オートマ滑りの症状、修理する際の費用について

MENU

オートマチックトランスミッション滑りの症状と修理費用について

オートマが滑った!調子が悪い!

 

現在どんな症状でしょうか?

・ギヤが入らない
・シフトアップしない
・変速時に一瞬滑る
・特定のギヤが滑っている
・変速ショックが大きい

ここではオートマが滑った症状別に解説していきます。

ギヤが入らない・シフトアップしない

セレクタレバーは動いているけど、ギヤが1速に入らない。またはリバースに入らない。

 

もしくは1速で走り出すのだけれど、2速に入らない。

 

変速するのはするけれど、滑りながら変速する…。

 

こうした症状は、オートマチックトランスミッションの、ブレーキバンドと呼ばれる部分がヘタってしまっていることが考えられます。

 

”01:25”前後の「ハイギア」辺りから、
”03:30”辺りまで

を、ご覧いただくとわかりよいかと思います。

 

基本ブレーキバンドがフリーな状態の時は、3速もしくは4速ギアに入っている状態(車種によります)で、エンジン側1回転に対して、タイヤ側も1回転という状態です。

 

ですから、1速や2速のギヤについては、このブレーキバンドが常に抑えたままの状態になっているということなのですが、

・経年変化、老朽化
・粗雑に扱ってきた
・急発進が多かった
・執拗なシフトダウンの連続
・走行距離の増加

などの原因によって、ブレーキバンドが劣化し、抑えが効かなくなるようになって、

 

滑るという症状になった

 

と判断するのがセオリーです。

オーバーホールは必須

動画の03:20辺りでも話が出ていますが、こうなると

 

AT本体を分解してオーバーホール

 

しないと直りません。

一瞬滑ってから変速するという症状

ウィーーーン

ギヤの変わる瞬間、ウィーーーン!とエンジン回転が上がってシフトアップする。

 

こちらもブレーキバンドの不具合です。とは言っても完全に滑っているわけじゃなく、

 

ブレーキバンドがヘタりかけの状態

 

とでもいいましょうか。

 

ですがもうじき完全にギヤが入らなくなったりするのは時間の問題であるとも言えましょう。

こちらもオーバーホール

やはりこちらの症状であっても、

 

AT本体を分解してオーバーホール

 

して、ブレーキバンドを交換しないと直りません。

放置しておくと、どんどんひどくなる一方で、

 

良くなることは絶対にない

 

と断言できます。

変速ショックが大きい

ガックン
やはりこちらもブレーキバンドが関与している可能性が大きいです。でもよく量販店などで、

 

変速ショックが直る!などの謳い文句

 

で堂々と販売しているATの添加剤を見かけますが、変速ショックにはブレーキバンドが滑りかかっているのが原因というのが大半のため、

 

実はオイルのせいではなかった

 

ということが多いのです。

 

ひどいものには、「直らなかったら返金保証」などの謳い文句で販売しているものもあり、ついついそれに惹かれて買ってしまう方も多いようですが、

 

返金保証はオイル代だけ

 

で、

 

その添加剤を入れることによって、詰まりが発生し、

 

万一ATが壊れても返金保証対象外

 

となるということは、意外と知られていない事実のようです。

 

言い方はとても乱暴になりますが、AT添加剤は入れてしまうことによって最悪の場合、

 

AT本体が壊れてしまうこともある

 

ため、トドメを刺しても仕方がないと思える状況である場合だけに限りましょう。

AT添加剤によって

最悪の場合ATが壊れる

 

ことも覚悟しましょう。状況が余計にひどくなることが多いため、メーカーでは

 

純正ATF以外使用しないで下さい

 

と指定していることを、忘れてはいけません。

AT修理をする前に

オートマチックトランスミッションの修理で悩む前に、1つだけやっておきましょう。

 

それは、

 

今の愛車の価値を知ること

 

です。

 

修理代については後述しておりますが、ATのオーバーホールはいかんせん高額になります。

 

