あぶない刑事といえば、主人公のタカとユージを真っ先に思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、登場人物1人1人がユニークで存在感があるのがあぶない刑事のいいところなんです!

「ドラマを観ていたよ」という人も、「これから観ようかなと思っている」という人も、個性豊かな仲間たちをチェックして、あぶデカのよさをもっと知ってください。この記事を読めば、きっとあぶない刑事が観たくなりますよ。

タカこと鷹山敏樹を演じた舘ひろし

鷹山敏樹は、ダンディな見た目で、紳士的なキャラ。事件解決時には熱血な面も見られる刑事です。

正義感あふれる人物で、視聴者を虜にするほどの人気っぷりでした。タカ、ダンディ鷹山、ショットガンのタカなどと呼ばれています。

得意なことはまさかの爆弾処理。英語が堪能で、読んでいる新聞が英字新聞というところがカッコいいんですよね。しかし、コンピューターは苦手でほとんど使いません。連絡は携帯電話ではなく公衆電話を使用しています。完璧じゃないところが魅力に感じられるのが不思議です。

そんなタカを演じたのは舘ひろしさん。人気なのはタカの性格や舘ひろしさんの見た目だけではありません。

ここでは、注目を浴びたタカ使用のサングラスや銃、着用しているスーツや靴についてご紹介します。こだわり抜いたアイテムをぜひチェックしてみてくださいね。

使用していたサングラス

スーツにサングラスをかけ、イカしたファッションで話題となったあぶない刑事の2人組。その片割れであるタカは一体どこのサングラスをかけているのでしょうか?

実は作品によってサングラスが変わっている

タカが着用しているサングラスは、テレビドラマ第1作「あぶない刑事」から、劇場版第3作「もっともあぶない刑事」までの間、舘ひろしさんの特注品がほとんどでした。しかし、劇場版第3作「またまたあぶない刑事」では、ロバートマークのサングラス、劇場版第4作「あぶない刑事リターンズ」では、レイバンのサングラスが使われています。

それ以降だと、アルマーニのものも登場しているので、ぜひ作品を観て、それぞれのサングラスのデザインまでチェックしてみてくださいね。

愛用はテットオム

第1作目からずっとゆったりとしたスーツを着ているタカ。大型バイクに乗って銃を構える時には、舘ひろしさんはもちろん、スーツのカッコよさも2倍3倍にもなるように感じられます。

視聴者がくぎ付けになったスーツや靴は、ほとんどがテットオムのもの。スーツに関しては、現代でも購入してドキドキしながら袖を通す人がいるほど、オシャレなデザインとなっています。舘ひろしさんがテットオムのデザイナーと知り合いなんだとか。

あぶない刑事シリーズのラストを飾る「さらばあぶない刑事」のインタビューでは、舘ひろしさん本人が衣装選びをしたと話しています。ルーズなデザインのスーツを選んでいる理由は、あぶない刑事には銃が欠かせず、ポケットに忍ばせることもできるように…とのことでした。

それにしても、寒い季節にはシックなカラーのスーツに黒いダボッとしたロングコート、そして革の手袋をしているのがダンディで、誰もが憧れてしまいます。さすが通称『ダンディ鷹山』ですね。

愛銃

テレビドラマ第1作では、S&W M586を使用。撮影では、ダミーも必要だったため、いくつか用意されていました。また、性能などの違いから、マルシン製やコクサイ製、MGC製と使い分けも行われ、銃を使うシーンはかなりこだわられています。

タカは2丁銃スタイルが定番なのですが、S&W M49ボディガードをバックアップ用として携帯。M586ではデイビスのラバーグリップだったのに対し、M49ボディガードにはバックマイヤーのものをつけていて、その違いまでチェックしてもらいたいところです。木製グリップではなくラバーグリップを使用しているのは、銃が手汗で滑り抜けてしまわないようにとのこと。

劇中では複数の銃が出てきていて、ガバメントも初期から登場していましたね。のちに使用されるコルト・ガバメント M1911がファンの中では有名になっているので、タカの銃として記憶に残っている人もいるでしょう。

「さらばあぶない刑事」では、コルト45オートが使用され、モデルガンとガスガンの2種類で発売されていました。さらば使用ということもあり、かなりリアルな作りとなっています。

また、舘ひろしさんは銃やホルスターに関して知識があり、劇中で使用する銃に関してはかなり細かく指定していたようです。「あぶない刑事リターンズ」のクランクイン直前には、「あぶない刑事の鷹山はショルダーホルスターがいい」と発言。使用が決まっていたホルスターがヒップホルスターだったことから、鷹山というキャラには合っていないと感じたのでしょう。

タカ、というよりは舘ひろしさんによって銃が丁寧に選ばれ、こだわり抜いたものだけが使われていたことがわかりますね。舘ひろしさんは西部警察にも出演していますので、その際に得られた経験からもさまざまな視点から細かいオーダーができたのです。

車の運転はなぜしない?

