MENU

ピストンリングの交換が必要と言われるくらいの異音

エンジンから普段聞きなれないカラカラ音やチリチリ音が聞こえてくると、

 

「調子が悪いんじゃ…」
「壊れてしまうかも…」

 

と思ってしまうものです。

 

 

エンジンからの異音は、エンジンの悲鳴。異音が出始めたら要注意です。

 

ピストンリングの役目

ピストンリング

エンジンの故障の一つに「ピストンリングの摩耗」があります。

 

このピストンリングの摩耗というのは、そう頻繁に起こるものではありませんが、走行距離の多い車に発生しがちな症状で、エンジンから軽いチリチリ(聞き方によってはカタカタ)とした打音が聞こえてくると、ピストンリングが摩耗している事が考えられます。

 

ピストンリングとは、エンジン内部のピストンを構成するパーツの一つで、シリンダーとピストンの密着部分にある数本のリングの事を指しています。高速で上下運動を繰り返しているシリンダーの内部で、適正な油膜を形成する非常に重要な役割を果たしているパーツです。

 

このピストンリングが摩耗してくると、ピストンとシリンダーの間に隙間ができてしまいます。

 

更に摩耗が進むと「オイル上がり」という症状になり、マフラーから白煙を噴いたり、点火によって爆発した焼却ガスが漏れ出してしまう「ガス抜け」の症状が発生してしまい、エンジンとして正常な動作をしなくなってしまいます。こうなってしまうと、エンジンの相当なパワーダウンはもちろん、オイル消費量が増大してしまい、放っておくと症状はどんどん悪化していくのです。

 

最悪の場合、ピストンやシリンダー自体が異常摩耗を起こし、エンジンとしての機能が果たせなくなってしまいます。

 

これを修理するには、ピストンやピストンリングの交換はもちろん、場合によっては

 

・シリンダーのボーリング加工
・オーバーサイズピストンのはめ直し

 

をする必要が出てきますので、とても支払う気になれないくらいの高額な修理費用が発生してしまうのです。

 

ピストンリングが摩耗すると

ピストンリングが摩耗してしまったは場合は、もちろん交換が必要になります。ですが大抵の場合、それだけを交換すれば良いというわけでは無い場合が多いので、修理費用はまちまちですが、

 

最低30万円以上の高額な修理費用

 

が発生します。

 

またピストンリングの摩耗は、過酷な運転や経年劣化でも発生するので、修理するにはエンジンオーバーホールといって、分解整備しかありません。

 

しかし、相当な費用が発生するので、よほど思い入れのある車でもない限り、オーバーホールを行うことはちょっと考えるべきではないでしょうか。

 

残念ながら、ピストンリングは常にシリンダーとピストンの隙間で擦られているので摩耗を防ぐことはできません。しかし、適切なオイル管理とメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことができますので、日頃のオイルメンテナンスはやはり重要ですね。

 

ですがいずれにせよ、こうした不具合が起こってしまうと、以下の選択肢で判断するしかないのではないでしょうか。

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

この先2年しか乗らない車に30万円の修理代をかけても良いのか?

 

5年乗るから30万円の修理代をかけるのは妥当なのか?

 

これは、自動車への愛着やライフスタイルの差がありますので、人それぞれに異なります。

 

そしてさらにはこんな考え方もあります。

 

100万円の価値の車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

もしくは、

 

30万円の価値しかない車に、30万円の修理をするのは妥当なのか。

 

こうした考え方も、人それぞれに異なるでしょう。

 

だからこそ、ある程度高額な修理代が予想される場合は、失敗しないためにも、

 

修理前に車の価値を知ることが重要

 

なのです。

 

正しい判断をするために

高額修理をするために、もしくはその修理が妥当であるかを判断するために、まずは愛車の価値を知りましょう。

 

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができます。

 

ここは、年式や距離など、うろ覚えでもいいので

 

わずか4つの項目を入力する 

 

だけで、

 

すぐに画面上に価値を表示 

 

してくれるという便利なサイト。たとえ夜中でも、すぐに画面上に価値が表示される機能はとても便利です。まずは気軽に依頼してみて、概算価格を知ってから、ゆっくり考えられてはいかがでしょうか?

 

>>概算価格を見てみる<<

 

あとは「画面上に出た金額」によって、修理するか乗り換えるかを考えればいいだけ。

 

インターネットの普及でとても便利になった世の中。これを使わない手はないですよね。

 

そして価値が算出されたら高額修理に踏み切るかを改めて判断し、

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはずですよ。

 

>>愛車の価値を見てみる<<

 

乗り換えを検討する

もう1つの選択は、やはり乗り換えでしょう。

 

大なり小なり音が出ている時点で、ご覧いただいたようなエンジンの内部であることは明白です。乗り換えという判断をされるのなら、一刻も早く乗り換えするようにしましょう。なぜなら、失礼を承知で申し上げますと、

 

エンジンが止まったら売れなくなる

 

ため、音がしながらでも

 

動いている今のウチ

 

に査定をしてもらった方が良いでしょう。そして、そんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるサイトに比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

それと、以下の車種は現在とても高値で取引きされています。

車種

 

これらの車種は、

 

貿易に出るために特に価格が高騰

 

しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

とにかく概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても、本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、

 

見てもらっても必ず売る必要はない

 

ので、上手に使い分けられると良いかと思います。

 

このページの先頭へ