MENU

タイミングベルトって?

タイミングベルト

 

タイミングベルトは、クランクシャフトの回転力をカムシャフトへ伝える役割を担う重要なパーツです。

 

この動力で、タイミングよくピストンやバルブを開閉させることに由来して、タイミングベルトと呼ばれています。

 

タイミングベルト交換しないとどうなるの?

タイミングベルトの交換費用は、

 

一般的な車種で5〜10万円前後と、

 

非常に大きな出費になります。

 

エンジン

 

もちろんこれが複雑なエンジンであったり、輸入車などの高級車になってくると、数十万円から100万円前後に至るものもあります。

 

出費を無くすには、タイミングベルトを交換せずに乗り続けるしかありませんが、これには非常に大きなリスクが伴います。

 

中にはタイミングベルトを交換しないまま、十数万キロも走り続けている車もありますが、はっきり言って、これはいつベルトが切れてもおかしくない、綱渡りの状態にあります。

 

ベルトが切れると車は一切動かなくなる

 

ので、それが走行中に発生してしまった場合は、命に関わる大事故につながりかねません。

 

交換しないという選択肢は捨て、切れてしまう前に出来るだけ早く交換した方が安心といえます。

 

タイミングベルト交換費用はいくら?

タイミングベルト交換の見積もりをとって、目が点になった方も少なくないのではないでしょうか。

 

たしかにタイミングベルトの交換には大きな金銭的負担がのしかかります。

 

そこで、タイミングベルトの交換に掛かる部品代や工賃などを調べてみました。

 

 

ベルト&

テンショナー

作業工賃

※概算

合計

※概算

軽自動車

約8,000円

約40,000円

約50,000円

普通車1

約12,000円

約60,000円

約70,000円

普通車2

約15,000円

約80,000円

約100,000円

 

だいたいこんな感じでしょうか。ここに、同時交換が推奨されるウォーターポンプなどをプラスすると、約15,000円から20,000円が加算されます。

 

パーツが安くて工賃が高い理由

タイミングベルト自体は特殊とはいえ、中身はただのゴムです。ですので、パーツ単体としてみるとわずか数千円の値段です。

 

では交換費用がなぜ高額になるのかというと、交換工賃が高いためです。

 

タイミングベルト交換工賃

 

一部例外を除いて、ほとんどの車種ではエンジンを開けないとタイミングベルトの交換ができません。中には一部の高級輸入車のように、エンジンを一旦降ろしてからでないと作業ができない車種もあります。

 

平均的に5時間以上の作業時間が発生しますから、作業工賃も割高になるのです。

 

実際にタイミングベルトが切れると車はどうなる?

走行中に切れた場合

アクセルを踏んでもエンジンは止まっていますので、車は一切走らなくなります。

 

故障

 

動力を伝えるパーツが切れているのですから当たり前ですね。

 

これだけ見ると「なんだ、それだけ?」となるかもしれませんが、実際はもっと恐ろしいことが起こり得ます。

 

走行中にベルトが切れると、クランクシャフトの動力がカムシャフトに伝わらなくなります。そうなると、ほぼ一瞬でエンジンが壊れてしまいます。

 

なぜならば…

 

カムシャフトが回らなくなるということはバルブが動かなくなるということになりますが、エンジン自体は動いているためピストンは回り続けます。そうなると、

 

ピストンが動かないバルブに当たってしまい、

 

ほぼ間違いなくバルブやピストンが損傷してしまう

 

のです。

 

エンジンはピストンが壊れると修理不可能になり、別のエンジンに載せ替えかパーツを集めて1から作り上げるしかありません。

 

こうなるとどんな車であっても、少なく見積もって30万円、高い車だと50万円以上の修理費用が必要になります。

 

エンジンが壊れてしまうと、車を買い換えるか?高額な修理費用を払って直すか?または車に乗らずにおくか?

