MENU

軽自動車の人気のランキング

軽自動車

 

軽自動車の人気ランキングの前に、軽自動車の規格を少しお話し。

 

軽自動車とは、全長3395mm、全幅1475mm、全高は2000mm未満のサイズで作られた車のことを指します。

 

そして排気量はもちろん660cc未満となりますが、軽自動車という割には重量の規定がなかったりするのがちょっとおもしろい特徴です。

 

中には車体重量が1tを超えるものも存在し、660ccの排気量ではちょっとしんどいかなぁという車種も。

 

そんな軽自動車の人気を、様々な角度で検証しています。

軽自動車人気のポイント1

スライドドアになっている背の高い車種に人気が集中

 

背が高い軽自動車

 

軽自動車の全体的な人気の中で、最も高い人気となっているのが

 

全高を高くした車種。

 

少し前までは、ワゴンRやムーヴのように、全高1600mm前後のモデルがよく売れていましたが、ここにきてタントやNボックス、スペーシアのような1700mmを超える車種がかなりの注目を集めるようになってきました。そして大抵のモデルは、

 

スライドドアを採用する

 

ようになり、乗り降りがしやすいことも、人気のポイントとなっています。

 

nbox

 

N-BOXは2011年11月に登場し、とても好調に販売されています。

 

タント

 

タントは広い軽自動車の先駆けモデル。た〜んと広く使えるという意味からタントになりました。

軽自動車人気のポイント2

おしゃれなクロスオーバー車種が人気!

 

クロスオーバー軽自動車

 

外観に純正からエアロを装着し、とてもかっこよく仕上がっている

 

カスタム系のモデル

 

が人気を集めています。ただ最近は、普通のカスタムとは違って

 

SUV系に仕上げたモデル

 

が人気になっているようです。そしてその代表的な車種といえば、

 

やっぱりスズキのハスラー

 

スズキハスラー

 

ハスラーは、今までの軽自動車にはなかったSUV系のデザインによって、数多くのユーザーに受け入れられ、かなりの人気モデルとなりました。

 

ダイハツキャスト

 

2015年9月にはダイハツからキャストが発表されて、カスタム系の人気はますますアップ。キャストは3つの外観から選択できることが特徴ですが、販売の中心はやはりSUV系デザインのアクティバというグレードになっています。

軽自動車のメリット

安全性能の充実と燃費性能の向上

 

燃費計

過去から心配されていた、軽自動車の安全性能を、エアバッグの標準化やボディの大型化で向上させ、ユーザーの心配を払拭。

 

燃費性能に関しては、特殊な装備などを採用せず、重量をとことんまで軽くし、ノーマルエンジンにCVTを組み合わせたミライースを皮切りに、その後、各社がこぞって燃費性能を競うようになっていった結果、背の高いモデルも含めて全体的に燃費性能の底上げに貢献しました。さらに衝突回避システムなどを搭載することによって、ますます軽自動車が人気となっています。

 

軽自動車の要注意点

ちょっとパワー不足は否めない

 

パワー不足

軽自動車のエンジンは660cc。コンパクトカーの1500ccなどに比べると半分以下の排気量。それなのに車体重量はコンパクトカーと変わらないか、モデルによっては重たいものまであるために、どうしてもノーマルエンジンではエンジンパワーが物足りなくなってきます。

 

「そんなに飛ばさないから!」

 

なんてセリフをよく聞きますが、そういう方に限って

 

右折時や高速道路の合流などで、パワー不足のためにヒヤッ!とすることが多いようで…。

 

値段は少々高くなっても、ターボエンジン搭載車も考慮したいところですね。

軽自動車にはどのような車があるの?

今の軽自動車はかんたんに分けると、全高の違いとして、主に3種類に分類されます。

 

今一番の売れ筋は、1600mm前後のハイルーフタイプで、次に1800mm前後のスーパーハイルーフが続きます。

 

屋根の低い標準タイプは、低燃費・低価格を売りにしていて、立体駐車場に入るサイズ(1550mm未満)となっています。

スーパーハイルーフタイプ

かなり広い室内にスライドドアの組み合わせは最高

 

全高が1800mm前後になって、かなりの頭上高が生まれるため、室内は抜群に広い!

