ハイエースの買取や買取相場を知るなら。高い値段で貿易輸出されるハイエースを売る

MENU

ハイエースの買取or買取相場

大切に乗ってきた愛車を


”今すぐ売りたい”のか


それとも


まずは”買取相場を知りたい”のか


それによって少し変わります。

本気で売る!! まずは概算価格を見る

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

愛車の買取相場を確認したい

今すぐ売りたいってわけじゃないけど、

今のお気持ちは?

・どのくらいの値段があるの?
・将来売る時のために考えたい

と思われているのならこちら。


だいたいの年式と、だいたいの走行距離さえわかれば、瞬時に概算価格がわかる便利なサービスがあります。

1.メーカー名
2.車種名
3.だいたいの年式
4.だいたいの距離

の4つを入力し、確認ボタンを押して進むだけ。


今が夜中であろうとすぐに画面上に概算価格を出してくれます。

”あなたのお車の概算価格は
1,250,000円〜1,350,000円です”

価格が事前にわかると、どのくらいで売ろうという目標や、次に購入する車の予算も立てやすいというもの。


具体的に方向性を決めるためにも、まずが気軽に概算価格を調べてみましょう。


そんな便利なサービスはこちらからです。

思った金額じゃなかったら

もちろん思った値段じゃなかったら、当たり前ですが売らなくてもOKです。

愛車をすぐに高く売りたい

・とにかく今すぐ売りたい!
・一番高く売れる方法は?

と思われているあなたに、


高く売れる方法を3つ、お話しいたします。

1.個人売買で売ろう

1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買で友人や知人に売却する。これが間違いなく一番高く売れます。


本来業者が取るべき中間マージンが一切ないので、こちらが相場以上に高く売りつけても、相手は普通に買うより間違いなく安く買うことができて、お互いメリットを感じることができるでしょう。


でもそこで問題となるのが、一体いくらで売ればいいのかということ。


目安が知りたいんだけど


いくらくらいの価値があるのかな?
どのくらいで売ればいいのかな?


業者のように相場に精通しているわけじゃないので、そう思うのは当然ですよね?


そんなときは、こうした車の買取一括査定などに依頼してみて、いくつかの会社に買取相場を算出させましょう。

相場を知ると目安ができる

やはりここでも先ほど紹介したサービスが有効です。目安を知るために活用しましょう。とにかく概算価格を知りたいときにおすすめです。

例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、

”あなたのお車の概算価格は
850,000円〜1,050,000円です”

このようにすぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKです。

2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。

1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。

2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。

3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。

特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

ハイエースは貿易に出ます

ハイエース

ハイエースは何故高く買取りされるのかをご存知でしょうか?

 

それは、全世界へ貿易輸出されているから。

 

貿易輸出されるのは、アルファードやヴェルファイアも同様ですが、

 

世界のトヨタが作るハイエースは、ワゴンであってもバンであっても、世界中で欲しがる人々がいるのです。

 

古くてもOK。

 

走行距離が多くてもOK。

 

これは業者オークションのキャプチャーですが、古いハイエースがびっくりするような高値で取引されているのがわかります。

 

ハイエースの相場

 

平成6年式という、20年以上も前の車に、

 

42万円

 

という驚愕の値段がついています。しかも229,000キロという、タクシーかというくらいの走行距離にも関わらず… です。

 

あなたのハイエースは、これより新しいですか?

 

あなたのハイエースは、これより走っていますか?

 

一度こちらから、今の価値を気軽に確認してみてくださいね。

 

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

 

ハイエースを高く買取りさせる

ハイエースを高く買い取らせるには、どうすることが良いのでしょうか?


2点の間違いと正しい方法


を記載しておきますね。

1.ディーラーで買取させる!?

ディーラーに買い取り

もったいないのでやめましょう。


ディーラーが中古車の価値を算出するのに使っているのは、


減価償却算出法


といって、新車から決まった年数で価値がゼロになるとする方法で算出されています。


車の価値は市場の人気で決まるもの


ですので、新車時から均等に価値が下がるなどということはあり得ません。ですのでこの方法は、正しく価値が出ていないどころか、逆に安い金額となってしまっていることは、間違いないと言えるでしょう。


よってディーラーへの持ち込みは、とんでもなく安価に引き取られてしまいますので、持ち込むことは絶対にやめましょう。

2.専門店へ買取依頼する!?

