MENU

ユンボやミニユンボの買取なら

ユンボやミニユンボ、その他建設重機の買取は

こちらからネット依頼が便利です

 

 

トラック買取.comは3つを約束!

 

1.どこよりも絶対に高く査定!

 

2.しつこい営業電話は廃止!

 

3.ユンボ以外の重機でもOK!

 

この3つを約束!

 

ユンボの買取を、気軽に依頼できるようになっています。

 

トラック買取.com便利な使い方

必ず売らないといけないわけではない

 

と明言しているだけあって、「今すぐじゃないけど」とか、「この先のために概算価格が知りたいだけ」という方に最適なのがこのトラック買取.comなのです。

 

もちろん、査定申込も出張査定も一切が無料。さらにいざ買取となれば、どれだけ高い金額でも即日に現金買取してくれるので、資金繰りを徹底サポートしてくれます。

 

矢印

 

>>トラック買取.comを見てみる<<
詳しくはこちら

こんな人にはトラック買取.com

ユンボをまだ売るか決めてないけど、とにかく今、概算価格だけでも知りたい!という方にはおすすめ。「しつこく電話しない」、「売らなくてもいい」という営業スタイルは、押し付け感がなくてとても嬉しいですね。

 

 

 

トラック買取王国の特徴はこの3つ!

 

1.電話査定からの減額なし!

 

2.しつこい営業電話はなし!

 

3.ユンボ以外の重機でもOK!

 

トラック王国の特徴はさまざまあって、こちらも気軽に依頼できるようになっているのは同じですが、売却されるお気持ちによって変わります。

 

トラック王国の便利な使い方

本気で売りたい方はこちら

 

このトラック王国は、本気で売りたい方にはおすすめのサービスです。WEBサイトから依頼をかけると、決してしつこくない範囲で電話がかかってきます。でもここからが大きな特徴。電話ヒアリング時に、概算価格を算出してくれるのですが、

 

「査定時に提示価格が減額されることがない」

 

というのがウリ!本気でウリたい方は、ここにも査定申し込みをしてみましょう。

 

>>トラック王国を見てみる<<
詳しくはこちら

こんな人にはトラック王国

ユンボを売ろうとしている。でも少しでも高く売りたい!という方は、トラック買取.comも、トラック王国も両方申し込むのが良いでしょう。そして、電話がかかってきた時に、いくつか査定されてた内容を話して高額査定してもらうのもアリ。まずは1位のトラック買取.com、そしてこのトラック王国でキマリですね。

 

 

 

トラック買取王国の特徴はこの3つ!

 

1.5社からの一括査定が可能

 

2.買取業者を選ぶこともできる

 

3.業者へお断り代行サービス

 

ここは上記2つのサービスとは少し違い、

 

「買取一括査定サービス」になります。

 

上記2社は、それぞれが直接買い付ける業者であるのに対し、こちらは最大5社に一括査定を依頼することができるサービスです。

 

トラック一括査定王の便利な使い方

本気なら全部に申し込むべし

 

上記2社に申込んだあと、このトラック一括査定王に申し込むと、最大7社からの査定が可能。ユンボを本気で高く売りたいなら、こうした方法で売却するのも良い方法。最高値業者が決まったら、

 

他の業者に断り連絡を入れてくれる

 

というサービスもあって、面倒なことから解放される嬉しいサービス付きとなっています。

 

>>トラック一括査定王はこちら<<
詳しくはこちら

こんな人はトラック一括査定王

今すぐ最大の高値で引き取らせたい!それなら何社にも申し込んで、多くの査定業者を競わせるのがベスト。ユンボを売ろうとしている。でも少しでも高く売りたい!という方は、トラック買取.comも、トラック王国も両方申し込むのが良いでしょう。そして、電話がかかってきた時に、いくつか査定されてた内容を話して高額査定してもらうのもアリ。まずは1位のトラック買取.com、そしてこのトラック王国でキマリですね。

油圧ショベル・ユンボの買取りでもっとも重要なこととは?

油圧ショベル・ユンボの買取、みなさんどうされていますか?

