車の買取相場はこちらから。買取査定よりまずは相場が知りたい!

MENU

車の買取相場?売りたい?

今のお気持ちを教えて下さい。


”今すぐ売りたい”


ですか?それともとりあえず


”買取相場を知りたい”


ですか?それによって少し変わります。

今すぐ売りたい!! まずは相場を知りたい

売りたい
→方法を詳しく見る

相場チェック
→方法を詳しく見る

愛車の買取相場を確認したい

今のお気持ちは?

・どのくらいの値段があるの?
・将来売る時のために考えたい

すぐに売りたいわけではないけど、愛車にどのくらいの価値があるの?値段を知ってから考えたいと思われているのならこちら。


だいたいの年式と、だいたいの走行距離さえわかれば、すぐに今の相場がわかる便利なサービスがあります。

1.メーカー名
2.車種名
3.おおよその年式
4.おおよその距離

のたった4つを入力して、確認ボタンを押すだけで、


今がたとえ早朝や夜中であろうと、その場ですぐに画面上に概算相場を出してくれます。

”あなたのお車の概算価格は
1,350,000円〜1,550,000円です”

こうして買取される概算の価格が事前にわかると、売る時の目標金額や、次期車両を購入する際の予算も立てやすい。


具体的にどうしようかを決めるためにも、気軽に概算価格を調べてみるといいでしょう。


そんな便利なサービスはこちらから。

思った金額じゃなかったら

当然、思った値段でなければ、ムリに売る必要はありません。

愛車を今すぐ売りたい

・すぐに売りたい!
・高く売れる方法は?

と思われているのなら、


愛車を高く売る方法を3つ


お話しいたします。

1.個人売買で売る

高く売る1つ目はやっぱり個人売買です。


個人売買でユーザーからユーザーに直接譲渡する。やはりこの個人売買が間違いなく高く売れる方法です。


本来、買取業者が取る中間マージンがないので、お互いにメリットを感じることができるでしょう。


ですがそこで問題となるのは、一体いくらで売るのが適切かということ。


目安が知りたいんだけど


どのくらいの価値があるの?
いくらくらいで売るといいの?


業者ではないのですから常に変動する流通相場なんてわかりませんよね?


そんなときは先述したようなサービスを使って、買取相場を先に知っておくようにしましょう。

相場を知ると目安ができる

やはりここでも先ほど紹介したサービスが有効です。目安を知るために活用しましょう。とにかく概算価格を知りたいときにおすすめです。

例えば今が真夜中で、お友達と急にそんな話になった場合でも、

”あなたのお車の概算価格は
850,000円〜1,050,000円です”

このようにすぐに概算価格がわかるので話が進めやすいですね。


そして、算出された概算価格にプラスアルファをして、友人や知人に売る。


で、最悪話がまとまらなかったり、買い手が見つからなかったら、査定額の提示が一番高かった業者に売ればOKです。

2.中古車買取店巡り

次に中古車買取店を巡るお話です。


朝から順に、GoogleMapなどで中古車買取店を検索し、大手ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、手当たり次第順番に巡ります。


中古車店巡る


お茶などを出してもらいつつ、ちょっと面倒な「売ってくれ営業」もありますが、夕方までには5社くらいはまわれるのではないでしょうか。


でも、こういうのも何ですが、こちらは売る側のお客なのに、1日潰して仕事しているのと変わりませんから、あまり現実的とはいえませんね。


3.一括査定に申し込む

最後は車の一括査定に申し込んでみましょう。


車の買取一括査定を行っているサイトは有名ドコロでいくつかありますので、その特徴を少し説明しておきます。


まず、車の一括査定というのは、今までは2のように、車を売る時期になれば買取店巡りをしていたのですが、今はネットからのかんたんな申込みで、買取店に無料で出張査定をさせることができるサービスのことです。


中古車店を呼びつけて一括査定


そうすると、1日かけて5社もまわれば限界だった今までに比べ、わずか1分くらいのネット依頼で同時に5社以上を同時刻に呼びつけることができるようになり、大幅な時間の短縮と、同時依頼することによる査定額のアップが期待できるようになりました。


その代表的なところをご紹介しておきます。

1.かんたん車査定

矢印

かんたん車査定
→かんたん車査定に入力
買取相場を見るボタン


かんたん車査定は、その名の通り入力が1番かんたん。年式や走行距離など、たった4つの車両情報の入力ですぐに画面上に概算価格が出るのが特徴です。


・ちょっと相場が知りたいだけなんだ


という方を中心に、買取一括査定には絶対に外せないサイトですね。

2.車査定比較.com

矢印

車買取比較.com
→車査定比較.comに入力
売りにかかるボタン


1回の入力で最大10社に依頼!


