タペット音の原因と消す方法とは。放置は何故いけないの?

MENU

タペット音の放置

エンジン

エンジンからのカラカラした音やガラガラした耳障りな異音。本当に心配ですよね…?

 

人を乗せた時に恥ずかしいのもあったりするかも知れませんが、一番の心配といえばやっぱり、

 

このままでも大丈夫なんだろうか

 

というところではないでしょうか。

 

ここでは気になるエンジンの異音について、さまざまな症例とともに

 

エンジン異音における3つの解決策

 

をお話ししています。

 

ご覧いただく前に

まずは現在、エンジンオイルが規定量入っているかをご確認下さい。オイル量が正しく規定量入っていて、それでも異音が止まらないようであれば、このまま読み進めていただければと思います。

 

オイルが古いなら交換しましょう。
量が不足してるなら足しましょう。

 

また、ワゴンRなどほとんどのスズキの軽自動車に搭載されている、K6A型エンジンの始動時に一瞬ガラガラと鳴る異音は、ちょっと発生原因が異なります。こちらでK6Aエンジン特有の異音についてお話ししていますので、どうぞご参考下さい。

なぜ異音が発生するの?

エンジン内部

たくさんの金属部品で構成されているエンジン。そのエンジンは金属同士が合わさる構造上、音が出るのは当然です。でもそのままでは、摩擦音や打刻音が大きいため、エンジンオイルで油膜を作って、音を小さくしたり、焼き付きを防止したりしています。これらのことより考えると、

 

エンジン異音の原因は、

・オイル量の不足
・エンジンオイルの劣化
・オイルラインの詰まり
・エンジン内部の傷付き

によって、トラブルが引き起こされたと判断できます。

 

つまり、

 

トラブルのほとんどがオイルメンテ不良

 

が原因で、異音が発生してしまったと断言できるのです。

過去定期的に

今まできちんと定期的にエンジンオイルの交換はしてきましたか?

今すぐオイル交換してみる!?

あわててオイル交換してももう遅い

 

エンジンからカラカラ異音が発生したからといって、あわててオイル交換をしても、時すでに遅し。

 

異音が発生してしまった今のエンジン内部は、すでにこんな状態になっていることでしょう。

 

汚れたエンジン

 

永らくオイル交換をサボっていたから、鉄粉カスがどんどん蓄積されていき、オイルが流れる経路が詰まってしまって、異音が発生しているのです。こうなってしまった場合は間違いなく、

 

今さらのオイル交換では直らない

 

のです。

 

直接エンジンを分解清掃(オーバーホール)し、汚く真っ黒になったヘドロのようなカスを、丁寧に取り除いてやらないと異音は消えません。

 

きれいなエンジン

 

こうして正常なエンジン内部の画像と比較すると、歴然とわかるかと思いますが、

 

異音が発生した時点で、エンジンのオーバーホールは必須

 

であるといえるでしょう。

エンジンオーバーホールの工賃

診断の結果、部位が特定できない場合は、エンジンを分解清掃し、再度組み上げるという、オーバーホールをすることで原因を探求します。そのときのディーラーや町工場での修理費用は、時間単位での算出になるので、ここではそれに基づいたオーバーホールにかかる時間と工賃を計算してみました。

 

エンジン

 

もちろん車のエンジンによっても変わりますが、標準的な1500ccコンパクトカークラスの4気筒エンジンで、

 

・エンジンの分解に丸1〜2日
・部品の洗浄や研磨に丸2〜3日
・組み立てに丸1〜2日

 

と、4〜7日の作業日数となり、1日は8時間の作業時間で1時間あたり8,000円のレバレートとすると、

 

4〜7日×8時間×8,000円

 

という計算になります。よって、エンジンのオーバーホールにかかる工賃は、

 

256,000〜448,000円の工賃

 

という、とんでもない金額になってしまいます。

部品代は別途請求

分解することによって、傷んでいる部品が目視できるのもこの時です。もし破損している部品を発見すれば、部品代は別途追加請求されるということも覚悟しておきましょう。

どうする?? エンジン異音3つの選択

エンジン異音をどうすれば良いのか

・オイル交換を怠ってしまった
・自然には直るものではない
・自分でエンジンをバラせない

と、エンジン異音に関してはとにかく面倒なことになってしまっていると思いますが、ここではこれからどうすれば良いのか3つの解決策をお話ししています。

 

修理する

これ以上、傷口を大きくしないためには、まずはきちんと修理するべきです。

 

修理

 

今のまま走り続けていると、異音がどんどん大きくなっていくばかりか、時と場合によっては止まってしまいかねません。ですが

 

・何年乗り続けるのか
・金銭面での問題
・愛車の残存価値

 

をお考えになられた方が良いでしょう。特に「何年乗り続けるのか」と「愛車の残存価値」は重要で、あまり長く乗らない車に高額なお金をかけて修理するのも考えものです。

 