 

まさに究極の3択に迫られてしまうのです。

 

どうする3つの選択

ここでは不具合が発生した状況をどうすれば良いのか


3つの選択肢をあげて説明


しています。今後のご参考になさってください。

1.修理する

やはり愛着がある車なら、必ず修理しておきたいところです。


修理

ですが


「あまり価値のない車と知らずに、
高額な修理をしてしまった…!」


逆に


「そんなに価値があったのなら、
出費なく乗り換えできたのに…!」


…と、後で知って後悔はしないよう、


事前に今の愛車の価値を知っておくこと


が大切です。参考としてこちらをご覧下さい。


価値が高いと言われてる車種

こちらは現在、一般的に価値が高いと言われている車種になります。


高値で売れる車


こちらにもし、あなたの車種があるようでしたら、修理前に一度価値を確認されることをオススメします。


なぜならこれらの車種は、国内リユースはもちろん、海外に貿易輸出されていくことが多いので、特に高値で相場が推移しています。


車種によっては購入時より価値が上昇している場合が…。


ですから高額が予想される修理の前には、必ず概算価格を調べておくようにしましょう。


そして、概算価格を調べておくにはこちらが便利。


1.年式や走行距離など4つを入力する


2.すぐに概算価格が画面に表示される


3.それを見てから考える


という便利なサイトが無料で使えるので、今がたとえ夜中でも早朝であっても、すぐに愛車の価値がわかります。


あとは画面上に出た金額によって、本当に修理した方が得策なのかを考えればいいだけ。


とても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。


>>概算価格を調べてみる<<


1.概算価格を算出してもらう


2.ディーラーで見積もりしてもらう


3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。


概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。


そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずです。


お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

2.放置する

これはあまり得策とは言えません。


急に交差点の真ん中で止まってしまうかも知れませんので、早めに修理もしくはお乗り替えされることをおすすめします。


放置はこんな人なら大丈夫

・不具合があっても平気だ
・交差点の真ん中で止まっても平気
・高速道路で立ち往生しても平気
・その日の予定が狂っても気にしない


いずれにせよ、放置はキケンです。

 

3.乗り換えを検討してみる

車査定比較


一連の話の流れで、車の売却を検討されるのなら、こちらの買取一括査定サイトがとても便利。車査定比較.comは、1回入力するだけで複数の業者へアプローチ。たくさんの買取業者が競い合って、あなたの車を高く買ってくれます。


買取
>>車査定比較に入力する<<


 


ですがこの車査定比較.comは、いっぺんに何社かからも営業電話がかかってくることもあるので、


・今すぐ売りたいわけじゃない
・今の価値を調べたいだけ


という方は、こちらのかんたん車査定が良いでしょう。


年式や距離などの4項目を入力するだけで、深夜であっても早朝であっても、すぐに画面上に概算価格を表示してくれます。


選択肢は


矢印


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


入力のポイント

・本気で売るなら車査定比較.com


・相場を調べてみるならかんたん車査定


・トラックならこちらから


まずは概算価格を調べてから判断する。


これで必ず損のない判断ができます。


修理に悩んだけど…

20年も前の車だったのに

現場仕事の車を

仕事で使っていた古いハイエース。土建屋なので荷室はもうぐちゃぐちゃ。


そろそろ20万キロで、2回目のタイミングベルトの交換時期が来てたので、交換の見積りをしようかなと思っていた矢先にこのサイトを知りました。


もちろん価値なんてそんなに期待もせず、「シャレ」感覚で入力。すると「えっ?」という金額が表示されて…。


だって、エンジンもそろそろやばいかというくらいの異音が出ていたのに、


35万円もついちゃった


ので、喜んで即売りしました。だってエンジンの音を直すより、買い換えちゃった方が良かったんですもん。


どうやら輸出される車は高いって、その時初めて知りました。


価値を先に調べてみて、本当に良かったです。


愛着があったので悩みましたが

キューブのカラカラ音を

まだ5万キロしか走ってないアルファード。オイル交換をケチっていて、エンジンからひどい異音がしてしまっていました。いくらくらい修理はかかるのかなぁと思っていたとき、このサイトを知り、先に価値を調べてみることにしたんです。


少々年式が古かったのでそんなに期待はしてなかったのですが、


なんとびっくり120万円…。


輸出される車って、少々の不具合は気にせず高く買ってくれるそう。


そして後で知ったんですが、知り合いが同じ車で同じ症状の修理を、18万円でしていたと聞かされました。しかも嫁に小遣いから差し引かれているようで、飲み会ではいつも嘆いていました。


自分も価値を知らなかったら、とんでもなく高い修理代がかかっていたかと思うと、本当に恐ろしいですね…。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<


価値を調べるにあたって

利用料はかかるの?

無料です。


車の価値を調べるには利用料などは一切かかりません。それこそ試しに軽い気持ちで利用できます。

絶対売らないといけないの?