専門店

どんな車でもというわけではありませんが、よく売れる車種には「専門店」が必ず存在します。


スポーツカー、ミニバン、軽自動車など、ジャンルごとに分けられている専門店もあれば、フェラーリ、ベンツ、BMWのようなブランド単位、その他トラックやバンといった、車のタイプ別に分けられたユニークな専門店も見かけます。ですがそういった


専門店の買取価格に過剰な期待は禁物


です。


なぜなら、いくら専門店だからといっても、彼らも商売です。


オートオークションで取引されている相場よりも高く買い取りされることは絶対ない


のです。自社で店頭販売と言っても、万一売れ残った時のことを考えて、最悪オートオークションに流しても逃げられるような金額。つまり、


必ず「損の出ない範囲」での買取価格


でしか提示されないのです。


ですから専門店へ買取依頼をしても、結局のところ高く買い取ってくれるわけではないということを理解しましょう。

少しでも高く売りたいなら

ちょっとでも愛車を高く売るためには

では車を少しでも高く売るにはどうすれば良いのでしょうか。

売る

答えはとてもかんたんです。今の愛車を対象とさせて、


業者同士にリアルオークション


してもらえば良いのです。


つまり、


たくさんの買取業者に愛車を見せて、競合させて一番高いところに売る。


ただそれだけをやれば高く売れるのです。

車を売却する今までの流れは

今まで車を買取りしてもらおうと思ったら、休みの日などを利用して、たくさんの買取店に出向かないといけませんでした。

買取店を回る

ですがそれをするのにも、いろいろな問題がありましたよね。

・ 一日で回れる買取店は限られる
・ 他の用事ができなかった
・ ガソリン代を使って出向く

このようにたくさんの買取業者を回り終わる頃には夕方。一日の時間がすっかり無駄になってしまっていました…。


また、近くに買取店がなかったら、郊外まで出かけて行かないといけないし、どうして自分の車を売るのにガソリン代までかけないといけないのか…。そんな問題がいろいろとありました。

車を高く売るこれからの方法

車の買取業者を呼びつければ良いのです!

買取店を呼ぶ

・ 自宅や会社に呼べる。
・ 一気に複数社とやり取りできる。
・ 時間やガソリン代を節約できる。

買取店を自宅や指定場所に呼ぶことで、無駄な時間もかからなければガソリン代も必要なし。もちろん出張費や査定料なんて今は無料が当たり前。そしてそれも1軒1軒連絡する手間もなくなった。


だからこそ、こうした買取一括査定サービスがおすすめなのです!

買取一括査定とは

買取一括査定サービスとは、その名の通り愛車の買取依頼を、大手の各買取業者に一括で依頼してくれるサービスです。自宅PCやスマホから、わずかな項目を入力するだけで、一度に幾つかの業者に買取依頼を出すことができます。


