MENU

車を高く売りたい!

今すぐ売りたいのか、それとも買取相場を知りたいのか。


それによって申し込むサイトを変えましょう。

本気で売る!! まずは概算価格を見る

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

今すぐ高く売りたい

とにかく今すぐ売りたい!


一番高く売れるところはどこ?


というあなたに、高く売れる方法を3つ、お話しいたします。


1.個人売買で売ろう

1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買で友人や知人に売却する。これが間違いなく一番高く売れます。


本来業者が取るべき中間マージンが一切ないので、こちらが相場以上に高く売りつけても、相手は普通に買うより間違いなく安く買うことができて、お互いメリットを感じることができるでしょう。


でもそこで問題となるのが、一体いくらで売ればいいのかということ。


目安が知りたいんだけど


いくらくらいの価値があるのかな?
どのくらいで売ればいいのかな?


業者のように相場に精通しているわけじゃないので、そう思うのは当然ですよね?


そんなときは、こうした車の買取一括査定などに依頼してみて、いくつかの会社に買取相場を算出させましょう。


相場を知ると目安ができる

ちなみにこのかんたん車査定は、わずか4項目の入力で概算価格が画面上に表示されます。すぐに概算価格を知りたいときにはおすすめです。


矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、すぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKですね。


2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。


1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。


2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。


3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。


その他の買取一括査定業者

その他、トヨタのT-UPが参入するみんカラ運営のカービューや、楽天無料一括査定クルマ査定ナビなど、たくさんの一括査定サイトがあります。

本気で売却したい!
少しでも高値で売りたい!

と思われているのなら、電話がかからない真夜中などの営業時間外に一気に申し込んでみるのも高額査定の王道と言えるでしょう。


買取相場を確認したい

今すぐ売りたいってわけじゃないけど、買取相場をまずは確認して、じっくり考えたいと思われているのならこちらから。


矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


そんなときは、このかんたん車査定に入力してみましょう。


年式、走行距離など、たった4つの項目を、だいたいアバウトでいいので入力すると、画面上にすぐ概算価格が表示されます。


その表示されている概算金額を見て、売却するかしないかをじっくり考えましょう。


そして、もしも買取業者から電話がかかってきても、


「今すぐ売るわけじゃないけど、だいたいの概算価格ってどのくらい?」


と、素直に今の気持ちを話せばOK。その前提で価値を算出してくれます。


特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

車を高い値段で売りたい

中古車のオートオークション調べで、他の車種や同車種の他グレードに比べて

 

特に高い値段で売れる車種

 

はこちらです。

 

高く売れる車種

 

・トヨタ車全般
アルファードやヴェルファイアのミニバン系が特に強く、セダンのクラウンからRVのランドクルーザーまで、トヨタ車全てが高値で取引されています。

 

・ハイブリッド車両
特にプリウスは型落ち問わず大人気。その他同じトヨタのアクアや、ホンダのフィットハイブリッドなど、メーカー問わず需要は多いため、ハイブリッド車全般は高値で買取されます。アルファードハイブリッドやエスティマハイブリッドも強気で交渉すれば高値がつきますよ。 ※国内需要・海外へ貿易輸出も

 

・サニーなどの4ドア
サニー以外ではランサーやカローラなど、営業車両タイプの車両が海外輸出されていくようです。

 

・ディーゼル車
バンやトラック、マイクロバス。車種で言えばハイエースやキャラバン等

 

・コンパクトカー
ヴィッツやフィット、キューブなどの小型コンパクトは、国内需要も相まって高値取引されています。

 

・軽自動車全般
軽自動車は貿易輸出されることはほぼありませんが、軽トラックや軽バンも含めて、全般的に国内需要です。
(国内需要)

 

・ミニバンやSUV
2500ccまでの排気量のミニバンやSUVは特に高値。もちろん大きな排気量でも高値です。
(国内需要)

 

・四輪駆動車
ランドクルーザー、ハイラックスやパジェロなど、走破性の良い「どすこい系」の車両は、東南アジアへ輸出されていきます。

 