最大手ガリバーやビッグモーターなど、登録業者数は211社。ちょっと営業電話はありますが、本気で売るためにはこれは必要不可欠。でもあまりにもしつこく感じられた時は、「他に売りましたからもう結構です」と一蹴すればOK。もうかかってきません。


ちょっとでも多い業者に査定させる。これが1番の高額査定の秘訣ですので、本気で売るならこちらにも同時依頼するといいでしょう。

3.カーセンサー

矢印

カーセンサー
→カーセンサーに入力する


カーセンサーはご存知リクルート運営の買取一括サイト。地元業者の登録が多いのが特徴。さらにもうひとつの大きな特徴は、


メールのみでのやり取りが可能


ということ。これは電話が苦手な方や、日中お仕事などで電話に出れない方にはやりやすいシステムと言えるでしょう。

その他の買取一括査定業者

その他、トヨタのT-UPが参入するみんカラ運営のカービューや、楽天無料一括査定クルマ査定ナビなど、たくさんの一括査定サイトがあります。

本気で売却したい!
少しでも高値で売りたい!

と思われているのなら、電話がかからない真夜中などの営業時間外に一気に申し込んでみるのも高額査定の王道と言えるでしょう。

特に高く売れる車種一例

高く売れる車種


これらの車種は、


海外へ貿易輸出されていく


ために、


とても高値で取引き


されています。


今のお気持ちで使い分けましょう

買取相場を知りたい
→かんたん車査定

本気で買取させたい
→車査定比較.com

カンタン車査定
→相場を見たいなら

車査定比較
→売る気ならここ!

車買取の相場を正しく知るために

車買取の相場には何が大きく影響するのか?重要なポイントとなる要素は型式(モデル)、年式、走行距離、ボディ色、事故歴、オプションです。またタイヤ、ホイールの状態も買取金額に影響します。

 

型式(モデル)

クルマの型式は最新のモデル、つまり現行モデルの査定額が高いです。古いモデル、いわゆる型落ちは現行のモデルと比較すると安価で取引されます。中古車を購入する場合にはお得に見えるかもしれませんが、次に売却する際にはさらに安い金額となってしまうため、一概にお値打ちというわけではありません。

 

年式

年式も型式同様、買取相場に大きく影響します。新しい年式の車の方が高値で取引されます。中古車を購入する際には、最初の車検となる3年落ちの車両が最もお値打ちです。
その理由は

 

@現行のモデルが多い
A初回の車検タイミングで手放す場合が多く購入しやすい価格になっている
B新車登録から2年目までが一番値段が下がる

 

です。

 

走行距離

車の買取価格に最も影響するのは走行距離です。例えば同じ車種、年式でも、走行距離が1万キロと10万キロの車の場合、100万円以上査定額に差が出る場合も少なくありません。
逆に中古車を購入する場合は、年式が新しく走行距離が多い車両は、価格がグンと下がる場合もありますので、乗りつぶす気で購入するならよい選択かもしれません。但し、走行距離が不明な車両は市場価値が極端に低いためおススメしません。

 

ボディ色

人気色の車は高い価格で取引されます。人気のボディカラーは車種によって異なりますが、ホワイトとブラックの2色は安定して人気のカラーです。人気のないカラーの車は安い価格で流通しますが、たとえ自分の好みのカラーだったとしても、手放すときにも低い価格となってしまうので、乗りつぶす気で手に入れるならよい選択だと思います。状態の良いブラック(ガレージで保管され、洗車によるキズも少ないようなは状態)は市場で高いニーズがあります。また車種にもよりますが、紫や茶色などは高く売るのは難しい色です。市場のニーズによって価格は大きく変わります。ボディ色の人気によって、国産車の場合で20〜30万円、高級輸入車の場合ですとなんと50万円〜100万円もの価格差となることもありますので、色を選択する際には慎重に考えましょう。

 

