MENU

レヴォーグを売る?買取相場?

今すぐ売りたいのか、それとも買取相場を知りたいのか。


それによって申し込むサイトを変えましょう。

本気で売る!! まずは概算価格を見る

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

今すぐ高く売りたい

とにかく今すぐ売りたい!


一番高く売れるところはどこ?


というあなたに、高く売れる方法を3つ、お話しいたします。


1.個人売買で売ろう

1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買で友人や知人に売却する。これが間違いなく一番高く売れます。


本来業者が取るべき中間マージンが一切ないので、こちらが相場以上に高く売りつけても、相手は普通に買うより間違いなく安く買うことができて、お互いメリットを感じることができるでしょう。


でもそこで問題となるのが、一体いくらで売ればいいのかということ。


目安が知りたいんだけど


いくらくらいの価値があるのかな?
どのくらいで売ればいいのかな?


業者のように相場に精通しているわけじゃないので、そう思うのは当然ですよね?


そんなときは、こうした車の買取一括査定などに依頼してみて、いくつかの会社に買取相場を算出させましょう。


相場を知ると目安ができる

ちなみにこのかんたん車査定は、わずか4項目の入力で概算価格が画面上に表示されます。すぐに概算価格を知りたいときにはおすすめです。


矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、すぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKですね。


2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。


1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。


2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。


3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。


その他の買取一括査定業者

その他、トヨタのT-UPが参入するみんカラ運営のカービューや、楽天無料一括査定クルマ査定ナビなど、たくさんの一括査定サイトがあります。

本気で売却したい!
少しでも高値で売りたい!

と思われているのなら、電話がかからない真夜中などの営業時間外に一気に申し込んでみるのも高額査定の王道と言えるでしょう。


買取相場を確認したい

今すぐ売りたいってわけじゃないけど、買取相場をまずは確認して、じっくり考えたいと思われているのならこちらから。


矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


そんなときは、このかんたん車査定に入力してみましょう。


年式、走行距離など、たった4つの項目を、だいたいアバウトでいいので入力すると、画面上にすぐ概算価格が表示されます。


その表示されている概算金額を見て、売却するかしないかをじっくり考えましょう。


そして、もしも買取業者から電話がかかってきても、


「今すぐ売るわけじゃないけど、だいたいの概算価格ってどのくらい?」


と、素直に今の気持ちを話せばOK。その前提で価値を算出してくれます。


特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

レヴォーグ(レボーグ)は高値で売れます

レヴォーグ(レボーグ)は間違いなく高値で売れます。

 

なぜなら軽自動車でとても人気が高いのがレヴォーグ(レボーグ)。

 

販売台数1位の座は譲ったものの、人気は依然として高く、軽自動車の中古車相場を牽引しています。

 

そんな人気のレヴォーグ(レボーグ)。せっかくなので高く売りましょう!

レヴォーグ(レボーグ)を高く買取りさせる

レヴォーグ(レボーグ)を高く買い取らせるには、どうすればいいと思われますか?


2点の間違いと正しい方法


を記載しておきますね。

1.ディーラーで買取させる!?

ディーラーに買い取り

もったいないのでやめましょう。


ディーラーが中古車の価値を算出するのに使っているのは、


減価償却算出法


といって、新車から決まった年数で価値がゼロになるとする方法で算出されています。


車の価値は市場の人気で決まるもの


ですので、新車時から均等に価値が下がるなどということはあり得ません。ですのでこの方法は、正しく価値が出ていないどころか、逆に安い金額となってしまっていることは、間違いないと言えるでしょう。


よってディーラーへの持ち込みは、とんでもなく安価に引き取られてしまいますので、持ち込むことは絶対にやめましょう。


2.専門店へ買取依頼する!?

専門店

どんな車でもというわけではありませんが、よく売れる車種には「専門店」が必ず存在します。


スポーツカー、ミニバン、軽自動車など、ジャンルごとに分けられている専門店もあれば、フェラーリ、ベンツ、BMWのようなブランド単位、その他トラックやバンといった、車のタイプ別に分けられたユニークな専門店も見かけます。ですがそういった


専門店の買取価格に過剰な期待は禁物


です。


なぜなら、いくら専門店だからといっても、彼らも商売です。


オートオークションで取引されている相場よりも高く買い取りされることは絶対ない


のです。自社で店頭販売と言っても、万一売れ残った時のことを考えて、最悪オートオークションに流しても逃げられるような金額。つまり、


必ず「損の出ない範囲」での買取価格


でしか提示されないのです。


ですから専門店へ買取依頼をしても、結局のところ高く買い取ってくれるわけではないということを理解しましょう。


少しでも高く売りたいなら

ちょっとでも愛車を高く売るためには

では車を少しでも高く売るにはどうすれば良いのでしょうか。

売る

答えはとてもかんたんです。今の愛車を対象とさせて、


業者同士にリアルオークション


してもらえば良いのです。


つまり、


たくさんの買取業者に愛車を見せて、競合させて一番高いところに売る。


ただそれだけをやれば高く売れるのです。


車を売却する今までの流れは

今まで車を買取りしてもらおうと思ったら、休みの日などを利用して、たくさんの買取店に出向かないといけませんでした。

買取店を回る

ですがそれをするのにも、いろいろな問題がありましたよね。

・ 一日で回れる買取店は限られる
・ 他の用事ができなかった
・ ガソリン代を使って出向く

このようにたくさんの買取業者を回り終わる頃には夕方。一日の時間がすっかり無駄になってしまっていました…。


また、近くに買取店がなかったら、郊外まで出かけて行かないといけないし、どうして自分の車を売るのにガソリン代までかけないといけないのか…。そんな問題がいろいろとありました。


車を高く売るこれからの方法

車の買取業者を呼びつければ良いのです!