 

ディーラーに下取りに出す、というのがごく一般的な方法だと思いますが、実はそれ、ものすごく損している可能性があるんです。

 

ではどこに買い取ってもらえばいいのでしょうか。

 

重要なのは、重機買取専門業者に買い取ってもらうということ。

 

専門業者と聞くとちょっと利用しづらいイメージもありますが、全国どこでも買取査定を行ってくれますし、しかも査定は無料ですので、気軽に利用することができます。

 

もちろん、買取価格だってディーラーで売却するよりはるかに期待が持てますので、ぜひ利用したいところですよね。

 

油圧ショベル・ユンボ高価買取りのための業者の選び方や、売却時のノウハウをまとめましたので、買取査定を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

油圧ショベル・ユンボ買取で大切なことは売却業者の選び方

トラックや重機などは、普通自動車に比べると買取価格の相場というものがなかなか素人には分かりにくく、その中でも油圧ショベルなどはさらに専門的なため、いくらで買い取ってくれるのか検討も付かないというかたがほとんどだと思います。

 

売れたからといって喜んでいても、実は損をしている可能性だってあるわけです。

 

油圧ショベルなど専門性が高い重機などの査定では、その売却先の選定が非常に重要となります。

 

下取りしてくれるからといってディーラーに全てお任せするのは、あまりいい方法とはいえません。

 

ユンボを売却する際には、その買い取り価格だけではなく、書類上の手続きや支払いのやり取りなど、トータルで安心できる業者を選ぶことが重要なのです。

 

とはいうものの、世の中には重機買取専門業者はたくさんありますし、その中からトータルで安心できる業者を選ぼうと思っても、なかなか簡単には決められませんよね。
公式のホームページをみて「ここなら安心して取引きできそうだな」と思っても、実際に利用してみると全然ダメだった、ということは少なからず起こり得ます。

 

ユンボ買取で成功する鉄板はこれ!

・できるだけ高い価格で業者にユンボを売りたい
・新車の購入費用にあてるため、下取りは出来る限り高い方がいい
・ユンボの買取相場がいくらなのかを聞いてみたい
・ディーラーでの下取りの価格が予想よりもかなり安かった
・ユンボってどこで買い取ってくれるの?

最初から一社に決めるのではなく、いくつかの業者から見積もりをとり、その中でもっとも高い買取価格を提示した業者を選ぶようにしましょう。

 

こうすれば、あとになって「あっちの業者に売っておけばよかった!」などということは起こらなくなりますので、断然オススメです。以下で見積もりをとるところから始めましょう。

 

▲ユンボ買取ランキングへ戻る

一体いくらでユンボは売れる?

ユンボを会社等で使っている方もおられると思いますが、その買い取り価格はいくらなのでしょうか。

 

何度もメンテナンスを施して、大事にそれまでユンボを使ってきた方達にとって、思うことはただ一つ。なるべく高い価格でユンボを買い取ってほしい、ということですよね。

 

ディーラーに下取りに出す場合であっても、意外に手続きが手間だったりもしますし、それが面倒だからといって相手に全部任せるとなると、期待していた買取価格にならなかったというケースも多いのが実情です。

 

その点、インターネットの買取査定サービスを利用すれば、ユンボの必要な情報を入力するだけで簡単に査定を受けられ、あらかじめだいたいの買取価格を知ることができます。

 

しかも、このサービス、無料で利用できるというところもポイントです。

 

また、買取業者に対して、そこからさらに直接査定を申し込めば、専門の査定員が現場まで実車を見に来てくれます。

 

インターネットでの査定はあくまで簡易的なものですので、実車を見て査定してもらうことで、はじめて正確な買取価格を知ることができるのです。

 

この際、査定員が直接その目で、使用状況や車体の汚れ、さらには各部品のメンテナンス具合などをチェックしますので、これにより査定額が変わってくるということも、高額査定を狙うのであれば知っておいたほうがよいでしょう。

 

