レヴォーグ(レボーグ)を売る時の買取相場はここから調べろ!

MENU

レヴォーグを売る?買取相場?

大切に乗ってきた愛車を


”今すぐ売りたい”のか


それとも


まずは”買取相場を知りたい”のか


それによって少し変わります。

本気で売る!! まずは概算価格を見る

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

愛車の買取相場を確認したい

今すぐ売りたいってわけじゃないけど、

今のお気持ちは?

・どのくらいの値段があるの?
・将来売る時のために考えたい

と思われているのならこちら。


だいたいの年式と、だいたいの走行距離さえわかれば、瞬時に概算価格がわかる便利なサービスがあります。

1.メーカー名
2.車種名
3.だいたいの年式
4.だいたいの距離

の4つを入力し、確認ボタンを押して進むだけ。


今が夜中であろうとすぐに画面上に概算価格を出してくれます。

”あなたのお車の概算価格は
1,250,000円〜1,350,000円です”

価格が事前にわかると、どのくらいで売ろうという目標や、次に購入する車の予算も立てやすいというもの。


具体的に方向性を決めるためにも、まずが気軽に概算価格を調べてみましょう。


そんな便利なサービスはこちらからです。

思った金額じゃなかったら

もちろん思った値段じゃなかったら、当たり前ですが売らなくてもOKです。

愛車をすぐに高く売りたい

・とにかく今すぐ売りたい!
・一番高く売れる方法は?

と思われているあなたに、


高く売れる方法を3つ、お話しいたします。

1.個人売買で売ろう

1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買で友人や知人に売却する。これが間違いなく一番高く売れます。


本来業者が取るべき中間マージンが一切ないので、こちらが相場以上に高く売りつけても、相手は普通に買うより間違いなく安く買うことができて、お互いメリットを感じることができるでしょう。


でもそこで問題となるのが、一体いくらで売ればいいのかということ。


目安が知りたいんだけど


いくらくらいの価値があるのかな?
どのくらいで売ればいいのかな?


業者のように相場に精通しているわけじゃないので、そう思うのは当然ですよね?


そんなときは、こうした車の買取一括査定などに依頼してみて、いくつかの会社に買取相場を算出させましょう。

相場を知ると目安ができる

やはりここでも先ほど紹介したサービスが有効です。目安を知るために活用しましょう。とにかく概算価格を知りたいときにおすすめです。

例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、

”あなたのお車の概算価格は
850,000円〜1,050,000円です”

このようにすぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKです。

2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。

1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。

2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。

3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。

特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

レヴォーグ(レボーグ)は高値で売れます

レヴォーグ(レボーグ)は間違いなく高値で売れます。

 

なぜなら軽自動車でとても人気が高いのがレヴォーグ(レボーグ)。

 

販売台数1位の座は譲ったものの、人気は依然として高く、軽自動車の中古車相場を牽引しています。

 

そんな人気のレヴォーグ(レボーグ)。せっかくなので高く売りましょう!

レヴォーグ(レボーグ)を高く買取りさせる

レヴォーグ(レボーグ)を高く買い取らせるには、どうすればいいと思われますか?


2点の間違いと正しい方法


を記載しておきますね。

1.ディーラーで買取させる!?

ディーラーに買い取り

もったいないのでやめましょう。


ディーラーが中古車の価値を算出するのに使っているのは、


減価償却算出法


といって、新車から決まった年数で価値がゼロになるとする方法で算出されています。


車の価値は市場の人気で決まるもの


ですので、新車時から均等に価値が下がるなどということはあり得ません。ですのでこの方法は、正しく価値が出ていないどころか、逆に安い金額となってしまっていることは、間違いないと言えるでしょう。


よってディーラーへの持ち込みは、とんでもなく安価に引き取られてしまいますので、持ち込むことは絶対にやめましょう。

2.専門店へ買取依頼する!?

