オルタネーターの交換費用はどれくらい?

MENU

オルタネーター交換費用

オルタネーター

オルタネーター(ダイナモ)の交換費用は、車種によって変わるのはもちろんですが、

 

安い車種で10,000円前後から

 

高額な車種でも2万円も出せば

 

交換費用としては充分。※ただし国産車

 

そこにオルタネーター本体の金額を足せば合計金額は算出されます。

 

オルタネーターは新品で購入すると、5万円や7万円、はたまた10万円以上とびっくりするような金額になりますので、リビルド品(外側は中古・中身は新品)などをヤフオクなどで探せば充分かと思います。

 

ヤフオク

 

>>ヤフオクで探す<<



ご覧いただければわかるかと思いますが、リビルド品で格安なものは15,000円前後からといったところでしょうか。ですから

 

ヤフオクなどで購入して、修理工場に持ち込む

 

ようにすれば、そう大した金額にはならないはずです。

 

特に知り合いの修理工場がないよと言われる方は、ディーラーでも持ち込み修理は可能。

 

まずはディーラーにオルタネーターの持ち込み交換はいくらかを聞いてみましょう。

オルタネーターの交換費用の差

お見積書

修理しようとして、ディーラーで例として10,500円との交換費用が算出されたとしましょう。

 

そこにはだいたいこんな記載になっているはず。

 

交換工賃 1.5 \10,500

 

などと、「数量」が記載されている場合が多いんです。

 

これが実は、レバレートと呼ばれるもので、基本が7,000円という1時間当たりの工賃で、

 

1.5時間かかるから10,500円です

 

というもの。

 

これが算出されて、少しでももっと安くあげたいなと思えば、このレバレート係数を、近所の修理工場に依頼すれば良いわけです。

 

「そちらではレバレートはどのくらいですか」

 

と聞いてみて、ディーラーより安ければ依頼する。ただし、レバレートが安くても、時間数が多い場合があるのですかさず、

 

「時間数はどのくらいで見積もりされてますか?」

 

と聞けば良いのです。そこで、レバレートを安く見せかけて時間数を高く取るような業者を避けるようにすれば良いかと思います。

オルタネーターの修理をする前に

オルタネーターの修理をする前に突然ですが、

 

今の愛車の価値を調べてみる

 

ようにしましょう。

 

なぜなら、こうしたオルタネーターの不具合が発生している時点で、

 

販売店の車両保証なども切れて走行距離も多い

 

はずです。

 

オルタネーターの修理後も

 

やれラジエターだ、エアコンコンプレッサーだ、エンジン本体だ…

 

と、これからさまざまな部位の交換や修理が必要になってくる時期でもあります。

 

もちろんそうとはいっても、

・愛着があって手放したくない
・最後まで乗り潰すんだ
・お金かけるのが楽しい

と、趣味でお乗りのお車なら修理しておくべきですが、

 

・あとどのくらい乗るかな…?
・できるだけ出費は抑えたい
・売れた金額以内で乗り換えしたい

 

など、どれか1つでも当てはまっているようでしたら、損のない選択をするためにも、車の価値は必ず調べておくべきなのです。

 

もちろん、乗り換えを勧めてるわけではありません

 

が、たとえば30万円の価値のお車に、10万円の修理や部品交換をするのなら、いっそのこと40万円で、

 

走行距離の少ない車に乗り換え

 

た方が良い場合もあります。修理や乗り換えも含めて

 

いろんな選択ができるようにするため

 

にも、一度こちらから価値を調べてみましょう。

 

>>概算価格を見てみる<<

4項目の入力ですぐに価値がわかる

・メーカー
・車種名
・だいたいの年式
・だいたいの走行距離

たったこれだけの入力で、夜中でも早朝でも画面に概算価格を表示してくれるんです。

 

目安

PCやスマホに不慣れな方でも、1分もあればかんたんに入力が終わります。

 

もちろん無料で使えるし、ムリに売る必要もありません。

 

あくまで修理するかどうかの判断をするため

 

に使っても、全く問題のないサービスなのです。

家族

よりによってまた同じ車を…

 

車はとても気に入っていたのですが、ちょうど自動車税の時期と重なったこともあって、修理をしようか迷っていました。

 

そんなとき、このサービスを使って概算価格を調べてみると、思っていた以上の金額がついてくれまして。

 

周りからは「何で!?」とさんざんのツッコミを受けましたが、車自体が気に入っていたこともあって、同じ車種の走行の少ないものに乗り換えしました。

 

なんか貿易輸出される車は高値がつくようで、知らなかった自分としてはびっくりでしたよ。

 

福岡市 自営業 K・Tさん

 

>>概算価格を見るなら<<

意外と知らない貿易の事実

・ トヨタの車
(レクサス含むトヨタ車全ての車種)

 

・ 軽自動車
(全メーカー対象。軽乗用もトラックもバンも全て)

 

・ ハイブリッドカー
(全メーカー対象。プリウスやアクア、フィットなど全て)

 

・ コンパクトカー
(全メーカー対象。1500ccまでの車)

 

・ ミニバン
(全メーカー対象。2500ccまで)

 

・ 四輪駆動車
(全メーカー対象。クロカンから乗用4WD全般)

 

・ ディーゼル車
(全メーカー対象。年式が昭和でもOK)

 

・ スポーツカー
(全メーカー対象。マニュアルならなお良し)

 

・ 貨物車
(4ナンバーや1ナンバーのトラックやバン。全メーカー対象。)

 

これらの車種は、意外と知られていませんが、かなりの高額で買取りされていて、

 

びっくりするくらい価値の高い車種

 

の一覧です。

 

というのも、こちらの車種は軽自動車を除いて全て、海外へ貿易輸出されていくために、

 

・走行距離が多くても
・内外装が傷だらけでも
・それこそ充電不足でも

 

関係なく高い価値があるのです。

※軽自動車は国内再販が多い

 

ここに記載された車であっても、そうでない車であっても、まずは価値を調べておくことで損のない選択ができます。

 

後悔

先に言ってくれたらいいのに…

 

20万円ほどかけて修理した1ヶ月後、ちょっと家の状況が変わってお金が要るようになり、車を売却することに。

 

査定金額はなんと25万円。

 

ついこの前修理したところなのに、そんなに車の価値は低かったのかとがっかり。

 

修理工場は修理前に教えてくれない

 

んですね。これからもし高額修理をするようなことがあったら、必ず先に価値は調べてからにしようと反省しました…。

後悔先立たず

後悔は「後で悔やむ」と書きます。

 

こうした後悔をすることがないよう、先に価値は調べておくようにしましょう。

>>概算価格を調べてみる<<

 

まずはここから概算価格を調べておいて(すぐ画面上に表示されます)、修理をどうするかを検討してみてはいかがでしょうか?