ステップワゴンの値引き額や値引き情報は?スパーダも含めて検証!

MENU

外観をスポーティにアレンジしたスパーダも用意されるが、機能と価格を考えると標準ボディが買い得。Gを選び、安全装置のホンダセンシングなどを装着すると出費を抑えられる。

 

こんな人におすすめ
ファミリーでの利用が多い人に適する
フラットフロア構造を採用し背の高いミニバン人気車種床の位置を低く目に抑えて乗降性が優れている。低重心になって走行安定性も良好だ。
 そして現行型では、主力グレードの縦開き式リヤゲートに横開き式のサブドアを組み込んだ。駐車したときにボディの後ろ側の余裕が乏しい時にリヤゲートの開閉は困難になるが、サブドアがあれば荷物の出し入れがしやすい。
 エンジンは従来型は2000ccだったが、現行型は1500ccのターボ。動力性能は2000ccクラスで実用回転域のの駆動力が高く燃費も満足できる。
 運転のしやすいミドルボディに、さまざまな工夫を盛り込んで機能を高めた。ファミリーユーザーに適した買い得なミニバンだ。

 

値引き予想
初回6万円→目標13万円
2015年4月の登場とあって値引きは目下のところ拡大傾向。13万円程度だと考えられるが、年末や年度末の増販フェアではもう少し増える。

 

このクルマの魅力はこれだ!

 

1500ccのターボエンジンは動力性能がよく燃費効率も優れる
1500ccのターボは2000ccのノーマルエンジンと同等かそれ以上の動力性能を発揮。JC08モード燃費は17/kmlだ。

 

ホンダセンシングは標識まで見分けてドライバーに知らせる。
緊急自動ブレーキも作動できる衝突回避機能はミリ波レーダーとカメラを併用した。歩行者も検知して作動し、速度標識などをインパネに表示する。

 

横開き式のリヤゲートは乗り降りにも便利に使える
縦開き式のリヤゲートに横開きのドアを組み込んだ。3列目シートの左側を畳んだ状態なら、横開きのドアえお使って乗り降りも可能だ。便利に使える。

 

このクルマの要注意点はこれだ!

 

3列目のシートは座面の奥行寸法が75mm短い
後席は床下に格納されて広い荷室に変更できるが、座面の奥行は2列目席よりも75mm短い・座り心地に違和感が伴う。

 

2列目をコンパクトに畳む機能が現行型では省かれた。
従来型では3列目に加えて、2列目シートにもコンパクトに畳む機能が用意されていた。現代型ではこれが省かれ荷室のアレンジ機能が低下している。

 

斜め後方の並走車両を検知する安全装置は装備されていない
安全装置を進化させたが、ドライバーの死角に入る斜め後方を検知する安全装置は採用されていない。もう少し充実させたい