廃車 費用

MENU

廃車費用の総額はいくら?

廃車するときに気になるのは、やはり費用がどれだけかかるのかということです。

 

廃車するには費用が必要です!

平成17年に制定された自動車リサイクル法により、廃車するにはリサイクル料金を支払わなければいけなくなりました。金額は車種によって異なりますが、おおむね6000円〜2万円程度になります。平成17年2月以降に購入した新車、または車検を通した車であれば、既にこのリサイクル料金は徴収されていますので、廃車の際にあらためて支払う必要はありません。
廃車にしたい車を解体業者に引き渡すと、永久抹消登録の届出をする際に必要となる「使用済自動車引取証明書」がもらえますので、管轄の運輸支局にて他の書類等と合わせて提出してください。
届出手続きを行政書士に頼む場合は、報酬費用も含めると約10,000円ほどかかります。
廃車の手続きを最後まで引き受けてくれる解体業者のなかには、手数料を請求するところもありますが、車の解体後に再利用できるパーツや鉄スクラップ等の売却で利益が出ることから、最近では無料で登録まで行ってくれる業者がほとんどです。
ただし、自走できないような車で業者に引き取りに来てもらうような場合だと、出張費用がかかる場合があります。
自分で運輸支局に行き永久抹消登録の届出をしてしまえば、もちろん余分な費用はかかりませんが、合わせて自動車重量税の還付請求などもありますので、これらの手続きにかかる手間と時間がもったいないとも言えそうです。

 

永久抹消登録にかかる費用を安く抑えるポイント

車を解体した後、永久抹消登録をすることで廃車の手続きは完了となりますが、これらにかかる費用をいかに安く済ませられるかというのは、解体業者へ廃車を引き渡す際の費用をどれだけ抑えられるかにかかっていると言えます。
業者への廃車の持ち込み料などはかかりませんが、自走できない車などで業者に引き取ってもらう場合には、レッカー代などを請求されるかもしれません。
ただし、解体後の鉄スクラップ等による売却益が出ることから、交渉次第ではタダになる可能性もありますので、必ず確認しておいてください。

 

一時抹消登録にかかる費用を安く抑えるポイント

永久抹消と違い、一時抹消登録の場合は車の解体を伴わないため、解体費用などを考慮する必要はありませんが、引取業者に車を引き渡す際、出張引取料などがかかる場合があります。また、手続きを業者に依頼する場合は手数料を取られる可能性もあります。
手間と時間を考えて、自分で行うか業者に任せるかを決めてください。

 

廃車にかかる費用の相場

たとえば、事故で全損した車を廃車にしようとする場合、永久抹消登録をする必要があります。これには車の解体費用や、登録時に提出する書類作成等代行費用などが伴います。
このうち、解体費用については最近では無料の業者が増えてきましたが、運輸支局での登録手続きを行政書士等に依頼するとなると、報酬としてだいたい1万円の費用がかかってくるようです。
もちろん登録手続きを自分で行うことも可能ですが、運輸支局で永久抹消登録に関する届出や、自動車重量税の還付請求も行うことになりますので、素人にとっては非常に煩雑と言わざるを得ません。

 

ディーラーで廃車を依頼するのは得かどうか?

普段から付き合いのある自動車ディーラーであれば、廃車の手続きなども安心して任せられますよね。
特に、日ごろ忙しくされている方などであれば、担当の営業マンに全てを任せることで時間の節約にもなりますので、メリットは十分にあると言えそうです。
でも、ちょっと待ってください。
この方法だと費用がかかってしまうという点は、やはり無視できないところです。
どうしても時間が無いという方であれば話は別ですが、少しでも余裕があるのであれば、費用を安く抑えられる方法があります。

 

一括査定サイトを活用しよう!

車を廃車しようと思っても、書類作成の手間や手続きに行く時間を考えると、なかなか自分では難しいなと思われるかもしれません。
かといって、わざわざお金を払ってまで廃車するのもバカらしいし・・・。
そこでアドバイス。
専門の買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
東南アジアや中近東などの海外市場では、日本車の人気は相当高く、これら専門の業者は、車を買い取った後で海外向けに販売できるルートを独自に持っているため、国内では決して値が付かないような車でも、利益に変えることができるのです。
どこも買い取ってくれないだろうなと思っていたオンボロ車が、場合によっては高く売れた、なんてこともあるんですよ。
廃車手続きの代行費用も無料なところが多いため、利用するメリットはとても大きいと言えます。

 

