MENU

バッテリー上がりの原因

自動車によくある喧嘩の一つがバッテリー乗りだ。
今までにバッテリーがあがってしまって困った遭遇をされた方も多数いらっしゃると思います。

 

バッテリー乗りは案外よく起こりやすい喧嘩ですから、
その導因という対処について登記を深めておくともしものまま冷静に対処できます。
バッテリーが出る導因

 

バッテリーが上がってしまうのはそれ相当の原因があるからです。

 

まず一際多いのが光や内部光線、支出電療の多い電装代物の使用、
クーラーの使用間隔が激しく電力消費量が増えていることが原因として考えられます。

 

バッテリーは自動車を走らせることにより充電されるのですが、
自動車を止めた状態で光や内部光線、ウインカーなどを備えっぱなしにしておくといった、
どしどし充電された電気が使われて赴き最終的にバッテリーが上がります。

 

その他にも電力消費量の多い備品を積んでいらっしゃる、
又は使用して電力キャパシティが増えてしまうと、
そのキャパシティにバッテリーの充電が追いつかず上がってしまう。

 

先バッテリーは走行する結果充電されると述べましたが、
散々自動車に乗らない状態でバッテリーを放置しておくと、
常識放電という出来事が起こりバッテリーが高まることがあります。

 

同じ理由で走行距離が少ない走行を増やすこともバッテリー乗りの原因を作りますし、
走行距離が少ない航行を繰り返してもバッテリーの充電が十分ではなく、
電気が不足してしまう。

 

またバッテリーにも寿命があり仕組みが弱ってあることや、
自動車とバッテリーというをつなぐ装置が故障していることも、
原因として考えられます。
バッテリー乗りの答えやり方

 

気を付けていたもののバッテリーが上がってしまったら、
自動車のエンジンがかからなくなり、動かせなくなります。

 

答えやり方としては、バッテリーを移すだけの電気を分けて味わう結果、
ジャンピングスタートと言います。

 

自動車のバッテリー友達を専用のブースターケーブルでつないで、
電力を供給して貰う自動車のエンジンをかけてもらう結果、
上がってしまったバッテリーに電気が供給されてエンジンが加わるようになります。

 

万が一の事態に備えるために専用のケーブルを自動車に積んでおくことをおすすめします。
一際一般的でコストが掛からないやり方ですが、一人では出来ないことが足元だ

 

今や1つの対処やり方として、JAFに依頼することです。
メンバー出ない場合はいやに良い値段となりますが、基本的に呼びだしオーダーのみで、
あとはプロフェショナルが全て行ってくれるので安心です。

 

自動車のバッテリーのお願い

 

自動車を使って、通勤や買物に行くのには、ガソリンを入れておかないといけませんね。

 

ガソリンがなくなるって、自動車は駆けることができません。「瓦斯欠」って聞いたことありますね。

 

では、自動車が動くのには、ガソリンだけでほかは取り除けるのでしょうか。

 

本当は、自動車が走るのには、ガソリンだけではなくて、電気が必要なのです。

 

マンションのテレビジョンや冷蔵庫は、マークをコンセントにさしておけば、外からガンガン電気が流れてきますので、停電にでもならない以上、きちんと動いてくれていらっしゃる。

 

も、自動車には、電気マークがありません。

 

自動車は、エンジンが動いている時折必要な電気は自分で作っているのです。

 

その作っている電気で、邪魔やクーラーを取り回したり、光を置きたり行う。

 

また、テレビジョンやオーディオで乗っているユーザーを楽しませてくれます。

 

も、自動車が停まっている時は、電気を作ってはいません。

 

では、エンジンをかけるための電気は何でいるのでしょうか。

 

本当は、車内に電気をためていらっしゃる。

 

その車内で電気をためておくところが、『バッテリー』だ。

 

自動車のエンジンをかけるのには、たくさんの電気が必要で、バッテリーは、必要な電気をたっぷりとため込んでいらっしゃる。

 

も、仮に、バッテリーの中にためておる電気が少なかったらどうしてなるでしょうか。

 

エンジンをかけることができなります。

 

エンジンをかけるだけの電気がバッテリーに入っていない情勢を『バッテリー乗り』といいます。

 

 

 

航行 女子
自動車のバッテリー乗りの原因は?自動車のやり方から

 

バッテリーに電気がとっくりたまっていない情勢、「バッテリー乗り」になると、エンジンがかからないことをお伝えしました。

 

では、「バッテリー乗り」の原因はどういうことでしょうか。

 

自動車のやり方から考えて行きましょう。
カジュアルめったに使っていない自動車

 

自動車を使うのが週末だけで、普段はガレージやパーキングに置いてある自動車は、どうでしょうか?