・スポーツカー全般
スカイラインGT-RやNSX、RX-7などのヘビー級スポーツカーを始め、ランサーエボリューション、インプレッサ、シルビアや180SXなど、ターボ付きスポーツカー、シビックやインテグラなどのタイプR、古くで言えばAE86など、スポーツカー全般(国内需要・ファン向け)

 

・オープンカー
ロードスターやS2000、コペンやS660などの軽自動車のオープンから、各車種の特別モデルとして発売されている全てのオープンカー
(国内需要・ファン向け)

 

・輸入車
ベンツやBMW、アウディやポルシェ。その他フェラーリ等、有名ドコロの輸入車。
(国内需要・再輸出)


無料ですので、気軽に問い合わせてみれば、高値なのがわかるはずです。

 

↓こちらから↓

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を調べたいなら

車査定比較
→本気で売るならここ

なぜ高いのかを検証

海外へ輸出されるって?

東南アジアの最後の発展国と言われている国、ミャンマー。

 

ミャンマー

 

そのミャンマーは、本当に人柄も良く、仏教徒で性格のおだやかなお国柄として有名ですが、よくよく走っている車に注目して下さい。

 

ミャンマーのクルマ事情

 

どうでしょう?
日本の車たちばかりでしょう!?

 

かなり古い車もあれば、少し前の中古車も見かけます。

 

私たちが少し前に乗っていた車は、海外で再利用されているのがわかりますね。

 

 

日本の中古車は

国内での利用を終えると、東南アジアなどの海外で使われている。

 

輸出先TOPは実はロシア

そしてこちらの画像もご覧下さい。

 

輸出先

中古車の輸出先として上位10カ国が表示されていますが、

 

第1位 ロシア

 

に少し注目してみましょう。

 

このロシア、輸出の台数が多いというだけでなく、輸出している車の内容に驚いて下さい。

ロシア

ミズノクルマと銘打った、水没車について書かれているのがわかります。

 

あり得ない!なんて思わないで下さいね。でもこの記事にあるように、ロシアの買い付け業者は、なんと

 

水没車でも平気で仕入れている

 

というのです。それもそのはず、日本の車は水没したくらいでもきちんと修理さえすれば、そこそこ元の状態に近いところまで復活させることは可能なくらい優秀に作られていて、ここに日本の中古車を安く買いたいロシアの業者がうまくつけ込んでくるというのです。

 

水没車も平気で仕入れて持ち帰るくらいのロシアの業者。

 

そう考えると、

 

内外装の多少のキズや、エンジンやミッションの不具合なんかを気にすると思いますか?

 

買い付け

 

きっと彼らは自国で安く修理ができるため、どんな車でも気にせず仕入れていくことでしょう。

 

どうすれば高く売れるのか

業者によって価格提示は異なる

海外において、日本で使われた車がリユースされることはおわかりいただけたと思いますが、さすがに愛車1台を売却するのに貿易について調べたり、時間をかけるのはリスキーな話です。ですからここでは、自分で貿易の手配をするのではなく、貿易している業者を見つけて

 

高く売るにはどうすればよいか

 

というところを探ってみたいと思います。

 

大抵の業者は、オートオークションの値段を参考に価格提示していますが、

・貿易に出せるルートを持つ業者
・そのルートを持たない業者

がいます。

 

その、貿易に出すルートを持つ業者に直接アプローチをかけるのです。ただし、貿易をしている業者は大々的に「輸出しています」などと謳っていることは少ないため、なかなか外見ではわかりづらくなっています。ですからここは、少々面倒であっても、自分の愛車の車種を貿易に出している業者が見つかるまで、多くの業者にアタックする必要があるということになります。

アタック

※1社のみの査定だと、貿易に出してない業者で「安い」カモ

 

たくさんの業者に問い合わせるには

貿易業者に辿り着く前に諦めないようにすることは大切ですが、何軒も何軒も買取店を廻って査定依頼をしていると、4〜5軒廻る頃にはもう夕方。

 

せっかくの休日が台無しになってしまいます。

 

大抵の場合が、そうした煩わしさなどで疲れてしまい、高く売るのを諦めてしまっている場合が多く、実にもったいないことになってしまっています。

 

あと1軒廻っていたら数倍の値段になっているかも

 

と思う気持ち以上に、疲れが出てきて安価な値段で引き取らせてしまっている事例が多く、結局は買取業者が儲かってしまっています。

 

買取業者の儲けは自分の損益である

 

ということを考えれば、疲れて諦めている場合ではありません。

 

でも何軒も廻るのはやっぱり疲れるよ… というあなた。それでは、

 

買取一括査定に申し込んでみませんか?