 

窓の開口部が大きくなるため、運転していても視認性は抜群。4人家族のメインカーとしても十分に使える広さを持っています。

 

ウェイク

 

ウェイクだよ!のCMでお馴染みのダイハツウェイク。いかついルックスは、若い男性にも人気です。

 

 

スペーシア

 

同一クラスの車種に比べて車体重量が軽いスズキスペーシア。その重量は燃費性能と動力性能に良い影響を与えます。デュアルカメラブレーキサポート搭載車も選べるのも魅力。

ハイルーフタイプ

オールマイティ的な要素を備えるバランスの良さが魅力

 

全高が1600mm前後のハイルーフタイプは、現在では軽自動車の標準的サイズともいえるほどポピュラーなサイズとして認知されています。

 

車内の広さは必要にして充分。広いと感じることはないにしても、狭いと感じることもありません。価格や燃費、走行性能で比較すると、一番バランスの取れたクラスと言えるでしょう。

 

ワゴンR

 

ワゴンRは、軽自動車のサイズの常識を覆した元祖ともいえるモデルで、軽自動車といえばワゴンRというくらいの人気になりました。Sエネチャージとによって燃費も格段に向上、ライバルより燃費面で有利になっています。

 

ムーヴ

 

走行安定性能と乗り心地が良く設計されているムーヴ。ハンドリングや運転感覚はトヨタが後押しするだけあってさすがというところ。安全装備も充実し、とてもお買い得たっぷりです。

 

Nwagon

 

ホンダデザインは現在最も市場にウケていて、普通車メーカーが作る軽自動車はこうなる!という立派な質感を持っているのがこのN-WGN(エヌワゴン)です。

標準ルーフタイプ

お手頃価格と低燃費が魅力の標準ルーフ

 

立駐

全高を1550mmに設定し、立体駐車場にも入る規格で設計された標準モデル。

 

元々この大きさで軽自動車は始まって、現在に至ります

 

 

最近では車高が低くても、ミライースのように居住性をしっかり確保したモデルも登場し、高速道路での安定性も何ら問題ないレベルになっています。

 

 

アルト

 

アルトの燃費は、このクラストップレベルのリッターあたり37キロ!ハイブリッドモデルのアクア同様の燃費を誇り、国産車全体で見てもトップクラスの燃費性能になります。

※写真はワークス

 

 

ミライース

 

燃費競争の先駆けとして鳴り物入りで登場したミライース。少し設計の古さは感じるものの、リッター35キロの燃費は十分な性能です。

軽自動車の販売台数ランキング

ここでは軽自動車の月間販売台数平均をランキングにしました。

 

今人気の車種は、販売台数に表れています。参考に選んでみてください。

 

ハスラーの特徴

価格 円〜
ムーヴの特徴

価格 円〜
ワゴンRの特徴

価格 円〜
スペーシアの特徴

価格 円〜
アルトの特徴

価格 円〜
N-WGN(エヌワゴン)の特徴

価格 円〜
ミライースの特徴

価格 円〜
デイズルークスの特徴

価格 円〜

 

 

 

 

 

 

 

 

軽自動車が人気の論拠は?