安くても最低20万円前後から、輸入車など高額車両になると、100万円を超えてくることもあります。

 

決して乗り換えを勧めているわけではありません

 

が、こうしたトラブルが発生している時点で、

 

ディーラー保証もなく走行距離も多い

 

と思われますし、高額修理でお悩みの時は、選択肢を拡げるためにも、先にお車の価値を調べておくことをおすすめします。

 

>>概算価格を調べてみる<<

4項目の入力ですぐに価値がわかる

・メーカー
・車種名
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

たったこれだけの入力で、夜中でも早朝でも画面に概算価格を表示してくれるんです。PCやスマホに不慣れな方でも、1分もあればかんたんに入力が終わります。

 

もちろん無料で使えるし、ムリに売る必要もありません。

 

あくまで修理するかどうかの判断をするため

 

に使っても、全く問題のないサービスなのです。


もちろんそうとはいっても、

・愛着があって手放したくない
・最後まで乗り潰すつもり
・お金かけるのが楽しい

と、趣味でお乗りのお車なら、乗り換えせずに修理になるのでしょうが、

 

・あとどのくらい乗るかな…?
・できるだけ出費は抑えたい
・売れた金額以内で乗り換えしたい

 

など、どれか1つでも当てはまっているようでしたら、損のない選択をするためにも、車の価値は必ず調べておくべきなのです。

 

乗り換え

 

やはり無駄な出費は避けたいと

 

変速時にだんだんショックが大きくなってきて、このままだと完全に滑るよと友人から言われていたので、あわてて価値を調べてみることに。

 

すると思った以上の価値があったので、長年乗って愛着があった車だったんですが、売れた金額内で中古車に乗り換えすることにしました。

 

少しグレードは下がりましたが、走行距離重視で選びました。だってもう、高い修理代がかかるのはゴメンですからね…。

 

修理代に30万以上かけて乗り続けるより、出費がなく乗り換えができて本当によかったなと思っています。

 

岐阜県 会社員 やまもと さん

海外輸出される車は価値が高い

やまもとさんの車の価値はなぜ高かったのか

 

理由はこちら。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(全メーカー対象。プリウスやアクア、フィットなど全て)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(4ナンバーや1ナンバーのトラックやバン。全メーカー対象。)

 

やまもとさんのお車は、ここに該当する車種であったこと。

 

実はこれらの車種は、意外と知られていませんが、

 

とても価値の高い車種

 

として、かなりの高額で買取りされいるのです。

 

というのも、こちらの車種は軽自動車を除いて全て、海外へ貿易輸出されていくために、

 

・走行距離が多くても
・内外装が傷だらけでも
・それこそATが滑っていても

 

関係なく高い価値があるのです。

※軽自動車は国内再販が多い

 

ここに記載された車であっても、そうでない車であっても、

 

まずは価値を調べておくこと

 

で損のない選択ができるようになるのです。

後悔

先に言ってくれたらいいのに…

 

30万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家の状況が変わってお金が要るようになり、車を売却することに。

 

査定金額はなんと25万円。

 

30万円以上の修理代をかけたのに、そんなに車の価値は低かったのかとがっかり。

 

修理工場は修理前に教えてくれない

 

んですね。「乗り換えた方がいいですよ」とかあっても良いのでは?とも思いましたが、向こうも仕事。修理してくれとこちらが頼んだ通りにやってくれただけ。

 

これからもし高額修理をするようなことがあったら、必ず先に価値は調べてからにしようと反省しました…。

後悔先立たず

後悔は「後で悔やむ」と書きます。ATが完全に滑ってしまっては、価値は無いに等しくなってしまいます。

 

こうした後悔をすることがないよう、先に価値は調べておくようにしましょう。

>>概算価格を調べてみる<<

 

まずはここから概算価格を調べておいて(すぐ画面上に表示されます)、それから修理のことを考えるようにしましょう。