専門店

どんな車でもというわけではありませんが、よく売れる車種には「専門店」が必ず存在します。


スポーツカー、ミニバン、軽自動車など、ジャンルごとに分けられている専門店もあれば、フェラーリ、ベンツ、BMWのようなブランド単位、その他トラックやバンといった、車のタイプ別に分けられたユニークな専門店も見かけます。ですがそういった


専門店の買取価格に過剰な期待は禁物


です。


なぜなら、いくら専門店だからといっても、彼らも商売です。


オートオークションで取引されている相場よりも高く買い取りされることは絶対ない


のです。自社で店頭販売と言っても、万一売れ残った時のことを考えて、最悪オートオークションに流しても逃げられるような金額。つまり、


必ず「損の出ない範囲」での買取価格


でしか提示されないのです。


ですから専門店へ買取依頼をしても、結局のところ高く買い取ってくれるわけではないということを理解しましょう。

少しでも高く売りたいなら

ちょっとでも愛車を高く売るためには

では車を少しでも高く売るにはどうすれば良いのでしょうか。

売る

答えはとてもかんたんです。今の愛車を対象とさせて、


業者同士にリアルオークション


してもらえば良いのです。


つまり、


たくさんの買取業者に愛車を見せて、競合させて一番高いところに売る。


ただそれだけをやれば高く売れるのです。

車を売却する今までの流れは

今まで車を買取りしてもらおうと思ったら、休みの日などを利用して、たくさんの買取店に出向かないといけませんでした。

買取店を回る

ですがそれをするのにも、いろいろな問題がありましたよね。

・ 一日で回れる買取店は限られる
・ 他の用事ができなかった
・ ガソリン代を使って出向く

このようにたくさんの買取業者を回り終わる頃には夕方。一日の時間がすっかり無駄になってしまっていました…。


また、近くに買取店がなかったら、郊外まで出かけて行かないといけないし、どうして自分の車を売るのにガソリン代までかけないといけないのか…。そんな問題がいろいろとありました。

車を高く売るこれからの方法

車の買取業者を呼びつければ良いのです!

買取店を呼ぶ

・ 自宅や会社に呼べる。
・ 一気に複数社とやり取りできる。
・ 時間やガソリン代を節約できる。

買取店を自宅や指定場所に呼ぶことで、無駄な時間もかからなければガソリン代も必要なし。もちろん出張費や査定料なんて今は無料が当たり前。そしてそれも1軒1軒連絡する手間もなくなった。


だからこそ、こうした買取一括査定サービスがおすすめなのです!

買取一括査定とは

買取一括査定サービスとは、その名の通り愛車の買取依頼を、大手の各買取業者に一括で依頼してくれるサービスです。自宅PCやスマホから、わずかな項目を入力するだけで、一度に幾つかの業者に買取依頼を出すことができます。


そしてそんな一括査定依頼ができるサイトがこちら。

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

代表的なところで「かんたん車査定」、「車査定比較.com」、「カービュー」の3つがあります。それぞれの特色の違いをお話しておきましょう。

車買取一括サービスの特徴

1.かんたん車査定に入力するメリット

まず、かんたん車査定ですが、ここは

・ 買取相場を知りたいだけ
・ 売らないけど相場が知りたい
・ 冷やかしで買取価格が見たい

という、今はまだ売らないけどちょっと参考程度に見ておきたいという方におすすめ。


わずか4つの項目…、年式や走行距離等、最低限の情報を入力するだけでOK。しかも正確にわからなくてもだいたいの数値で入力すると、


WEB画面上ですぐに概算価格が表示される


という便利なサイト。


ですから、まずは概算価格が知りたいだけだと思われるようなら、こちらのかんたん車査定から入力してみると良いでしょう。

↓概算相場を知りたいなら↓

矢印

かんたん車査定

→かんたん車査定に入力

買取相場ボタン

2.車査定比較.comに入力するメリット

車査定比較

次に車査定比較.com。


先ほどのかんたん車査定と同様に、入力後概算価格がすぐに表示されるところまでは同じなのですが、上のかんたん車査定ガイドと比べると、


入力完了後すぐに電話攻勢が始まりますw


もちろん、それだけ買取という色合いを強くしているため、実際に査定させると高額な買取価格が出たという事例がたくさん報告されているのは事実です。ですから今現在、すぐに売りたいというお気持ちが固まりつつある方は、こちらに入力されるとかなりの高額査定が期待できるでしょう。


本気で今すぐ売りたいんだ!