タカといえば、大型バイクを乗り回しているイメージがありますよね。実は、ドラマが放送された当時、舘ひろしさんが出演していたCMの関係上、車を運転するシーンが撮れなかったのです。しかし、舘ひろしさんが設定を気にいったことでそのまま車の免許がないということになったとか。

ちなみに、出演していたCMはスズキ・カルタスでした。あぶない刑事の車両提供は主に日産自動車だったので、ライバル社の車に乗れなかったのがうなずけますね。

作中ではバイクや自転車で登場したり、犯人の指示で走り回ったりしていました。でも大型バイクに乗っている姿がカッコいいので、車を運転できなくても十分魅力的に感じられます。

ユージこと大下勇次は柴田恭兵

大下勇次は窃盗などの捜査を担当する刑事です。スリや空き巣の犯人の特定を容易に行う見事な仕事っぷり。得意なことはピッキングで、劇中では実際に鍵のかかったドアを開けています。ユージ、セクシー大下、マシンガンのユージなどと呼ばれることが多いです。

あぶない刑事を観たことがある人なら、ユージがダッシュで犯人を追いかけるシーンを知っているでしょう。美しい走りと軽やかでステップを踏むようなダッシュは、ユージが60代に突入した「さらばあぶない刑事」でも健在です。

 

俊足が自慢で、走り去る車や小型船を追いかけるのが印象的。しかし、自慢は足だけではありません。高度なドライビングテクニックも見どころの1つなのです。

また、ユージはヘビースモーカーとしても知られています。Zippoでタバコに火をつける姿に憧れた人もいるのではないでしょうか?

愛用サングラス

ユージが愛用しているサングラスは、ルネッタ・バダやジバンシィが多いです。それから、「あぶない刑事リターンズ」ではレイバンのPREDATOR3、CATS3000を、「あぶない刑事フォーエバー」ではMASAMOTOのサングラスを着用していましたね。

しかも、MASAMOTOでは大下勇次モデルが限定販売され、ファンが殺到。当時スタイリッシュなファッションを真似する人が続出しました。中でも取り入れやすいサングラスは注目の的だったのです。「今回のユージがかけてたサングラスはどこの!?」と話題になり、品切れ状態になるものも出ました。

愛銃

テレビドラマが放送開始された頃、タカと同様にリボルバーを使用していました。しかし、当初はタカのようにこだわったものではなく、周囲の刑事と同じ銃である、コルト・ローマンMK-Ⅲを使っていますね。しかも、銃だけでなく、ホルスターの種類もごく一般的なもの。劇場版でも銃は変わらず、ホルスターのみ変更されています。

「もっとあぶない刑事」からは銃がコルト・パイソンになり、ホルスターもエディスショップのものに変更されました。タカとは違い、グリップは木製。予備の弾丸6発をホルスターに収めていて、リロードする姿が男心をくすぐります。

そして、「さらばあぶない刑事」では、スナブノーズリボルバーが使用されています。これは、ユージにとって定番中の定番である銃。シリーズを通して使われているため、少しでも銃の知識がある人なら、「あれのことかな?」と想像がつきやすいでしょう。

ちなみに、「あぶない刑事リターンズ」から「あぶない刑事フォーエバーMOVIE」ではコルト・キングコブラ、「まだまだあぶない刑事」

ではS&W M586(ユージカスタム)、「さらばあぶない刑事」

ではS&W M10を所持していますね。

タカの銃身が長いため、その反対に短い銃身を使うことで、2人がバディであることを強調しているようにも感じられます。銃のタイプを分けるのは、コンビの刑事ものではあるあるなんですよね。

あまり銃には詳しくないよ、という人でも、タカとユージの銃に注目してみると違いがわかると思うので、銃撃戦のシーンもお見逃しなく!

