工賃レバレートとは?

MENU

レバレートとは、わかりやすく言うと、工場としての1時間あたりの基準工賃。いわば工場自体の時給とも言いましょうか。

 

その工場に、1時間で終わる仕事を頼んだとしたら、一体いくら位の費用を請求されるのか、その目安となる工賃のこと。もちろん、作業にかかる時間の計算は、新人整備士と熟練整備士によって異なるので、平均的にかかる時間で計算します。

 

たとえばファンベルトのレバレートを算出するとします。もちろん車によって、作業時間は異なりますので、車ごとの工賃を、新人整備士では2時間の作業、熟練整備士なら1時間半の作業だったとします。それを基に、間を取って1時間45分とする・・・ という計算です。そこにその工場としての基本工賃(レバレート)をかけて、最終の工賃を算出するのです。

 

ただしそのレバレート(基本工賃)も各工場どころか同じメーカーのディーラー間によってもさまざまで、確認できた範囲は、安いところで7,000円前後〜、高いところでは10,720円というレバレートの工場もありました。もちろんこれが外車ディーラーや専門店によっても変わってきますので、今お乗りの車種によって、出される工場も変わるとは思いますが、高いところは際限なく高くなるなど、工場によってレバレートは違うということを念頭に置き、計算するようにしましょう。

 

>>もとのページに戻る<<