という方には、こちらの車査定比較.comは、とてもオススメなサイトです。

↓本気で売る気満々なら↓

矢印

車買取比較.com

→車査定比較.comに入力

売りボタン

3.カービューに入力するメリット

カービュー

最後にカービュー。


ここは上記2つと似てはいますが、トヨタのT-upが参入しているというメリットがあります。


トヨタやダイハツ系車種を買取査定依頼するなら、比較的同系列のT-upが高値を指してくれることもあり、期待が持てるかと思います。

↓トヨタ系車種なら↓

矢印

カービュー

→カービューに入力


トヨタ系ボタン


買取相場を調べるならかんたん車査定ガイド。本気で売る気満々なら車査定比較.com。トヨタ系で高値期待ならカービュー。


うまく使い分けて依頼しましょう^^

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

あなたのレヴォーグ(レボーグ)が、少しでも高く売れることを、心より願っています。

 

グレード名

年式

金額

1.6GT-S アイサイト

平成27年

2,235,000

2.0GT-S アイサイト

平成26年

1,595,000

1.6GT アイサイト

平成26年

1,911,000

2.0GT-S アイサイト

平成28年

2,820,000

1.6GT アイサイト

平成26年

1,438,000

1.6GT-S アイサイト アドバンスドセイフティパッケージ

平成28年

2,699,000

1.6GT-S アイサイト STiパフォーマンスパッケージ

平成27年

2,155,000

1.6GTアイサイト

平成26年

1,800,000

どのグレードやカラーが人気なの?レヴォーグの買取相場

C型レヴォーグと呼ばれる現行型(VM4/VMG)の中で、1.6GT-Sや2.0GT-Sにスバルが誇る運転支援システム、アイサイトを搭載したグレードは高値で売買されています。また、特別仕様のレヴォーグも高い人気があり、買取り価格も高値をキープしていくでしょう。

 

またボディカラーは落ち着いたブラック、存在感のあるホワイト、上品なブルーグレー系が現行レヴォーグでは人気が高くなっています。

 

中でも高くされそうなのがブラック、ホワイト系のカラーです。

 

それ以外にもシルバー系のメタリック、濃いグレーのメタリックの人気です。

 

鮮やかなレッド系やブルー系の派手なカラーは売却時の査定でマイナスと評価される傾向があります。

 

スバルのイメージカラーともいえるWRブルーに近い鮮やかなブルーはスバル好きには人気が高いかもしれませんが、査定となると、残念ながらプラス要素とはならないようです。

 

レガシィツーリングワゴン本来の姿に立ち返ったレヴォーグ

日本だけではなく海外でもスバルを代表する人気車レガシィツーリングワゴン。

 

海外で評価されるということは日本人としても誇らしいことですが、その海外人気によって特にサイズ面で変化を強いられ、本来のコンセプトと乖離してしまったともいえます。

 

具体的にどういうことかというと、北米での高い人気を確固たるものとすべく、アメリカ人の体系に合わせて、モデルチェンジごとに肥大化していきました。

 

その結果、日本の街中では取り回しが悪くなってしまったとの声がユーザーから挙がるようになり、人気、販売台数ともに下がっていきました。

 

当初の5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに、またスバルは実用的な車が得意なはずでしたが、北米市場を意識してルックス、内装を過度に豪華にしてしまいました。

 

レガシィツーリングワゴンの本来の姿は、取り回しの良いサイズや実用的な質感のステーションワゴン。この本来あるべき姿に立ち戻るべく、ダウンサイジングを図り、車名を変えて登場したのがレヴォーグであり、従来のスバルファンの支持を取り戻すことになりました。

 

最先端のアイサイトを搭載

ここ最近、各自動車メーカーは環境性能とともに、安全性能の向上に注力しています。

 

