車を高く売るのなら。実際の買取査定相場で高く売れる車はこんな車!

MENU

今のお気持ちを教えて下さい。


”今すぐ売りたい”


ですか?それともとりあえず


”買取相場を知りたい”


ですか?それによって少し変わります。

今すぐ売りたい!! まずは相場を知りたい

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

愛車の買取相場を確認したい

今のお気持ちは?

・どのくらいの値段があるの?
・将来売る時のために考えたい

すぐに売りたいわけではないけど、愛車にどのくらいの価値があるの?値段を知ってから考えたいと思われているのならこちら。


だいたいの年式と、だいたいの走行距離さえわかれば、すぐに今の相場がわかる便利なサービスがあります。

1.メーカー名
2.車種名
3.おおよその年式
4.おおよその距離

のたった4つを入力して、確認ボタンを押すだけで、


今がたとえ早朝や夜中であろうと、その場ですぐに画面上に概算相場を出してくれます。

”あなたのお車の概算価格は
1,350,000円〜1,550,000円です”

こうして買取される概算の価格が事前にわかると、売る時の目標金額や、次期車両を購入する際の予算も立てやすい。


具体的にどうしようかを決めるためにも、気軽に概算価格を調べてみるといいでしょう。


そんな便利なサービスはこちらから。

思った金額じゃなかったら

当然、思った値段でなければ、ムリに売る必要はありません。

愛車を今すぐ売りたい

・すぐに売りたい!
・高く売れる方法は?

と思われているのなら、


愛車を高く売る方法を3つ


お話しいたします。

1.個人売買で売る

高く売る1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買でユーザーからユーザーに直接譲渡する。やはりこの個人売買が間違いなく高く売れる方法です。


本来、買取業者が取る中間マージンがないので、お互いにメリットを感じることができるでしょう。


ですがそこで問題となるのは、一体いくらで売るのが適切かということ。


目安が知りたいんだけど


どのくらいの価値があるの?
いくらくらいで売るといいの?


業者ではないのですから常に変動する流通相場なんてわかりませんよね?


そんなときは先述したようなサービスを使って、買取相場を先に知っておくようにしましょう。

相場を知ると目安ができる

やはりここでも先ほど紹介したサービスが有効です。目安を知るために活用しましょう。とにかく概算価格を知りたいときにおすすめです。

例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、

”あなたのお車の概算価格は
850,000円〜1,050,000円です”

このようにすぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKです。

2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。

1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。

2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。

3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。

その他の買取一括査定業者

その他、トヨタのT-UPが参入するみんカラ運営のカービューや、楽天無料一括査定クルマ査定ナビなど、たくさんの一括査定サイトがあります。

本気で売却したい!
少しでも高値で売りたい!

と思われているのなら、電話がかからない真夜中などの営業時間外に一気に申し込んでみるのも高額査定の王道と言えるでしょう。

特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

今のお気持ちを教えて下さい。


”今すぐ売りたい”


ですか?それともとりあえず


”買取相場を知りたい”


ですか?それによって少し変わります。

今すぐ売りたい!! まずは相場を知りたい

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

愛車の買取相場を確認したい

今のお気持ちは?

・どのくらいの値段があるの?
・将来売る時のために考えたい

すぐに売りたいわけではないけど、愛車にどのくらいの価値があるの?値段を知ってから考えたいと思われているのならこちら。


だいたいの年式と、だいたいの走行距離さえわかれば、すぐに今の相場がわかる便利なサービスがあります。

1.メーカー名
2.車種名
3.おおよその年式
4.おおよその距離

のたった4つを入力して、確認ボタンを押すだけで、


今がたとえ早朝や夜中であろうと、その場ですぐに画面上に概算相場を出してくれます。

”あなたのお車の概算価格は
1,350,000円〜1,550,000円です”

こうして買取される概算の価格が事前にわかると、売る時の目標金額や、次期車両を購入する際の予算も立てやすい。


具体的にどうしようかを決めるためにも、気軽に概算価格を調べてみるといいでしょう。


そんな便利なサービスはこちらから。

思った金額じゃなかったら

当然、思った値段でなければ、ムリに売る必要はありません。

愛車を今すぐ売りたい

・すぐに売りたい!
・高く売れる方法は?