いいえ。


必ずしも「売る必要はない」ので、「価値を調べるだけ」の目的でも利用できます。もちろん値段を見て、「売ってもいいな」と思えれば売ればいいですし、売りたくなければ売らなくても問題ありません。


もちろん「今回はそんな値段では売らない」と断っても、費用を請求されることなどは絶対にありません。安心して申し込みができます。

正しく価値を知ると、損のない判断ができる。


まずはきちんと価値を知って、損のないカーライフを送りましょう。


買取
>>車査定比較に入力する<<


概算価格をチェック
>>概算価格を調べてみる<<


トラックはこちら
>>トラックの概算相場を見るなら<<

タイミングベルトを交換したあとのリスクも考えよう

タイミングベルトは無事交換したし、これで一安心!

 

…となる前に、これからも乗り続けるリスクを考えてみましょう。

 

愛着のある車には、誰もが長く乗りたいもの。ですが同じ車に長く乗るということは、それ相応のリスクが生じることも念頭に置かなければなりません。

 

当然ながら、車は消耗品の塊です。

 

パーツによる耐久性の違いはありますが、永久に壊れない箇所はありません。

 

タイミングベルトを交換したからといって、他の箇所が壊れない保証は無いのです。

 

タイミングベルト交換をしたクルマは

タイミングベルトを交換したということは、その車は新車からすでに10年近く経過している、もしくは走り出してから10万キロ前後の走行距離となっているはず。

 

そこからまた乗り続けるわけですから、他のパーツが劣化してこないわけがありません。

 

ラジエター、オルタネーター、オイルポンプ、インジェクター、エアコンコンプレッサー、エバポレーター、ハブベアリングにショックアブソーバー…。

 

数え上げたらキリがありませんが、10万キロを超えるとどんどん部品は劣化してくるわけです。

 

愛着のある車だからいくら修理費用が掛かっても問題無い!という方は別として、ほとんどの方は無用な出費は避けたいですよね。

 

しかも古い車の劣化はドンドン蓄積されていきますから、一箇所直したらまた次の箇所、そこも直したらまた次も…

 

というように、負のスパイラルに陥る可能性も否定はできません。

 

タイミングベルトを交換した時は一緒に他のパーツも交換すべき?

タイミングベルトの交換は、一部の車種を除いてエンジンを開けなくてはいけませんが、交換費用のほとんどは工賃が占めています。

 

そのため、エンジンを開けた(降ろした)ついでに、周辺のパーツも一緒に交換、または修理すると余計な工賃を抑えることができます。

 

タイミングベルト周辺には消耗品がたくさんありますから、一緒に交換してしまえば一石二鳥ですね。

 

ただ、工賃が抑えられるといっても、やはりタイミングベルトだけを交換するより費用はかかってきます。 場合によっては、消耗品の交換だらけになって10万円を超える出費になることも。

 

タイミングベルト交換ついでに他のパーツも交換するか、今回はタイミングベルトだけで抑えるか。

 

いずれまた消耗品を交換するとなると、一気にやってしまった方が結果的に出費は抑えられますが、この先何年乗るかを考えて、お財布と相談して決めるようにしましょう。

 

タイミングベルトの交換には知られざるリスクがある?注意点と費用まとめ

みなさんは車のタイミングベルトの役割を知っていますか?
タイミングベルトというパーツがあることは知っていても、役割まで理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

タイミングベルトは、エンジンに関わる極めて大事なパーツです。
人体に例えるなら、エンジンが心臓だとすれば、タイミングベルトは神経のようなもの。
これが切れてしまうと車は全く動かなくなり、最悪、エンジン全損となり車を買い替えるハメになることも…。

 

エンジン全損とは考えたくもない事ですが、メーカー推奨の交換時期をしっかり守っていれば問題はありません。
一般的にはどこのメーカーも10万キロ走行時か新車から10年以内での交換を目安としていますので、
車検や修理の際に「タイミングベルトも一緒に交換した方が良い」と勧められたことがある方もいると思います。
タイミングベルトの交換はなかなかの出費になりますので、交換を躊躇する方も多いのですが、
放置したまま万が一運転中に切れてしまった場合、大事故に繋がる恐れがありますし、
事故に繋がらなくても切れる前と後では修理費用が大きく変わってきます。

 

ですので、修理工場などで交換した方が良いと言われればまさにその通りなのですが、
しかし、ただ一言で交換と言っても、具体的な交換時期や交換にかかる費用、
そもそも車を乗り換えるか?など、色々と考えなければいけないことがあるはずです。

 

もし、あなたがタイミングベルトの車に乗っていて、交換か買い替えかを悩んでいるのでしたら、
是非、この記事を読んで解決の糸口を見つけてください!

