MENU

オルタネーター交換費用

オルタネーター

オルタネーター(ダイナモ)の交換費用は、車種によって変わるのはもちろんですが、

 

安い車種で3,000円前後から

 

高額な車種でも2万円も出せば

 

交換費用としては充分。※ただし国産車

 

そこにオルタネーター本体の金額を足せば合計金額は算出されます。

 

もちろんオルタネーターは、新品で購入すると、びっくりするような金額になりますので、リビルド品(側は中古・中身は新品)で充分かと思います。

 

ヤフオク

 

>>ヤフオクで探す<<



ご覧いただければわかるかと思いますが、リビルド品で格安なものは15,000円前後からといったところでしょうか。ですから

 

ヤフオクなどで購入して、修理工場に持ち込む

 

ことで、そう大した金額にはならないはずです。

 

特に知り合いの修理工場がないよと言われる方は、ディーラーでも持ち込み修理は可能。

 

まずはディーラーにオルタネーターの持ち込み交換はいくらかを聞いてみましょう。

 

オルタネーターの交換費用の差

お見積書

修理しようとして、ディーラーで例として10,500円との交換費用が算出されたとしましょう。

 

そこにはだいたいこんな記載になっているはず。

 

交換工賃 1.5 \10,500

 

などと、「数量」が記載されている場合が多いんです。

 

これが実は、レバレートと呼ばれるもので、基本が7,000円という1時間当たりの工賃で、

 

1.5時間かかるから10,500円です

 

というもの。

 

これが算出されて、少しでももっと安くあげたいなと思えば、このレバレート係数を、近所の修理工場に依頼すれば良いわけです。

 

「そちらではレバレートはどのくらいですか」

 

と聞いてみて、ディーラーより安ければ依頼する。ただし、レバレートが安くても、時間数が多い場合があるのですかさず、

 

「時間数はどのくらいで見積もりされてますか?」

 

と聞けば良いのです。そこで、レバレートを安く見せかけて時間数を高く取るような業者には、二度と持っていくべきではないと判断できるでしょう。

 

ですがいずれにせよ、こうした不具合が起こってしまうと、以下の選択肢で判断するしかないのではないでしょうか。

 

修理する

1つ目の選択はやはり修理です。

 

修理する

 

ですがこの先そのお車に何年乗られるか。それを踏まえた上で修理するようにしましょう。

 

この先2年しか乗らない車に数万円の修理代をかけても良いのか?

 

5年乗るから数万円の修理代をかけるのは妥当なのか?

 

これは、自動車への愛着やライフスタイルの差がありますので、人それぞれに異なります。

 

そしてさらにはこんな考え方もあります。

 

100万円の価値の車に、数万円の修理をするのは妥当なのか。

 

もしくは、

 

30万円の価値しかない車に、数万円の修理をするのは妥当なのか。

 

同じ数万円の修理でも、車の価値によって人それぞれに考え方は異なるでしょう。

 

だからこそ、今回のオルタネーター交換のような、ある程度高額な修理代が予想される場合には、失敗しないためにも、

 

先に車の価値を知ることが重要

 

になってくるのです。

 

正しい判断をするために

高額修理をするために、もしくはその修理が妥当であるかを判断するために、まずは愛車の価値を知りましょう。

 

価値を知る

 

価値を知ることで、修理に対して正しい判断ができます。

 

ここは、年式や距離など、うろ覚えでもいいので

 

わずか4つの項目を入力する 

 

だけで、

 

すぐに画面上に価値を表示 

 

してくれるという便利なサイト。たとえ夜中でもすぐに画面上に表示される機能はとても便利ですので、まずは気軽に依頼してみて概算価格を知ってから、ゆっくり考えられてはいかがでしょうか?

 

>>概算価格を見てみる<<

1.概算価格を見る
2.ディーラーで見積もりする
3.見積書を片手に町工場へ

この3つの手順で進めましょう。

 

概算価格を算出し、修理か乗り換えを判断する。

 

そして修理となれば、ディーラーで見積もりをもらったあと、それを片手に町工場へ行くと、必ず安く修理できるはず。

 

まずは価値を調べておかないと、絶対に損をしてしまいますよ。

 

>>概算価格を無料で調べる<<

 

お近くのディーラーはこちらからどうぞ。

 

乗り換えを検討してみる

オルタネーターの交換に悩む時点で、走行距離もそこそこの距離であることや、それなりの高額修理になることは必至です。

 

充電機構という特性上、そのままダマシダマシ乗るというのはできません。乗り換えという考えが浮かんだのなら、一刻も早く行動するようにしましょう。そしてそんな時にはこちらを使ってみましょう。

 

車査定比較
>>車査定比較.comに入力する<<

 

車一括査定のサイトですが、先ほどの概算相場が見れるサイトに比べると、けっこうな営業電話がかかってきます。もちろん本気で売りたい!という方にはオススメなのですが、イマイチ電話は苦手だなと感じる方には、メールでの対応をしてくれるカーセンサーなどが良いでしょう。

 

それと、現在高値で取引きされている車種はこちらから。

車種

 

これらの車種は、貿易に出るために特に価格が高騰しているので、乗り換えようかと迷ったら、すぐに問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

少々不具合があってもおかまいなし

 

に高値がつくのは貿易車両の特権とでもいうべきではないでしょうか。

乗り換えまとめ

たくさんある車の一括査定ですが、概算相場を知るだけならこちら

 

営業電話がかかってきても本気で売りにかかるぞ!と思われているならこちら

 

ちょっと気弱な部分がバレたくないのでメールで対応して欲しいのならこちら

いずれも利用は無料ですし、特に査定サイトに関しては、見てもらっても必ず売る必要はありませんので、上手に使い分けられると良いかと思います。

 

このページの先頭へ