と思われているのなら、


愛車を高く売る方法を3つ


お話しいたします。

1.個人売買で売る

高く売る1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買でユーザーからユーザーに直接譲渡する。やはりこの個人売買が間違いなく高く売れる方法です。


本来、買取業者が取る中間マージンがないので、お互いにメリットを感じることができるでしょう。


ですがそこで問題となるのは、一体いくらで売るのが適切かということ。


目安が知りたいんだけど


どのくらいの価値があるの?
いくらくらいで売るといいの?


業者ではないのですから常に変動する流通相場なんてわかりませんよね?


そんなときは先述したようなサービスを使って、買取相場を先に知っておくようにしましょう。

相場を知ると目安ができる

やはりここでも先ほど紹介したサービスが有効です。目安を知るために活用しましょう。とにかく概算価格を知りたいときにおすすめです。

例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、

”あなたのお車の概算価格は
850,000円〜1,050,000円です”

このようにすぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKです。

2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。

1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。

2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。

3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。

その他の買取一括査定業者

その他、トヨタのT-UPが参入するみんカラ運営のカービューや、楽天無料一括査定クルマ査定ナビなど、たくさんの一括査定サイトがあります。

本気で売却したい!
少しでも高値で売りたい!

と思われているのなら、電話がかからない真夜中などの営業時間外に一気に申し込んでみるのも高額査定の王道と言えるでしょう。

特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

なぜ高いのかを検証

海外へ輸出されるって?

東南アジアの最後の発展国と言われている国、ミャンマー。

 

ミャンマー

 

そのミャンマーは、本当に人柄も良く、仏教徒で性格のおだやかなお国柄として有名ですが、よくよく走っている車に注目して下さい。

 

ミャンマーのクルマ事情

 

どうでしょう?
日本の車たちばかりでしょう!?

 

かなり古い車もあれば、少し前の中古車も見かけます。

 

私たちが少し前に乗っていた車は、海外で再利用されているのがわかりますね。

 

 

日本の中古車は

国内での利用を終えると、東南アジアなどの海外で使われている。

 

輸出先TOPは実はロシア

そしてこちらの画像もご覧下さい。

 

輸出先

中古車の輸出先として上位10カ国が表示されていますが、

 

第1位 ロシア

 

に少し注目してみましょう。

 

このロシア、輸出の台数が多いというだけでなく、輸出している車の内容に驚いて下さい。

ロシア

ミズノクルマと銘打った、水没車について書かれているのがわかります。

 

あり得ない!なんて思わないで下さいね。でもこの記事にあるように、ロシアの買い付け業者は、なんと

 

水没車でも平気で仕入れている

 

というのです。それもそのはず、日本の車は水没したくらいでもきちんと修理さえすれば、そこそこ元の状態に近いところまで復活させることは可能なくらい優秀に作られていて、ここに日本の中古車を安く買いたいロシアの業者がうまくつけ込んでくるというのです。

 

水没車も平気で仕入れて持ち帰るくらいのロシアの業者。

 

そう考えると、

 

内外装の多少のキズや、エンジンやミッションの不具合なんかを気にすると思いますか?

 

買い付け

 

きっと彼らは自国で安く修理ができるため、どんな車でも気にせず仕入れていくことでしょう。

 

どうすれば高く売れるのか

業者によって価格提示は異なる

海外において、日本で使われた車がリユースされることはおわかりいただけたと思いますが、さすがに愛車1台を売却するのに貿易について調べたり、時間をかけるのはリスキーな話です。ですからここでは、自分で貿易の手配をするのではなく、貿易している業者を見つけて

 

高く売るにはどうすればよいか

 

というところを探ってみたいと思います。

 

大抵の業者は、オートオークションの値段を参考に価格提示していますが、

・貿易に出せるルートを持つ業者
・そのルートを持たない業者

がいます。

 

その、貿易に出すルートを持つ業者に直接アプローチをかけるのです。ただし、貿易をしている業者は大々的に「輸出しています」などと謳っていることは少ないため、なかなか外見ではわかりづらくなっています。ですからここは、少々面倒であっても、自分の愛車の車種を貿易に出している業者が見つかるまで、多くの業者にアタックする必要があるということになります。