そしてそんな一括査定依頼ができるサイトがこちら。

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

代表的なところで「かんたん車査定」、「車査定比較.com」、「カービュー」の3つがあります。それぞれの特色の違いをお話しておきましょう。

車買取一括サービスの特徴

1.かんたん車査定に入力するメリット

まず、かんたん車査定ですが、ここは

・ 買取相場を知りたいだけ
・ 売らないけど相場が知りたい
・ 冷やかしで買取価格が見たい

という、今はまだ売らないけどちょっと参考程度に見ておきたいという方におすすめ。


わずか4つの項目…、年式や走行距離等、最低限の情報を入力するだけでOK。しかも正確にわからなくてもだいたいの数値で入力すると、


WEB画面上ですぐに概算価格が表示される


という便利なサイト。


ですから、まずは概算価格が知りたいだけだと思われるようなら、こちらのかんたん車査定から入力してみると良いでしょう。

↓概算相場を知りたいなら↓

矢印

かんたん車査定

→かんたん車査定に入力

買取相場ボタン

2.車査定比較.comに入力するメリット

車査定比較

次に車査定比較.com。


先ほどのかんたん車査定と同様に、入力後概算価格がすぐに表示されるところまでは同じなのですが、上のかんたん車査定ガイドと比べると、


入力完了後すぐに電話攻勢が始まりますw


もちろん、それだけ買取という色合いを強くしているため、実際に査定させると高額な買取価格が出たという事例がたくさん報告されているのは事実です。ですから今現在、すぐに売りたいというお気持ちが固まりつつある方は、こちらに入力されるとかなりの高額査定が期待できるでしょう。


本気で今すぐ売りたいんだ!


という方には、こちらの車査定比較.comは、とてもオススメなサイトです。

↓本気で売る気満々なら↓

矢印

車買取比較.com

→車査定比較.comに入力

売りボタン

3.カービューに入力するメリット

カービュー

最後にカービュー。


ここは上記2つと似てはいますが、トヨタのT-upが参入しているというメリットがあります。


トヨタやダイハツ系車種を買取査定依頼するなら、比較的同系列のT-upが高値を指してくれることもあり、期待が持てるかと思います。

↓トヨタ系車種なら↓

矢印

カービュー

→カービューに入力


トヨタ系ボタン


買取相場を調べるならかんたん車査定ガイド。本気で売る気満々なら車査定比較.com。トヨタ系で高値期待ならカービュー。


うまく使い分けて依頼しましょう^^

かんたん
車査定

車査定
比較.com

カービュー
☆☆

かんたん
→Click

車査定比較
→Click

カービュー
→Click

あなたのハイエースが、少しでも高く売れることを、心より願っています。

ハイエースはなぜ海外で特別な扱いを受けているのか?

発展途上国で暮らす人々にとって、車というのは特別なものです。
日本では、一生の内に何度も車を買い替えることはそう特別なことではないかもしれませんが、
発展途上国で暮らす人達にとっては、車というものは非常に価値が高く、
何度も何度も買い替えられるものではありません。

 

必然的に彼ら発展途上国の人たちとって、車の耐久性や強靭性というのは車を選ぶ際の重要な基準になってきます。
何度も買い替えができない彼らにとっては、何十万q走っても壊れない車が理想的な車なのです。

 

そんな彼らの理想を満たしてくれる車が、実は日本にありました。
その車は「トヨタ・ハイエース」です。

 

ハイエースにはガソリン仕様とディーゼル仕様がありますが、海外で人気なのはディーゼル仕様です。
もちろんガソリン仕様もそれなりの人気はありますが、特に発展途上国ではディーゼルエンジンの強靭性と耐久性、
そして燃費の良さが評価され、圧倒的な信頼と人気を獲得しているのです。

 

世界各地で人気を得ているハイエースですが、そのことを知っている日本人は実はそんなに多くないのです。

 

日本国内のハイエースの流通

車に携わった職業でもない限り、ハイエースが特別な車という事を知っている人は少ないでしょう。
国内で人気が無いということは、市場での動きが活発ではないということになりますから、
普通の中古車買取業者に売却をするようでは、潜在的な価値で査定をしてもらうことは難しいですよね。

 

では、ハイエースを本来の価値で売却するには、どうしたら良いのでしょうか?

 

ハイエースに最適な売却方法は?

前述した通り、ハイエースは国内よりも海外での人気が圧倒的です。
そのため、ハイエースの価値を一番知っているのが輸出を生業とする業者ということになります。
ということは、国内を主にターゲッティングしている中古車買取業者より、輸出業者に絞って査定を依頼すれば、
ハイエースの価値を見極めてもらえる可能性が高くなります。
ハイエースの本来の価値を十二分に引き出してもらうには、輸出業者に直接買取を依頼すれば良いのです。

 

ハイエースを最高額で売却するには

海外へのルートを確保している輸出業者というのは多いですから、売却に関しては苦労することは無いと思います。
買い取ったハイエースでほぼ確実に利益を出すことができる輸出業者は、高額で買い取ってくれる可能性が高まります。
特に200系のハイエースは人気が高いですから、高額で売却できる可能性があります。

 

しかし、高額で売却できる可能性があっても、実際に高く買い取ってもらえる業者を探せなければ意味がありません。
中には相場より相当安い値段で買い叩き、輸出する時は高く売るというちょっと悪質な業者も存在します。
こういった悪質な業者を避け、良心的な業者で高く売るためにどうしたら良いと思いますか?

