廃車 手続き

MENU

廃車手続き(永久抹消・一時抹消・解体届出)に掛かる費用や必要書類、手続きの説明

廃車の手続きには様々な方法がありますが、車をどうするかによって手続きの内容が変わってきます。

 

完全に乗らない(解体する)場合は永久抹消、一時的に乗らない場合は一時抹消が一般的です。

 

どのような手続きをするかによって必要な書類が変わってきますが、全て管轄陸運局での手続きとなります。

 

廃車手続きは自分で行う事もできますし、業者にお願いする事もできます。

 

一時的に乗らなくなってどこかに保管しておく場合は自分で手続きしてしまう方が費用が安く済みますが、完全に乗らなくなってしまった場合は廃車買取に依頼する方が良いでしょう。
査定は無料ですし、買取が成立した場合は無料で手続きをしてくれます。

 

廃車手続きの種類

一言で廃車手続きと言っても、廃車などで解体する場合、売買など再使用を前提としている場合がありますので、
それぞれの目的にあった手続きを行う必要があります。

・解体を済ませている場合は永久抹消(災害による廃車も含みます)
・一時的な使用中止の場合は一時抹消(盗難による中止も含みます)
・自動車を輸出する場合は輸出抹消仮登録

解体提出は、一時抹消登録後に「自動車リサイクル法」に従って適正な解体を行った際に発行されるもので、
最寄の運輸支局に届出する必要があります。

 

廃車手続きの必要書類

永久抹消か一時抹消によって変わります。
また、廃車にした時の車検がどれくらい残っているかによっても変わりますので、必ず確認しておきましょう。

 

→廃車にかかる書類の詳細はこちら

 

廃車手続きの費用

基本的なところでは登録手数料などがあります。
これは自分で行っても業者に代行してもらっても必ず掛かる費用になります。

 

解体費用は、車の再利用価値によって大きく変わってきます。
大きさ、リサイクルできる部品の数、業者など様々な影響が加わってきますので、
もしも業者に依頼する場合は必ず数社に見積もりを取ってもらいましょう。

 

解体費用の他、業者に車を引き取りを依頼した場合はレッカー費用が掛かる場合もあります。
もちろん、自分で業者に持ち込めば費用は掛かりません。
レッカー費用は距離と車の大きさによって変わりますが、目安は約5000円〜15000円前後です。

 

→廃車費用を詳しく見るなら

 

廃車手続きの方法

廃車手続きに必要な書類は自分で行うのか、業者に依頼するのかで多少変わってきます。
例えば、業者に依頼する場合は「代わりにやってもらうことを依頼しましたよ」ということを証明する委任状が必要になりますが、
自分で手続をするならこの委任状は必要ありません。
また、委任状に使う実印用の印鑑登録も必要ありませんので、印鑑登録証明の数も1枚少なくなります。

 

このように、必要書類、記入する書類の箇所も変わりますので、必ず管轄の運輸支局か業者に確認を取りましょう。

 

抹消の順番によっても申請の流れが変わります。
一時抹消→解体→永久抹消解体であれば、陸運局での申請を二度行わなければなりません。
一時抹消登録の手続きで1回、その後にリサイクル法に従って解体し解体届出をもらい再度運輸支局で永久抹消登録をする、という感じですね。
また、一時抹消登録をした場合は、登録した月から自動車税が発生しなくなりますので、
還付金が多く貰える、次年度の自動車税が掛からないなどのメリットもあります。

 

最初から永久抹消登録を行ったは場合、運輸支局での手続きは一度で済みます。
しかし、解体を依頼した業者から「移動報告番号」と「解体記録日」が発行されるまで多少時間が掛かるなどのデメリットもあります。
ここはスピードを重視するか、費用を重視するかで決めても良いでしょう。

 

自分で抹消登録をする際の流れ

1.ナンバープレートを外す

これは非常に簡単です。
業者に依頼した場合はもちろん代行してくれますが、自分で予め外しておいても問題はありません。
ただし、ナンバーを外すと公道を走れなくなりますから、自分で持ち込む場合は注意しましょう。

 

*ナンバープレートの外し方

前面・背面共にネジを外すだけですが、ここで注意していただきたいのが背面のナンバープレートに付いている「封印」です。
「封印」とは、偽造ナンバーなどの取り付けを防ぐために装着されているアルミ製のカバーです。
ドライバーなどでこじると簡単に潰れてしまい、手を加えたことがすぐに分かってしまいます。
「封印」は必ず装着されていなければならず、潰れていると偽造ナンバーを疑われてしまいますので、
必要の無い時は触らないようにしましょう。
また、外したナンバープレートは後ほど返却する必要がありますので、大切に保管しておきましょう。

 

2.車を解体する

解体業者に依頼します。
解体後に業者から「解体報告記録日」が報告されてきます。
これは後に運輸支局での手続きに必要なりますから、無くさないようにしましょう。

 

3.永久抹消登録に必要な書類をそろえる

実印、印鑑証明、記入シート、車検証、解体報告記録日、移動報告番号などです。
必要書類が分からない場合は管轄の運輸支局へ問い合わせましょう。

 