ユンボの売却はオンラインで

普通自動車のオンライン買取サービスはご存知の方も多いと思います。
実は、ユンボの買取も、同様にオンライン予約での出張買取査定が可能ですので、ユンボを買い取ってほしいと考えているのであれば、このオンライン買取出張査定を利用することで、高価買取が期待できます。
これら出張買取業者のWEBサイトをみてみると、日本全国どこでも買取対応しているところが多いため、買取依頼を考えている人にとってはたいへん心強いですし、また、査定費用も無料なため、直接顔が見えないオンライン査定とはいえ安心して申し込むことができます。
ところで、オンラインの出張査定サービスを利用すると、なぜユンボの高額査定が期待できるのでしょうか。
実は、これらの買取業者は、ユンボを買い取った後、古くなった部分を整備し、塗装をし直したりして、国内だけでなく海外にも輸出・販売している業者が多いのです。
海外市場では、日本製のユンボの人気はとても高く、海外市場への輸出・販売を積極的に展開している業者などでは、高額査定が期待できるわけです。

 

▲ユンボ買取ランキングへ戻る

どんなユンボであっても高価買取が可能!

・買い取り先が見つからないユンボ
・倉庫に眠ったままになっているユンボ
・もう仕事では使わなくなってしまったユンボ
・故障して動かなくなってしまったユンボ

故障していたり古いからと言って、売却をあきらめていませんか?
状態にもよりますが、査定をすることで買取価格が付く場合もあるのです。
オンラインの出張査定サービスであれば、申し込み後に査定員が現地まで実車を見に来て、直接査定をしてくれます。
そこで査定金額の提示がありますので、満足のいく結果であればその場で契約となりますし、不満があるようならば、金額交渉してみたり、他の業者にあらためて見積りをとればいいだけの話です。
このオンライン出張買取サービスを、利用しない手はありません。
海外需要だけではなく、東日本大震災における震災復興事業やアベノミクスの景気浮揚に伴い、現在は国内でも土木工事が追い付かない状況にありますので、中古ユンボは、依然として高いニーズに支えられている状況にあるといえます。

 

ユンボ出張買取サービス利用時の注意点

ユンボをはじめ、トラックやブルドーザーなどの重機は、工事や建設作業現場など、日本のあらゆる場所で活躍しています。
これらの重機も、経年による劣化は避けられず、普通自動車などと同様、買い替えを検討しなければならない時期が必ずやってきます。
そのときに役に立つのが、このユンボ出張買取査定なのです。

 

油圧ショベル・ユンボの買取査定を利用する前に押さえておくポイント

普通自動車であれば、車種やグレード、年式や走行距離、あとはボディカラーなどの情報があれば、買取相場からおおよその買取価格が分かります。
しかし、油圧ショベル・ユンボなどの重機になると、そもそも確立した買取相場がないために、買取査定においても重機の取り扱いに慣れた専門知識のある査定員による査定が必要となってきます。
この専門の査定員が査定の際にチェックする箇所の中から、重点的にみられる項目を以下にまとめてみました。

 

上記の項目が高評価だと、もちろん査定額にもプラスに働きます。
特にキャタピラーやキャビン、またはキャノピーといった、すぐに目に付く部分については、汚れを落としてキレイにするだけでも査定員に好印象を与えますので、このことも知っておいた方がよいポイントになります。

 

▲ユンボ買取ランキングへ戻る

ユンボの車体状態の確認

使用していたユンボが古くなったので処分しようという場合、あなたならどうしますか?解体してもらおうと解体業者に依頼するのもひとつの方法ですが、せっかく今までがんばってもらったユンボですので、買取業者に買い取ってもらい、必要とする別の人にあらたに活用してもらった方がやっぱりいいですよね。
普通自動車に中古車市場があるように、ユンボのような重機にも中古売買の取引市場があり、これを専門とした買取業者も数多く存在しています。
これら買取業者の中には、買取実績を広くアピールした宣伝を行っているところもあり、また、高額査定を堂々とうたっている業者もありますので、こういった買取サービスはぜひ利用したいところです。
ところで、ひとくちにユンボといっても、メーカーや性能などによって査定額は変わってきますし、また、車体そのものの状態によっても大きく変わってきますので注意しておきましょう。
程度の良い車体であればもちろん買取価格も期待できます。
普段から重機を扱っている方であればすぐに分かる部分でしょうから、買取サービスを利用する際には、これらのことも把握しておいてください。