 

その答えは「一括査定サイト」を利用する、です。
一括査定サイトにはたくさんの中古車販売業者、買取専門業者、そして輸出専門業者が参加しています。
一括査定サイトを利用して、ハイエースをたくさんの業者に見てもらうことで、本当の相場というものが分かってきます。

 

そして何より、業者間の査定額を比較することで、より高くハイエースを売ることができるようになるのです。

 

一括査定はたくさんありますが、そのほとんどは売りたい車の情報を入力するだけです。
その情報はリアルタイムで参加している業者に伝わりますから、ものの数分で査定に出すことができるのです。

 

あとはその情報を見た業者からの連絡を待つだけ!
ハイエースの売却を考えている方は、是非、一括査定を利用してみて下さい。

 

ハイエースの相場はどれくらい?

ハイエースはどの型式や年式でも比較的買取相場が高めですが、もちろん走行距離や状態で増減はあります。
そのハイエースを高く売るためのポイントがこちらです。

 

高く売るためのポイント

・一般の中古車販売店やディーラーの下取りには出さない!
・必ず一括査定サイトを利用する!

 

たったこれだけです。
これを守るだけで、高く売れる可能性が高まるのです。

 

では、なぜ一般の中古車販売店やディーラー下取りに出してはいけないのか説明しましょう。

 

まず、車の買い替えをする時に、一般の中古車販売店やディーラーでの下取りは非常に便利です。
新しい車の価格から、下取り分の金額を差し引いてもらって、残った金額だけ支払いすれば良いだけですし、
書類も買うために必要なものと売るために必要なものをまとめて提出するだけですから、手間がかかりません。

 

しかし、このやり方には大きな欠点があります。
それは「見積もりの比較対象が無いため、業者の言い値で下取りされてしまう」ことです。
一般の中古車販売店やディーラーは、下取りの車でも利益を出したいため、
相場より安い金額を提示されてしまう可能性が高いのです。
お店の言い値で価値が決まってしまう下取りは絶対にオススメできません。

 

もちろん、一括査定サイトを利用せずとも、ある程度の業者を回ることができるなら比較もできますので、それは大丈夫です。
ただ、何件も業者を回ると時間と手間が掛かりますし、そもそも金額交渉が苦手という方もいらっしゃいますよね。
それなら、やっぱり一括査定サイトを利用した方がお得です。

 

一括査定サイトは、インターネットさえあれば、自宅で、職場で、出先で、どこからでも見積り依頼を出すことができます。
賢く使って、可能な限りハイエースを高く売りましょう!

 

ガソリン仕様とディーゼル仕様の買取

最初にお話しましたが、ハイエースにはガソリン仕様とディーゼル仕様があります。
昔だとハイエースは商業用で使われることが多かったので、ハイエース=ディーゼル仕様というイメージが強いかと思いますが、
排ガス規制の影響やガソリン価格高騰で軽油価格とガソリン価格の差が小さく事などが影響し、
ハイエースでもガソリン仕様の比重が多くなってきています。
特に200系では、実に販売台数の半数以上がガソリン仕様となっています。

 

しかし、ハイエースは自家用車というよりは商業車や自家用兼商用で使われることが多いため、
必然的に走行距離が多くなり積載量も重要視されます。
また、発展途上国ではたとえ自家用車であっても、耐久性や積載量が重要視されがちです。
そうなると、ガソリンよりトルクがあって、エンジンの耐久性が高いディーゼル仕様の方が人気になります。

 

昔のディーゼルエンジンといえば、黒煙をガンガン吐き出して、ものすごい騒音を撒き散らしながら走るという、
人にも環境にも悪影響を与えているというイメージが強かったと思います。