 

軽自動車の人気の理由はどうしても長続き費の安さだ。

 

2015階級の4ひと月先、租税が7,200円から10,800円に値上げしましたが、他のランクの車に比べるとちょっと、思い切り安いです。

 

車検費用も修理する部分がなければ、概して4〜5万円くらいで済みます。

 

そうして、燃費内容もかなり良いです。

 

最近ではプライス箇所だけでなく無事組織や居留ブランクの良さもメリットとなっています。

 

もうすぐ軽自動車の中で一大トップクラス10車をご紹介させていただきますので、あなたの車選びの参考にしてください。

 

 

第10程度「ダイハツ ウェイク」

 

wa01a

 

伸長の大きい躯幹を活かしたユーザビリティの高さが魅力のウェイク。

 

収納ブランクの数や積荷室の広さによる使い勝手の良さを考えると軽自動車の中でトップクラスのユーザビリティを持っています。

 

wa01b

 

 

燃費:23.8km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1835mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位といった価格」

 

X・PA(FF・CTV):1,663,200円

 

 

「大安売り合計」

 

5万〜11万円

 

wa01c

 

「メリットとデメリット」

 

アウトドア遊びを想定した器機が数多く備えてあるので、キャンプや釣りなどのホビーを持つユーザーにうってつけの種類となっています。

 

積荷室の床下にまで約90?の大ボリューム収納が用意されていて、車内に20個所以上の収納ブランクもあります。

 

そうして後ダッグアウトの扉の開口部は1286mmといったワイドになっていて、場所の階も悪いので乗り降りがしやすいだ。

 

あとは院内がなんとも幅広いので車中泊にも向いている車だ。

 

後ダッグアウトも院内のブランクは大きいのですが座箇所がちょっぴりごつくフレキシビリティーが少ないだ。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

第9程度「スズキ ラパン」

 

rapan01a

 

デザイン性とわかりやすさで女性に一大ラパン。

 

丸みをおびたチャーミング容姿の図案を通していて無事装置が充実しているラパン。

 

衝突の異常を低減する「レーダーブレーキサポート」や急阻止を踏んですところハザード灯りを点滅させて後継ぎ車に興味をうながす「エマージェンシーストップシグナル」といった先進の無事器機を備えてあります。

 

rapan02a

 

 

燃費:35.6km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1525mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

S(FF・CTV):1,285,200円

 

 

「大安売り合計」

 

4万〜9万円

 

rapan03a

 

「メリットとデメリット」

 

容姿の良さだけでなく燃費もかなりすばらしくJC08ムード燃費で35.6Km/?ってとっても優秀です。

 

夫人において美味しい組織が多く空調からは人肌や髪にきめ細かい弱酸性のナノイーが放散されたり、紫外線というIRをカットするガラスを採用している。

 

あとは収納が多いので使い勝手が良いだ。

 

居留ブランクはいいのですが後部席順のフレキシビリティーが貧しく、深く腰掛けるといった腰のあたりに席順の骨格が触るので上がり感想がほとんど良くないです。

 

それと、ハンドルのギヤ割合が退くので違和感を感じやすいだ。

 

(ハンドルを回す量が多くなります)

 

あとは、夫人顧客をターゲットにしていることもあって「運転しやすさ」もメリットとなっています。

 

 

第8程度「スズキ アルト」

 

aruto1a

 

36階級という長いキャリアを保ち能率に優れているアルト。

 

(現行パターン種類は8代目だ)

 

燃費の良さは全車の中でもトップクラスに良いです。

 

(軽自動車の中では一番良いです)

 

aruto2ba

 

 

燃費:37.0km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1475mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

Sレーダーブレーキサポート準備車(FF・CTV):1,023,840円

 

 

「大安売り合計」

 

2万〜5万円

 

aruto3a

 

「メリットとデメリット」

 

貨物価格が安く燃費が良いので能率にいやに際立つ種類となっています。

 

(貨物価格は大抵乗用車を1客席貰う総額でアルトが3客席選べるような賃料だ)

 

一番のメリットは、軽量化といった進化した低燃費ワザにて大幅に向上した燃費内容だ。

 

燃費の良い走行をしているかどうかがメーターの光源(灯り)で分かるようになっています。

 

通常は青色の光源がメーターにあたっていて、燃費の良い生じ方をしていると光源が緑色に変化します。

 

rk07c02

 

軽々しいので軽快な現れができます。

 

燃費が良くて貨物価格も安いですが、積荷室は小さく、上がり感想は少々硬めだ。

 