事故歴

一般的に事故歴のある車は大きく値段が下がります。しかし、走行に影響しないような部位の事故車両であれば、逆に狙い目となる場合もあります。事故車両の多くの損傷は前面、フロント側です。エンジン、ラジエーター、クーラーのコンデンサなどが損傷したり、影響が足回りに及んだりすることも少なくありませんので、購入する際には慎重にチェックしてください。一方でリア側の事故車両であれば、パネルやパーツの交換、トランクの修復程度で、足回りや駆動部への損傷まで至らないケースが多く、事故歴にこだわらず安く手に入れたいのであれば、そういった車両もおススメです。

 

オプション

オプションも買い取り価格を左右します。プラス査定になるのはサンルーフや革シート、カーナビなど。アルミやエアロパーツに関しては、プラスになる場合もありますが、流行りやパーツの組み合わせなどによってはマイナス査定となる場合もあります。他にも特別仕様車などは高い査定額が設定される場合もあります。

 

足回り(タイヤ、ホイールなど)

 

タイヤとホイールは総合的に評価されます。まず、スリップサインが出ているタイヤは買取後に新しいタイヤに交換されますし、国内ではサマータイヤが標準ですからスタッドレスタイヤだけで売却するのであれば査定額は下がります。また足回りにお金をかけていたとしても、例えば社外のアルミホイールとローダウンの組み合わせですと、純正のホイールを取り付けた場合に見た目が悪くなり、査定額が下がる要因になる場合もあるので要注意です。

 

買取相場に地域差はある?

買取価格に影響する車の年式や走行距離、状態などが同じであれば、買取の相場も基本的には同じです。しかし最高額で取引される地域や販売ルートからの距離は相場の変動要素となります。輸送に必要な日数や輸送費などが考慮されるのです。

 

あなたの車を買取査定の相場より高く売るコツ

いっぱいある買取専門店の中からどうやって高額買取のお店を見つければよいのでしょうか?

 

この答えは中古車買取一括査定の利用です。

 

中古車の市場価格は常に変動しており、数日の違いで査定金額が異なるというのもよくあることなのです。

 

なので、一括で複数の買取業者に査定してもらい、同じタイミングで査定金額を出してもらいましょう。

 

また、査定を行う際は業者に自宅まで来てもらいましょう。お店まで車を持ち込んだ場合、売る気があると判断されて低い査定額を提示され、そのまま売却してしまうケースもあるようです。

 

逆に自宅であれば、優位に立ちやすいですし、他の店員やお客さんもいないので交渉もしやすいでしょう。ぜひ自宅に来てもらいましょう。

 

希望の金額を自分から言わないことが最も重要です。査定する業者に希望の金額を知られることは避けましょう。

 

希望金額を自分から伝えてしまうと業者はその金額を元に査定額を提示してくると思います。実はもっと高い金額で買い取ってもらえる場合でも、希望額を先に伝えてしまうことで、低い金額を提示されてしまうこともあるのです。ですから希望金額は自分からは言わないようにしてください。これらのことを知っておけば、相場より高く売ることは難しくありません。

 

車を売却する前に知っておくべきこと

買取価格に上限はある?〜下取り、買取の仕組みを知る

車の売却価格は買い手次第で決まります。買い手側がその車をどうしても手に入れたいのであれば、とんでもない高値で売ることもできるかもしれません。

 

ただし、それは相手が素人(一般人)の場合の話です。

 

相手が業者となると話は変わってきます。業者は買い取ったあなたの車がいくらで売れるか?その利益にしか興味がありません。

 

業者が売り先はエンドユーザーではなく、業者オークションである場合が大半です。ですから、下取りや買取価格の上限は、業者オークションで取引される相場によって自ずと決まってくるのです。

 

中古車の販売価格から推察することが買取相場を正しく知る唯一の方法

買取相場を知ろうと、買取業者に聞いたとしても、彼らが口にするのは買い取りたい金額であり、それは相場とは異なります。

 

一方、信頼できるものに中古車の販売価格があります。

 

買取価格とは違い、販売価格の相場は誰でも知ることができます。

 

なぜなら、販売店の価格は高くても安くても問題となるため、適正な価格を設定しているからです。

 

特にネットで公開する場合は、他店と簡単に比較できてしまうので、いい加減な価格を設定するわけにはいきません。

 

なるほど、そうなんだ・・・だったらグーネットなどで価格を調べて、それからお店の利益を引けば、買取価格なんでしょ?簡単じゃん!