愛車の価値とのバランスを考えて修理するようにしましょう。

 

放置しておく

次に、あまりおすすめはできませんが、放置しておくという選択肢もあります。

 

放置

 

急に止まってしまうかもという危険を多く孕んでいるので、できれば早く対策するべきですが、

 

・そろそろ乗り換えする予定
・金銭面で本当につらい
・直すほどの価値もない車

 

ようであれば、放置の選択もやむを得ないかもしれません。

 

ですが高速道路走行中や、右折しようとした瞬間に止まってしまうことを考えると、

 

放置の選択は恐ろしいものとなりますね。

 

車の価値を調べる

あっ…!?
修理代が車の価値を超えちゃった!!

 

ということにならないためにも、大きな修理でお悩みなら、まず先に車の価値を調べてみるようにしましょう。

 

車の価値

 

市場価値があまりない車に高額な修理をするのもいかがなものかと思いますし、逆に価値がありすぎる車に修理をするよりも、売れたお金で乗り換えてしまった方が出費が少なくて済む場合もあります。

 

・愛車の残存価値を知り
・修理した方が得なのか
・乗り換えた方が得なのか

 

修理をする方が出費が少なくて済むのか、乗り換えた方が結局は安くあがるのか。いずれにしてもご自身の愛車の価値がわからないことには話が進みません。

”あなたのお車の概算価格は
1,350,000円〜1,550,000円です”

と、入力したらすぐに画面上に表示される便利なサイトはこちら

まずは価値を調べてみると、案外どうすればいいのかが具体的に見えてきますよね。

高額な修理代をかけても査定額アップにはならない!?

車の価値がそこそこにあるようでしたら、修理をしても次に乗り換える時には値段はつくでしょう。ですがそれはあくまでその車本来の価値であって、修理した分の査定額が増えているわけではないのです。

 

また、価値がほとんどない車に高額な修理をしたからといって、乗り換えする時のプラスにはなりません。残念ですが、価値のない車はいくら綺麗でも価値は無いに等しいのです。

 

修理したところ

 

補足しますと、エンジンやミッション、エアコンやパワーウィンドウなどは、

 

動いて当たり前の部位とされる

 

ため、いくら直前に修理したからといってもプラス査定にはなりません。言い換えれば、30万円の価値の車に20万円の修理をしたからといって、50万円の価値にはならず、30万円は30万円なのです。

 

だからこそ、まずは愛車の価値を知ること。

 

車の価値より高い修理代を支払って損をすることのないよう、気をつけたいものですね。

2017年11月現在の買取情報

2017年11月現在の買取情報です。

 

以下の車種は海外へ貿易輸出されることが多く、思った以上の価値がついているようです。

 

参考になれば幸いです。

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(プリウスやアクア、フィットなど全メーカー対象)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(全メーカー4ナンバーや1ナンバーのバン・トラック)

エンジン異音の症例

ここでは、先ほど説明しきれなかった代表的な異音の症例3つを、もう少し具体的に説明しています。

1:バルブタペットから

タペット音

エンジンのパーツの一部にバルブタペットという部品があります。

 

DOHCエンジンを例にすると、タペットは、カムシャフトと吸排気バルブとの間で、カムの回転型の動きを直線的な動きに変換する部品。ここにはクリアランスといって、一定の隙間ができているのですが、これが経年変化で摩耗し、間隔が広くなってカラカラと異音が発生するケースがあります。

修理代と修理の目安

工賃作業でいえば、安価なエンジンの修理で15〜20万円前後から。部品代(バルブ本体他)は別途数万円程度。合計、安く見積もっても30万円前後が目安となるため、中古エンジンの載せ替えを提案されることが多い。

 

愛車の価値が50〜80万円以上あって、少なくともあと4年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いのではないでしょうか。

2:ピストンリング摩耗

ピストンリング

エンジン内の爆発を上下運動に変えるピストン。それにはピストンリングという隙間を埋めるシールがあります。

 

そのシールが、オイルメンテが悪かったり、過走行になってくると摩耗してしまい、内壁との間の隙間が広くなって、ガラガラと異音が発生してしまうケースがあります。

修理代と修理の目安

ピストンリングの部品代は数千円〜高くても数万円程度。ですがピストンまで分解する工賃が20万円以上かかるため、こちらも30万円前後の出費を覚悟する必要があります。こちらもケース1と同じように、中古エンジンの載せ替えを提案されることが多いです。こちらの場合は修理の箇所が深いため、

 

愛車の価値が80〜100万円以上あって、少なくともあと4年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いのではないでしょうか。