捜査課長役といえば

タカとユージは、犯人逮捕のために無茶なことをするコンビ刑事です。「それはダメなんじゃないの?」ということをやってまで、自分たちの正義を貫いてしまう部分があるんですよね。

その2人の上司であり、見守る立場であるのが捜査課長です。あぶない刑事の課長役といえば、最も長く務めた中条静夫さんの近藤課長を思い出す人も多いでしょう。

シリーズをすべて観ていない人や、比較的新しい映画のみを観た人は、深町課長やトオルをイメージするかもしれません。そこで、ここではあぶない刑事を支える捜査課長役の3人についてまとめてみました。

それぞれのキャラと演じた俳優さんについて見ていきましょう。性格や背景がわかれば、あぶない刑事の面白さがさらに増すこと間違いなしです。

近藤課長の中条静夫

あぶない刑事の初代捜査課長である近藤卓造は、妻と2人の子どもがいる刑事です。刑事歴は30年のベテランで、通称「タヌキ」といいます。暴力犯捜査を担当し、暴力団関係者からは「鬼の卓造」として知られ、恐れられている人物でした。

1980年にタカとユージがいる港署捜査課長に就任し、1990年に定年を迎えています。劇中では、署内で指示を出したり談話したりするシーンのみならず、自ら犯人を追い詰めたり、現場に向かったりすることもありました。

近藤課長といえば、タカやユージに対して怒鳴るシーンが有名ですね。「大馬鹿者!!」、「鷹山ぁあ!!」、「大下ぁあ!!」と怒鳴り散らし、あぶない刑事の名言としてもよく取り上げられています。

タカとユージのやりたい放題な様をみて、癇癪を起こしたり、仕事を放棄したりする場面も見られ、かなり感情的になるタイプです。しかし、そんなコンビに対しては、信頼感も抱いています。「もっともあぶない刑事」でタカとユージが爆発に巻き込まれた際、生死不明の報告を受けて崩れ落ちたシーンは観ているものの涙腺を緩ませました。

あぶない刑事ファンの中で絶大な人気を誇るタカとユージですが、その2人に次いで人気を集めているのが近藤課長といっても過言ではありません。

近藤課長を演じたのは俳優の中条静夫さんです。中条静夫さんはすでに亡くなられており、「あぶない刑事リターンズ」からは出演できませんでした。しかし、劇中では生前の音声が使われ、エンドロールでは追悼メッセージが流れ、ファンからも、制作に関わった人たちからも愛されていたことがわかります。

中条さんの訃報を聞いて、真っ先に「近藤課長が亡くなった」と思った人も多かったようです。それほど、あぶない刑事において主要人物だったのでしょう。

また、中条さんはアドリブ嫌いで有名な俳優さんで、台本通りに読む正確さを大切にされていました。しかし、あぶない刑事では、タカを演じる舘ひろしさんやユージを演じる柴田恭兵さんのアドリブに合わせて、台詞を面白くしたり、アドリブを入れたりする柔軟さを見せています。

中条さんのプロ意識の高さ、近藤課長の厳しく温かい人柄もあぶない刑事の見どころの1つです。

深町課長の小林稔侍

「あぶない刑事リターンズ」から登場したのは深町新三です。近藤課長の後任として着任したのですが、もともとは県警本部にいました。「まだまだあぶない刑事」になると県警本部に戻り、本部長(警視監)に昇進しています。

頭でっかちなところがあり、融通が利きません。しかし、実際はタカやユージよりも無鉄砲な一面も持っており、一度キレたら手の付けようがない性格なのです。

近藤課長のイメージが強く、はじめは深町課長を受け入れられない人も少なくなかったのではないでしょうか?なぜなら、着任したばかりの頃はタカやユージに対して嫌悪感を抱いている様子がうかがえたからです。

しかし、次第に2人を信頼するようになり、近藤課長のような役回りになりました。また、タカとユージが無事に定年退職できるよう、捜査をさせないよう町田透(のちの課長)に厳しく命令したという設定も…。「2人の無茶な行動が殉職につながるのでは?」と、とても心配していたのでしょうね。

そんな深町課長を演じたのは、小林稔侍さんです。数々の作品に出演していましたが、長い間脇役ばかりで大きな役は回ってこなかったといいます。そんな小林さんが注目されたのは、NHKの朝ドラに出演したのがきっかけでした。演じたのは主人公の父親役。下積み時代が長かったこともあり、演技力は抜群です。

最後は課長になったトオルこと仲村トオル

あぶない刑事の最後の課長は、第1作から登場していた町田透です。通称、トオル、トロイ動物、プリティ町田といいます。当初は、交通課から移動してきたばかりの新人で、頼りないキャラでした。勤務中であるにも関わらず、ナンパしたりサボったりするような刑事らしからぬ行動が目立ちます。

しかし、「もっとあぶない刑事」からはユージを組んで行動することも増え、活躍が期待されていましたね。タカやユージから「女を紹介する」といわれて上手く利用されるという役回りなのも有名です。

