MENU

スクラムの値引き

マツダスクラム。ワゴンもバンも、値引き額目標は10万円。

でもその値引き額で満足ですか!?


以下の方法を知ると
さらに値引き額がアップします!

値引きをさらに引き出すには

ごめんやっしゃ!(←大阪人だけですか…)


といって、初めてイチゲンさんでディーラーを訪れても、第一声目の値引き額はだいたい大したことのない金額。よほど何かの理由でもない限りは、いきなりこれ以上の値引き額を、初めから提示されることはないでしょう。では


値引き額をさらに引き出す方法


とはいったいどんな方法なのでしょうか…?



値引き額を、さらに上乗せしていく方法は、やはり競合です。


同一メーカーの姉妹車や、他メーカーの同クラスの車種で、値引き合戦を繰り広げるというやり方、いわば人海戦術になりますが、休みの日にあっちへ出向き、こっちへ出向く。足を使って見積りをたくさん取得していくことは、交渉の切り札をたくさん作るともいうべき作業になりますので、面倒だとは言っても有効な作戦であるといえます。


でもよく、値引き交渉の時にこんな事例を耳にします。


もしかしてあなたも過去、こうした経緯でお車を買われたことはありませんか?

値引きを迫る

値引きは10万円ですか。。。


何とかもっと頑張ってもらえませんか?


困る営業マン

いや〜、これでもういっぱいいっぱいなんですよ・・・。


値引きを迫る2

オプション品をサービスしていただくとか無理ですか?


営業マン

いや〜勘弁して下さい…。


あ、そういえばお客さま、
今お乗りのお車は下取りさせて
いただけるのでしょうか?


下取りさせていただけるのなら、
通常査定額は15万円なのですが、
今回お車を購入されるということで、
値引きを合わせて25万円のところを、
5万円上乗せさせていただいて
30万円にさせていただきますよ!


納得

おお!
それはありがたい!
それで決めちゃおうかなぁ…

というケース。


たいていどこのディーラーでも、またディーラーだけでなく、中古車屋さんでも、こうした例はよく見かけます。


ですがこれ、販売側にはとてもメリットがあって、購入側には何らメリットはないのです。

本当にそれが値引きの限界?

まずは購入対象の値引きですね。これが果たしてどこのディーラーを回ってもその値段が限界なのかということ。ライバルとする車両が見当たらないようなら、隣の県のディーラーを訪ねてみましょう。


◯◯販売大阪株式会社


と、


◯◯販売東京株式会社


は、全くの別会社です。別に自分が大阪に住んでいるからといって、地元のディーラーから購入しないといけないルールはありません。


仮に東京住まいなら、千葉や埼玉、神奈川などの隣県のディーラーに。


大阪住まいなら京都や奈良などの隣県ディーラーに、値段を確認してみるのもアリ。


まずは車単体での値引きがどのくらいなのかをきちんと確認しましょう。

下取りの金額は適正?

次に、下取りの金額も、合算の場合は値引きと込みで算出されているために、金額がとてもあいまいでボケてしまっています。


こうして合算で金額を算出するケースでは、大抵の場合が業者が儲かるようにしか計算されていません。


ですから、この例の場合は


15万円の下取り額が適正なのか


これをまずは見極める必要があります。だってそこはその金額であっても、他ではもっと高い下取り額かも知れませんからね。


そんな疑問を解決するために、そんなときにはこちらのサービスを使ってみましょう。


>>愛車の価値を算出する<<


このサービスは、現在の愛車の情報のうち


たった4つの項目を入力する


だけで、


すぐに画面上に現在の価値が表示


されるという嬉しいサービス。



もちろん利用料は無料なので気軽に入力することができますね。


また、入力時が深夜であろうと早朝であろうと、概算価格がすぐにその場でわかるというのは、せっかちな方でも大満足なサービス。


とりあえず今すぐどれくらいの価値があるのかが知りたい!


という方は、ぜひ一度入力していただくといいですね。


>>愛車の価値を算出する<<

価値がわかるとどうなる?

愛車の価値を先に把握しておくことによって、商談先の営業マンの誠意をかんたんに理解することができます。


たとえば、事前に調べておいた愛車の価値が100万円だったとして、商談先の営業マンが60万円と提示してきたら?



そんな時は、値引きの金額もいっぱいまで出ていないことが考えられるほか、相手の精一杯の顔も、演技であると一瞬で見破ることができるわけです。


決して得をするとは言いませんが、相手を必要以上に儲けさせないようにするためにも、愛車の価格はこちらで必ず調べておく必要がありますね。


>>愛車の価値を算出する<<

新車にこだわるならスルー

そして最後に、安く購入する方法として、どうしても新車にこだわる必要があるのかどうかということです。


こう書くと、中古車を薦めてるように思えてしまいますが決してそうではなく、実は以外と気づかれないのが


新古車の存在。


もちろん新古車とは、ひと言で言い表されないくらい幅が広く、定義もないのであいまいなのですが、ここでいうのは未使用車のこと。業者のオートオークションには、ディーラーや町の修理工場などが登録しただけで誰も使っていないという、本当に


登録しただけの新車


がたくさん流通しています。当然新車時から比べてはるかに安い金額でたくさん出回っているのです。


例としてここで、2つの画像をご覧下さい。


ワゴンR新車


こちらの画像は、ワゴンRの新車価格表のキャプチャーです。


一番廉価版のグレードのFAは、


新車価格が1,079,000円


と設定されていますね。



続いてはこちらの画像をご覧下さい。


ワゴンR新古車


こちらの画像はオートオークションの実際に売れたデータなのですが、


走行距離がたったの8キロ


しか走っていないにも関わらず、オプション品も多数付いて、


865,000で落札


されています。


当然ここには落札した業者の利益なども乗りますので、このままではありませんが、


実に214,000円も安く


なっているのです。



やはり新車といえど、登録したというだけでこんなにも安くなる。さらにこれだけでなく、諸費用では車検の法定費用なども含まれていることから(新車では重量税や自賠責保険が丸々かかるため)、新古車は支払総額でかなりの金額を浮かすことができるのです。



そしてそんな新古車。どうやって探せばいいのか?


わざわざお店を回ろうと思っても、どこにどんな車があるのかわからないし、そうやって探す時間が何よりもったいない。そう思いますよね??



こんなカンタンなやり方があるのはご存知でしたか?


自分の欲しい車の希望を書いて登録しておくだけの超カンタンなサービス。


>>欲しい車を登録する<<


極力新車に近い方がいいのなら、年式は一番新しい年式を選び、こだわりポイントに走行距離のチェックを入れ、備考欄に新古車と記載すれば終わり!


そして予算は、「絶対そんな金額では無いでしょう!?」というくらい、厳しい条件を書いておけばOK。


あとは登録が終われば待っていればいいだけ。おメガネに叶う車が出てきたら連絡が来ます。


もちろん新古車のみならず、普通に中古車を購入するのにも使えて便利です。

いかがでしたか?


値引き額にこだわるのではなく、下取りの金額アップと、新古車(未使用車)の活用。こうして少し視点を変えて取り組んでみるというのもいいのではないでしょうか。


もちろん新車がいいというなら下取りの買い上げのみを使うのもあり。


あなたがすてきなカーライフを送れるよう、願っております。



>>愛車の価値を知る<<


>>欲しい車を登録する<<

このページの先頭へ