アクアの値引きを最大に。値引き額が全てじゃないアクアの購入方法

MENU

新車アクアの値引き情報

アクア

国土交通省が発表した、燃費の良い乗用車ベスト10にて、堂々の1位を獲得したアクア。

 

デビューモデルでの燃費はリッターあたり35キロ。そしてマイナーチェンジした後期型のアクアでは実に37キロもの燃費を誇るようになりました。

 

 

そんなアクア。 名前の由来は「水」を意味するラテン語だそうです。

 

透明感のあるイメージ

なくてはならないもの

欠かせないもの

 

という思いを連想させると同時に、水のように自由な広がりというコンセプトで、広く親しまれることを願われ、アクアと名付けられたそうです。

 

 

当初の月間販売台数の目標は12,000台。しかし、その台数を大幅に上回る12万台にも及ぶ受注があり、一躍人気車種におどり出たアクア。

 

これからの時代を担う魅力のハイブリッドカーの、値引きの実情に迫りましょう。

 

⇒値引きをさらに上乗せするにはこちらから

 

 

トヨタアクアの値引き

アクア集団

アクアの現実的な値引き交渉の額。

 

売れている車両なだけに元々渋めで、今回さらなるマイナーチェンジを行なったこともあり、相変わらずの強気ではないかと思われます。

 

 

値引き目標額は、25万円前後に目標を定めて頑張りましょう。

 

しかし大抵の第一声では、平均的なところで10〜15万円前後で言われることも。

 

 

どうしても購入を急がない場合は、3月などの決算期を待つのも得策でしょうが、逆に3月はそれを狙ってたくさん集客が見込めるため、かえって逆効果になるってこともあります。

 

なので燃費の良さや維持費のことを考えると、早めに購入された方が総合的に得をするのではないでしょうか。

 

 

そして気になる値引き交渉競合車種…、いわばアクアの値引き交渉時にぶつけるライバル車種。それでいえば、同クラスのホンダのフィットハイブリッドや、もう少し小さな軽自動車というのも、「維持費で迷っているんですよね…」 なんて話をすれば、もう少し値引きを頑張ってくれるのではないでしょうか。

 

 

でもあまり強引に値引きを迫りすぎて、営業さんに嫌な顔をされないように注意しましょうね。

 

⇒値引きをさらに上乗せする別の手段

 

 

アクアの値引き価格

アクアリア

アクアの値引き目標額が25万円になかなか到達しないからといって、やり過ぎにはご注意。あまりやり過ぎて気まずい雰囲気になってしまうのも考えもの。

 

ならばと少し、別の角度から攻めてみませんか。

 

 

アクアを新車で購入するにしても、中古車で購入するにしても、今現在のお乗りの愛車をまさかそのまま下取りに出されませんよね?

 

 

その下取り価格、本当に適正価格でしょうか?

 

 

もちろん、自分だけが得をしたいと思うのは当然のこと。ですがそれ以前に損をしないよう、きちんと愛車の相場を知りましょう。購入する上での値引きが困難ならば、今自分が持つ愛車という財産を、高く引き取ってもらいましょう。

 

それもディーラーに交渉してもなかなか期待が薄い。

 

 

愛車の売却は、やはり海外へ販売したりの独自ルートを持つ、買取専門業者に委ねるほうが得策なのです。

 

自分の愛車。日本でどうしても使って欲しい! なんて変わった思いがおありなら話はまた別ですが、普通に少しでも高く買い取ってもらって、次のアクア購入の際の足しにしたいと思われるなら、迷うことなく買取一括査定に依頼しましょう。

 

 

もちろん依頼するのは何社に依頼しても無料

 

 

あなたのその愛車、きっと欲しがるユーザーがいます。

 

少しでも高く売れるとアクアの値引きが事実上増えるのと同じ。

 

 

以下は、そんな買取一括査定を依頼するにあたり、WEB申し込み手続きがやりやすいと評判の順に、ランキング形式にしています。

 

WEBに不慣れな方でも、1分もあれば簡単に入力できるところばかり。

 

 

アクアの値引きばかりに注力するより、無料で依頼できるので、まずは値引き交渉前こちらから進んでみてはいかがですか?

 

⇒値引きをさらに上乗せするにはこちらから

 

 

WEBでのやりやすさアンケートで見事第1位。

 

わずか30秒少々の入力時間で、最大10社へ同時依頼。

 

入力後はすぐに概算価格もわかるというすぐれもの!

 

⇒かんたん車査定公式ページへいく

下取りより平均16万円も高く売れると評判のズバット車査定。

 

もちろん全国対応で、WEB入力が不慣れな方でも1分あれば入力が完了という手軽さ。

 

査定業者は全国で150社以上対応しています。

 

⇒ズバット車査定公式ページへいく

ご存知リクルートのカーセンサー。

 

長い間中古車情報誌を運営してきたカーセンサーが、本気で車買取りサイトを作成しました。

 

3分の時間があれば入力は完了します。

 

⇒カーセンサー.net公式ページへいく

 

アクアの値引き。実際に思った金額に届かなくても値引きの強要にはご注意です。

 

くれぐれもアクアの良さを語る営業さん、そして買取り一括査定に来られたスタッフの方の機嫌を損ねすぎないよう注意して下さいね☆