 

タイミングベルトとは?性質と役割を理解しよう

タイミングベルトが切れる危ないというのは何となく理解されているかと思いますが、
切れるとなぜ危ないのか、タイミングベルトの具体的な役割を見てみましょう。

 

エンジン内部の燃焼(吸排気)をコントロールしている

エンジンは車を動かすために吸気→燃焼→排気をひたすら繰り返していますが、
タイミングベルトはこのスパンを調整してエンジンを回転させている非常に重要なパーツです。

 

吸排気のタイミングは、車を動かす上でとても重要なものです。
少しでもタイミングが狂うと、焼却時に不完全燃焼を起こし、最悪エンジンが壊れてしまいます。
これが走行中に起こるとなると、考えただけで恐ろしいですね…。

 

タイミングベルトはゴムで出来ている

タイミングベルトはその名の通り、特殊なゴムで作られています。
特殊なゴムですから、ちょっとやそっとじゃ切れたり伸びたりするものではありませんが、
やはり高負荷の環境で長く使っていると劣化してきます。

 

ゴムが劣化すると、当然ながら摩耗や切断などのリスクが増えて、エンジン破損などに繋がる恐れがあります。
ゴムの劣化は残念ながら防ぐことはできませんから、ある程度の余裕を持たせた交換の時期が
「10万キロ走行または新車から10年以内」ということなんですね。

 

ちなみに、ゴムの代わりとなる金属製の「タイミングチェーン」の登場でこの問題はかなりの改善がみられました。
昨今ではタイミングチェーン式の車が主流となっていますが、まだまだタイミングベルトの車が多く乗られているのが実情です。

 

タイミングベルトの適切な交換の時期を見極めるには?

異常を発見するには?

タイミングベルトは「10万キロ走行時か新車から10年以内での交換」が一般的な推奨交換時期となっています。
しかし、これはあくまでも目安であり、車の使用状況やエンジンの負荷によって変わってきます。
実際はもっともつかもしれませんし、もっと早くに寿命が訪れるかもしれません。
目安は目安として、車の使用状況と照らし合わせて出来るだけ早く交換すると安心ですね。

 

ちなみにタイミングベルトが格納されている部分はカバーが装着されているので、
それを外すことでどんな状態か見ることができます。

 

劣化する原因は?

タイミングベルトの劣化の原因は様々ですが、一般的にはゴムの酸化やベルトの摩耗、高負荷が挙げられるます。
これらは全て車の操作やメンテナンス(急発進や急ブレーキ、エンジンオイルやクーラントの交換など)による結果です。
出来るだけ乱暴な運転はせず、定期的にメンテナンスを行ってあげるだけで長持ちするのです。

 

運転には人それぞれクセがありますし、メンテナンスにもそれなりのお金が掛かりますから、
なかなか実践するのは難しいと思いますが、出来る限り丁寧に扱ってあげることが大事というわけですね。

 

タイミングベルトを交換するならどこがオススメ?

タイミングベルトの交換はどんな車でもいずれはやらなければいけませんが、大きな出費となります
それであれば、出来るだけ出費を抑えたいというのが本音ですよね。

 

それでは、どこで交換するのがオススメなのか、修理工場やカー用品店などを比較してみましょう。

 

…という前置きをしてみたものの、実は交換費用というのはどこも大した差はありません。
大きな差があるのは「交換する場所」より「車種」なのです。

 

タイミングベルトはおおよそエンジンに付随する部品というのはどの車種も変わりませんが、その取付方法に大きな違いがあります。
タイミングベルト自体の価格は高くても数千円程度ですから、カバーを開けて、ベルトを外して、さあ交換…
というだけなら大した工賃も掛かりませんが、エンジンを降ろさなければ交換できない車や交換するのに非常に手間が掛かる車もあり、
そこに大きな差が出てくるのです。
専門の工場で特殊な器具を使用しなければ交換できない輸入車や特定メーカーの車などは、なんと数十万以上の出費になることも。
と言っても、これはあくまでも限定的な車種に限った話ですから、一般的には3万円〜5万円ほどで交換できます。

 

ちなみに、タイミングベルト周辺には他にもウォーターポンプやファンベルトなどの消耗パーツが多く、
タイミングベルト交換のついでにまとめて修理や交換するのが一般的です。
そうすることでパーツ代は掛かりますが、工賃を抑えることができます。

