MENU

自動車保険をカンタン見積もり!

自動車保険の見積りを

簡単に取得して見直そう

 

↓こちらから↓

矢印

>>早速見積りしてみる<<

自動車保険の更新が来た!

更新時期

自動車保険ってどんなところに入ったらいいのか戸惑いませんか?

 

ダディに、自動車保険調べといて?なんて公言されて、勘付いた!と回答したは良いではありますが…

 

正直どちらの保険が賢明なのかスパッとお手上げ状態だ!

 

ないしは、車に通じていないから何の補償が含まれてればいいのがすっぱり皆目わからないことが真実。

 

だからと言って、適当な元に加入することにしたら人身事故なんかは引き起こしたの後にお灸を据えられる懸念も!?

 

現実には自分だって、「十人十色見といて〜」なんぞ伺ってひょいひょいと答えしたは良いのですが、「これ、日本語?」と呼びたくなる並み、意図が知らず辛酸を舐めたわけです。

自動車保険はどこがいいのかわからない

自動車保険はどこがいい?

それのみならず、自分の考えで追い求めたのに、「使いようがない。再構成!」なんぞは男にアドバイスされたと考えますよ。

 

お小言言うならば好き勝手にやってアホナス!って話ですと言えますね。

 

でも男にツッコまれて改善してみると、そう言われればこれじゃちょっと待てよ… という補償詳細で…

 

でも、いずれにしても最初から無知なんだから

 

今以上どういう条件で選び出したらいいわけ!?

 

となるに違いありませんよね。私なんかはず〜っとそう感じてきたのですよ。

そんなときこそ保険の一括見積りを使おう

自動車任意保険一括見積もりのオススメ

一括見積りを活用してみませんか?

 

現時点保険に入っていても、本気でここで最も良いのか?

 

もしかするとぐっと保険代を安くすることが可能なんじゃないか?

 

と、家計簿と睨めっこなさっている方も少なくないはず。(そりゃ私くらいのビンボー主婦ぐらいかw)

 

でもねそのタイミングで耳よりなのが自動車保険の見積比較サイト!

 

これなら、多種多様な自動車保険をあっという間に見積りに提示して比較出来るから、どこがダントツに自分たちの条件にふさわしいのか、ひと目でわかる状態というわけです♪

一括見積もりサイトはどこがある?

ズバット自動車保険比較

先ずはズバット自動車保険比較。

 

こちらでは、1度マイカーのデータや条件を打ち込むだけにより、それがいくつもの保険会社に送られて見積もり価格の返信が届けられるしくみ。

 

1回1回打ち込むのってホントに手間が掛かりますよね。

 

どれほど余裕があるという場合でも、そういっためんどうなことに自分の自由な時間を利用したく無い。

 

でも、ズバット自動車保険比較ならたった一度の手間で、いくつもの保険会社の見積もりを入手できるので、とてもとてもお手軽なというわけです〜♪

↓ズバットで見積もりしてみる↓

矢印

保険スクエア

お次は保険スクエア。

 

ここでは、コマーシャルでも知られている「ソニー損保」などの大手の保険会社の見積もりが手に入れることができます♪

 

あれほど耳にとどまるメロディで、よく見かけるコマーシャルなのでソニー損保が興味のある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも、ソニー損保が他の保険会社と比較してなにがよいのかはあまり理解できない。

 

それゆえに、一括見積もりで他の会社と比較したら明らかなわけです。

↓保険スクエアで見積もりしてみる↓

矢印

インズウェブ

そうして3つ目がインズウェブ。

 

スンドゥブくらいしかまるでわからないおめでたい私はさておき、こちらでは最大20社の見積もりが出来ます。

 

でも一度に20社って思っている以上にありませんか!?

 

しかも一括見積もりしただけで、なんと

 

5万円も保険代が下がった

 

という方まで存在するという…

 

5万円も安くなったら家庭の経済状況は大助かりですよね。(←懐具合のことばかりか…w)

↓インズウェブで見積もりしてみる↓

矢印

保険の補償内容と特約

自動車保険が少し高くついたという数多くの人が、

 

「不必要な補償」と「不必要な特約」

 

を付帯されていたからとのことです。

 

でも、現実どういった補償や特約を必要としないのかなんてズブの素人主婦には全然わからないもの。

 

そこで、ズブの素人の私がズブの素人なりに考えて、検証してみた不必要な補償と不必要な特約について僅かながらお話してみようと思います!

 

※注)あくまでもど素人検証ですw

搭乗者傷害保険について

そして搭乗者傷害保険について。

 

これ、搭乗者が怪我を負った時だからぜったい必須でしょ!なんて捉えてた私ですが、じつは不必要な場合もあったり…

 

なぜかというと、近頃は人身傷害という名の保険も存在します。搭乗者傷害1000万、人身傷害3000万というのがたいていどこの保険を目にしていても入っているのですが、人身傷害保険は搭乗者傷害保険を兼ねるんですよ。

 

もっと言うなら人身傷害の場合、自損事故を起こして自分自身が怪我を負った場合も治療費が降りてきたりしますから、わざわざ搭乗者傷害に加入することが無意味といえるのですね。それに加えて前述同様、生命保険に入っている場合、同じ補償を付けている方が殆んどだと思うのです。

 

堅実な生命保険に入っている場合は、わざわざ自動車保険の費用をアップさせてまで付ける必要性はないわけでありますね!