事故防止のための視認性の向上、万が一の衝突時に乗員を護るボディ剛性の向上などに加えて、衝突回避などの運転支援システムです。

 

スバルは他メーカーに先駆けて運転支援システムに力を入れており、スバル独自の運転支援システムであるアイサイトは、高い評価を受けながら進化を続けています。

 

レヴォーグが搭載するアイサイトは最新のver.3(バージョン3)。運転に「安心と愉しさを」をコンセプトに様々な先進機能が盛り込まれています。

 

レヴォーグのアイサイトが前方を確認するカメラは、従来のモノクロからカラーに進化するとともに、望遠・広角化、高解像度化され、さらに基本性能がアップしています。

 

カメラのカラー化は先行車のブレーキランプが赤く点灯することを認識し、より人間に近い判断による制御を可能にしています。

 

また、カメラの視野や解像度の進化は遠方や左右の認識力を向上させ、広範囲の対象に反応することができ、より安全で安定したシステムとなっています。

 

衝突回避に加え、アイサイトVer.3には発進、後進時の誤発進抑制制御の機能があります。が前後についています。

 

この機能により、万が一のギアやペダル捜査の間違いによる事故も防いでくれます。

 

レヴォーグの人気を後押ししているのが、このアイサイトver.3、最先端の安全性能であることは間違いないでしょう。

 

スバルならではの優れた走行性能

スバル車ファンたちは豪華な見た目よりも、走りを重視する人が多いようです。

 

走りというとスピードが速いとイメージされるかもしれませんが、車の基本性能である、曲がる、止まるがしっかりしていて、気持ちよく思いのままに走ることができるのかということです。

 

スバルのレヴォーグは国内で扱いやすく、取り回しの良い車として開発されており、ステーションワゴンとしての使い勝手に加えて、スポーツカーにも劣らない走行性能も備えた車です。

 

気持ちよく加速するエンジン性能を持ちながらも、高い環境性能も備えています。

 

タイヤやサスペンションは少し硬めの味付けになっていますが、地面の突き上げなどのショックもうまく処理されており、気持ちよく走ることができます。

 

広いラゲッジスペースがうれしい

レヴォーグは大きくなってしまったレガシィツーリングワゴンを日本人サイズにダウンサイジングした車ですが、積載容量や室内の広さはしっかりとキープされていて、自転車を載せることも簡単にできます。

 

売却時には買取がおすすめ

レヴォーグの発売は2014年とまだ新しい車ですから、特別な乗り方をしていなければ、状態の良い車両が多くあるでしょう。

 

人気とともにオーナーの満足度も高い車種ですから、売却する人もまだまだ多くはありません。そういった車種ですからもし中古車として売りに出されれば注目されるはずです。

 

レヴォーグは新車販売も好調らしく、値引き交渉をしてもスバルは強気で、あまり値引きに応じないようです。値引きなしでも売れているということなのでしょう。このようにレヴォーグは新車の値引きも少ないため、中古車であれば一層お値打ち感が出ることでしょう。

 

現状であれば、レヴォーグは焦って売らなくてもよいでしょう。売り手の方が強い立場だと言えます。

 

売りたい場合は、焦らず時間をかけて、いくつかの業者に声をかけて比較、交渉しましょう。また、その交渉する相手は下取りするディーラーではなく、買取りの専門業者をおすすめします。

 

ラゲッジスペースの汚れや傷は要注意

大切な愛車、ボディや座席周りは結構大切に扱い、清潔に保っている人も、ラゲッジスペースまではなかなか気が回らないということもあると思います。

 

走りが売りのレヴォーグですが、それはステーションワゴンとしてのベースがあってのこと。広大な荷室は大きな魅力で、多くの荷物を積めることはカーライフの幅を広げてくれます。

 

レヴォーグのラゲッジスペースは乗車スペースの天井よりも高くなっており、自転車なども楽々と載せることができます。屋根や後ろなどの車外に載せることが多い自転車ですが、レヴォーグなら車内に載せられると認知されているようです。

 