 

しかし、昨今ではクリーンディーゼルという環境性能に優れているディーゼルエンジンが開発され、
ガソリンエンジンよりも環境に悪影響を与えないエンジンとして、特に欧州で多くの車種に搭載されて販売されています。
日本でも、ディーゼルエンジンの燃料となる軽油の性能が改善されていて、
昔のように黒煙を排出しながら走る車はあまり見かけなくなりました。
また、軽油やディーゼルエンジン本体の性能の向上によって、振動や騒音も少なくなっています。

 

ハイエースに使われているディーゼルエンジンの性能も当然ながら向上しているので、
走行時の騒音や振動が改善されているのはもちろん、燃費も昔とは比較にならないくらい良くなっています。

 

しかし、ディーゼルの性能は向上しているものの、新車販売時の価格はガソリン仕様の方が安いため、
総合的に判断してガソリン仕様を選択する人も少なくありません。

 

日本国内での人気はガソリン仕様に軍配が上がりますが、ディーゼル仕様は海外での人気があります。
そのため、海外への輸出を目的とされたディーゼル仕様は、中古車市場での人気が衰えないんですね。
また、日本国内であっても商業用にハイエースのディーゼル仕様を選択する人は少なくありませんから、
1年中で需要が減るということはあまり無いのです。

 

ディーゼル仕様は、人気が衰えないにもかかわらずガソリン仕様より市場での流通が少ないため、
買取も高額になりやすいという特徴があるのです。

 

ローンを組んでいるハイエースの売却方法

車を購入する際、ほとんどの人は何年かのローンを組むと思います。
ローンを完済していれば売却時に何の問題もありませんが、
ローンの最中でもハイエースを売らなければならないことがあるかもしれません。

 

ローンを組むと、一般的に車の名義は払い終えるまでローン会社に所有権が付きます。
これを所有権の留保といいますが、車を売る場合はこの所有権留保を解除しなければなりません。
車の名義を自分にする、ということですね。

 

しかし、完済していないと所有権留保の解除に必要な書類をローン会社から出してもらえません。
ローンが残っている車を売る場合、ローンの残債を精算してからでないと売れないんですね。

 

精算といっても一括返済するお金なんか無い!と思われる方もいるかもしれませんが、安心して下さい。
ハイエースに値段が付けば、ローンの残債分と相殺してもらえますし、残債より査定額の方が高ければ、
差し引いた金額が手元に残ります。
逆に、ローン残債より査定額が少なかった場合は、ローンの組み直しをしてくれる業者もあります。

 

ローンがまだ残っていて、所有権がローン会社に付いているハイエースの売却を考えている場合、
色々な業者に相談してみるのも一つの手です。

 

ハイエース・バンの売却ポイント

1967年(昭和47年)に初登場した「ハイエース・バン」は、現在は5代目(2004年モデルチェンジ)の長寿車種です。

 

非常に広い車内を持っているので、自家用から商用まで幅広く活躍できる1BOXカーです。
また、ハイルーフやロングボディなど、豊富な車種バリエーションがあることも魅力ですね。
高い耐久性と機械的信頼性から、新興国や発展途上国での人気が抜群に高い1台です。
中東やアフリカ、東南アジアを舞台にした映画でもよく見かける車だと思います。
特に最上級グレードの「スーパーGL」は、国内・海外問わず、圧倒的な支持を得ています。

 

その人気は凄まじく、2007年から2014年の7年連続で自動車盗難のワースト1に挙がるほどです。

 

ハイエースは商業用としての需要が高いため、乗りつぶされた後に売却されることが多く、
査定に出す時にはすでに低年式、過走行、内外装共にボロボロの状態になっていることが多々あります。
しかし、それでも走れる状態であれば、まだまだ海外での需要は尽きないのです。
事故車や不動車であっても高額で買取される可能性がある、夢の車です。

 

世界各地で圧倒的に支持を得ているだけに需要は常にある車ですが、在庫によっては特に価格の変動が大きくなります。
そのため、売却を考えている方は、必ず複数の業者に査定を出すと共に、売却の時期を考えることも重要になります。
売却を検討している方は、定期的に一括査定サイトを利用して、相場を調べてみてはいかがでしょうか。

 

ハイエースの市場人気が高いのはなぜ?