 

私も、家族一同生命保険にはがっちり加入… 男は特に手堅い手堅い保険に入っていることから、こちらは付けませんでした。

代車特約とは何か

代車特約って知っていました?

 

手始めに代車特約からいこうと思いますね。

 

え!?交通事故起こしたら代車必要不可欠じゃん!

 

にもかかわらずこの特約必要ないの!?

 

と私も最初考えました。

 

でも、常日頃からあんまり車に乗らないよ?とか、男の車もあるし歩いてもやり過ごせるよ?という方は付帯しなくても構わない、というより付帯させるともったいないと言えます。

 

また、相手方が有責のケースではそちらの方で補償してくれますから、ご自身の周辺の環境を加味して特約を付けた方がいいのか、無いのでも良いのか、それをちゃんと判断すればいいということなんですね。

個人賠償責任特約とは?

お次に個人賠償責任特約。

 

車以外の事でも補償してくれる特約なので、付帯させている方がほとんどのはず。

 

私も男の車の保険でこの特約を付帯していますが、この特約って生命保険などでも付いてるというようなケース多くないでしょうか?

 

そのような場合は、加入されてる生命保険も確かめてもらうこととなりますが、どれかひとつの保険に特約として付帯させておけば、家族全員分補償してもらえますから、それ以外の保険に付いている場合は、自動車保険からはいの一番に外してしまって問題ありません。

弁護士特約について

最後に弁護士費用特約。

 

これはねぇ、必要!無用!の両極端の見解が多くて、どのようにすべきか!?と考えていることがしばしば。

 

自分が過失0の交通事故のケースでは、自分の保険会社は支払義務がなく応対してもらえないんですよね。

 

でも、先方がヤカラだった場合、示談交渉なんかが円滑にいかないときがある… と。

 

その中でも先方は車のことに精通している男性の方で、こちらが何も知らない主婦だと、どういうわけか丸め込まれてしまう心配があるわけで。

 

その際に、この特約がついていたなら代理で交渉してもらえるわけであります!

 

私自身は何をしているかと言うと… 最初は削減できるかな??とも感じてたのですが、何しろガラの悪い抜け目のない地域に暮してまして。

 

交通ルールなどは存在すんの?ってのも当然で、いままで親の車に同乗していまして、もらい事故を体験した多数。

 

救急車にも初めて上がった事故もあり、救急車の中で想定外の物が顔に落ちてきたというアクシデントも有ったり(←そこは救急車のせいですw)。

 

そのような地域なんで一応組み込みました。

特約総評まとめ

そうして順繰りに学習していくのもうまく行くと思いますが、結局のところ、いずれの保険会社がどの額でどんな補償をしてくれるのかは、ひとつずつを比較してみないと明白になっていませんよね。

 

というわけで、間違いなく一括比較してみるのがなによりなのです♪

保険の一括比較見積りを使ってどうでしたか?

年間4万円も浮きました!

ここまで田舎に住んでいて車のは必要であるったのですが、転勤で大都市に越してきて車をあまり要らなくなったので、バッサリと保険料の再考をする事に。

 

でも、ひとりで全ての会社の見積もりを出すのは苦労したので、保険スクエアで一括見積もり行いました!

 

日常スタイルが変動するせいか、ビックリの一年4万も値下がりする会社を発見した!

 

補償内容も大丈夫ったので、こちらに切り換える事に決定したのです!

 

もしも見積もりを出してなければ、いき過ぎの保険料を支出していた事になるので、一括見積もりに出して心底感動させられました。

見積りがすぐに

ズバット自動車保険比較にて見積もりをしました。

 

比較できる会社がいっぱい、過去把握していなかった保険会社の事も知れました。

 

さらに、何と言っても見積もりが届くのがスピーディー!

 

うそでしょ当日に届くなんて想定してもみなかったので、快適に見積もり結果がわかりましたのが比べ物にならないほど最高でした。

 

そのうちプラス思考で比較して、自分に似つかわしい保険に入ろうと思います。

最高の補償内容です

最新式で車を購入し、ディーラーに頼もうかとも考えましたが、知り合いから自らが行った方が安くなるよといった声を聞きました。

 

どおりで、ローンもひどいし保険料は一時も低くしたいところ。

 

でも、自分にとってはそんなに知識がないし、どこがいのかお手上げ状態だな?と思いインズウェブ使ってみました。

 

色々な会社の見積もりを比べられるので、何処が安いのか1発でわかって、素人には得をするサイトだなと感じました。

 

自分で了解した会社の保険に加入しましたが、今回の所十分な補償内容で満ち足りています。

あなたも使ってみませんか?

とにかく、皆さん比較サイトで保険料を安く可能だったり、比較出来ることに楽しいものにしているようですね!

 

あちこち1つでももちろん見積もり比較はやれますが、車の保険ってポイント。

 

一歩間違えてば大事故に、そして大怪我に見舞われるので、健全な保険に加入したいですね!

 

なので、間違いなくできるだけ数多くの比較サイトで見積もりを取り出すべし!

 

・自動車保険の知見がない
・惑いすぎて人気ドコロにするようにしましょうと考えている
・手始めに安く大丈夫な保険を選び出したい

 

そう言った方は今すぐここのサイトで見積もりを出し、何度でも比べて得心出来る保険に加入するようにしましょう♪

 

自動車保険一括見積りボタン

このページの先頭へ