3:コンロッドメタルの摩耗

メタル

コンロッドメタルやクランクメタルという、コンロッドやクランクといった回転パーツの「軸受け部分」が摩耗して異音が発生します。こちらもオイルメンテナンスの不良や、過走行などの経年変化により摩耗してくるもので、軸受け部分の隙間が広くなって異音が発生します。

修理代と修理の目安

ピストンは、エンジンの上半分を分解するのに対し、このクランクメタルはエンジンの下半分を分解します。工賃はオイルパンをめくって作業することで10万円前後から。メタルの部品代を合わせると、やはりこれも15万円〜20万円はみておいた方が良いでしょう。こちらの場合は修理代も少し安価にあがることから、

 

愛車の価値が30〜50万円以上くらいあって、少なくともあと2年以上乗られる場合には、修理に踏み切っても良いと思います。

できるだけ出費は抑えたいですよね

放置しておくのは怖いから
修理しないといけないのはわかるけど
できることならお金をかけたくない。

お金をかけたくない

 

それは、これをお読みになっているあなただけのことではありません。長らく自動車屋としてやってきた管理人も、愛車のこととなればまったく同じ気持ちです。

 

月々や年間の維持費だけでけっこう大変なのに、これ以上突発的な修理代などは、もう本当に勘弁です。

 

乗り換えが適切なのか、お金をかけて修理をした方が適切なのか。

 

それにはまず、今の愛車の価値がどのくらいあるのかを知らないことには、見えてこない部分も多いのではないでしょうか。

愛車の価値を聞いてどうなった?

よん

そんなにつくとは!!

 

もう20年近く乗り続けてきた古いバン。仕事柄けっこう雑に扱ってきたからか、内外装もひどくって…。

 

そして最近、エンジンが調子悪くなってきたので、直す前にとりあえず値段を聞いてみたんです。

 

するとなんと、17万キロも走っているボロ車に40万円もの値段がついてびっくり!

 

どうやら海外へ売られていくらしく、日本では使わないようなボロ車でも、海外では全然気にされないそうで。

 

なんだか良くわかりませんでしたが、修理であれこれ悩むより、まずは値段を聞いてみると、案外良い結果になるかも知れませんね。

 

和歌山県 えとうみきお さん

と、満足なお声もあれば、

ごつ

20万円ほどかけて…

 

20万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家庭の状況が変わって乗り換えないといけなくなり、その時の愛車を売却することに。

 

査定金額はなんと16万円―――

 

え?
この前20万円以上かけて修理したとこなのに!

 

と思わず言ってしまいましたが、それはそれは… と苦笑いされる始末…。

 

修理前には何も教えてくれないの!?

 

そんなに価値のないクルマだから修理はよく考えて!!と言ってくれてたら、修理なんてしなかったよぉ!

 

札幌市・会社代表 5時5時さん

こうした失敗談もあります。

 

できることなら後悔は避けて欲しい

 

事前に価値を知っておくと損はないですね。

どうしてそんなに値段が付くの?

では、そんなに古い車にどうしてそんな値段が付くのでしょうか?

 

まずはこちらのオートオークションの取引履歴画像をご覧下さい。

 

ハイエース価格

 

これは中古車オートオークション結果のキャプチャーですが、20年以上前のハイエース、しかも走行距離も20万キロ以上走っているにも関わらず、

 

420,000円もの高値

 

がついているのがわかります。

 

さらにこちらの画像はプリウスになりますが、

 

プリウス

 

10年落ち23万キロが32万円

 

と、こちらもとんでもなく高値がついているのがわかります。

あなたの愛車は何キロ?

今、修理に悩むあなたの愛車は、これよりも多い走行距離ですか?これよりも古いお車ですか?

車が高値で買取りされる理由

古い車なのになぜ高値で売れるのでしょうか。それは先述の通り、

 

貿易輸出される車は高値

 

だということです。以下をご覧下さい。

 

ミズノクルマ

 

ロシアなどになるとこうして、水没車まで輸出されているのが現状です。

 

水没車も気にせずどんどん買取るロシア。そんな国が、

 

・エンジンから異音が出ているから
・ATが滑っているから
・走らない(動かない)から

 

こんなことをイチイチ気にするでしょうか。

 

どんな車でも思った以上に価値がある。

 

日本の中古車相場は、そうした背景もあって、高い値段が付いていることを覚えておいて下さいね。

売らずにごめんなさい

まつ

ちょうど7年目。3回目の車検辺りから何かがあると言われていて、ウチの車も例に漏れずトラブルに。

 

とは言っても普段から乗らなさすぎ、そしてオイル交換をサボってしまっていたせいで、コンロッドメタル?という部分が焼けてしまって…。

 

でも、7年経っているにも関わらず、けっこうな値段が付いてくれたので、気に入ってた愛車ということもあり、修理することにしました。

 

買取業者さんにまで、「次からはちゃんとオイル交換はしておいて下さいね」なんて笑顔で言われてちょっと恥ずかしかったですが、値段を聞くだけで売らなくてもいいんだと、改めて知りました。

 

次は実家のワゴンRも、相場を調べてみようかな。

 

さいたま市 次はヴェルファイアが欲しい!! さん

最後に管理人より

一番はもちろん早く修理をすること。

 

これに尽きます。

 

しかし、もっと望むべくは、

 

いかにお金をかけずに現状を乗り切るか

 

ということではないでしょうか。

 

同じく自動車を愛する者として、修理をするにも乗り換えをするにも、まずは車の価値を調べましょうとお話しさせていただきました。

 

あなたに届けば幸いです。

 

 

 

 

 

 

「タペット交渉」は?