買取業者の見つけ方

廃車を検討していた車を査定してもらおうと思った時に、どこの業者に頼めばいいのかよく分からないといったことがあるかもしれません。
そういったときは、インターネットの一括査定サービスを利用しましょう。
調べると、とてもたくさんの一括買取査定サイトが見つかると思います。
ただ、こういったサービスは、申し込み時の入力が面倒なところが多いですよね。
「かんたん車査定ガイド」では、買い取ってほしい車の重要項目だけを入力するだけで、査定申込みがあっという間に完了しますし、概算の査定価格もすぐに分かりますので、非常に使いやすいサービスになっています。
また、車買取大手のアップルやガリバーなどはもちろんのこと、廃車だったり事故車だったりを専門とした買取業者も、こちらのサイトには参加しているので、どんなオンボロ車でも値がついたりする可能性が非常に高いと言えるでしょう。
もし廃車にする予定の車があれば、一度査定を申し込むことをオススメします。

 

廃車で損をした人の口コミ

廃車するのに8000円も払ってしまった人の体験談

母が通院するために車が必要となり、お金が無かったため安い中古車(ホンダのライフ)を購入してしばらく乗っていました。
しかし、どれだけ安い車でも維持費はどうしたってかかります。
車検をお願いしていた業者さんから、次の車検を通すのは難しいと言われたため、とうとう手放すことを決めました。
しかし、手放すといっても元々が安い中古車でしたし、車検が通らないような車を買取業者に依頼したところで、やはり買い取ってもらうことは出来ず、逆に廃車費用で2万円ほどかかってしまうと言われてしまう始末。
ただでさえお金が無くて困っていたので、会社で付き合いのある修理工場に相談してみたら、8000円でなんとか廃車にしてもらえることに。
10万円で購入してから3年は乗り続け、この間、走行中にタイヤが外れるといったトラブルに見舞われたり、エアコンも壊れて付かなくなりましたが、エンジンそのものはいたって快調でした。
今は施設に入ってしまった母の、毎日の足としてがんばってくれたライフに、今でも感謝しています。

 

廃車するのに3万円も払ってしまった人の体験談

もう20年も前の話になりますが、先輩から60万円で購入した8年落ちのBMWを、半年ほど乗ったところで廃車せざるを得なくなりました。
当時わたしは大阪に住んでいたのですが、このBMWで彼女と金沢の一泊旅行に出かけたときのこと。
高速道路を走行中、京都を過ぎたところから水温計のメーターがレッドゾーンを指すようになったので、サービスエリアに立ち寄り、ガソリンスタンドで冷却水を補充してから本線に戻りました。しかし、水温計のメーターは戻ることなく、おかしいなと感じつつも早く目的地に着かないと思って、しばらく北陸自動車道を走らせていたら、金沢まであと30kmほどというところで、とうとう車内に異臭がし始めたのであわてて路肩に緊急停車しました。
ボンネットを開けると水蒸気がものすごい勢いで湧き上がり、エンジンを冷ますまでしばらく車の中で待っていました。
車に負担をかけないようにと飛ばさずにここまで来たので、既に辺りはもう真っ暗です。
車内には気まずい沈黙のみが広がります。
頃合を見計らってキーを回すと、幸いにもエンジンがかかったので、次の料金所で高速道路を降り、近くの修理工場に駆け込みました。
症状を聞くと、冷却水ポンプが壊れていて、修理するには部品をドイツから取り寄せなければならず、さらにはエンジン焼けの可能性もあるため、仮に修理したとしても大阪まで持つかどうかの保障は出来ないとのこと。
茫然自失となりながらも、廃車にすると即答したのは言うまでもありません。
廃車費用はたしか3万円程度でしたでしょうか。
事情を説明したら、そこの修理工場の方の好意で車を借りることができ、金沢の宿まで無事にたどり着くことができました。
そして、翌日に工場まで車を返しに行き、最寄りの駅まで送ってもらって大阪まで帰ることが出来ました。

 

廃車するのに5万円も払ってしまった人の体験談

妻が買い物用に使っていたダイハツのムーブを、5年前に廃車にしました。
10年ほど乗っていましたが、最後の方は色んな箇所に不具合が出てきており、車検費用もだんだんと負担になってきたので、買い替えを考えていたある日のこと。
ムーブを運転中、交差点で停止すると、なんとそのまま発進すること出来なくなり、エンジンが止まってしまったのです。
JAFを呼んで近くの修理工場に運んでもらいましたが、そこで言われたのは、修理に30万円ほどかかるということ。
さすがにそれだけのお金をかけてまで乗り続けようとは思いませんでしたので、手放すことに決めました。
ただ、下取りに出しても買取価格が付かないと言われたため、解体して廃車することに。
たしか廃車費用で5万円弱かかったように記憶しています。
車を買い替えるときは、それまで乗っていた車をいつも下取りに出しており、廃車にするというパターンは初めてだったので、10年も乗っていたムーブに対して、なんだか申し訳ない気持ちになりました。

 

いかがでしたでしょうか。
上記の方たちは、廃車するのに費用がかかることに対して、何の疑問も抱いていません。
この記事で紹介しているような方法を知らないと、こうして損をする可能性があるのです。
廃車でお金を取られることのないようにしましょう!