日本国内では、一般的に低年式で過走行な車は敬遠されがちになるため、
中古車としての価値は低下するものですが、ハイエースは違います。

 

これまでお話した通り、ハイエースは海外での人気が非常に高い車です。
海外では低年式や過走行であっても構わず売れますから、国内需要しかない普通の車と違って、
海外需要があるハイエースの市場価値は大きく下がらないのです。
中には、ディーラーで新車のハイエースを買い漁り、海外へ転売するバイヤーも現れ、トヨタが輸出規制をかける始末です。
いかにハイエースに価値があるか、お分かりいただけるでしょう。

 

日本国内で乗り潰された(と思われている)ハイエースは、海外では新たな中古車として店頭に並んでいます。
乗り潰されたハイエースでも、海外では普通に取引されているのですから、買取価格も普通の車と変わりません。

 

こんな海外人気に後押しされているハイエースですが、もちろん国内でも人気があることに間違いありません。
ハイエースは1967年の登場以来5回のモデルチェンジを経ていますが、これは1代あたりの販売期間が長いことを意味しており、
キャンピング仕様やトランスポーター仕様に改造するなど、その時々に合わせた様々なカスタムパーツが販売されているのも特長です。
ハイエースを専門に扱う中古車販売店やパーツ専門店も存在し、中には独自にパーツを製作している販売店もあります。
そんな事情が相まって、アフターパーツやカスタムパーツの豊富さ、ノウハウを持つ業者の数は国内でもトップクラスです。

 

また、海外では多少人気の下がるガソリン仕様も、国内ではディーゼル仕様に比べて価格が安いこともあり、
国内の中古車市場人気は衰えをみせません。

 

ディーゼル仕様は海外で、ガソリン仕様は国内でといったように、
国内外に幅広いマーケットが存在するハイエースは、非常に高い再販価値が期待できる車なのです。

 

ハイエースを高額で売る方法は?

ハイエースを高く売るためには、ディーラー下取りはオススメできません。
新車の入れ替えをする時は、そのまま下取りに入れてしまう人が多くいるのが現状ですが、
下取り価格はディーラーの言い値で決まってしまうのは先にお話した通りです。

 

また、新車の購入だと納車まで数ヶ月かかることがありますが、下取り価格はその数ヶ月先の需要を見越して決められるため、
海外需要で価格が大きく変動するハイエースは市場価値が読みづらく、低めの下取り金額を提示されてしまうことがほとんどです。

 

ハイエースを一番高く売る方法は、ずばり輸出業者やハイエース専門の業者が多数参加している一括査定サイトを利用すること。
輸出業者は、ハイエースを必要としている国、人気があるグレードや色、装備などをリアルタイムで把握しています。
特にディーゼル仕様であれば、確実に一括査定サイトを利用すべきでしょう。

 

また、たとえガソリン仕様であっても、比較的高年式であったり走行距離が短い場合は、国内での需要が見込めます。
そうなると、一般の中古車販売業者や買取専門業者でも高く見積もってもらえる可能性があります。
キャンピングや商用にカスタムしている場合は、ハイエース専門店や商用車を専門に扱っている業者の出番です。

 

どちらにしても、一括査定サイトを利用することが高く売るための第一歩と言えます。
カスタムや仕様に合わせてそれぞれに強みを持った業者を選択できれば、思いもよらぬ高額査定も夢ではないのです。

 

一括査定サイトには、ガリバーやT-UP等の有名店はもちろん、全国各地のハイエース専門店、輸出専門店、カスタム専門店が参加しています。
高額で買い取りしてくれる業者が大手の有名業者とは限りません。
個人経営している小さな業者でも、販売ルートさえ確立されていれば、高額で買取してくれる可能性があります。

 

一括査定サイトを利用すれば、あなたの希望にあった売却価格が実現できるかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイエースを高く売る

ハイエースのふさわしい売却方法、
ご存知ですか?

