エンジン周りからキュルキュル音!原因と解決策は

MENU

エンジンからキュルキュル音

車が停車中で、エンジンがかかっている時に何らかの音がする場合、音の発生源はエンジン関係です。

 

タイヤなど、走行中にしか動かない部分はまず関係がありませんから、走行中のキュルキュルした音は駆動系からの異音となります。

 

ここでは、エンジンルーム内から発生しているキュルキュル音について解説していきます。

キュルキュルした音はベルトが原因!?

エンジンフード(ボンネットフード)を開けてエンジンを始動させた際に、エンジン周辺で高速に回転しているベルトがあります。

ベルト

出典:https://www.55truck.com/journal/28.html

 

このベルトは、エンジンの主回転を利用して、エアコンのコンプレッサーやパワーステアリングのポンプ、さらにはバッテリーを充電するオルタネーターなどを駆動させています。

 

駆動させている部位によって、ファンベルトやクーラーベルト、パワーステアリングベルトなどと名前がついており、それぞれを複数のベルトで別々に駆動させている車両もあれば、1本のベルトで共用している車両もあります。

 

エンジンからのキュルキュルした音は、大抵がこのベルトがきちんと張られていなかったり、劣化したりすることによって滑ってしまって音が発生することが多いようです。

原因1)ベルトの劣化

このベルトの材質はゴムですので、当然経年劣化が起こります。

劣化

出典:http://driving310.com/2353.html

 

年間に走行する距離にもよりますが、6ヶ月点検や12ヶ月点検はもちろん、車検時にも点検項目として含まれるくらいの消耗部品であり、このように亀裂が認められればすぐに交換しておく方が良いとされている部品でもあります。

 

エンジンの主軸だけでなく、オルタネーターなどの各軸受け、張力を調整するプーリー(滑車)との摩擦による摩耗の他、摩擦熱やエンジンからの熱の影響による硬化などによって、だんだんヘタってくるものだと理解しておきましょう。

 

そしてこうして劣化しながら滑っている状態が、キュルキュルという連続音となっているのです。

原因2)ベルトの張力不足

ベルトの劣化や硬化だけではなく、ベルトが伸びてしまうことで緩んでしまい、滑って異音が発生することもあります。

 

ベルトの張り

 

そんな際にはプーリーと呼ばれる張力を調整する滑車がありますので、そこを強めに締め直すことでテンション(張力)を維持することができます。

 

目安としてはV型のベルトは指で押して少したわむ程度に。リブ型のベルトはけっこうキツめになどと言われていますが、最近の車はけっこう繊細にできているので、感覚で締め付けるのではなく、できれば工場などでテンションを規定通りにかけてもらうようにするべきです。

 

ベルト鳴きがひどい場合には、こちらから近くの修理工場を検索してみるようにしましょう。

 

→近くの修理工場を検索する

ベルトの寿命はどれくらい?

これらゴムベルトの交換目安は、一般的には

 

30,000キロ〜50,000キロ又は4年

 

が目安となります。

 

2年車検の車であれば、

 

車検2回に1回の交換を目安にする

 

と良いでしょう。

 

ただし走行方法によって変わることは周知の通り。エンジンの回転のアップダウンが激しい市街地走行では、一定な回転数を保つ高速道路での走行が多い車両よりも、早めに点検と交換をすることが好ましいです。

ベルト交換の費用はどれくらい?

交換にかかる費用は、車両によってまちまちですが、乗用車であれば、工賃・部品代併せて概ね10,000〜30,000円前後です。

 

修理工場

 

それほど高価な部品ではありませんので、いきなりプツンと切れて立ち往生するよりも、早め早めの交換が理想です。

 

ですが稀に新品交換しても、1ヶ月もしないうちにキュルキュル音が発生することがあります。

 

この場合は、工場で交換した時のベルトの張りは適正であったとしても、回転していくうちに馴染んだり、プーリーなどに溜まった汚れが飛んでいくことで緩みが発生し、音が再び鳴ってしまうことがあるようです。

 

そんな場合は遠慮することなく、交換してもらった工場に再調整を依頼してみて下さい。きっと無償で調整してくれるはずです。

稀にベルト以外に原因が

ごく稀に、ベルトがかけられているプーリーやテンショナーなどが原因で音が発生することもあります。

 

エンジン

 