 

ここまでで、交換に掛かる費用は車種によって変わるということは分かっていただけたかと思いますが、
では実際に安心して交換できるかは整備士の腕によるところ。

 

整備に出す工場は、ディーラー、カー用品店、個人の整備工場など様々です。
大事なことはしっかり交換してくれることですから、信頼できる整備士がいる工場に預けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルトは交換せず、廃車買取査定に出す

さて、修理の出費に恐れをなした方には、こちらで朗報を紹介します。

 

修理費用が掛かるというリスクを考えた時、乗り続けるか?買い換えるか?の2択に迫られるでしょう。
しかし、すでに10万キロ近く走った車では、一般的な中古車の査定額は限りなく低くなってしまいます。
もしかすると、0円査定という恐怖の結果に慄く可能性も否定はできません。

 

でも安心して下さい。
「廃車買取」がそんな恐怖からあなたを救ってくれます。

 

一昔前の車では「廃車のタイミングはタイミングベルトが切れたら」と言われていたように、
10年近く経過していたり10万キロ前後走った車は、廃車にする時期の一つの目安になります。
ただし、これはあくまでも「廃車買取」の話ですから、一般の中古車販売店やディーラーに出すと、
逆に「処分費用」や「廃車費用」を請求される可能性がありますので控えること賢明です。

 

廃車と言っても金属の塊ですから、車としての生涯を終えた後もリサイクル資源として活用できるパーツは数多くあります。
そういったリサイクル資源を扱う解体業者や輸出業者は、廃車も立派な商売道具、嬉しい商品なのです。

 

タイミングベルトを交換しても中古車としての価値はほとんど上がりませんから、
車を買い換えるか乗り続けるか迷った時は、タイミングベルトを交換する前に廃車買取で査定してみましょう。

 

それでは最後に、これまでのお話をまとめてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルトの交換時期と寿命について

タイミングベルトが切れるとロクなことが無いということは分かっていただけたかと思います。
では、具体的な交換時期や寿命はいつ頃おとずれるのでしょうか。

 

タイミングベルトの寿命はいつ?

ゴム製のタイミングベルトは、当然経年とともに劣化してきます。
ほとんどのタイミングベルトは、ベルトの内側にワイヤーが通っていて形がギザギザの歯車状になっています。
実はベルト自体が切れずとも、この歯が欠けただけで終わりです。

 

実際の寿命ですが、実は誰も分かりません。
前述した通り、15万キロ以上走っても切れない場合もあれば、わずか数万キロで切れてしまった例もあります。
メーカーで推奨されている交換時期は一般的に「10万キロ走行または新車から10年以内」です。
※例外的に「8年8万キロ」の場合もありますので、要確認!

 

耐久力自体はある程度は持つように作られていますが、
これはあくまでも無理な走行をせず定期的なメンテナンスを欠かさなかった場合に限った話で、
しかもそれでも切れる時は切れます。

 

もし、数万キロで切れてしまった場合は運が悪かったと思うしかありません…。

 

まずまず、ほとんどの人はタイミングベルトが切れる前に交換してしまいますし、
切れるタイミングもそれぞれですから、寿命という寿命は無いのです。

 

目安となる交換時期は?

ほとんどのメーカーは「10万キロ走行または新車から10年以内」ですが、
メンテナンスの状況が悪かったり、無理走行を繰り返しているとそれ以下で切れることもあります。

 

ですが、これは言いかえると定期的なメンテナンスを欠かさず、無理な走行をしなければ、
一般的には新車から10年または10万キロ走行までは交換する必要がないということにもなります。

 

メーカー推奨の交換時期はあくまでも目安として考え、使用状況と照らして交換を考えた方が安心ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルト?タイミングチェーン?見分け方を知ろう

タイミングベルトの場合

タイミングベルト式の場合、エンジンの真横にタイミングベルトが収めされている部屋があります。
四角いエンジンの真横に出っ張りが出ているので、一目でわかると思います。
これがタイミングベルト式です。

 

タイミ ングチェーン式の場合

タイミングチェーンはエンジン内部に組み込まれています。
完全に鉄製のエンジンカバーで覆われていますので、タイミングベルト式のように出っ張りがありません。

 

両者を見比べて見ると一目瞭然です。

 

タイミングベルト式とタイミングチェーン式では後の出費も変わってきますから、
車を選ぶ際の一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