買取店を呼ぶ

・ 自宅や会社に呼べる。
・ 一気に複数社とやり取りできる。
・ 時間やガソリン代を節約できる。

買取店を自宅や指定場所に呼ぶことで、無駄な時間もかからなければガソリン代も必要なし。もちろん出張費や査定料なんて今は無料が当たり前。そしてそれも1軒1軒連絡する手間もなくなった。


だからこそ、こうした買取一括査定サービスがおすすめなのです!


買取一括査定とは

買取一括査定サービスとは、その名の通り愛車の買取依頼を、大手の各買取業者に一括で依頼してくれるサービスです。自宅PCやスマホから、わずかな項目を入力するだけで、一度に幾つかの業者に買取依頼を出すことができます。


そしてそんな一括査定依頼ができるサイトがこちら。

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

代表的なところで「かんたん車査定」、「車査定比較.com」、「カービュー」の3つがあります。それぞれの特色の違いをお話しておきましょう。


車買取一括サービスの特徴

1.かんたん車査定に入力するメリット

まず、かんたん車査定ですが、ここは

・ 買取相場を知りたいだけ
・ 売らないけど相場が知りたい
・ 冷やかしで買取価格が見たい

という、今はまだ売らないけどちょっと参考程度に見ておきたいという方におすすめ。


わずか4つの項目…、年式や走行距離等、最低限の情報を入力するだけでOK。しかも正確にわからなくてもだいたいの数値で入力すると、


WEB画面上ですぐに概算価格が表示される


という便利なサイト。


ですから、まずは概算価格が知りたいだけだと思われるようなら、こちらのかんたん車査定から入力してみると良いでしょう。

↓概算相場を知りたいなら↓

矢印

かんたん車査定

→かんたん車査定に入力

買取相場ボタン


2.車査定比較.comに入力するメリット

車査定比較

次に車査定比較.com。


先ほどのかんたん車査定と同様に、入力後概算価格がすぐに表示されるところまでは同じなのですが、上のかんたん車査定ガイドと比べると、


入力完了後すぐに電話攻勢が始まりますw


もちろん、それだけ買取という色合いを強くしているため、実際に査定させると高額な買取価格が出たという事例がたくさん報告されているのは事実です。ですから今現在、すぐに売りたいというお気持ちが固まりつつある方は、こちらに入力されるとかなりの高額査定が期待できるでしょう。


本気で今すぐ売りたいんだ!


という方には、こちらの車査定比較.comは、とてもオススメなサイトです。

↓本気で売る気満々なら↓

矢印

車買取比較.com

→車査定比較.comに入力

売りボタン


3.カービューに入力するメリット

カービュー

最後にカービュー。


ここは上記2つと似てはいますが、トヨタのT-upが参入しているというメリットがあります。


トヨタやダイハツ系車種を買取査定依頼するなら、比較的同系列のT-upが高値を指してくれることもあり、期待が持てるかと思います。

↓トヨタ系車種なら↓

矢印

カービュー

→カービューに入力


トヨタ系ボタン


買取相場を調べるならかんたん車査定ガイド。本気で売る気満々なら車査定比較.com。トヨタ系で高値期待ならカービュー。


うまく使い分けて依頼しましょう^^

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

あなたのレヴォーグ(レボーグ)が、少しでも高く売れることを、心より願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

買取査定によりある程度の値段を提示して頂きましたが、やはり、査定のみなので実際に一度拝見させて頂きたいと言うお話になり、査定のみであればとそれをお受けしました。その後、日を改めて担当の方がいらっしゃいましたが、売ると言うまで帰ってくれなくなり、車の確認をした後も一時間以上拘束される結果となりました。どうにかこうにか、査定額を提示して頂き、一旦帰って頂きましたが、実際に売却すると決めた途端、その日のうちであるにもかかわらず、あれはあの時だけの価格であってこの価格はもう出せないと言い始め、当初提示されていた査定額から一割近く減額される結果となりました。信頼の置けない相手に初手から住所を知らせるということが、どれだけデメリットとなるかを理解したため、もう二度と利用したくないと思っています。

 

私は、ネットで一括査定を申し込んで色んな会社に査定をしてもらい、売却しました。もう、車検間近でぱっと見、修理もこれからどんどん出てくるような年式の古いセダンを乗っていたのですが、手放すのは惜しかったんですが、2人目の子供の妊娠も発覚してたので、この車じゃ狭いしと思い出しました。金額も車券間近ということもあり、なかなか希望の値段をつけてもらえなかった中、ある会社さんは色々と話を聞いてくれて交渉に交渉を重ねてですが、私が出した金額で買い取ってくれることが決まりました。交渉している間はどうにか高くと考えて話したり書類を書いたり等、いろいろやる事があり実感が無かったのですが、引取り当日、急に寂しさと名残惜しさが襲い、あまり今まで者に執着とか無かったのに涙がでました。

このページの先頭へ