MENU

プリウスの値引き額の前に

プリウスはこちらから

WEB問い合わせをすると

とってもビックリな見積もりが出ます!

 

>>プリウスの見積りなら<<

プリウスの値引き目標は?

プリウス

新型プリウスの値引き目標額は

 

8万円

 

を目指して頑張りたいところ。

 

どうしても競合ライバルよりも完成度が高いので、なかなか値引きには応じてもらえない印象がありますが、このくらいの目標は達成したいところです。

新型プリウスに買い替えると燃料代が約50%節約

プリウス燃費

新型プリウスの性能としてもっとも注目されているのが

 

リッター40キロ

 

とも言われる燃費ではないでしょうか。

 

先代プリウスと同様、直列4気筒の1800ccハイブリッド型パワーユニットは、同じ排気量とはいえ大幅な燃費改善を達成し、JC08モード燃費は廉価モデルのEで40キロ、それ以外のグレードでも37キロという、驚異的な数値を達成しています。

 

先代のプリウスから新型に乗り替えることで、理論上ではあっても、

 

実に50%近くの燃料代を節約

 

きるということになるのです。

 

 

また、ミリ波レーダーと単眼カメラによる緊急自動ブレーキも採用。グレードSではオプション装備とされますが、それ以外のグレードには標準装備とされ、安全性能をかなり高めることに貢献。プラットフォームを一新することによって、乗り心地や走行安定性ともに、大幅に向上させることに成功しました。

 

 

長い距離を移動することの多い方、毎日通勤で使っていてガソリン代を下げたい方にはぴったりな1台といえるのではないでしょうか。

 

プリウスの魅力とは

ミドルサイズモデルではNo1を誇る

 

JC08モード燃費は、グレードEが40キロ、それ以外のグレードであってもアクアと同じ37キロを誇るので、燃料代がとても安く抑えられます。

 

緊急自動ブレーキは歩行者にも対応

 

緊急自動ブレーキは、ミリ波レーダーと単眼カメラのハイブリッド型を採用。歩行者であってもしっかり検知して作動してくれます。

 

プラットフォームを作り変えて走行安定性や乗り心地をアップ

 

新型プリウスは旧型のシャーシを継承せず、新開発されたプラットフォームを採用して、走行安定性と乗り心地をかなり向上させました。

プリウスの注意点

後方視界の悪さが目立つ
先代型のプリウスと同様に、デザインを優先したためか後方視界がとても悪く、セダンなのにバックカメラに頼らないと運転しづらい。

 

動力性能が変化なし

 

エンジンとモーターの出力は、少しのチューニングはしてあるものの先代型とほぼ同じ。加速性能などは特に向上しているとは体感できません。

お勧めグレードはこれだ

プリウスおすすめグレード

グレードS

 

メインとなるグレードは、先代同様「S」となります。廉価版のEでは間欠リアワイパーや遮音材などの装備を省いていますが、これが地味に効く。17インチホイールが欲しかったりするのならツーリングセレクション等も検討する必要がありますが、通常15インチホイールで充分なようでしたらEに決まりですね!

>>車の値引きをさらに増やすなら<<

このページの先頭へ