 

あなたもそう思ったのではないでしょうか?でもこれは間違いなんです。

 

☆陥りやすい勘違い

 

中古車がどのように売買されるかご存じない方は中古車販売店の価格を見て、

 

中古車の販売利益は1台で大体10万〜15万円くらいかな。だから販売価格から15万円を引いた金額が買取価格だろう。

 

とこのよう考えがちです。

 

具体的な金額で説明しましょう。あなたの愛車とほぼ同じ状態の車が120万円で販売されています。

 

素人の方はこの金額に先ほどの計算式を当てはめて

 

だったら私の車は105〜110万円くらいで買い取ってもらえるだろう。

 

と期待してしまいます。

 

実際はどうでしょう?残念なことに、その金額を希望していると、何件も買取店を当たったとしても、どの店も買い取ってくれないでしょうと断言できます。

 

こういった方は、こんな内容で電話するのではないでしょうか?

 

ガリバーさんは108万円で買い取ると言ってくれましたが、もっと高く買ってくれるならお宅に売りたいのですが・・・。

 

ガリバーを競合として交渉するというのはありがちな話です。

 

ただ、このような交渉をしようとしても、買取業者にはバレバレ。すぐに嘘と見抜かれでしまいます。

 

業者のオークション相場より高い金額で買い取ることはあり得ないと知っていますから当然のことなんです。

 

オークションの相場価格より高い金額を吹っかけたとしても、プロの業者は全てお見通しなんですね。

 

一台売るとどれだけ儲かる?〜中古車販売の仕組みから考える

先ほど、車の買取相場は中古車の販売価格から推測するのがベストな方法と言いました。

 

それにはまず、中古車販売の仕組み、販売店の利益について知っておかねばなりません。

 

☆1台あたりの利益率は?

 

中古車の販売店では、車の仕入れ原価のおよそ15〜20%が利益と考えてください。ただし、販売価格が低い車の場合は10万円くらいを最低限の利益としています。

 

中古車はリスクの高い商材ですから、これ以下の利益では会社を維持していくことが困難なのです。

 

また、販売店の仕入れルートは業者対象のオークションからが90%以上で、買取や下取りで仕入れているわけではありません。

 

つまり、中古車売却の上限価格を知るには、業者オークションの相場が最も重要な情報であり、それは販売店がインターネットに載せている販売価格の80〜85%の価格と考えればよいのです。(10万円以下の利益と推測されるものは10万円と考えて下さい)

 

車買取相場表とは?

実は、車買取相場表というものが存在します。
中古車の流通業界ではオートオークションと言われるオークションの相場価格が書かれた表のことで、買取店のスタッフが中古車を売却する際に使用しています。

 

 

あなたが車を売るということは買取業者にとっては仕入れになります。オートオークションでの落札価格が書かれた表を見ながら、いくらで売れるのかを把握しながら買取の査定額を決めていくのです。

 

相場票には決められた書式があるわけではありません。大手の買取業者の査定担当であれば本社や営業所からその時点の買取相場を電話や専用の端末で営業に伝えますが、その日のおおまかな価格を一覧表として持っていることもあるので、それを指して買取相場表と呼ぶ人が多くなってきたのでしょう。

 

 

全国各地にオートオークションの会場はあります。

 

意外なことに、オートオークションの会場ごとに価格の審査基準が異なることもあるのです。

 

仮に3年落ちのクラウンがあるとして考えてみましょう。

 

静岡の会場では200万円前後の価格で取引
横浜の会場では170万円前後の価格で取引

 

これだと30万円の差があるわけですから、横浜近くの業者も静岡まで車を持っていけば、陸送に掛かるコストを踏まえても多くの利益が出せることになります。

 

こういったオークションの相場情報を各社の営業が把握して、買取の査定額を決めているのです。

 

 

一方で、買取査定の相場が分かるというネットのサービスもあります。

 

 

ご存知のように中古車にはとても多くの種類があり、それに年式なども加わるため、それを反映したオークション相場のデータは膨大であり、常に最新データに更新しているようなサイトは存在しません。

 

ですから、実際にサイトで調べてみると

 

あなたの愛車の買取価格は20〜80万円です

 

というような、ほとんど使い物にならないものばかりと言い切ってもよいでしょう。

 

 

ですから、車を売却する際に適正な買取価格を知りたいのであれば、実際に車を業者に見てもらって査定してもらうことがやはり必要です。

 