 

税金がかかるので、乗らないなら廃車にしよう

車の税金は、たとえ乗っていなくても問答無用にかかってきますので、そういった車はぜひ廃車にしましょう。
ここでいう税金には2つあります。
毎年支払う「自動車税」、そして、新車購入時や車検時に支払う「自動車重量税」です。
いずれも、廃車して抹消登録することで、既に払ってしまった税金が戻ってきます。
まず、自動車重量税についてですが、こちらは車を解体してリサイクルされたことが条件となりますので、永久抹消登録の際に合わせて還付申請を行うことで、後日、管轄の税務署から還付を受けることができます。
車検の残存期間が長ければ長いほど還付金も多くなりますので、出来る限り早めに処分した方が賢明です。
一方、自動車税についてですが、こちらは必ずしも解体の事実は必要ではないため、一時抹消登録であっても還付の対象となります。
年度末までの支払済み分を月割りで計算し、後日、各都道府県税事務所から還付されます。
ただし、軽自動車税は、この月割り計算が出来ないため、還付できない仕組みとなっておりますので注意してください。
また、税金ではありませんが自動車保険なども解約すれば掛金が戻ってきますので、やはり乗らない車は廃車にするのが得策と言えるでしょう。

 

事故車と修復歴車の違い

事故車と修復歴車、似ているようで実は全く意味が異なる言葉なので注意が必要です。
まず、事故車というのは、過去に事故をした事実があるかどうかによって決まります。
大きな破損して修理した車も事故車ですし、軽微な事故でバンパーにちょっと傷が付いた程度の車も事故車と言えます。
対して修復歴車というのは、車体を構成する重要な箇所に修理を施したことがあるかどうかがポイントとなります。
たとえば、事故に遭った車でもこの箇所に修理が及ばなければ修復歴車とは呼ばず、逆に、事故に遭わなかったとしても、故障などでこの箇所に修理が及んでいれば、これは修復歴車となります。
一見同じような意味合いを持つこの2つの言葉ですが、買取査定においては、大きく取扱いが異なってきます。
まず、事故車についてですが、意外なことにこちらは査定には全くと言っていいほど影響を及ぼしません。
もちろん傷やへこみなどは無ければ無いにこしたことはありませんが、大きなマイナスになることはまずありません。
かたや修復歴車、こちらは査定額にもろに響いてきます。
もちろんマイナスとしてです。
事故歴や修復歴といったものは、車検証等に記載されるようなルールは無く、査定業者がこの事実を見抜くかどうかにかかっていますので、買取査定時に自己申告しなければならないという決まりもありません。
事実、修復歴があることを知らないまま乗り続け、査定時に初めてその事実を知ったという所有者の方も存在するぐらいですからね。
ただし、事故歴や修復歴といったものを知っていながら隠して査定を受けても、プロが見れば一発で見抜けるらしいので、信頼関係を損ねて相手にマイナスな印象を与えるよりも、素直に申告して信頼を得た方が、買取査定としては結局プラスに働くと言えるのではないでしょうか。

 

車を高く売るにはどの時期がいい?

中古車市場において、買取相場というのは日々刻々と変化しています。現在は中古車オークションでの結果が相場の中心となっています。
オークションでの落札価格が最も高い時期が、車が最も高く売れる時期だと言えるのですが、この時期がいつかというのを言い当てるのは、なかなか一筋縄ではいきません。
それでも、例年の傾向から、おおよその時期は特定できます。
たとえば、2月〜4月は、新社会人や大学に進学した人の中古車需要が高まるため、オークションの相場も上がりやすくなります。
人気車であればなおさらですよね。
また、4WDであれば真夏よりもスノーシーズンの方が需要があるでしょうし、フルモデルチェンジしたことにより相場が変化する車種もあったりしますので、愛車を高く買い取ってもらおうと思ったら、こういった情報には敏感になっておいた方がいいと言えるでしょう。

 

自動車税を払っていなくても廃車にできる?