 

自動車は、停まっているときには電気を作っていません。しかも、バッテリーにたまっていらっしゃる電気は、放っておくと少しずつ、少しずつですが減っていってしまう。

 

普段の太陽には、少しずつ減っていく電気ですが、週末にエンジンをかけて、長く走りますといった電気はどしどしたまっていきます。満杯になると安心です。

 

も、10分け前とかのちょっとだけだとバッテリーには十分な電気をためることができません。

 

自動車をカジュアルほとんど使っていなかったり、使ってもちょっとだけという場合には、「バッテリー乗り」になりやすくなります。

 

ニューモデルや、バッテリーを新しくした自動車も、からきしのらない場合は、半年で「バッテリー乗り」になることがあります。
エンジンをかけずに長くフィルムを見たり音楽を聴いたりやる自動車

 

みずから悠々したいからと、走行の最中などで、エンジンを切ってフィルムを長く観たり、音楽を聴いたり始める自動車は、どうでしょうか。

 

エンジンをかけずにいると電気をためることができないので、その時に扱う電気は、バッテリーにたまった電気を使うわけですね。

 

これを繰り返ししていますと、バッテリーに電気がほとんどたまらなくなりますので「バッテリー乗り」の原因になります。
エンジンをかけてクーラーやヘッドライトを点けてある自動車

 

ここで、気をつけておいてほしいことがあります。

 

エンジンをかけたままでアクセルを踏み込んでいない情勢を「アイドリング」といいます。

 

本当は、自動車は「アイドリング」のときに取る電気は、走っている状態と比べて、実に数少ないのです。

 

「アイドリング」で、フィルムを観たり、音楽を聴くからには、さほど電気は活かしませんので無事と思われますが、

 

車外が、暑かったり寒かったりしてクーラーをつぎ込み、その上に、知り合いが暗くて怖いからと言ってヘッドライトを垂らしたりしますと、蓄える電気によって扱う電気の方が多くなってしまう。

 

すると、ひとたびエンジンを切った復路、次にエンジンをかける時折かからないという「バッテリー乗り」状態になるケー。

 

本当は、気がつかないうちこの状態になっていることがあります。

 

それは、GWや、シルバー週などのときの長時間の渋滞だ。

 

エンジンはかかっていても、ノロノロ航行ですので、「アイドリング」状態です。乗っているユーザーは、暑いのでクーラーを次々使っています。晩であればヘッドライトを点けていらっしゃる。

 

この状態が貫くという、渋滞を抜けてからの小憩の後にはエンジンがかからない「バッテリー乗り」状態にもなりかねません。
古臭いバッテリーを使ってある自動車

 

バッテリーは、再三電気を溜めたり、吐出したりって働いてくれていらっしゃる。ですから、年齢がたちますと、新品のときのようにたくさんの電気をためることができなくなります。古くなったバッテリーは、エンジンをかけるのに必要な電気をためることができなくなって来ることがあるのです。

 

ですから、少し電気を使うだけで、「バッテリー乗り」状態になることもあります。

 

バッテリーの寿命はといいますという、程度2クラスから3クラスと言われています。これは、自動車のやり方によっても違うので基点として下さい。

 

 

スポンサードリンク

 

自動車が「バッテリー乗り」になりかけを分かるやり方

 

自動車のバッテリーに電気が全然たまっていないバッテリー乗り」になりかけの情勢を分かるやり方があります。
ヘッドライト

 

晩、近くにマンションがなくて不便がかからないところで、自家用車の周りに他の自動車やユーザーがいないことを確かめてから、

 

ヘッドライトを点けてから、アクセルを踏んでエンジンの回転をあげてみましょう。

 

エンジンの回転をあげたときに、ヘッドライトが明るくなり、アイドリングに戻したときに暗くなるようなら

 

「バッテリー乗り」になりかけとしていいと思います。
パワーディスプレー

 

パワーディスプレーがついている自動車なら、窓のあげさげの速さが遅くなったら要注意です。
クラクション

 

クラクションの体積が、「それ、こんなにも小さかったかな。」と思ったら要注意です。
ワイパー

 

降水の太陽に、ワイパーの行動が遅くなったって感じたら、要注意です。
自動車のバッテリー乗りを防ぐにはどうしたらいいか

 

では、自動車のバッテリー乗りを防いで快適に取り扱うにはどうしたらいいかを考えてみましょう。
4太陽に1度はエンジンをかける

 

ウィークデーはのっていなくても週末には長く並べる自動車だといいのですが、2ウィーク以上使っていないとかつかってもあっという間についてには、4太陽に1回エンジンをかけることをオススメします。

 

その時に気をつけることをお伝えします。

 

ひと度、エンジンをかける時折、クーラーやオーディオやテレビジョンは切っておくところ。時間は、半ほどがいいです。仮に、チャンスが無ければ、アクセルを些か踏んで、2000回転くらいにして10分間というやり方もあります。

 

気になるガソリンの本数ですが、大まかに言うと、半で500ccくらいになります。
エンジンをかけていない状態

 

エンジンをかけていないときに、フィルムを観たり、オーディオを使ったりしないことだ。
エンジンがアイドリングのとき

 

エンジンがアイドリングで回転が低時折、クーラーはできるだけ使わないようにしましょう。ヘッドライトは切っておきましょう。
バッテリーの掃除

 

「自動車のバッテリー乗り」を防ぐには、バッテリーのおもりすなわち掃除を通しておくことです。
分析質問は

 

バッテリーのルックス(膨らみがないか。白い粉が欠けるか)
バッテリー端子(緩みはないか)
バッテリー液(規定の本数が入っているか)

 

となります。

 

よくわからない者は、ガソリンスタンドガソリンを押し込めるときに見てもらって下さい。

 

軽自動車

 

 

 

 

総括

 

自動車は、ガソリンだけでは生じません。

 

バッテリーに電気をたっぷりとためておくことが必要です。

 

バッテリーに電気を賢くためて快適におつぎ込み下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとう。

このページの先頭へ