アタック

※1社のみの査定だと、貿易に出してない業者で「安い」カモ

 

たくさんの業者に問い合わせるには

貿易業者に辿り着く前に諦めないようにすることは大切ですが、何軒も何軒も買取店を廻って査定依頼をしていると、4〜5軒廻る頃にはもう夕方。

 

せっかくの休日が台無しになってしまいます。

 

大抵の場合が、そうした煩わしさなどで疲れてしまい、高く売るのを諦めてしまっている場合が多く、実にもったいないことになってしまっています。

 

あと1軒廻っていたら数倍の値段になっているかも

 

と思う気持ち以上に、疲れが出てきて安価な値段で引き取らせてしまっている事例が多く、結局は買取業者が儲かってしまっています。

 

買取業者の儲けは自分の損益である

 

ということを考えれば、疲れて諦めている場合ではありません。

 

でも何軒も廻るのはやっぱり疲れるよ… というあなた。それでは、

 

買取一括査定に申し込んでみませんか?

 

買取一括査定とは

買取一括査定とは、1つのWEBサイトから申し込みすることで、たくさんの自動車買取業者に同時に査定依頼してくれるサービスのこと。

 

普通なら5社に査定依頼するなら、5軒の店を廻るか、5回のWEB申し込みをする必要があるのですが、これはたった1回の入力で、複数の業者に査定申し込みをしてくれるサービス。

 

もちろん買取大手のガリバーやビッグモーター、カーセブンやアップルから、地元の中小の業者なども参入していますので、貿易に出している業者はもちろん、程度が悪かったり不具合があって、値段がつかないと諦めかかっていたお車でも、びっくりするような金額が提示されることは間違いありません。

 

以下より入力するだけで、今すぐ画面上に概算価格が表示されます。まずはその概算価格をご覧になられてから、どうするかをお考えになられてはいかがでしょうか?

 

かんたん車査定

 

概算価格が知りたい!

どこに依頼しようか迷ったら、とにかくおすすめなのがこの「かんたん車査定」。

・メーカー
・車種
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

の4つを入力するだけで、たとえ深夜の営業時間外でもすぐ画面上に概算価格を示してくれます。

 

今すぐ乗り換えってワケじゃないけど、まずは概算価格を見てからじっくりと検討したい!

 

というあなた、こちらのかんたん車査定で概算価格を確認してみませんか?

 

>>概算相場を確認する<<

 

車査定比較.com

 

本気で高く売りたい

貿易業者を探して高く売りたい!

 

と思われているのなら、こちらの車査定比較.comへ入力してみましょう。入力後に概算価格が表示されるのはこちらの車査定比較.comも同じですが、売却するという色合いが少し強いため、多少の営業電話がかかってきます。ですが貿易業者を本気で探しにかかられるのなら、こちらに依頼してみるべきでしょう。そして安い提示をしてくる業者はどんどん断って、一番高く提示してくれるところからの査定を期待するようにしましょう。

 

>>本気で売りにかかるなら<<

 

カーセンサー

カーセンサー

 

中小業者の登録が多い

先のかんたん車査定や車査定比較.comが大手の買取業者が多く登録されているのに対し、こちらのカーセンサーはどちらかというと地域密着型。貿易輸出をしている業者が多いのは、実はこうした中小企業が多かったりするのです。ですからこのカーセンサーを利用するポイントとしては、

 

上記2つのいずれかに入力し、さらにカーセンサーにも入力する

 

ことで、大手買取店から中小の買取店まで、幅広くの買取店からのアプローチを待つことが出来ます。

 

>>メールでの連絡を希望する<<

 

必ず言っておきたいキーワード

そして買取査定に呼んだ時に、必ず言っておきたいキーワードがあります。それは、

 

「この車、貿易に出るんですよね?」

 

のひと言です。

 

このひと言は、どんな車でも必ず言って下さい。古い車であろうが走行距離が多い車であろうが、キズだらけであろうが、必ず言いましょう。このひと言を放つだけで、買取業者の対応がゴロッと変わる場合があります。

 

なぜなら、こちらがある程度のことを知っていると思わせることで、ヘタに安い値段を付けられなくなるからです。また、そう話すことで、他にも競合相手が居るのかもしれないと、心理的に焦らすこともできるのです。

 

 