自動車税を払っていないと車検が受けられないというのはご存知の方も多いようですが、
廃車に関してはそんなことはありません。
抹消登録等の届出に納税証明書は不要ですし、口頭で係員が自動車税の納付の有無を聞いてくることもないです。
まず、抹消登録は運輸支局で行いますが、この運輸支局は国土交通省、つまり国の機関です。
対して自動車税(軽自動車は軽自動車税)は都道府県(軽自動車は市区町村)の管轄となります。
国と地方自治体という、もともとの組織が違うため、納税データの連携などあるはずもなく、自動車税を払っていないから廃車手続きが出来ないということも起こりえないわけです。
データ連携していれば、そもそも車検時に納税証明書の提出も必要無いですしね。
とは言っても、自動車税や軽自動車税を支払わないままでいると滞納処分の対象となってしまいます。
廃車にするからといって支払わなくてもいいということでは決してありませんので注意してくださいね。

 

所有者が死亡したときの廃車の手続きは?

廃車にしようと思っていた車の所有者が死亡した場合、そのままの名義では廃車手続きを行うことはできません。
いったん相続人に名義変更する必要があります。
この名義変更には手間と時間がかかりますが、放っておくと自動車税もかかりますし、自動車重量税の還付金もどんどん目減りしてしまいますので、廃車にすると決めているのであれば、なるべく早い段階で抹消登録まで行うべきと言えるでしょう。
相続人が複数名いる場合と、単独の場合とでは、名義変更の手続きに必要な書類の数が違ってきます(もちろん単独相続の方が少なくて済みます)。
また、廃車手続きにおいても、複数の所有名義にすると、その分手間と時間が余計にかかってしまいます。
廃車を考えているのであれば、車だけでも単独相続にした方が賢明だと言えるでしょう。
よほど価値がある車で、売却を考えているというのであれば話は異なってきますけどね。
遺産分割協議書や、相続人全員分の印鑑証明書、また委任状や所有者が亡くなったことを証明する書類など、手続きは煩雑を極めます。
名義変更から抹消登録までの一連の手続きを自分ですることも可能ですが、さすがにかかる手間と時間のことを考えると、費用を出してでも代行してもらった方がいいと考える人もいるかもしれませんね。

 

廃車時のトラブルとは?

廃車手続きを業者に依頼する場合、車の解体から運輸支局での抹消登録までを一括でお願いするパターンが多いと思いますが、中にはトラブルに見舞われる場合も見受けられますので注意が必要です。
まず、解体してもらうために引き取ってもらった車が、使えるパーツだけ取り外されて不法投棄されたり、中古車として転売されていたというようなケース。
このような業者であれば、永久抹消登録どころか、名義変更などの手続きもきちんとしていない場合がほとんどですので、登録上はまだその車両をあなたが所有していることになっているのです。
当然、自動車税の請求も来ますし、実際にその車を使用している所有者と揉めることにもなります。
また、出張査定を依頼したところ、売却契約を強引に迫ってきたというケース。居直ってなかなか帰らないような悪質な業者が、全くゼロではないという事実が怖いところです。
廃車にまつわるトラブル事例はこのほかにも数多く報告されていますが、依頼者に正しい知識が備わっていれば回避できるものも少なくありません。
優良な業者であれば、事前に廃車手続きの流れなどを丁寧な説明を行ってくれますし、必要な費用があれば、これもはっきりと提示してくれるはずです。
業者に手続きを依頼する場合は、こういった対応のひとつひとつをチェックして、安心できるかどうかの判断を行うようにしてください。

 

普通乗用車の走行距離と廃車のタイミングは?

中古車として売却するのであれば、走行距離は少ないに越したことはありません。
よく言われるように、5年経過した車両であれば5万km、10年経過した車両であれば7万kmといったあたりが、査定標準として考えられているようです。
しかし、これはあくまで買取査定での話であって、廃車を考えているのであれば、走行距離はあまり参考になりません。
今の国産車の年数経過における耐久性能は、世界でも類をみないほどのレベルに達しています。
10年10万kmを走っていても、こまめに整備が施されているような車であれば、なんら問題なく使用し続けることが可能でしょう。
逆に、メンテナンスを怠っていたり、無理な使用方法で酷使していれば、使用年数が浅かったり走行距離が少なかったとしても、不具合が多発して廃車を免れなかったりするかもしれません。
そういった意味では、廃車のタイミングというのは、やはり頻繁に故障やトラブルに見舞われるようになったときと言えるでしょうね。
修理費用を出してまで乗り続ける価値があるかどうかを考えた時に、その車の現存価値というのを考慮してみてください。
例えば、同程度の車が中古車市場にて10万円で売られているような状態で、修理に50万円かかるとなれば、直して乗るよりも状態の良い中古車を探した方が得策だということは、誰しもが考えることだと思います。
このときがつまり廃車のタイミングと考えていいのではないでしょうか。
維持費がその車に対して割高に感じるようになったら、廃車を考えてみてください。