使い勝手に期待が膨らむレヴォーグのラゲッジスペースですから、そこの傷みや汚れは売却時には大きなマイナスとなることもあります。

 

使えば汚れることは避けられませんが、少し注意しながらラゲッジスペースを使用し、もし汚れたらすぐに清掃しておくようにしましょう。

 

各グレードの買取相場

レヴォーグのグレードは2.0Lと1.6Lの2つのエンジンと、GT、GT-Sという仕様の組み合わせで合計4種類となっています。(現在はSTIというモデルも加わっています。(後述))

 

1.6L というとパワー不足で走りに不満が出ると思いがちですが、パワーと低燃費を実現したダウンサイジングターボエンジンで、普通に乗るならパワー不足を感じることはないでしょう。

 

しかし、2.0Lのターボエンジンは圧倒的なパワーで、よりパワフルなスポーツ走行を楽しむことができます。それは買取相場にも反映されていて、2.0Lの方が高値で売買されているようです。

 

また、GTとGT-Sの違いですが、外観に関しては、タイヤサイズも同じで、一部パーツの色や仕様が違うくらいですのでパッと見ただけでは違いは分からないかもしれません。

 

内装のパーツやシート、ビルシュタインのダンパーを採用するなどの走りに関するメカニズムは全体的にGT-Sの方がスポーティになっています。

 

GTとGT-Sの価格差は、約25万円もありますが、パーツや質感の違いを考えるとお値打ちともいえます。実際ユーザーの大半(1.6Lで7割、2.0Lで9割)がGT-Sをチョイスしていることがそれを裏付けています。また、それは買取においてもプラスの要素となり、GT-Sの査定は高値が期待できます。

 

新たに加わった人気グレード、STIスポーツ

GTとGT-Sの違いについて述べましたが、2016年の7月にはレヴォーグの1.6L、2.0
LにSTIスポーツという仕様が加わりました。

 

スバルのSTIというと走りの性能を突き詰めたモデルというイメージが強いのですが、このSTIスポーツはそこまでのチューニングが施されているわけではありません。よりスポーティな外観と内装に加えて、走りに関しては、日常の使い勝手や乗り心地を犠牲にすることはなく、快適な乗り心地と、力強くしなやかな走りを実現しています。BMWのMスポーツ、レクサスのFスポーツと同じような位置づけではないでしょうか。さらにスポーティな本革シートをはじめ豪華なパーツや仕上げも奢られており、レヴォーグの質感と走りをより高めた最上級グレードと言えるでしょう。

 

価格は他のモデルに比べて40万円ほど高いのですが、スバルの広報部によれば「2016年8月はレヴォーグの販売台数の約4割をSTIスポーツが占めた」とのこと。価格差以上の価値があるとともに、スバルファンの琴線に触れる仕様ということなのでしょう。

 

まだ発売されたばかりで、買取市場に出てくるのはしばらく先のことでしょうが、人気のグレードですから、高値で売買されることが容易に予想されます。またそれによって他のグレードの買取価格にも影響があるかも知れませんね。そういう意味でも、レヴォーグオーナーは買取相場を気にしておくことをおススメします。

 

レヴォーグVSインプレッサ

レヴォーグは肥大化したレガシィツーリングワゴンを日本サイズにダウンサイジングした後継車と言われていますが、基本設計はカテゴリーが異なるインプレッサをベースにしています。

 

インプレッサの買取相場に着目すると、年式に関わらず高い価格をキープしています。レヴォーグはまだ新しい車ですが、この先はインプレッサと同様の買取相場の推移になると予想されます。つまりはインプレッサ同様、高値買取の状況が続くだろうということです。

 

レヴォーグをより高く売るために

客観的なデータ・資料として、整備記録簿などは車両の状態を証明してくれます。

 

車の走りにもこだわる層が求めるレヴォーグですから、定期的にメンテナンスを行っていることや、どのように手を加えているかを示す整備記録簿を提示すれば、査定は有利に進められます。

 