積荷室を広げるという2顧客しか乗れなくなります。

 

アルトは顧客のお財布に優しい、充分能率にこだわった種類だ。

 

 

第7程度「スズキ スペーシア」

 

spacia1a

 

先進ワザをつめこんであり実用に最適なハイトワゴンのスペーシア

 

院内ブランクが大きく、両側が横すべり扉になっていて無事器機も充実しています。

 

無事故にハマる子育てのユーザーにおすすめの車だ。

 

spacia2a

 

 

燃費:32.0km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1735mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

Xデュアルカメラブレーキサポート準備車(FF・CTV):1,458,000円

 

 

「大安売り合計」

 

6万〜13万円

 

spacia3a

 

「メリットとデメリット」

 

全数量が1700mmを超える軽自動車の中では躯幹が全然小気味よく燃費が良いだ。

 

(JC08ムード燃費32Km/?)

 

カメラを使うオート阻止編制は時速100Kmまで対応している。

 

他にも通行人ディスカバリー組織、車線逸脱助言などおっきい階級の無事故を持っています。

 

スペーシアは収納機器にも優れていてダッシュボードの等級ボックスはティッシュがすっぽり減るぐらい大きいです。

 

ダッシュボードの上にはアッパーボックスが装備されていて、コアコンソールにも収納ボックスがあります。

 

席順の素肌は撥水製造がされていて、飲み物をこぼしても簡単に拭き取ることができます。

 

後ダッグアウトは大きいだけでなくリクライニング組織もついているのでまだまだ倒せばリラックスして陣取ることもできます。

 

積荷室は、後ダッグアウトを片方だけスライドして動かすことができるので顧客が乗っていても広い積荷を積み込むことができます。

 

ハイトワゴンで伸長も大きいので自転車を積むこともできます。

 

欠陥としては、プライスの抑制を通じて上がり感想がちょっぴり固く察することがあります。

 

それと、横すべり扉の開口射程はNボックスに比べると60mm狭くなっている。

 

あとは、席順整理でベルトを引っ張りながら席順を上げるのは幾らか重苦しく感じます。

 

 

第6程度「ダイハツ キャスト」

 

rk07a012

 

慣例、駆け回り、SUVといった3関連の個性的なバリエーションから買えるキャスト

 

都会的で感触の高い「慣例」

 

ターボエンジンで現れを重視した「ムーブメント」

 

悪路が走行望めるSUV風の「アクティバ」

 

こういう3バリエーションに分かれている。

 

一番人気が厳しいのは「アクティバ」だ。

 

rk07a02

 

rk07a03

 

 

燃費:26.8km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1630mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

アクティバX “PAU” (4WD) :1,414,800円

 

 

「大安売り合計」

 

2万〜4万円

 

rk07a04

 

「メリットとデメリット」

 

キャスト関連は3バリエーションとも内うわべのデザイン性に優れていて感触が高いです。

 

とりわけインテリア(内側)は、ワンタッチですがカッコ良くて綺麗だ。

 

あとは、地位の「X」以外に衝突解離の支え組織「きゃしゃ修正U」が全車常客装備されていて安全性が高いだ。

 

そうして、それぞれの関連の魅力ですが・・・

 

4WDの組織を高めたSUVバリエーションのアクティバの魅力は「最低限地上数量の高さ」だ。

 

FF車で180mm、4WD車で175mmといった高めに設定されているのでデコボコ道筋も乗りこえ易くなっています。

 

あとは、急性坂道を一定の速度で下ることができる「ダウンヒルアシストコントロール厳禁」が搭載されている。

 

rk07a05b2

 

キャストムーブメントは「現れ」を重要視した車好きに喜ばれる種類だ。

 

地位はターボの「ムーブメント”PAU”」のみとなっている。

 

タイヤが16インチでオプションでハイグリップタイヤを準備できるようになっている。

 

動力内容は9.4kgmで1.0?エンジン並みの内容だ。

 