なぜなら、中古車を売る場合には、走行距離はどれだけか?キチンと手入れされているか?事故歴は無いか?車検はどれだけ残っているか?というような車両の状態をしっかり把握しなければいけませんし、年式やボディカラーやと中古車市場の流通状況などにより、査定額は常に変動しているからです。

 

(買取店に電話で問い合わせると分かるのですが、相場を知りたいと言っても、詳しくは現車を見ないと判断できない・・・と言われます。)

 

ですから、買取相場を知りたい方にとっては、ネットでの査定サービスはあくまで参考程度のもので、あまり役に立たないと考えた方が無難でしょう。

 

車の査定と買取相場について

大事に乗ってきた愛車が世間の相場よりも低く査定されるのは、オーナーとして不満なことでしょう。そんなことにならないように高価査定のためのポイントをお教えします。愛車の買取査定までに出来ることはいくつもありますが、ここでは自身で行う修理と、キレイな状態で査定してもらうことについてお話しします。

 

自動車はいくら大切に扱っていたとしても、高速で走行すれば小さな石などが当たって傷がつくことは避けられないでしょう。目立たない傷だったとしても、厳しい査定員の目はごまかせません。小さな傷なら大きく査定には影響しないかもしれませんが、その数が多いと大きなマイナスとなることもあります。補修材など車専用の用品で修復できる傷なら対処しておきましょう。一方で業者に依頼するような凹みや大きなダメージの場合は、査定のマイナスよりも修理に必要な費用の方が高いケースの方が多いようですので、そこはそのまま査定して買い取ってもらう方がよいでしょう。

 

また、車はできるだけキレイな状態にして査定に出すことをおススメします。あなたが中古車を買う場合でも車がキレイな方がうれしいですよね?買取の査定員も同じです。また車が丁寧に扱われていたかを判断するポイントにもなるのです。ですから、洗車や社内の清掃はもちろん、細かなところも全体的にチェックしてできる範囲でキレイにしておきましょう。それが査定に出すオーナーの最低限やっておくべきことであり、査定員の印象がよければ相場以上の査定額を提示されることもあるでしょう。買う側の視点で考えることが重要なのです。

車の買取相場はどうやって決まる?

自動車の買取相場は、どのように形成されるのか。

 

それはとてもかんたん。中古自動車の買取相場は、その車種の需要と供給のバランスによって形成されています。

 

全国には、自動車業者のみが出入りできるオートオークションが数多く存在し、各場所毎週1回、決まった曜日に自動車のセリが行われ、その落札相場によって中古車の値段は決まっていくのです。

 

以前は赤本と呼ばれる、査定基準書のようなものがありましたが、今ではそんな書類も過去の遺産。オートオークションの相場を毎回のようにチェックすることでしか、相場の傾向を把握できないようになっています。

 

単純に、人気のある車種ほど値段は高く、人気のない車種ほど安い金額になっているのですが、最近では日本市場で使われた車は、海外へ輸出されることも多いので、輸出業者が異様に値段を釣り上げてしまう傾向にあるようです。

 

従って、貿易輸出される車はとても高値で取引されているので、車を購入される方にとってはとても不利益な話になりますが、逆に車をこれから売却したい、買取させたいと思われている方にとっては、とても追い風になっているのが現状。

 

そして今、中古車相場が年式や走行距離の割に、もっとも高値で取引されている車種をピックアップしてみました。

 

以下の車になると、中古車相場は購入するときも、売却するときも高い傾向にあります。その背景には前述の貿易輸出が関係していることもありますので、購入される場合は良く良く注意するようにし、売却するときは高値が期待できるでしょう。

最も高値で売れる車種

トヨタの車種全般

トヨタの車種は、全般的に貿易輸出されることが多いです。なぜならそこはやはり世界のトヨタ。日本でも品質が高いと人気である以上に、海外では特に「壊れない」として異常なまでの人気があります。ほぼ全車種になりますが、とりわけ異常なほどの人気がある車種としては、

 

アルファード、ヴェルファイア、プリウス、アクア、ハリアー、エスティマ、ハイエース、ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、ハイラックスサーフ、ノア、ヴォクシー、カローラ、カローラフィールダーなど。これらはまず海外輸出で人気が高いです。

 

その他コンパクトカーでいえばヴィッツやパッソなど、国内での需要も高いため、トヨタの車は全般的に高値になっています。

ハイブリッドカー

軽自動車含むコンパクトカー

ミニバン

スポーツカー

四輪駆動車

ディーゼル車