フォークリフトを高く売るために必要な7つのこと

フォークリフトは中古車市場でも50万円~100万円以上の価格で売買されていますから、あなたが売却する際にも高値を期待したいですよね。
しかし乗用車に関しては査定額を高くするポイントなど多くの情報がありますが、ことフォークリフトとなるとそのポイントを知っている方は少ないのではないでしょうか?
ここではそのフォークリフトを高く売却するためポイントをこっそり教えてみたいと思います。

洗車は念入りに

査定には第一印象が重要。査定前に洗車することでグンと価値が上がって見えるものです。ボディだけではなく、タイヤやエンジンの周りもしっかりと汚れを落としておくことも忘れないでください。

検査記録を揃えておく

特定自主検査や定期自主検査を受けた上で、その検査記録表を揃えておきましょう。それらは客観的な資料として買取業者を安心させる材料となり、結果として査定額をグンと上げることに繋がります。

査定の時には動く状態にしておく

買取査定の際にフォークリフトが動く状態にあることは高い評価に繋がります。動く程度に燃料の補給やバッテリーの充電をしておきましょう。

もし動かなくても売却は可能

“動く状態に”と言いましたが、もし動かなくても買い取ってもらえないことはありません。車種や年式や車種によって高い評価される場合もありますのでまずは査定してもらいましょう。

使わないなら早めに売却する

フォークリフトに限らず、一般的には新しい機種の方が高く売却できます。年式が古くなれば査定額は下がりますし、使わない状態が続くと不具合が生じる場合も多いです。もしフォークリフトを使っていないなら、今が売り時、早めに売却しましょう。

プラス要素をしっかりとアピール

オイル、バッテリー、タイヤなどを最近交換したとか、メンテナンスを定期的定期的に行っているなど、査定にプラスになりそうなポイントは査定員にしっかりと伝えましょう。

スペックを詳細かつ正確に伝える

フォークリフトのスペック情報を詳細に正しく伝えることは重要で、それが査定額のアップに繋がります。フォークリフトの型式や年式、エンジン、アワメーター、マスト、タイヤ、アタッチメントなど、フォークリフトに貼ってある銘板(コーションプレート)を見て確認しましょう。

フォークリフトの売却前に知っておくべきこと

業者はどんな車両を買い取ってくれるのか?

事故車や故障している車、水没車など修理を必要な車両でも買い取ってもらえるのでしょうか?実はほとんどの買取業者は買い取ってくれます。
なぜなら、買取業者は買い取ったフォークリフトを修理したり、パーツを取って販売するための海外や他の業者への販売ルートを持っているため、そのような車両も買い取ることができるのです。
ですから、売れるのかな?と心配な車両でもまずは買取業者に査定を依頼してみてください。廃棄処分なら費用がかかってしまうのに、売却すればプラスになるのですから。

買取業者の選び方

買取業者を選ぶポイントは大きく2つ。書類作成の無料代行と、業者の規模です。
フォークリフト売却時には、面倒な書類手続きもありますが、多くの業者が無料で書類の代行を行ってくれます。
初めての売却される場合は分からないことも多いと思いますので、書類作成を代行してくれる業者を選ぶと安心です。
また、業者によっては査定のエリアによって出張費が必要なケースもあります。
一般的に大手の買取業者は、各地に支社や営業所などがあり、全国無料査定を掲げているところが多くあります。小さな規模で行っている業者より、大手業者を選ぶのもポイントです。

フォークリフトの売却に必要な書類は?

フォークリフトを売却する際に必要となる書類は車両の状態で必要となる書類が異なります。事前に買取業者に確認しましょう。

フォークリフトの買い取りはどんなことに注意すればいい?

フォークリフトの買取業者はそれほど多くあるわけではありません。近隣に何件もあることは稀でしょう。その上、フォークリフトの買い取り経験のある人も少なく、分からないことが多いと思います。
だからといって業者の言い値で、安く買い叩かれるのは面白くありません。誰でもできるだけ高値で売却したいと考えます。
できれば1~2社ではなく、5~6社に買取査定を依頼してその査定額を比較し、交渉してみて下さい。他の業者の提示価格を見せることで、より高く買い取ってもらえるというケースもあると思います。

買取相場を知るには?

フォークリフトの買取相場を知ることは難しいというのが正直なところです。
買取業者がWEBページに掲載している実績の価格を参考にする、オークションなどでの販売価格から算出するというのも手です。
乗用車であれば1ヶ月で売値が4%下がるといった定説がありますが、フォークリフトにはそういったものがありません。
いくつかの買取業者で査定し、比較しながら基準となる価格を探ることが相場を知る近道かもしれません。