キャスト慣例は、落ち着きのある「上質な慣例」にこだわったエレガントな種類だ。

 

バンパーにメッキ製造を施したり、さわやか居留ブランクになる為の様々なオリジナリティがされています。

 

全車として欠陥としては、後ダッグアウトの上がり感想が決してよくないです。

 

あとは、普通エンジンにチカラ手薄を感じます。

 

 

第5程度「スズキ ワゴンR」

 

wgn-r1a

 

ハイトワゴンの先駆け的存在のワゴンR。

 

ユーザビリティ、燃費、無事故に優れているスズキの主役車だ。

 

wgn-r2a

 

 

燃費:33.0km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1660mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位といった価格」

 

FZ(FF・CTV):1,372,680円

 

 

「大安売り合計」

 

6万〜13万円

 

wgn-r3a

 

「メリットとデメリット」

 

スーパー種類には、モーターが走りをアシストする「Sエネチャージ」を搭載することによって低燃費でアイドリング帳消し後の再開が静かになっています。

 

(33.0km/?の燃費内容はハイトワゴンの中でトップです)

 

後ダッグアウトは横すべり組織無料で居留ブランクが幅広いだ。

 

それと、赤外線レーザーをセンサーとした衝突解離支え組織が付いています。

 

事変阻止も作動するので無事故に優れています。

 

特別な執念はないですが、あらゆる面で厳しい内容を持っています。

 

欠陥としては、ボディの傾きを制御するスタビライザーが付かず、湾曲で傾くのが気になります。

 

 

第4程度「スズキ ハスラー」

 

rk02j1

 

ハイトワゴンというSUVを融合させたクロスオーバー種類のハスラー。

 

街上がりも悪路も駆け抜け易くて大人気の車だ。

 

rk02j2

 

 

燃費:30.4km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1665mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位と価格」

 

G(4WD):1,399,680円

 

 

「大安売り合計」

 

5万〜10万円

 

 

「メリットとデメリット」

 

4WDで最低限地上数量が175mmもあるのでスノー道筋やデコボコの道筋も気にしないで走り回ることができます。

 

hustler1a

 

4WDは、駆動力を上げる「グリップコントロール」を装備している。

 

他には急性下り坂でアクセルや阻止を踏まなくても自動で走行していただける「ヒルディセントコントロール」も搭載されている。

 

積荷室が樹脂パネルになっているので、汚れても保全が楽です。

 

「S-エネチャージ」の雇用にて燃費が向上している。

 

無事面でも「デュアルカメラブレーキサポート」になったので売り込み初期に比べると無事故が進化しています。

 

車内には実用的な小物入れが多数あります。

 

欠陥としては、ターボ2WD車の上がり感想がほとんどよくないです。

 

 

第3程度「ホンダ N-WGN(ワゴン)」

 

n-wgn1

 

乗用車感覚で運転できる軽自動車のNワゴン。

 

とってもシンプルな図案ですが、操作性がかわいく、居留性や収納性に優れていて、燃費料金や貨物価格も抑えられるマルチな車だ。

 

横すべり扉は装着していませんが、院内が広くて価格が割安なので、大きい顧客から人気があります。

 

n-wgn3

 

 

燃費:29.4km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1655mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

G・Lプラン(FF・CTV):1,240,000円

 

 

「大安売り合計」

 

5万〜10万円

 

n-wgn2

 

「メリットとデメリット」

 

程度ダッグアウトとも足下や高所が幅広いのでさわやか居留ブランクになっています。

 

後ダッグアウトの下に幅広い収納トレイがあって傘という長いものでも収納できます。

 

時速30隔たり以下で作動する衝突支え組織が付いていて無事箇所をサポートしてもらえる。

 

形成小分けではなく一体パターンですが、後ダッグアウトに横すべり仕組があるので自由に整理できます。

 

欠陥としては、後ダッグアウトの席順は少し強いので長時間座っているという腰やおけつが痛くなるケー。

 

