K6Aエンジンのガラガラ異音

 

ワゴンR、エブリィ、ラパン…

 

といいますか、スズキのK型エンジン全般に言えることとでも言いましょうか、

 

K型エンジンの

 

エンジン始動時のガラガラ異音

 

に悩まされている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

・朝一エンジン始動した瞬間にガラガラッ…!

 

・2〜3時間止めた後にエンジンをかけるとガラガラッ…!

 

かけ始めの一瞬だけガラガラ鳴るだけなので、気にならないといえば気にならないのですが、やはりいつものことなので耳障りといいますか、

 

このエンジン大丈夫なの!?

 

と思ってしまいますよね?

 

ここではその異音の原因と対策について記載しています。

エンジン始動時の異音

ここではK6Aエンジンの、エンジン始動時にガラガラッ!と一瞬発生する異音について記載しています。始動後も鳴り止まない異音は、エンジン異音ページか、オイルライン詰まりページをご覧下さい。

エンジン始動時の異音の原因

同じK6Aエンジンでも、実はいくつかの種類があります。

 

K6Aエンジン

大きく分けるとターボ付きエンジン、ノンターボエンジンになります。

 

ですがもう少し細かく分けますと、VVTエンジンや直噴エンジンなど、同じK6型といえど数多くの種類があるのです。

 

これは、エンジンブロックの設計はほぼ共通なのですが、エンジンの上半分…、つまりヘッドと呼ばれる部分を少し変えることによって、馬力の発生する特性などを変化させているのです。

VVTエンジンの部品が異音の原因

今回はその中の、VVTエンジン。

 

可変バルブタイミングという機構

 

を搭載したエンジンが今回の問題児です。VVTエンジンの見分け方は、外観から見ると

 

VVTとノンVVT

 

左の緑丸印のように、”出っ張りがあるもの”がVVTエンジン。右の赤丸印のように、”出っ張りがないもの”がVVTがついていないエンジンです。

 

今回は、”出っ張りがあるVVTタイプのK6Aエンジン”についてのお話になります。

VVTのカムシャフトの耐久性

実はこのエンジン、街乗りなどでエンジンの回転の上下が激しい走行を繰り返したり、走行距離が多くなってきたり、年数が経過したりしてくると、カムシャフトについているVVT機構の耐久性のもろさからズレが生じて部品が変形し、ガラガラとした音が発生してしまうのです。

 

ちょっと以下の写真をご覧ください。

K6Aエンジン

※クリックで拡大できます

これは、そのVVT機構がおかしくなって異音が出始めたK6Aエンジン。一番右の写真は、エンジンをバラした全体図を写し、真ん中、左へ行くにつれて、拡大して写しています。

 

どうですか?

 

穴が変形しているのがわかります

 

よね?

 

本来この穴は、キレイな丸い円になっていて、ここにピンが刺さっているのですが、この部品の耐久性のなさから、

 

楕円形に変形してしまっている

 

しているのがわかるかと思います。

 

楕円形に変形しているところに、キレイな円柱形状のピンが刺さっているわけですから、

 

スキマが生じて異音が出ている

 

ということです。なので特にオイルの回っていない始動時などには、そのスキマでピンが暴れるために、「ガラガラッ…」という音が発生するわけです。

 

原因は一目瞭然。残念ながら

 

音が出ているエンジンは既にこの状態

 

になっているのです。

異音を直すにはどうすれば良い?

一体、こうなってしまったエンジンは、どうすれば良いのでしょうか?

 

すでにこの状態で変形してしまっている部品です。残念ながらこうなってしまったエンジンは、

 

カムシャフトの部品ごと交換

 

するしか直す方法はありません。

 

そしてこの症状は、保証範囲内であれば無償で直してくれるのですが、5年以上経過して新車保証が切れたエンジンや、10万キロ以上の距離を走ったエンジンで発生しやすく、完全に保証対象外の扱いとなっていて、さらには人の命の危険性に直接関係しないせいか、

 

リコール扱いとはなっていない

 

のです。

 

このメーカーの体制に疑問を投げかける声も多い中、これを修理するには、このカムシャフト本体やチェーン周り一式交換する必要がありますので、部品代と工賃を合わせて

 

約15万円の出費

 

を覚悟する必要があります。そして今回修理しても、カムシャフトの材質強度不足がもともとの原因ですから、

 

同じ材質のものに交換するので、直してもまた必ず異音が出ます。

 