そんな町田ですが、「まだまだあぶない刑事」では課長に昇進。タカとユージを呼び捨て、または君づけで呼ぶようになりますが、2人といる時だけは卑屈になるのが面白いです。

また、「さらばあぶない刑事」では、タカとユージが定年退職前に殉職してしまうのを避けるために、2人から銃を預かり、捜査から外していました。課長になったことで、近藤課長の口癖である「ひとみちゃん、お茶」や「大馬鹿者!!」を引き継いでおり、それもまたファンを喜ばせています。

町田透を演じたのは仲村トオルさん。デビューしたのは「ビーバップハイスクール」という映画です。出演していたのがあぶない刑事と同時期だったことで、仲村さんの知名度は一気に上がりました。

その後、2019年に至るまでドラマや映画で活躍し続け、誰もが「見たことがある」と思うような有名俳優になっています。

少年課の木の実ナナと浅野温子

タカやユージとは課が違いますが、真山薫はタカとユージの親友ということで、比較的登場シーンは多くなっています。また、松村課長はテレビシリーズにおいて出番はかなり少ないものの、劇場版では、毎回登場している人物です。

ここでは、この2人にスポットライトを当てて見ていきましょう。

松村課長

はじめは少年課の課長として登場していますが、のちに署長に昇進。最終的にはNPO法人である「横浜港を守る会」の会長を務めることとなります。

松村課長は、タカとユージの理解者ですが、前述した通り出番は少なめ。しかし、劇場版になるとサポートする役目を果たしています。松村課長の魅力はそれだけではありません。不良たちに長く関わっていたことから、松村課長の存在は大きく、恐れられているのです。かつてお世話になった暴走族のリーダーが捜査協力するという場面もあるほど。

厳しく、お節介でありながら、見た目はクラブのホステスのように派手というのがとても印象強いキャラですね。一見、警察官には見えないので悪口をいわれてはいますが、慕われてもいます。タカとユージに至っては、「一生ついていきます」と発言したことも。

革のレーシングスーツを着用して颯爽と現れたり、ハードアクションをこなしたり目立つシーンが多い印象を受けます。また、署長になっても変わらずタカとユージをサポートする姿勢は頼りがいがあるとしか言いようがありません。

松村課長を演じたのは木の実ナナさん。女優としても活躍していますが、歌手でもあります。

「あぶない刑事」の他には、「渡る世間は鬼ばかり」や「男はつらいよ」などに出演していましたね。歌手活動では、ザ・ドリフターズの専属歌手を務めていたことがあります。更年期障害によるうつ病や骨折などを乗り越えて、仕事に真剣に取り組む姿はまさに松村課長そのもの。まさにぴったりの役ではないでしょうか?

最後はいつもカオル

タカとユージの親友として登場するのが真山薫です。当初の年齢は23歳。少年課の中でも優秀な若手で、おてんばな性格をしています。捜査課に応援で駆けつけることもありましたが、その後だんだんとそのようなシーンはなくなっていきました。

なぜか、テレビシリーズのラストにアップショットが毎回使用されています。「あぶない刑事といえば最後は必ずカオルだよね」というのがファンの中では常識なのです。

カオルも銃を所持していますが、衣装に合わせて忍ばせるところはさまざま。バッグに入れていたり、ストッキングにはさんでいたりしていて、ホルスターを使用しないのが特徴的です。

捜査課に異動したいと考えたり、ラーメン屋になろうとしたりと将来について考えを巡らせますが、最終的には松村課長の後を引き継ぐ形で少年課の課長に昇進する道を選びました。「さらばあぶない刑事」では重要物保管所所長になっていますね。

劇場版ではコスプレ担当とも呼ばれるほど、毎回コスプレを披露していました。あぶない刑事では、熱血なコンビ刑事や事件解決までのアクションシーンだけでなく、カオルの面白く和むシーンも見ものです。

さて、カオルを演じてる女優ですが、超人気ドラマ「101回目のプロポーズ」で主演を務めた浅野温子さんです。迫力ある演技もこなすベテラン女優ですね。あぶない刑事の初期から「さらばあぶない刑事」まで観れば、浅野温子さんの演技の変化なんかもわかるかもしれませんね。

パパとナカさん!演じた俳優は

捜査課の仲間である、パパこと吉井浩一。そして、落としのナカさんこと田中文男。この2人についてもまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください!