4.運輸支局で用紙や印紙を購入し記入する

運輸支局内には記入に必要なシートが取り揃えてあり、印紙を買う場所もあります。
印鑑証明などは区役所や市役所で揃え、シートなどは運輸支局で揃えるという流れです。
手数料も決まっていますので、必要な金額分の印紙を買い、手数料納付書に貼ってから提出します。

 

5.ナンバーの返却

外したナンバープレートは運輸支局内にある専用の返却口に返納します。
返却時に手数料納付書に「返納確認印」が押印されますので、必ず確認しましょう。

 

6.必要書類を提出

必要書類一式を窓口に提出します。
運輸支局内には様々な窓口がありますから、迷ったら係員に聞いて正しい窓口に提出してください。

 

7.税金還付の手続きと申告

書類の提出が終わったら税申告を行います。
管轄の運輸支局によって敷地内にあったり、敷地外にあったりと様々です。
ここで自動車税申告書を作成し、4月からの還付金が計算されて戻ってくる、という仕組みになります。

 

なお、管轄地域によって税申告が不要な場合があります。
詳しくは運輸支局に問い合わせてみてください。

 

*重量税の還付

車検の残り期間が1ヶ月以上ある場合は重量税の還付が受けられます。
申請は永久抹消登録または解体提出と同時に行わなければならず、事後申請はできませんので注意して下さい。
手続きは所定の書類に必要事項を記載するだけです。

 

これで永久抹消登録の手続きが完了しました!

 

豆知識 〜〜処分にお金をかけるのか、お金をもらって処分するのか〜〜

廃車にはお金が掛かるもの、と思っていませんか?
廃車手続きは車関係のお仕事に就いていない限り、なかなか自分で行う機会もありませんから無理もないでしょう。
また、廃車手続き=自分で業者を探し自分で手続をするか業者に依頼する、この二択しか無いと思っている方も少なくないでしょう。
もちろん間違ってはいないのですが、実はもっと賢く車を処分する方法があります。

 

お金をかけたくないなら自分で手続う。
面倒くさいなら手数料を払って業者に依頼する。

 

この二択に固執してしまっているあなたへ朗報をお届けします。

 

第三の選択肢、廃車を「鉄くず」として売却する

車とは金属の塊です。
エンジン、シャーシ、ボディなど、ありとあらゆるところに金属が使われています。
車としての寿命を迎えても、別の金属製品の原料としての価値が十分にあるのです。
廃車が売れるわけないと思っている人は大きな間違いです。
廃車は売れます。

 

もちろん、車の大きさや使っている金属量によって価値は変動しますが、
大型の1BOXカーなどは廃車寸前であっても買取してもらえます。
少なくとも軽自動車程度の大きさであれば無料引取に無料手続き代行などは行ってもらえますから、
手数料を払って廃車にするより、無料で引き取って貰って無料で手続きを行って貰ったほうが良いですよね?

 

どうするかの選択はあなたの自由ですが、どうせなら知識を付けて賢く車を処分しましょう。

 

多くの人が勘違いしている!?愛車の価値を知って下さい。

中古車の買取業者の査定は、主に「年式」「走行距離」「修復歴の有無」を重点的に見ています。
もちろん装備、グレード、カラー、内外装の状態も査定項目に含まれますが、
査定額のおおよそを決めるのは上記の3項目です。

 

これは買う側(エンドユーザー)が重要視する項目と一致しています。
装備が良くても年式が古く走行距離も多い車は敬遠されますよね?
それと一緒で、エンドユーザーが「価値」として見る項目が査定額に影響を与えるのです。

 

当然と言えば当然の理由ですね。
需要があるものは高く売れるし、無いものは安くなる。
世の中の摂理です。

 

しかーし。
「じゃあ低年式で過走行な車は中古車としての需要が無いの?」と聞かれたら「そうです!」とはならないのが面白いところ。

 

見ての通り、車は金属の塊です。
金属は世の中の至るところに使われていますよね。
このいたるところにある金属、実は新しく加工されるものの他、他の金属製品から流用しているものもかなりあるのです。

 

車は「中古車」としての価値が無くても「金属」としての価値は大いにあります。
また、金属以外にもプラスティックやFRP、カーボンといった素材が使われている車もあります。
流用できる部分が多くある車というのは、中古車として使えなくても別の金属製品に流用するにはもってこいの製品なのです。

 

本当に価値が無いのか、有るのか。
それを確かめる方法はただ一つ、廃車買取査定です。

 

一般の中古車査定は、再販する、つまり再び中古車として誰かに乗られることを前提に査定を行います。
そうなると、当然、低年式・過走行車は価値が低くなります。

 

しかし、廃車買取査定は再販を前提としていません。
あくまでも再利用価値=別の製品の原料としての価値が有るのか無いのかで査定を行います。
つまり、一般の中古車買取業者と廃車買取業者ではニーズが違うのです。

 

不動車、故障車、冠水車、低年式車、過走行車、どんな状態であっても諦めることはありません。
買取査定、廃車査定、色々な業者に査定してもらい、あなたの愛車の本当の価値を見出してもらいましょう!