プーリーやテンショナーが錆びている場合や、繋がっている補機類(ポンプやコンプレッサーなど)が故障している場合などは、プーリーやテンショナーが上手く動かなくなるため、そこに接触しているベルトとの間に滑りが発生し、音が出る原因となります。

 

そういった場合には、ゴムが焼けるような臭いがすることもあり、それによって気付くこともあります。

 

こうした機械(部品)の不具合・故障の場合には、早急に機械(部品)を交換するだけでなく、滑ってしまったベルト類も劣化していますから、同時に新品交換するようにしましょう。

ベルトの鳴き止め剤の使用について

応急処置としてできることに、鳴き止め剤を使うという手があります。

 

オートバックスなどの量販店や、自動車関連の大きなコーナーがあるホームセンターなどには、ベルトの鳴き止め剤というものが売られています。

 

KURE(呉工業)
ベルト鳴き止めスプレー
≫Amazonを見る≪

 

粉末やシリコングリスなどの形態で、鳴いているベルト部分に塗布すると、ベルトの鳴きが止まるという優れもの?ですが、ベルトは本来規定通りに組むことで、鳴いたり異音が発生したりするものではありません。ですから鳴き止めスプレーは、一時的には止まるものの、

 

ベルトの劣化が治るわけではない

 

ので、あくまでも応急処置として使用するようにしてください。

 

なお、鳴き止め剤の塗布は、必ずエンジンが停止している時に行うようにしましょう。エンジン回転中の作業は、鳴き止め剤が飛散したり、スプレーノズルがベルトに巻き込まれたり… といった事故の原因にもなり、大変危険です。

 

キュルキュル音の原因の大半はベルトであり、不慣れな方では自力でどうこうできるものではありません。

 

音が発生したら、早めにディーラーやお近くの修理工場で点検・整備を受けるようにしてください。

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。
トヨタ 日産 ホンダ 三菱 マツダ スバル ダイハツ スズキ

修理を格安依頼したい

自宅近くの町工場で見積り依頼するなら、こちらで詳しく解説しています。

 

→お近くの修理(整備)工場を探す

もし、乗り換えるとしたら?

以下の車種は海外へ貿易輸出されることが多く、思った以上の価値がついているようです。

 

ベルトがそろそろ寿命で、交換をすることももちろんですが、近いうちもし乗り換えるとしたらいくらくらいかなと少しでもお考えであれば、以下を参考にしてみて下さい。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(プリウスやアクア、フィットなど全メーカー対象)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(全メーカー4ナンバーや1ナンバーのバン・トラック)

気軽に概算価格を調べてみましょう

よん

そんなにつくとは!!

 

もう20年近く乗り続けてきた古いバン。仕事柄けっこう雑に扱ってきたからか、内外装もひどくって…。

 

そして最近、エンジンが調子悪くなってきたので、直す前にとりあえず値段を聞いてみたんです。

 

するとなんと、17万キロも走っているボロ車に40万円もの値段がついてびっくり!

 

どうやら海外へ売られていくらしく、日本では使わないようなボロ車でも、海外では全然気にされないそうで。

 

なんだか良くわかりませんでしたが、修理であれこれ悩むより、まずは値段を聞いてみると、案外良い結果になるかも知れませんね。

 

和歌山県 えとうみきお さん

と、満足なお声もあれば、

ごつ

20万円ほどかけて…

 

20万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家庭の状況が変わって乗り換えないといけなくなり、その時の愛車を売却することに。

 

査定金額はなんと16万円―――

 

え?
この前20万円以上かけて修理したとこなのに!

 

と思わず言ってしまいましたが、それはそれは… と苦笑いされる始末…。

 

修理前には何も教えてくれないの!?

 

そんなに価値のないクルマだから修理はよく考えて!!と言ってくれてたら、修理なんてしなかったよぉ!

 

札幌市・会社代表 5時5時さん

事前に車の価値を知ってから修理をすることは大切ですね。

ベルトが原因なら修理代は安い

ファンベルトやクーラーベルト、パワステベルトなどが原因でキュルキュル言っているようなら、交換すれば直ります。

 

ですから他の大掛かりな修理などと比べて、乗り換えを検討する必要はないでしょう。

 

ですがこの先長くは乗らないかも知れないお車であれば、一度車の価値を調べておいて、交換するかどうかを考えるのも良いのではないでしょうか?