 

車体の実働時間

普通乗用車の場合、走行距離が査定に影響することはご存知の方も多いかと思います。
しかし、ユンボの買取査定においては、専門の査定員がみるポイントは、その車体の実働時間なのです。
ユンボのような重機の場合、実働時間が長ければ長いほど、車体に負担がかかっています。
高額査定を引き出すためには、なるべくメンテナンスを怠らず、また、洗車などで見た目にもキレイにしておくことが重要となってきます。
そのうえで、専門業者にユンボの買取を依頼すれば、高価買取も期待できるでしょう。

 

ユンボの買取価格の情報

ユンボというのは、一般的には油圧ショベルやパワーショベル等の建設機械のことをいいます。
ユンボという名称は、もともとはフランスの建設機械メーカーの製品名からきており、日本においては、建設機械レンタル企業の登録商標となっています。
ユンボはその車両重量により、小型、中型、大型などの分類がなされています。
ユンボの操作にあたっては、運転資格が必要となり、検定合格者または技能講習等の受講者に限られ、講習の受講日数は、保持している運転免許証の種類にもよるようです。
また、大型特殊自動車として登録された車体で公道を走行する場合は、大型特殊自動車の運転免許が別途必要となります。
国内のユンボ製造メーカーとしては、コマツ、クボタ、ヤンマー、キャタピラー三菱、日立建機などがあります。
特にコマツは、日本やアジアにおいてはシェアNO.1で、世界においても上位のメーカーです。
免許の敷居が低い小型ユンボであれば、中古で数十万円〜100万円程度で流通しており、一般での取引も見受けられますが、大型ともなると、その取引価格も高額になってきますので、業者取引が中心となるようです。
大型の油圧ショベルだと、車体の程度などにもよりますが、たとえば信頼の厚い人気の日本製では数百万円〜1000万円、中にはもっと高値で取引される場合もあります。

 

▲ユンボ買取ランキングへ戻る

「ユンボ」の名称

ユンボは、もともとはフランスの建設機械メーカーであるシカム社の製品名でした。
1960年代初めに、同社は技術提携していた三菱重工業(当時は新三菱重工)にライセンス供与を行い、三菱が初めて国産化した自社の油圧ショベルに「ユンボ」の名称を用いたことから、土木や建設の業界を中心に浸透することとなり、現在でもこの名称が油圧ショベルの代名詞として広く使われているわけです。
操作機構は単純で、本体から腕状に伸びた先にバケットと呼ばれる部品を取り付け、掘削から整地、運搬などを行います。
日本全国の土木・建設の工事現場でみかけますので、重機といえばまずはこのユンボを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

ユンボの利用場面は?

ユンボは土砂の掘削や積込み、整地だけでなく、重たい資材を運ぶクレーンとしても使えますし、また、重機の中では小回りが利くため活躍の場はとても幅広く、その使い勝手の良さから、土木工事などのあらゆる建設現場で大変重宝がられています。
トミカのミニカーでも、はたらく車シリーズとしてこのユンボがラインナップされており、建設現場の大人だけでなく、子どもからの人気も高いのがうかがえます。
ただし、いくら使い勝手の良いユンボとはいえ、その形状からも分かるように、広範囲を一気に採掘できるわけではありませんので、作業の現場に合わせて効率的に使用するということが必要になってきます。
ユンボは、道路工事などにおける岩盤掘削でも活躍しますし、コンクリート構造物を粉砕する際や、採石現場では大きな岩石を細かく割るのにも利用されています。
また、アームの先に各種のアタッチメントを取り付けることで、解体作業などにおいてもユンボの活躍の場は広がっています。
現場に合わせて、実に多種多様な利用が可能となるのです。

 

ユンボの売却時期

ユンボは、国内市場だけでなく海外市場においても、その需給バランス次第で取引価格が大きく変わってくるため、売却のタイミングをよく見極めることが重要になってきます。
また年が改まると年式も古くなってしまいますし、メーカーのフルモデルチェンジ情報にも注意したいところです。

 

▲ユンボ買取ランキングへ戻る

このページの先頭へ