 

自動車の困難を指摘するレディースのフィルム

 

過運行のハイエースけど厳しく売り払えるかな・・・

 

10年頃落ちを超えているけど査定総額は付くの?

 

ハイエースの買取相場が引っかかる

 

どこでもいいから激しく買い取ってほしい!

 

ハイエースの売却で自身考えていることは違いますが、 意義は一緒ですね。 そうです。

 

激しく売却したい!

 

ハイエースは商用自動車として圧倒的人気を誇る自動車だ。
その要求は国内では留まらず、第三国からも多大な教えを得ています。

 

そのため査定総額も徹頭徹尾下がらない自動車で有名ですが、 ハイエースのふさわしい売却方法を知らないと、大損してしまうケー。

 

10年頃落ちも100万円超えの査定総額が付く自動車。 安く買い叩かれてしまわないためにも、ハイエースの規則正しい売却方法を実践しましょう。

 

 

 

ハイエースは輸出目的で買取して貰え!
ハイエースは第三国からも多大な教えを得ているとお伝えした通り路、 第三国からの要求がおそろしい高いです。

 

主に東南アジアからの要求で、個人の商用意義に使用するほうが多いようです。 そのため、日本国内の買取社もそういう第三国からの要求にかけて、 輸出意義買取することが多いです。

 

輸出目的で買取すれば、通常よりも高い査定総額がつき易いだ。

 

日本と比べ海外ではハイエースの玉通算ばっかりないと言っても過言ではありません。
玉通算がないのに需要が高いは、それ程厳しく売り出し易いということです。

 

ですから激しく売れるんですね。

 

10年頃落ちで100万円を超える査定総額なんて前提に出ている自動車ですから、 その分、売却にも折り合いはできません。

 

ではどうして輸出目的で買取受け取れる社を見つけるかですが、 単純に激しく買い取って受け取る社を探せばいいんです。

 

そのためには色々な買取社に査定してもらうことが最良確実です。
但しでは手間も時間もかかってしまいますね。

 

そこで利用したいのが、「一元査定」だ。
一元査定を利用すればネットから売りたいハイエースの要領を入力するだけで、 複数業者に評価を出して買うことが可能なんです。

 

つまり、いつの買取社が激しく買い取ってくれるのかが分かる、ということです。

 

ネットから評価を出してもらうだけでも利用OK!

 

自動車の売却で損害せず魅力しよのなら、正邪利用しておきたいプレゼントですね!

 

 

 

下取りには絶対に示すな!
要因1で説明した性質上、ハイエースは買取でこそ、その力を発揮します。

 

下取りになど出してしまったら通常の自動車と同じような査定になってしまい、 ハイエース独自のだし汁(査定総額が下がらない)がありません。

 

ですので、下取りではなく買取を選択するようにしましょう。

 

 

 

買取相場を記帳せよ!
安く買い取られてしまわないためにも、買い付け相場は把握しておくようにしましょう。

 

何よりハイエースは、性質上、通常の自動車の査定総額はすごくことなります。

 

10年頃落ち、10万距離打ち破りだから10万円になればいいかなあ。
なんて思っていては大損してしまいます。

 

きっちり査定前に相場をチェックし、いくらくらいになるのか把握しておくようにしましょう!

 

買取相場は以下種目から確認してください。
100間柄ハイエース買取相場 200間柄ハイエース買取相場

 

100間柄ハイエースの買取実態カタログといった厳しく売却するしかた

 

 

200間柄ハイエースの買取実態カタログって厳しく売却するしかた

 

 

ハイエースを厳しく売却するしかた集積

 

要因をまとめると、

 

ハイエースは下取りではなく買取を選択する先

 

一元査定によって概算額面をチェエクし、いつの買取社が厳しく買い取ってくれるかを比較する。

 

買取相場を把握して適切な売却総額の審査

 

ということが、ハイエースを売却する上で重要になってきます。

 

 

オススメの一元査定!
ズバット自動車買取調査 定番だ!
ズバットLP

 

sateibotan

 

