MENU

タペット音の原因とは

 

「タペット交渉」は?

 

バルブクリアランスの交渉は「タペット交渉」とも呼ばれる。課題はシックネスゲージという具を使って交渉。すき間をカウント・調整してネジを締め込むだけなので、要点さえつかめば誰でも簡単に望める。

 

バルブといったロッカーアームの接触部の“レジャー”を交渉

 

出典4-mini.net

 

バルブクリアランスの交渉(タペット交渉)は、バルブときの交渉後に必ずや立ち向かう課題。

 

バルブクリアランスの交渉(タペット交渉)は、吸排気バルブが閉じ、ピストンが一番上に起こるシーン。詰まり緊縮柄死事柄における状態で行うことがライフ。この状態でロッカーアームがバルブをたたく箇所(タペット部)のすき間=“レジャー”を調整する。

 

オーソドックス12映像モンキーなど12映像横型エンジン(オーソドックス)の場合、すき間の距離は吸排気サイドとも0.05mm。手で動かしてみて頷けるか・思い付かかの微妙なすき間に設定する。

 

「オーバーラップ」の状態で調整してしまうと…

 

出典4-mini.net

 

「オーバーラップ」は、クランクシャフトがわずかに吸排気用の2つのロッカーアームを押し上げ、吸排気バルブのダブルを叩いていらっしゃるシーン=吸排気バルブがわずかに開いているシーン。こういう設置でバルブクリアランス交渉を行ってしまうと、バルブクリアランスが保てなくなり、エンジンの病状や棄損の原因となるので注意が必要です。

 

シックネスゲージを差し込んで交渉

 

出典4-mini.net

 

吸排気バルブの後端部というロッカーアームの隅に付いている直しスクリューの間にシックネスゲージを挟む。

 

シグネックスゲージ

 

出典www.straight.co.jp

 

品物のすき間を計測する判定具のシックネスゲージ。表層には1枚1枚厚みが記入されていらっしゃる。各コンポーネント製造元からもデビュー中間。

 

ここからがライフ!!
シックネスゲージをゆるゆる動かして下さい。
とことん「羊羹を下回る気配」なんて言われるんですが、思い付かやつは・・・

 

 

アッという間に羊羹を買いに行ってください!!今すぐに!!

 

タペットアジャストレンチを使えば 交渉課題は容易

 

ムービーは12映像モンキー向きロッカーアームのバルブクリアランス交渉部分の増。

 

課題は9mmのレンチ(鍵ナットが9mm)も可能だが、藤四郎は能率の良いタペットアジャストレンチによるほうが賢明。

 

やり方は<2>って<1>を一致させ、直しスクリューを回してすき間調整し、鍵ナットを締め込む。締め込み後は、再びシックネスゲージを差し込んで弱させ、すき間が適当であるかを確認する。

 

タペットアジャストレンチ

 

出典www.snapon-ktc-koken.com

 

出典minkara.carview.co.jp

 

練習版

 

今回の車両はFTR223
理想というシンプルなエンジン

 

課題の前に、、、エンジンが暖まった状態だとクリアランスを正確に計れないのでエンジンが冷めた状態で作業してください

 

タペットキャップを欠かすにはタンクを外さなければいけない結果席も外します。

 

エンジン上部の弱に付いている大き目のボルトがタペットキャップだ。

 

交渉前にクランクシャフトを回し、タイミング広間でTポイントの線を緊縮柄死事柄で併せます。 わからないときは吸気→緊縮→バースト→排気といった唱えながら回すといいでしょう

 

塵が入らないように世話!

 

ロッカアームとバルブステムの間にシックネスゲージを差し込んでGoodエリアに調整します。
Goodバリュー
IN:0.10±0.02mm
EX:0.10±0.02mm だ。

 

測った業者EXが0.16、INが0.14でした。
交渉は直し鍵ナットを緩めて直しスクリューを回して調整します。

 

後書き

 

タペット交渉は簡単に説明すると カムシャフトってロッカーアームとの余地だ。少ないと、バルブが閉まらず、多いと響がやかましくなります、細くいうと勢力が落ちます
自分で決めた区間を走ったりタペット響が大きくなってきたら交渉お求めだ

このページの先頭へ