まだまだ市場に登場し間がないレヴォーグは、査定実績も少なく、買取業者が査定する際も難しいと思います。ですから、売り手が買取価格の事例や相場などを少しでも知っていれば、業者の情報不足で極端な低価格となることを避けることができるので安心です。

 

レヴォーグ売却時に注意すべきポイント

スバル車の買取相場を支えている要素には、熱心なスバルファンの存在もあるでしょう。

 

レヴォーグは高く売却できるポテンシャルを持っています。ですから、しっかり調査して、安く手放してしまったと後悔しないようにしてください。

 

まず、スバル車は排気量によって買取相場が大きく異なるというのが特徴です。

 

レヴォーグのエンジンは、1.6Lと2.0Lがあります。これは1.6GTや2.0GTSなどのグレード名の頭の数字が排気量を表しています。

 

この各排気量のエンジン設定にアイサイトの有無があります。スバルの安全運転支援システムであるアイサイトは評価が高いため、これによって買取価格は大きく変わってきます。

 

各自動車メーカーが自動ブレーキシステムを始めとする安全システムに力を入れていますが、スバルのアイサイトはその中でも高い評価を得ています。

 

他メーカーの性能が低いというわけではなく、アイサイトが飛びぬけて優れているのでしょう・

 

レヴォーグの買取相場は、各グレードの新車販売時の価格に概ね比例していますが、まだ登場して間もない車だけに、十分なデータはありません。

 

レヴォーグは昨今の車のトレンドからは外れているのですが、需要が高ければ買取相場も高値で推移します。

 

熱心ンなスバルファン、また海外での需要も高ければ輸出ルートで高く売却することも可能です。

 

レヴォーグの買取相場を支えているこれらの要因は確固たるものと言えるでしょう。

 

このようにプラス要因はあるわけですから、本来なら高い価値のレヴォーグを安く売却してしまわないように注意してください。

 

業者はあなたの車が価値の高い車だと分かった上で、安く買い取ろうとしてきます。

 

買取業の基本は車の転売で利益を出しているからある意味当たり前のことです。

 

業者は買い取った車両を業者オークションに出品し現金化します。

 

安く仕入れて高く売却すれば、大きな利益となるのですから、ここが業者の手腕の見せ所です。

 

要するに、買取業者はできるだけ安く買い取りたいのが本音であり、高値で売りたいのであれば、あなたの何らかの対策を考えておく必要があります。

 

その方法の1つが、複数業者に査定を依頼し、その査定額を比較することです。

 

買取相場を知らない素人のあなたが、プロである業者と交渉したとしたら、結果は明白でしょう。

 

ですから、査定額を比較していただきたいのです。そうすることで、レヴォーグの買取相場を知るための情報を得られるとともに、買取業者を競わせて高い査定額を引き出すこともできるのです。

 

レヴォーグを安く手放して後悔したくなら、絶対に複数業者の査定比較は欠かせません!

 

愛車を高く売るならネットの一括査定で!

車を売却する際にネットの一括査定をおススメするのには2つの理由があります。1つは一度の手続きで、複数の買取業者に出張査定を頼めること。そして2つ目は一括査定に参加する各社は、査定額を比較されることは当然知っていますから、自社に売ってもらえるように競って高い査定額を提示してきます。わざわざ時間とガソリン代をかけて業者を回るよりも査定額が高くなる可能性があるのです。

 

なぜ複数の査定業者を比べるべきなのか?

あなたの愛車を高く売却するために有効なことは、複数の買取業者で査定額を競わせることです。買取専門業者は仕入れとなる買取ができなければ商売になりません。ですから他の業者よりも高い査定額を提示してきます。あなたは、その中から高値を提示した業者を選ぶことで、レヴォーグを高く売却できるのです。

 

ですから、車の売却で後悔したくないのなら、複数業者に査定を依頼して比べて、安く手放さないようにしてください。

 

また、次の2つも重要なポイントですので気を付けてください。

・可能な限り早めに査定してもらう
・できるだけ多くの業者に査定を依頼する

基本的に車の買取価格は、日に日に下がっていきます。

 