 

種目特別見分ける!
10万距離10年頃落ち以上のハイエースの売却 ハイエースの買取相場表 ナイス買取社バリエーション

 

ハイエースなら10年頃落ち、10万距離超えていても厳しく売却できる?但しただ売却しても安く買い叩かれるだけ。過運行、年代物のハイエースの売りユーザー教えます。

 

 

ハイエースは買取市場も特殊な自動車だ。きちんと買取相場を把握しておかないと痛い目を探るこになるかも。実に行われた買取実例をいくつかご紹介してある。

 

 

迷ったときにあてになるバリエーション!当ホームページが独自の測定で比較し、厳選した外さないバリエーションだ。これであなたもとっくに迷うことはあません。

 

 

 

ハイエース、特にディーゼルは海外でもバカ売れ講じるほどの人気です。 日本では僅かのですが、海外では個人でも商用として利用しますので、 査定総額が落ちません。

 

だからこそ、ハイエースの売却で失敗するほうが多いのです。 通常の自動車の査定総額をハイエースに当てはめてはいけません。

 

10年頃落ちも20万距離も激しく売り払える。 それがハイエースです。

 

そうして、どっちみち譲るならひたすら激しく!

 

これを忘れないようにください。 何より入替えのユーザーは、次の自動車をどうして安く購入するかばかりを気にかけますが、 今の自動車をどんなに厳しく売却するかの方が、至って重要です。

 

損したって気づいた時折既に鈍い。 そんなことにはならないように、できる限りのことはしておくようにしましょう!

 

 

ハイエース売却Q&A

 

10万距離を超えているけど厳しく売り払える?
ハイエースは「査定総額が下がらない車」としても普通。盗難料率拒否,1がそれを物語っていますね。

 

で、査定総額が下がらない理由ですが、海外でも莫大な需要があるからです。
主に発展途上国などの個々就労メインが就労用として欲しがる傾向が強く、鞄も大量に積み込めることができ、お客様も手広く乗っかることができる。こんなハイエースが「超評判」です。

 

そんな理由から主に「輸出意義」として買取る買取社も多いです。10年頃落ち、10万距離超えの貨物も100万円以上の査定総額、なんて当たり前のはなし。それがハイエースだ。

 

ハイエースを厳しく譲る上で気を付けることっていらっしゃる?
上で話した「3つの要因」以上だと、買取社に「並べる意思をのぞかせる」に関して大切ですね。

 

というのも自動車の査定というのは、査定だけして元来自動車を売却しない、なんて相手方が多いです。当然無償なのでそれを考慮したときのプレゼントなんですが、何しろ買取社も査定に時間を使っていますので、そのタームを無駄にしたくないハズ。

 

ですから「譲る意思があるんだぞ」という対応を見せることによって、「買う気」にさせることができます。買取社を「買う気」にさせたらこっちの賜物。あとはバンバン査定総額を上げて交渉してくる。

 

ただ、上に書いた「3つの要因」が基盤ですことを忘れないでください。

 

下取りって買取で迷ってある。
ハイエースはきっちり「買取」!
と言いたいところですが、前もって商店の下取り査定、買取社の買取査定、どちらにも出してみて比較すると良いでしょう。

 

もし商店にバックオーダーが入っていたパターン、かなりの査定総額が付く可能性も無きにしも非ずですので。

 

旧型のハイエースけれども嬉しい査定総額はつきますか?
先にも話した通り路、ハイエースは通常の自動車とは違います。
通常の自動車ですと、旧型になる結果一気に査定総額が低くなることがありますが、ハイエースの場合はそれと比べると大変安らか。旧型も十分な査定総額が見込める。

 

発展途上国の個々就労メインは旧型ですとか新設ですとか、そんなのは意思にしません。鞄が多く埋め込み、お客様が多く乗れる自動車が欲しいのですが、かつてたって需要が高いのです。どうしても古くさいから廃車として仕舞う。なんて方もたま〜にいいますが、絶対にやめましょう!コストをドブに捨てているのと同じです。