こうした言葉を言うだけで、良い結果が出ること間違いないでしょう。

 

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を調べたいなら

車査定比較
→本気で売るならここ

車を高額で売るための「秘訣」

複数の業者で査定することは必須

中古車の買取には一定の相場があり、買取業者はそれを基準に査定額を算出します。
しかし、相場はあくまでも相場であり、最終的な見積もり金額は、車の状態、グレード、色、装備など、
業者毎の様々な基準で加点減点され、提示されるのです。

 

業者は買い取った車で利益を出さなければいけませんから、当然、安く買って高く売りたいと考えます。
しかし、買取金額が安いとそもそも車を売ってもらえません。
だからと言って高く買い取ると利益が出ない。
そこで、業者はまずその車のおおよその金額を提示してきます。
「○万円〜○万円」「およそ○万円前後」といった具合です。

 

買取金額に幅を広く持たせて、実際に車を見てから見積もりが決まります。
つまり、中古車にはとりあえずの相場があるだけで、買取金額は業者ごとに変わってくるのです。
相場が50万円だと40万円で買い取る業者もあれば、50万円で買い取る業者もある、ということですね。

 

これを見れば、複数の業者で査定をする必要性が見えてきますね。

 

自分の足で複数の業者に出向くこともできますが、時間を惜しむのであれば、
手間暇がかからないネットの一括査定が便利です。
車の状態や年式、走行距離などを画面に入力するだけですから、
わずか数分で一気に全国の業者へ見積もり依頼を出すことができるのです。

 

多くの業者に査定してもらえば、あなたの売却希望額に近づけることも 夢ではありません!

 

>>買取サイト比較に戻る<<

 

売却する時期が重要!

中古車には高値が付きやすい時期と付きづらい時期があります。
ユーザーの買い替えや輸出などで市場が活発化する時期は、業者が車を必要としていますから、
売却額は高値になりやすくなります。
逆に、ユーザーの買い替えが落ち着いたり、輸出が低迷している時期などは、業者も在庫を抱えがちになり、
売却額も安くなりがちです。

 

一般的に2〜4月は、業者の決算期や高校生や新社会人が免許を取り終える時期になるため、
市場が活発化し売却額も高くなりやすいと言えます。
逆に、5月以降〜秋頃までは動きが落ち着くため、売却額も安くなりがちです。

 

このように、中古車の査定額というのは市場の動きに影響されやすく、
中には活発な時期と低迷している時期で、数十万円の差が出る車もあります。

 

また、ユーザーの動きや輸出以外でも、その車の新型発表(フルモデルチェンジ)や、
一部変更(マイナーチェンジ)が行われた直後も、価格が落ち込む可能性があります。

 

車を綺麗にする

車が綺麗だと業者からの印象も良くなり、査定額が上がりやすくなります。
あなたも車を買う時は汚い車より綺麗な車を選びますよね?
業者も同じことで、汚い車より綺麗な車を欲しがるのです。

 

また、車が汚いと業者側で清掃を行う必要が出てくるため、
その手間分を査定額からマイナスされることがあります。

 

それと同時に、車が綺麗だと「大事に乗っていた」とアピールすることができ、
あと少し査 定を上げてほしい時の交渉材料になります。
汚い車で「大事に乗っていた」と言われても、説得力がありませんよね。

 

洗車や室内清掃には少なからず手間がかかりますが、かけた手間以上の見返りがあるかもしれません。
高く売るために、必ず車を綺麗にしてから査定に出しましょう。

 

1つ注意していただきたいのが、タバコの臭いを消そうとしたり、
良い匂いを付けようとして芳香剤を置くことはおすすめしません。
芳香剤の香りは確かに良い匂いですが、それには個人差があります。
あなたの好きな匂いが、他人には嫌な臭いになるかもしれません。
基本的に車内は無臭の方が高評価を得やすくなりますから、
もしタバコの臭いを消すのでしたら、無臭の消臭剤を使いましょう。

 

>>買取サイト比較に戻る<<

 

車検は更新せず、修理はしない方が良い

車検間近であったり、どこか壊れている車は査定が安くなります。
これは当たり前と言えば当たり前ですが、車検は長ければ長い方が取り直しせずユーザーに売ることができますし、
壊れている車はそもそもそのまま売れません。