 

バルブクリアランスの交渉は「タペット交渉」とも呼ばれる。課題はシックネスゲージという具を使って交渉。すき間をカウント・調整してネジを締め込むだけなので、要点さえつかめば誰でも簡単に望める。

 

バルブといったロッカーアームの接触部の“レジャー”を交渉

 

出典4-mini.net

 

バルブクリアランスの交渉(タペット交渉)は、バルブときの交渉後に必ずや立ち向かう課題。

 

バルブクリアランスの交渉(タペット交渉)は、吸排気バルブが閉じ、ピストンが一番上に起こるシーン。詰まり緊縮柄死事柄における状態で行うことがライフ。この状態でロッカーアームがバルブをたたく箇所(タペット部)のすき間=“レジャー”を調整する。

 

オーソドックス12映像モンキーなど12映像横型エンジン(オーソドックス)の場合、すき間の距離は吸排気サイドとも0.05mm。手で動かしてみて頷けるか・思い付かかの微妙なすき間に設定する。

 

「オーバーラップ」の状態で調整してしまうと…

 

出典4-mini.net

 

「オーバーラップ」は、クランクシャフトがわずかに吸排気用の2つのロッカーアームを押し上げ、吸排気バルブのダブルを叩いていらっしゃるシーン=吸排気バルブがわずかに開いているシーン。こういう設置でバルブクリアランス交渉を行ってしまうと、バルブクリアランスが保てなくなり、エンジンの病状や棄損の原因となるので注意が必要です。

 

シックネスゲージを差し込んで交渉

 

出典4-mini.net

 

吸排気バルブの後端部というロッカーアームの隅に付いている直しスクリューの間にシックネスゲージを挟む。

 

シグネックスゲージ

 

出典www.straight.co.jp

 

品物のすき間を計測する判定具のシックネスゲージ。表層には1枚1枚厚みが記入されていらっしゃる。各コンポーネント製造元からもデビュー中間。

 

ここからがライフ!!
シックネスゲージをゆるゆる動かして下さい。
とことん「羊羹を下回る気配」なんて言われるんですが、思い付かやつは・・・

 

 

アッという間に羊羹を買いに行ってください!!今すぐに!!

 

タペットアジャストレンチを使えば 交渉課題は容易

 

ムービーは12映像モンキー向きロッカーアームのバルブクリアランス交渉部分の増。

 

課題は9mmのレンチ(鍵ナットが9mm)も可能だが、藤四郎は能率の良いタペットアジャストレンチによるほうが賢明。

 

やり方は<2>って<1>を一致させ、直しスクリューを回してすき間調整し、鍵ナットを締め込む。締め込み後は、再びシックネスゲージを差し込んで弱させ、すき間が適当であるかを確認する。

 

タペットアジャストレンチ

 

出典www.snapon-ktc-koken.com

 

出典minkara.carview.co.jp

 

練習版

 

今回の車両はFTR223
理想というシンプルなエンジン

 

課題の前に、、、エンジンが暖まった状態だとクリアランスを正確に計れないのでエンジンが冷めた状態で作業してください

 

タペットキャップを欠かすにはタンクを外さなければいけない結果席も外します。

 

エンジン上部の弱に付いている大き目のボルトがタペットキャップだ。

 

交渉前にクランクシャフトを回し、タイミング広間でTポイントの線を緊縮柄死事柄で併せます。 わからないときは吸気→緊縮→バースト→排気といった唱えながら回すといいでしょう

 

塵が入らないように世話!

 

ロッカアームとバルブステムの間にシックネスゲージを差し込んでGoodエリアに調整します。
Goodバリュー
IN:0.10±0.02mm
EX:0.10±0.02mm だ。

 

測った業者EXが0.16、INが0.14でした。
交渉は直し鍵ナットを緩めて直しスクリューを回して調整します。

 

後書き

 

タペット交渉は簡単に説明すると カムシャフトってロッカーアームとの余地だ。少ないと、バルブが閉まらず、多いと響がやかましくなります、細くいうと勢力が落ちます
自分で決めた区間を走ったりタペット響が大きくなってきたら交渉お求めだ