買い取った車両を販売する業者オークションの価格の推移に従って、買取り価格も同様に下がっていくのです。

 

レヴォーグの場合、かなり急なペースで買取相場が下がっています。

 

まだ販売されたばかりの車両ですが、一時よりも人気が落ち着いてきているとも考えられます。

 

とはいうものの、やはり人気車種ですからこの値下がりのペースは穏やかになっていくと思われますが、強力なライバル今後登場すると、大きく値崩れするなんてことも無いとは言い切れません。

 

レヴォーグは高く売れるからと安心していている間に、相場がグンと下がってしまっていたら狙っていた新車の購入も難しくなってしまうかもしれません。

 

ですから早めの査定を強くおススメしているのです。

 

2つ目のできるだけ多くの業者に査定を依頼するというのは、選択肢も増えますし、業者の真剣度も変わってくるわけですから、ぜひ実行していただきたいと思います。

 

とはいうものの、とにかく沢山依頼すればよいというわけでもありません。

 

簡単とは言え、時間や手間もかかりますので、効率よく複数のサービスを利用してみるとよいでしょう。

 

大手の買取会社と提携している一括査定サイトと、ローカルの小規模な業者の参加しているサイトの両方を利用すれば、多くの業者に査定を依頼することができるとともに、様々な業態の業者の査定額を比較できます。そうすれば、あなたのレヴォーグを高値で売却することができるのです。

 

高値で売るなら“今”が売り時!

新車の販売も好調なレヴォーグは買取市場でも人気です。では高く売却する時期は?と聞かれれば“今でしょ!”ということになります。

 

レヴォーグは2014年に登場したばかりですから、中古車市場で人気だとしても、タマが少ないのが現状です。それだけにレヴォーグを仕入れたい業者も多く、買取査定では高い価格が提示されるに違いありません。

 

しかし、数年後にはオーナーが下取り、買取りに出すことも多くなり、中古車市場に車両が増えてくると、販売価格とともに買取価格も下がってしまうと考えられます

 

もちろん、買って間もないレヴォーグをすぐに売りましょうとは言いませんが、あなたが発売された頃に購入していて、新しい車に乗り換えようかなとお考えであれば、今が売り時と言えるでしょう。

 

まだまだ新しい車ですから走行距離も多くはないでしょうし、車両の状態も良いと思います。過度なチューニングやカスタマイズを行っていなければ高値で売却できる可能性は高いです。ぜひ一度、買取業者に相談してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

買取査定によりある程度の値段を提示して頂きましたが、やはり、査定のみなので実際に一度拝見させて頂きたいと言うお話になり、査定のみであればとそれをお受けしました。その後、日を改めて担当の方がいらっしゃいましたが、売ると言うまで帰ってくれなくなり、車の確認をした後も一時間以上拘束される結果となりました。どうにかこうにか、査定額を提示して頂き、一旦帰って頂きましたが、実際に売却すると決めた途端、その日のうちであるにもかかわらず、あれはあの時だけの価格であってこの価格はもう出せないと言い始め、当初提示されていた査定額から一割近く減額される結果となりました。信頼の置けない相手に初手から住所を知らせるということが、どれだけデメリットとなるかを理解したため、もう二度と利用したくないと思っています。

 

私は、ネットで一括査定を申し込んで色んな会社に査定をしてもらい、売却しました。もう、車検間近でぱっと見、修理もこれからどんどん出てくるような年式の古いセダンを乗っていたのですが、手放すのは惜しかったんですが、2人目の子供の妊娠も発覚してたので、この車じゃ狭いしと思い出しました。金額も車券間近ということもあり、なかなか希望の値段をつけてもらえなかった中、ある会社さんは色々と話を聞いてくれて交渉に交渉を重ねてですが、私が出した金額で買い取ってくれることが決まりました。交渉している間はどうにか高くと考えて話したり書類を書いたり等、いろいろやる事があり実感が無かったのですが、引取り当日、急に寂しさと名残惜しさが襲い、あまり今まで者に執着とか無かったのに涙がでました。