誠実キャラのパパを演じたのは…

捜査課にはキャラが濃い人が多い中、吉井浩一は誠実で信頼が厚い人物です。通称パパ。妻と2人の息子がいて、正真正銘パパなのです。劇中でコンビを組むのはナカさんが多く、コントのような会話が印象的でしたね。「さらばあぶない刑事」では、すでに定年退職してから10年が経過しており、おでん屋を経営しています。

そんなパパを演じたのは、山西道広さんです。「太陽にほえろ」でデビューを果たし、松田優作さんの映画に出演したり、作曲をしたりと多岐にわたる才能を持っている人物でもあります。

現在は俳優業を引退しており、「さらばあぶない刑事」の際は特別に復帰した形となっています。

ひたすら自白を求める落としのナカさん

捜査課の最古参であり、取り調べを行っている場面が多いのが落としのナカさんです。その取り調べの方法は陰湿で、ひたすら「吐け」といい続けるものや、ただ黙って容疑者を見つめるものがあります。長時間の取り調べとなるので、現代ではこれをやったら訴えられちゃいますね。

当初は無表情なキャラで、皮肉をいう嫌な人物でした。しかし、だんだんと面白さが出てきて、上司や犯罪者にゴマをすったり、温風が出る扇子を所持したりしており、はじめのキャラ設定はどこかへいったようです。

「さらばあぶない刑事」の際は、パパと同様に定年退職してから10年が経過しており、ラーメンの屋台を経営しています。刑事は定年を迎えると飲食店を営むことが多いのでしょうか…。

落としのナカさんを演じたのは、ベンガルさん。主演よりも脇役として人気を誇る俳優です。あぶない刑事の他にも多数のドラマに出演していますが、火曜サスペンス劇場に出ているイメージが強いという人も多いのではないでしょうか?

それから、話題となった連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演していましたね。ぜひベンガルさんが演じるナカさんにも注目してみてくださいね。トレードマークは派手なベストですよ。

ひとみちゃん

シリーズを通して登場する大切な人物の1人がひとみちゃんです。彼女は、当初少ししか出番のない脇役の中の脇役的存在でしたが、徐々に出番が増え、いなくてはならない重要な人物になっていきました。

はじめはユージに恋心を抱いているという設定がありましたが、のちにそのような描写はなくなっています。しかし、「まだまだあぶない刑事」ではユージに再会したことを喜んで涙を流しているため、まだ好意はあったのでは?と推測されますね。

近藤課長には、「ひとみちゃん、お茶」といわれる場面が印象的です。ユージのおつかいをしたり、犯人に人質として捉えられたりと大変な思いもしてきたキャラでもあります。

ひとみちゃんを演じているのは、あぶない刑事シリーズの監督である長谷部安春の娘、長谷部香苗さんです。最近では、2016年に「地味にスゴイ!校閲ガール」で岩崎春江役を演じています。

その他準レギュラーメンバーたち

あぶない刑事を支えるのは主要な登場人物だけではありません。捜査課や少年課に所属する、他のメンバーたちがあってこそのドラマなのです。

そこで、ここでは準レギュラーメンバーを紹介していきます。どんなキャラが出てくるのか、演じているのは誰なのかをチェックして、劇中で探してみてくださいね。

捜査課のメンバー

捜査課のメンバーとしては、主に3人が登場していました。

秋山武史演じる吉田春彦、通称ハルさん

強面でありながらも物腰は柔らかい人物です。実家が医者と葬儀屋で、港署内では資産家としても知られています。

演じたのは秋山武史さん。「あぶない刑事フォーエバーTV」に出演しましたが、当時秋山さんは病気になっていて、「あぶない刑事フォーエバーTHE MOVIE」には出られず、そのまま亡くなられました。

衣笠健二演じる谷村進、通称筋肉

鍛え上げた筋肉を披露する場面があり、その体を生かしたネタも持っています。基本的に、ハルさんとコンビを組んでいることが多いです。

関口知宏演じる虎井祐輔、通称トラ

階級はわかりませんが、「あぶない刑事リターンズ」に登場する新米刑事です。トオルとコンビを組むことが多く、ナンパに付き合ったりしていましたね。

少年課のメンバー

初期からあぶない刑事に登場している鈴江と、「まだまだあぶない刑事」に登場する結城についてチェックしてみましょう。

御木裕演じる鈴江秀夫

第1作から登場し、捜査課との捜査時には前線に立っています。タカやユージによって厄介なことに巻き込まれつつ、口の軽さが事件の解決につながるなどして活躍する場面も。

水川あさみ演じる結城梨沙

「まだまだあぶない刑事」に登場したのは、捜査課の巡査である結城梨沙です。仕事中なのにキャンディを舐めていたり、ファッション雑誌を机に置いていたりと不真面目な様子が見られます。