 

買取一括査定とは

買取一括査定とは、1つのWEBサイトから申し込みすることで、たくさんの自動車買取業者に同時に査定依頼してくれるサービスのこと。

 

普通なら5社に査定依頼するなら、5軒の店を廻るか、5回のWEB申し込みをする必要があるのですが、これはたった1回の入力で、複数の業者に査定申し込みをしてくれるサービス。

 

もちろん買取大手のガリバーやビッグモーター、カーセブンやアップルから、地元の中小の業者なども参入していますので、貿易に出している業者はもちろん、程度が悪かったり不具合があって、値段がつかないと諦めかかっていたお車でも、びっくりするような金額が提示されることは間違いありません。

 

以下より入力するだけで、今すぐ画面上に概算価格が表示されます。まずはその概算価格をご覧になられてから、どうするかをお考えになられてはいかがでしょうか?

 

かんたん車査定

 

概算価格が知りたい!

どこに依頼しようか迷ったら、とにかくおすすめなのがこの「かんたん車査定」。

・メーカー
・車種
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

の4つを入力するだけで、たとえ深夜の営業時間外でもすぐ画面上に概算価格を示してくれます。

 

今すぐ乗り換えってワケじゃないけど、まずは概算価格を見てからじっくりと検討したい!

 

というあなた、こちらのかんたん車査定で概算価格を確認してみませんか?

 

>>概算相場を確認する<<

 

車査定比較.com

 

本気で高く売りたい

貿易業者を探して高く売りたい!

 

と思われているのなら、こちらの車査定比較.comへ入力してみましょう。入力後に概算価格が表示されるのはこちらの車査定比較.comも同じですが、売却するという色合いが少し強いため、多少の営業電話がかかってきます。ですが貿易業者を本気で探しにかかられるのなら、こちらに依頼してみるべきでしょう。そして安い提示をしてくる業者はどんどん断って、一番高く提示してくれるところからの査定を期待するようにしましょう。

 

>>本気で売りにかかるなら<<

 

カーセンサー

カーセンサー

 

中小業者の登録が多い

先のかんたん車査定や車査定比較.comが大手の買取業者が多く登録されているのに対し、こちらのカーセンサーはどちらかというと地域密着型。貿易輸出をしている業者が多いのは、実はこうした中小企業が多かったりするのです。ですからこのカーセンサーを利用するポイントとしては、

 

上記2つのいずれかに入力し、さらにカーセンサーにも入力する

 

ことで、大手買取店から中小の買取店まで、幅広くの買取店からのアプローチを待つことが出来ます。

 

>>メールでの連絡を希望する<<

 

必ず言っておきたいキーワード

そして買取査定に呼んだ時に、必ず言っておきたいキーワードがあります。それは、

 

「この車、貿易に出るんですよね?」

 

のひと言です。

 

このひと言は、どんな車でも必ず言って下さい。古い車であろうが走行距離が多い車であろうが、キズだらけであろうが、必ず言いましょう。このひと言を放つだけで、買取業者の対応がゴロッと変わる場合があります。

 

なぜなら、こちらがある程度のことを知っていると思わせることで、ヘタに安い値段を付けられなくなるからです。また、そう話すことで、他にも競合相手が居るのかもしれないと、心理的に焦らすこともできるのです。

 

 

こうした言葉を言うだけで、良い結果が出ること間違いないでしょう。

 

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を調べたいなら

車査定比較
→本気で売るならここ

このページの先頭へ