 

では、車検を取り直したり、修理した方が良いのかと言えばそうでもないのです。
矛盾していると感じられるかもしれませんが、これにはからくりがあります。

 

「不具合箇所があるからと、100万円の査定を付けられました。
壊れていなけば、本当なら110万円で売れた車です。
10万円がもったいないからと修理工場で直した結果、110万円で買い取ってもらいました。

 

…しかし、修理費用が30万円もかかってしま い、結果的に20万円のマイナスになってしまいました。」

 

これならそのまま売ってしまった方が得ですよね。
それは極端じゃないか?と思われるかもしれませんが、修理にかかった金額が
そのまま査定額にプラスされることはほとんどありません。
大抵の場合は修理費用の方が高額になり、結果的にマイナスとなります。

 

これと同様、車検にも同じことが言えます。
よくある事例がこちらです。

 

「査定したところ、査定額0円でした。
その時査定員に「車検があればいくらかで買い取れたんですが…」と言われ、車検を取り直しました。
そしてもう一度査定してもらったところ、5万円で買い取ってもらえました。

 

…しかし、車検代に10万円以上かかり、結果的にマイナスになっ てしました。」

 

これらは一般的な事例ですが、稀に安い修理費用で査定アップが望める場合もあります。
本当に極稀にですが…。

 

損得をシビアに考えているなら、壊れていたり車検が近いなら、
一度修理・車検見積もりを取ってから査定に出すのも一興かもしれませんが、
普通は修理代や車検代の方が高く付くケースが多いので、そのまま売ってしまった方が得策という事なのです。

 

>>買取サイト比較に戻る<<

 

査定士へのアピールも重要

車の価値は状態、装備、年式、走行距離、カラー等でおおよそ決まってしまいます。
しかし、査定員が提示してきた金額で最終決断を下すのはまだ早いでしょう。
査定額を少しでも高くするためには、その車の良いところを査定員に伝えることも重要なのです。

 

そ の車との思い出話なんかを挟みつつ、いかに大事に乗ってきたかアピールしてみましょう。
査定員はその車について、その時、その場の、その状態しか知りません。

 

オイル交換の頻度は?洗車の頻度は?室内清掃の頻度は?普段の扱いは?車庫駐車?野外駐車?
後席に人は乗せていた?助手席には?土足禁止ではなかった?カスタムはしていない?

 

などなど、挙げるとキリが無いほど、アピールポイントというのは存在します。
愛車の状態はあなたしか知りえませんから、これでもかというくらいアピールしましょう!

 

査定に出す前の注意点まとめ!

車を高く売りたい、損をしたくない、業者とトラブルにはなりたくない。
車を売却する時は誰でも思うことですね。

 

車の売却は 一生で何度も行うものではありませんが、売却に関する知識が無いと損をすることは確実です。

 

そこで、損をしないための車を高く売るための悩みや疑問をまとめました。
是非とも最後まで読んで、高く売るためにお役立てください。

 

車の売却時に注意すべきこと

下取りよりも買取へ

下取りと買取、どちらが有利かと言えば、圧倒的に買取の方が高くなりやすいです。
下取り額には値引き額も含まれていることが多く、その車の価値そのままで下取ってもらえないことがあります。
その一例がこちら。

 

130万円の車を購入しました。
今まで乗っていた車の相場は20-30万円です。
10万円値引きしてもらいましたが、値引きしているからと、下取り額は相場の20万円でした。
これ だと総支払い額は100万円になりますね。

 

これが買取だと、こうなります。

 

130万円の車を購入しました。
今まで乗っていた車の相場は20-30万円です。
10万円値引きしてもらいましたが、下取りはせずに別の業者に買い取ってもらいました。
一括査定を利用したので色々な業者と比較交渉した結果、相場上限の30万円で買い取ってもらえました。

 

これだと総支払い額は110万円ですが、買取の30万円をマイナスして90万円となります。
買取だと10万円得をしていることがわかりますね。

 

もちろん、下取りが高ければ買取査定に出す必要はありませんが、
一般的には買取査定に出した方が得をする場合が多いでしょう。

 

>>買取サイト比較に戻る<<

 