それと、後ダッグアウトの背もたれを転ばすって広げた積荷室の階に段差ができてしまいます。

 

 

第2程度「ホンダ N-BOX(ボックス)」

 

n-box1a

 

軽自動車でトップ車内が幅広いNボックス

 

大きい走行内容を持っていて、器機も充実している万能車だ。

 

n-box2a

 

 

燃費:25.6km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1780mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位という価格」

 

G・Lプラン(FF・CTV):1,370,000円

 

 

「大安売り合計」

 

6万〜13万円

 

n-box3a

 

「メリットとデメリット」

 

ターボ車には、エッジを圧すだけで一定のステップを維持してもらえるクルーズコントロールを常客器機。

 

2列瞳の座箇所を跳ね上げる結果車内数量を甚だ激しくできます。

 

n-box4a

 

積荷室の階が低ので積荷が積み易いだ。

 

後ダッグアウトに横すべり仕組を設定する結果使い勝手が向上している。

 

スタビライザーを常客装備しているので安定した走行ができます。

 

ヘルパーダッグアウト間近の前という後方の不行き届きを表す「ピタ駐ミラー」が常客器機で付いているので停車や無事確認がしやすくなっています。

 

欠陥としては、軽ハイトワゴンなのに横すべり組織が備品になっていることです。

 

院内の幅広いブランクが魅力の種類なので全地位に常客装備してほしいだ。

 

それと、標準の内側コントラストだと不衛生が目立ちます。

 

(積荷室に多少なりとも汚れそうな物を積み込む場合はビニール席順などを敷いた方がいいだ)

 

 

第1程度「ダイハツ タント」

 

tanto1a

 

軽ハイトワゴンのパイオニア的存在のタント

 

ヘルパーダッグアウト間近の扉がものすごく開かれて、運転し易く、ミニバン並みのユーザビリティがある人気車。

 

現行パターンは3代目になります。

 

tanto2ba

 

 

燃費:28.0km/?(JC08ムード)

 

 

「躯幹ボリューム」

 

全長:3395mm

 

全幅:1475mm

 

全高:1750mm

 

 

「総排気量」

 

658cc

 

 

「おすすめ地位といった価格」

 

X・PAU(FF・CTV):1,420,200円

 

 

「大安売り合計」

 

6万〜12万円

 

tanto3a

 

「メリットとデメリット」

 

ヘルパーダッグアウトの扉が1490mmも解くミラクルオープンドアを搭載。

 

tanto4a

 

ミラクルオープンドアでコアピラー(扉と扉にわたっての柱)が無いのでお隣から自転車を積み込むことができます。

 

眠ってしまったキッズを抱えながらチャイルド席順に乗せることもできるほど開口射程が幅広い便利な扉だ。

 

レーザーレーダーといったカメラによるオート阻止編制を搭載してあり無事内容が高いです。

 

積荷室の広さはそれほど大きくはないですが、席順整理をする結果大きな積荷も積めるようになります。

 

(下ダッグアウトを助かるときのとおり積荷室の射程を席順整理で増大できるので便利です)

 

後ダッグアウトを保存すると少しだけですが積荷室に段差ができます。

 

欠陥としては、後ダッグアウトの席順バッファが低くて座り感想が手ごわい状態。

 

運転はしやすいが走行内容自体は全然低いだ。

 

(躯幹が重く駆動威力がチカラ手薄)

 

 

さいごに

 

軽自動車人望はかなり厳しく、ニューモデルの販売台数の40%が軽自動車となっています。

 

そうして、軽自動車は以前と違って全数量が1700mmを超える「ハイトワゴン」やスノー道筋も走り抜け易い「軽SUV」など様々なランクの車が登場して買える射程が広がってきています。

 

燃費や貨物価格の「廉価」だけでなく、ユーザビリティや無事故で選ぶ顧客も増えてきています。

 

軽自動車というランクの中にも様々な種類があるので、じっと探してください。

 

多分、あなたが誠に満足できる車があるはずです。

 

このページの先頭へ