そして放っておくと、写真でご覧になられた楕円部分がどんどん拡がって、ますます異音がひどくなっていくので、できるだけ放置は避けるべきでしょう。

カムシャフト修理をする前に

カムシャフトの修理をする前に、1つだけやっておきましょう。

 

それは、

 

今の愛車の価値を知ること

 

です。

 

修理代については先ほど記載した通り。約15万円もの修理代がかかります。

 

だからと言って、

 

決して乗り換えを勧めているわけではありません

 

が、こうしたトラブルが発生している時点で、

 

ディーラー保証もなく走行距離も多い

 

ものだと思います。高額修理でお悩みの時は、選択肢を拡げるためにも、先にお車の価値を調べておくことをおすすめします。

 

>>概算価格を調べてみる<<

4項目の入力ですぐに価値がわかる

・メーカー
・車種名
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

たったこれだけの入力で、夜中でも早朝でも画面に概算価格を表示してくれるんです。PCやスマホに不慣れな方でも、1分もあればかんたんに入力が終わります。

 

もちろん無料で使えるし、ムリに売る必要もありません。

 

あくまで修理するかどうかの判断をするため

 

に使っても、全く問題のないサービスなのです。


もちろんそうとはいっても、

・愛着があって手放したくない
・最後まで乗り潰すつもり
・お金かけるのが楽しい

と、趣味や愛着でお乗りのお車であれば、乗り換えせずに修理になるのでしょうが、

 

・あとどのくらい乗るかな…?
・できるだけ出費は抑えたい
・売れた金額以内で乗り換えしたい

 

など、どれか1つでも当てはまっているようでしたら、損のない選択をするためにも、車の価値は必ず調べておくべきなのです。

 

乗り換え

 

やはり無駄な出費は避けたいと

 

通勤快速号として乗っていたラパン。始動時のガラガラ音がだんだんひどくなってきて、このままだとタイミングがズレて止まってしまうよ!なんて友人から言われ、あわてて価値を調べてみることに。

 

すると思った以上の価値があったので、長年乗って愛着があった車だったんですが、売れた金額内で中古車に乗り換えすることにしました。

 

少しグレードは下がりましたが、走行距離重視で選びました。だってもう、高い修理代がかかるのはゴメンですからね…。

 

修理代にかけようとしていた15万円。買取金額を足して45万円で走行少ないムーヴに乗り換えて、本当によかったなと思っています。

 

京都府京都市 会社員 まつもと さん

海外輸出される車は価値が高い

まつもとさんのラパンの価値はなぜ高かったのか

 

理由はこちら。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(全メーカー対象。プリウスやアクア、フィットなど全て)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(4ナンバーや1ナンバーのトラックやバン。全メーカー対象。)

 

まつもとさんのラパンは、ここに該当する”軽自動車”であったこと。

 

実はこれらの車種は、意外と知られていませんが、

 

とても価値の高い車種

 

として、かなりの高額で買取りされいるのです。

 

というのも、これらの車種は海外へ貿易輸出&国内での需要の高さに伴って

 

・走行距離が多くても
・内外装が傷だらけでも
・それこそガラガラ異音が出ていても

 

関係なく高い価値があるのです。

※軽自動車は国内再販が多い

 

ですからこうした高額修理に直面されたのなら、

 

まずは価値を調べておくこと

 

で損のない選択をするべきなのです。

後悔

先に言ってくれたらいいのに…

 

30万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家の状況が変わってお金が要るようになり、車を売却することに。

 

査定金額はなんと25万円。

 

30万円以上の修理代をかけたのに、そんなに車の価値は低かったのかとがっかり。

 

修理工場は修理前に教えてくれない

 

んですね。「乗り換えた方がいいですよ」とかあっても良いのでは?とも思いましたが、向こうも仕事。修理してくれとこちらが頼んだ通りにやってくれただけ。

 

これからもし高額修理をするようなことがあったら、必ず先に価値は調べてからにしようと反省しました…。

後悔先立たず

後悔は「後で悔やむ」と書きます。異音がもっとひどくなってからでは”売る”という選択肢は無条件に”廃車”に変わってしまいます。

 

こうした後悔をすることがないよう、まず先に価値は調べておくようにしましょう。

>>概算価格を調べてみる<<

 

まずはここから概算価格を調べておいて(すぐ画面上に表示されます)、それから修理のことを考えるようにしましょう。