買取査定は必ず複数の業者から見積もりを取る

買取の方が下取 りより得をしやすいというのはお話した通りですが、
ただ買取査定に出せば良いというわけではありません。

 

買取の一番のメリットは複数の業者で競合できるところにありますから、
最低でも3社以上の業者に査定を依頼すべきです。

 

査定時の見積もりの内訳はきちんと確認する

車の売却で忘れがちなのが「自動車税の還付」です。

 

何のこっちゃ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
自動車税というのは「毎年4月の時点でその車を所有している人に支払い義務が生じるもの」です。
しかし、一度に12か月分支払っているため、途中で車を手放すと、手放した月の翌月から次年度の3月分までは、
車を貰い受けた人に支払い義務が生じます。

 

業者に売れば業者に支払い義務が生じますが、すでに12ヶ月分払っている場合、
過払い還付金として業者から残ヶ月分を貰えるのです。

 

これは一般的にはあまり知られていないことですが、これを忘れてしまうと、
「業者が収めるべき自動車税をあなたが支払った状態」になってしまうわけです。

 

査定額に還付金分を含める業者とそうでない業者がいますから、
見積もりはきちんと確認して還付金の行方は把握しておきましょう。

 

原則として金額交渉は業者から

車の売却時に金額交渉で少しでも高く、と考えている人は多いでしょう。
しかし、わざわざこちらから足元をすくわれるようなことはしなくても大丈夫です。
一括査定で複数の業者に依頼すれば、必然的に多数の業者から見積りを取ることになりますから、
各業者の見積もり金額を提示して、最終的に高い金額を出してくれた業者に決めれば良いのです。

 

買取業者は車が欲しくてたまらないのですから、他社の見積もりを見て、
勝手に金額交渉に移ってくれる可能性が大いにあります。

 

自分から「売りたいんです!」ではなく、業者から「買いたいんです!」と言わせましょう!

 

>>買取サイト比較に戻る<<

 

売買契約の時は売却後の事も確認する

売買契約書をよく確認しなかったため、契約後にトラブルとなるケースは決して少なくありません。
特に契約を結んだ後に車の故障が見つかった場合や何らかの原因で車を売ることが出来なくなってしまった場合。

 

車の故障が見つかった場合は、故障修理分を査定額から減額されることもありますが、
契約書を確認していないと「そんなこと知らなかった」「契約時に言われていない」など、
言った言わない見た見てないの水掛け論になってしまう可能性が大いにあります。
車を売ることが出来なくなってしまった場合も同様に、キャンセル料を請求される可能性があります。

 

これらを契約時にきちんと確認しておけば、心構えという点でも後々のトラブルを防ぐことができます。
重要なことですから、必ず契約書の内容は把握しておきましょう!

 

車の売却で損をする人の共通点

ここまで車を高く売る方法をご紹介してきましたが、これらのことを知らずに売却してしまい、
結果的に安く買われて損をする人は決して少なくありません。

 

車の売却で損をする人の特徴をまとめてみました。

 

損をする人の共通点

・愛車の相場を把握していない。
・複数の業者で査定をしない
・車の購入と合わせて車を下取りしてもらう

 

これまでお話した内容を実践していない人ですね。
多少の損ならまだしも、100万円で買い取ってもらえたはずなのに50万円で買い取られた!なんてことも現実にありえるのです。

 

買取店にとって都合の良い方法で売却してしまうと損を失敗する

買取業者にとって都合の良い方法とは、お客さんを手の平で転がした状態で査定を進めることです。
「この車は○○だから相場○万円くらいなんですよ」とか「ここが○○だから安くなっちゃいますね」なんていう、
買い叩きの決まり文句に踊らされていませんか?
手玉に取られた挙句、買取業者の言い値で売ってしまったなんて話はよく聞きます。

 

そうならないためには、買取業者を手玉にとって優位な立場で交渉を進めるしかありません。

 

一番確実な方法は、一括査定サイトを利用した査定依頼です。
複数の業者に見積もりを取ってもらい、他社の見積もり金額を提示するだけで、
あなたの車を商品とした業者間オークションがスタートするのです!

 

そこで一番高値を付けてくれた業者に売るだけ。
とても簡単で確実な方法です。

 

損をしないために、一括査定サイトを利用して利口に車を売ってください!

 

>>買取サイト比較に戻る<<